ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
The Netskope Cloud Security Platform サードパーティのリスク

Netskope
サードパーティのリスク

オレンジのプラス記号
組織内の、シャドーITを含むすべてのクラウドサービスを特定し、それぞれがどのように使用されているかを確認することで、データ流出やと運用に対する潜在的なリスクを特定できます。
プラス記号の画像
サードパーティのリスクについて
オレンジのプラス記号

クラウド管理は
   リスク評価から始まります

Netskope Cloud Confidence Index™(CCI)を使用して、組織が使用しているすべてのクラウドサービスとアプリについて360度のビューを取得し、それぞれ、企業として使用できるか(保存されるデータは暗号化されているか、冗長化は、など)を理解することで、潜在的なリスクを特定し、セキュリティとコンプライアンスの懸念に対処できます。

Cloud Confidence Index (CCI)
オレンジのプラス記号

クラウドと脅威のレポート:
   クラウドデータスプロール

このエディションのクラウド脅威レポートでは、組織がクラウド アプリを使用してデータを作成、アップロード、共有、および保存する方法を調べることで、データのスプロール化に注目します。 組織で使用するクラウド アプリの数は着実に増加し続けており、2022 年の最初の 5 か月間で 35% 増加し、これらのアプリにデータをアップロード、作成、共有、または保存するユーザーの数も増加しています。

Cloud and Threat Report: Cloud Data Sprawl
オレンジのプラス記号

主な機能と
   利点

完全な可視性を得る

認可および非認可SaaS、IaaS、およびクラウドサービスのアクティビティを監視し、それらが組織にもたらすリスクを確認します。

  • ユーザー、デバイス、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、コンテキストなどの詳細を含む、マネージドまたはアンマネージドクラウドサービスおよびアプリからのトラフィックを表示します
  • ユーザーが社内にいても社外にいても、クラウドの可視性を手に入れる
  • ブラウザ、同期クライアント、モバイルアプリをカバー
  • さまざまな導入オプションを提供–オプションには以下が含まれます。
    • Office 365やSalesforceなどの選択したクラウドサービスに対してのAPIによる可視化と制御
    • リバースプロキシモードは、企業ネットワークや管理対象外のデバイスからのクラウドサービスアクセスをカバーします
    • フォワードプロキシモードはあらゆるクラウドサービスに対応
    • さまざまなモードを組み合わせてカバレッジを拡大
クラウドサービスのエンタープライズ対応評価

全体的なリスクとクラウドサービスまたはユーザーごとのリスクの両方を測定することにより、さまざまなクラウドサービスとアプリが組織にもたらすリスクを理解します。

  • Cloud Security Allianceから採用された客観的な基準が含まれています
  • セキュリティ、法的観点、監査、サードパーティの認証、脆弱性や不正利用、経済的実行可能性、プライバシー機能の領域でサービス属性を表示して比較することにより、50以上の客観的属性に基づいてクラウドサービスがどれほど企業利用に対して対応しているかを測定します
  • 特定の要件と補正制御に基づいてスコアをカスタマイズする
  • このスコアを、ポリシーに組み込みます。たとえば、「中程度」または「以下」と評価されたクラウドストレージサービスへのマイナンバー、住所や氏名などの個人識別情報 (PII) のアップロードを禁止します。
リスクの詳細を掘り下げる

詳細にドリルダウンして、リスクのあるサービス、ユーザー、侵害された資格情報、異常、および脅威を一目でわかるリスクのメトリックを取得します。

  • 全体的なリスクとクラウドサービス、アプリ、ユーザーごとのリスクを確認する
  • ルールと機械学習ベースの異常検出を利用して、次のことを行います。
    • 外部で発生したデータ侵害により、どのユーザーのアカウント認証情報が侵害されたかを理解する
    • マルウェアやランサムウェアなどの脅威だけでなく、データの引き出し、一括ダウンロード、共有されている可能性が高い資格情報などの異常に対する注意喚起
  • この情報を使用して、組織を保護するためのポリシーを作成および適用します
レポート要件のサポート

