Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
製品 Netskopeプラットフォームの機能 Netskope アダプティブ アクセス
コントロール

Netskope アダプティブ アクセス
コントロール

安全なクラウドとWebアクセスが実現なければ、企業の重要なデータが危険にさらされます。ID、場所、デバイスの種類などに基づいて、クラウドアプリケーションおよびサービスへのアクセスを制御することにより、保護されていることを確認します。

Granular cloud and web access control

クラウドサービスや危険なWebサイトへの自由なアクセスをユーザーに許可すると、会社全体が脅威にさらされ、機密データが漏洩する危険があります。Netskopeはそのアクセスを制御することでリスクを軽減し、マネージド(認可)クラウドサービスとアンマネージド(非認可)クラウドサービスの両方へのアクセスに関すて、条件付きのきめ細かいポリシーを設定できるようにします。

Netskope
Security Cloud

比類のない可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現

Netskope Intelligent SSE is built on the Netskope Security Cloud, a platform that provides unrivaled visibility and real-time data and threat protection when accessing cloud services, websites, and private apps from anywhere, on any device.

プラットフォームの詳細はこちら

アダプティブアクセス
コントロール ユースケース

01

Least privileges

ロールベースのアクセス制御ですべてのサービスの管理者権限を確保し、従業員が使用するマネージドサービスに接続されたエコシステムサービスの可視性と制御を獲得します。

02

Trusted access

信頼できるデバイスのみが、企業のサービスとデータにアクセスできるようにします。たとえば、BYODまたは管理対象外のデバイスに読み取り専用のアクセス許可を与えつつ、企業のデバイスからはOffice 365 Webメールへのフルアクセスを許可するポリシーを設定するといったことができます。

03

Governance

Selectively grant access or govern activities based on context. With Netskope you can do things like prevent sensitive data from being downloaded onto personal devices or restrict access to a service if an employee is on an unsecured Wi-Fi network.

何に基づきアクセスをコントロールするか

アイデンティティ

企業のディレクトリ(AD,やIDaaSなど)と統合し、必要に応じて異なるレベルのアクセス権を付与します。たとえば、請負業者に情報への表示のみのアクセスを許可する一方で、マーケティングチームにクラウドストレージサービスへの完全な権限を許可します。

デバイス分類

デバイスを分類し、異なるアクセスレベルを付与することができます(つまり、管理対非管理、BYOD)。

アプリとアプリインスタンス

Differentiate between personal and corporate instances when setting policies to ensure employee privacy.

アイデンティティ

企業のディレクトリ(AD,やIDaaSなど)と統合し、必要に応じて異なるレベルのアクセス権を付与します。たとえば、請負業者に情報への表示のみのアクセスを許可する一方で、マーケティングチームにクラウドストレージサービスへの完全な権限を許可します。

デバイス分類

デバイスを分類し、異なるアクセスレベルを付与することができます(つまり、管理対非管理、BYOD)。

アプリとアプリインスタンス

Differentiate between personal and corporate instances when setting policies to ensure employee privacy.

主な機能と利点

全モードアーキテクチャ

オールモード アーキテクチャにより、ユーザーの場所や使用しているデバイスなどに関係なく、すべてのクラウドとWebトラフィックを確認します。

詳しく見る

Conditional access

Web、SaaS、IaaSのサービスとアプリケーション全体でユーザーが実行できることを管理し、組織のリスクへの露出を減らします。

詳しく見る

きめ細かい制御

ID、デバイスタイプ、サービス/ウェブサイト、アクティビティ、およびデータに基づいてセキュリティポリシーを適用し、データの漏洩や損失を防ぎます。

詳しく見る

Netskopeを使用すると、すべてのクラウドアプリに対して1つの制御ポイントを得ることになります。時間と属人性の観点から見ると、それは私たちにとって非常に大きなことです。

—Sajawal Haider 、CISO、Oak Hill Advisors
Oak Hill Advisors

大企業での採用

Apria Healthcare
Ather
AVX
CSA Group
Evalueserve
Stroock

リソース

Netskope Security Cloud Platform

Netskope Security Cloud Platform

5 Security Mistakes When Moving to the Cloud

5 Security Mistakes When Moving to the Cloud

20 Examples of Smart Cloud Security

20 Examples of Smart Cloud Security

パブリッククラウドの保護における最大のセキュリティ脅威と運用上の問題は何ですか?

46%

不正アクセス

出典: Cybersecurity Insiders-2019 CLOUD SECURITY REPORT、2019年4月

31%

個人およびモバイルアクセス

出典: Cybersecurity Insiders-2019 CLOUD SECURITY REPORT、2019年4月

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化