Netskope 製品Netskopeプラットフォームの機能Netskope アダプティブ アクセス
コントロール

Netskope アダプティブ アクセス
コントロール

安全なクラウドとWebアクセスが実現なければ、企業の重要なデータが危険にさらされます。ID、場所、デバイスの種類などに基づいて、クラウドアプリケーションおよびサービスへのアクセスを制御することにより、保護されていることを確認します。

Granular cloud and web access control

クラウドサービスや危険なWebサイトへの自由なアクセスをユーザーに許可すると、会社全体が脅威にさらされ、機密データが漏洩する危険があります。Netskopeはそのアクセスを制御することでリスクを軽減し、マネージド(認可)クラウドサービスとアンマネージド(非認可)クラウドサービスの両方へのアクセスに関すて、条件付きのきめ細かいポリシーを設定できるようにします。

Netskope
セキュリティクラウド

プラットフォームを見る→
Netskope                      
Security Cloud

比類のない可視性。リアルタイムのデータと脅威からの保護。

Netskopeセキュリティクラウドは、あらゆる場所のあらゆるデバイスからクラウドサービス、ウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際でも、比類なき可視性とリアルタイムデータ、脅威防御を提供します。Netskopeだけがクラウドを理解し、セキュリティチームがデジタルトランスフォーメーションをする際にセキュリティを確保するために必要な保護と速度を、適切なバランスで実現する「データ中心(Data Centric)」のアプローチを採用しています。

Netskope                      
Security Cloud

アダプティブアクセス
コントロール ユースケース

01

Least privileges

ロールベースのアクセス制御ですべてのサービスの管理者権限を確保し、従業員が使用するマネージドサービスに接続されたエコシステムサービスの可視性と制御を獲得します。

02

Trusted access

信頼できるデバイスのみが、企業のサービスとデータにアクセスできるようにします。たとえば、BYODまたは管理対象外のデバイスに読み取り専用のアクセス許可を与えつつ、企業のデバイスからはOffice 365 Webメールへのフルアクセスを許可するポリシーを設定するといったことができます。

03

Governance

Selectively grant access or govern activities based on context. With Netskope you can do things like prevent sensitive data from being downloaded onto personal devices or restrict access to a service if an employee is on an unsecured Wi-Fi network.

何に基づきアクセスをコントロールするか

アイデンティティ

企業のディレクトリ(AD,やIDaaSなど)と統合し、必要に応じて異なるレベルのアクセス権を付与します。たとえば、請負業者に情報への表示のみのアクセスを許可する一方で、マーケティングチームにクラウドストレージサービスへの完全な権限を許可します。

デバイス分類

デバイスを分類し、異なるアクセスレベルを付与することができます(つまり、管理対非管理、BYOD)。

アプリとアプリインスタンス

Differentiate between personal and corporate instances when setting policies to ensure employee privacy.

アイデンティティ

企業のディレクトリ(AD,やIDaaSなど)と統合し、必要に応じて異なるレベルのアクセス権を付与します。たとえば、請負業者に情報への表示のみのアクセスを許可する一方で、マーケティングチームにクラウドストレージサービスへの完全な権限を許可します。

デバイス分類

デバイスを分類し、異なるアクセスレベルを付与することができます(つまり、管理対非管理、BYOD)。

アプリとアプリインスタンス

Differentiate between personal and corporate instances when setting policies to ensure employee privacy.

主な機能と利点

全モードアーキテクチャ

オールモード アーキテクチャにより、ユーザーの場所や使用しているデバイスなどに関係なく、すべてのクラウドとWebトラフィックを確認します。

詳しく見る

Conditional access

Web、SaaS、IaaSのサービスとアプリケーション全体でユーザーが実行できることを管理し、組織のリスクへの露出を減らします。

詳しく見る

Granular control

ID、デバイスタイプ、サービス/ウェブサイト、アクティビティ、およびデータに基づいてセキュリティポリシーを適用し、データの漏洩や損失を防ぎます。

詳しく見る

Netskopeを使用すると、すべてのクラウドアプリに対して1つの制御ポイントを得ることになります。時間と属人性の観点から見ると、それは私たちにとって非常に大きなことです。

—Sajawal Haider 、CISO、Oak Hill Advisors
Oak Hill Advisors

大企業での採用

Apria Healthcare
Ather
AVX
CSA Group
Evalueserve
Stroock

リソース

パブリッククラウドの保護における最大のセキュリティ脅威と運用上の問題は何ですか?

46%

不正アクセス

出典: Cybersecurity Insiders-2019 CLOUD SECURITY REPORT、2019年4月

31%

個人およびモバイルアクセス

出典: Cybersecurity Insiders-2019 CLOUD SECURITY REPORT、2019年4月

境界線を再構築しましょう