オンデマンドの分析とレポートのアドホッククエリを実行するか、保存されたクエリを使用して、継続的なコンプライアンスレポートのさらに詳細にカスタムしたレポートを生成します。

  • 自然言語入力とブール演算子を使用するNetskopeの動的クエリエンジンを使用して、豊富なクラウドとアプリの使用状況データをマイニングします
    • クラウドとアプリのセキュリティに関する質問に回答する
  • クエリをカスタム検索結果として保存する
  • 監査証跡を使用して、クラウドとアプリのトランザクションを段階的に把握する
  • コンテキストを使用し、イベントの前後関係を理解する

認可および非認可SaaS、IaaS、およびクラウドサービスのアクティビティを監視し、それらが組織にもたらすリスクを確認します。

  • ユーザー、デバイス、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、コンテキストなどの詳細を含む、マネージドまたはアンマネージドクラウドサービスおよびアプリからのトラフィックを表示します
  • ユーザーが社内にいても社外にいても、クラウドの可視性を手に入れる
  • ブラウザ、同期クライアント、モバイルアプリをカバー
  • さまざまな導入オプションを提供–オプションには以下が含まれます。
    • Office 365やSalesforceなどの選択したクラウドサービスに対してのAPIによる可視化と制御
    • リバースプロキシモードは、企業ネットワークや管理対象外のデバイスからのクラウドサービスアクセスをカバーします
    • フォワードプロキシモードはあらゆるクラウドサービスに対応
    • さまざまなモードを組み合わせてカバレッジを拡大

全体的なリスクとクラウドサービスまたはユーザーごとのリスクの両方を測定することにより、さまざまなクラウドサービスとアプリが組織にもたらすリスクを理解します。

  • Cloud Security Allianceから採用された客観的な基準が含まれています
  • セキュリティ、法的観点、監査、サードパーティの認証、脆弱性や不正利用、経済的実行可能性、プライバシー機能の領域でサービス属性を表示して比較することにより、50以上の客観的属性に基づいてクラウドサービスがどれほど企業利用に対して対応しているかを測定します
  • 特定の要件と補正制御に基づいてスコアをカスタマイズする
  • このスコアを、ポリシーに組み込みます。たとえば、「中程度」または「以下」と評価されたクラウドストレージサービスへのマイナンバー、住所や氏名などの個人識別情報 (PII) のアップロードを禁止します。

詳細にドリルダウンして、リスクのあるサービス、ユーザー、侵害された資格情報、異常、および脅威を一目でわかるリスクのメトリックを取得します。

  • 全体的なリスクとクラウドサービス、アプリ、ユーザーごとのリスクを確認する
  • ルールと機械学習ベースの異常検出を利用して、次のことを行います。
    • 外部で発生したデータ侵害により、どのユーザーのアカウント認証情報が侵害されたかを理解する
    • マルウェアやランサムウェアなどの脅威だけでなく、データの引き出し、一括ダウンロード、共有されている可能性が高い資格情報などの異常に対する注意喚起
  • この情報を使用して、組織を保護するためのポリシーを作成および適用します

オンデマンドの分析とレポートのアドホッククエリを実行するか、保存されたクエリを使用して、継続的なコンプライアンスレポートのさらに詳細にカスタムしたレポートを生成します。

  • 自然言語入力とブール演算子を使用するNetskopeの動的クエリエンジンを使用して、豊富なクラウドとアプリの使用状況データをマイニングします
    • クラウドとアプリのセキュリティに関する質問に回答する
  • クエリをカスタム検索結果として保存する
  • 監査証跡を使用して、クラウドとアプリのトランザクションを段階的に把握する
  • コンテキストを使用し、イベントの前後関係を理解する
オレンジのプラス記号


   クラウドサービスに関連するトラフィックの割合

53%
のWebトラフィックはクラウド関連
出典:2021年Netskopeクラウド・脅威レポート
オレンジのプラス記号

サードパーティのリスク
   ユースケース

ベンダー保証

クラウドストレージ、HR、CRM、マーケティングなど、さまざまなカテゴリにわたるクラウドサービスにおいて、企業が利用することを考えたときに、実施すべきことをしっかりと実施しているかなどを評価します。

統合

Netskopeを使用すると、セキュリティ属性、コスト、使用状況に基づいて、クラウドストレージ、CRM、コラボレーションなどの様々なカテゴリで用途が冗長しているクラウドサービスを識別・統合し、情報のサイロ化を減らし、リスクを軽減し、コストを節約することができます。

ポリシーの作成

Netskope CCIとリスクダッシュボードを使用して、リスク情報、脅威インテリジェンス、および使用状況の指標を確認します。そしてそれをクラウドとWebのセキュリティポリシー、プログラム、およびセキュリティ戦略に役立てることができます。

クラウドとWebのメタデータ

すべてのクラウドサービスとアプリトランザクションの包括的で段階的に調査可能な監査証跡に加えて、コンプライアンスレポートのために、退職した従業員によるデータ漏洩などの疑わしいイベントをドリルダウンして追跡できるアドホッククエリを取得します。

クラウドストレージ、HR、CRM、マーケティングなど、さまざまなカテゴリにわたるクラウドサービスにおいて、企業が利用することを考えたときに、実施すべきことをしっかりと実施しているかなどを評価します。

Netskopeを使用すると、セキュリティ属性、コスト、使用状況に基づいて、クラウドストレージ、CRM、コラボレーションなどの様々なカテゴリで用途が冗長しているクラウドサービスを識別・統合し、情報のサイロ化を減らし、リスクを軽減し、コストを節約することができます。

Netskope CCIとリスクダッシュボードを使用して、リスク情報、脅威インテリジェンス、および使用状況の指標を確認します。そしてそれをクラウドとWebのセキュリティポリシー、プログラム、およびセキュリティ戦略に役立てることができます。

すべてのクラウドサービスとアプリトランザクションの包括的で段階的に調査可能な監査証跡に加えて、コンプライアンスレポートのために、退職した従業員によるデータ漏洩などの疑わしいイベントをドリルダウンして追跡できるアドホッククエリを取得します。

Netskope
Security Cloud

比類のない可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現

Netskope Intelligent SSEは、場所やデバイスを問わず、クラウドサービスやウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際に、比類ない可視性を持ってリアルタイムデータの保護と脅威防御を提供します。

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope Security Cloudプラットフォームダイアグラム
プラス記号の画像
Cloud Exchange
オレンジのプラス記号

Cloud Exchangeを
技術統合に活用

Cloud Exchangeは、貴重なNetskopeテレメトリー、外部脅威インテリジェンス、およびリスクスコアを使用して、より優れたポリシーの実装、サービスチケットの自動作成、Netskope Security Cloudからのログイベントのエクスポートを可能にします。

Cloud Exchangeの図
プラス記号の画像
アナリスト認識
オレンジのプラス記号

業界をリードする当局から信頼されています

2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント
Gartner® Predicts 2022: Consolidated Security Platforms Are the Future
2021 IDC MarketScape for Cloud Security Gateways
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Risk Insightsを使用すると、SaaS、IaaS、およびクラウドサービスが組織でどのように使用されているかを識別して理解できます。
お客様へ
01  01
引用
Netskopeが登場する以前は、クラウドアプリの発見は面倒かつ困難な試みでした。皆様が使用していた既存のツールの中にはそれを実現できるソリューションはなかったので、目をつぶって飛び続けるしかありませんでした。Netskopeを使用することで、クラウド管理に対する考え方が変わりました。
CISO
フォーチュン100ヘルスケア組織
プラス記号の画像
リソース
オレンジのプラス記号

サードパーティのリスク
   リソース

ブルーのプラス記号
デモ
Netskope Cloud XDのパワー
ブルーのプラス記号
EBOOK
スマートクラウドセキュリティの20の事例
ブルーのプラス記号
ホワイトペーパー
Discovery Playbook

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化