ソリューションセキュリティスタックをアップグレード

セキュリティスタックのアップグレード

第一世代のセキュリティ製品の多くは、今日のクラウドおよびモバイルファーストの世界では効果がないことが証明されています。これらの投資は購入当時は意味がありましたが、IT環境の変化に伴い、セキュリティ担当者は、今日の世界に合わせて設計された最新機能に既存のツールをアップグレードする必要があります。

最新のクラウドセキュリティプラットフォーム

Netskope Security Cloudはクラウドで生まれ、最新のクラウドネイティブなマイクロサービスアーキテクチャに基づいています。セキュリティサービスは、クラウドからシームレスに展開されるだけでなく、クラウド、ウェブ、プライベートアプリにも展開されます。

セキュリティスタックをアップグレード

01

Virtual Private Network (VPN)

従来のVPNは管理や運用が難しく、デバイスやユーザーのコンテキストを考慮せずにどんな状況でもアクセスを許可することができるため、現在の境界のない世界には適していません。その結果、組織は通常それらを使用して、All or Nothing方式でアクセスを制御します。その結果、認証されたユーザーが広すぎるネットワーク単位でのアクセスを持つことで、攻撃面が拡大します。誰でも、VPNを張ることでどのアプリにでもアクセスできることは、セキュアだと言えるのでしょうか?今日のVPNは、アップグレードすることができます。

詳しく見る
02

Secure web gateway (SWG)

SWGの市場は、SSLやTLSで暗号化されたトラフィックと、増加するリモートおよびモバイルワーカーに対応するために、パフォーマンスと拡張性をもった、アプライアンスからクラウドから提供されるサービスに移行しています。また、アプリとクラウドサービスを復号および検査して、データ保護のコンテンツとコンテキストを理解し、高度な脅威を検出することも同様にクラウドから提供される必要があります。

詳しく見る
03

第一世代のクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)

CASB市場は比較的新しく、最初の製品は2013年に利用可能になります。初期のCASB製品の多くは、限られた一連のユースケースを中心に設計されており、その結果、機能を拡張できないため、アーリーアダプタにとって、価値が低下しています。Netskopeは、他のCASB製品ではカバーできないユースケースをカバーする独自の機能を持っています。

詳しく見る

I love how Netskope surfaces all the information we need to track down an incident and get the right folks involved in remediation. This saves us a ton of time when time is of the essence.

SOCアナリスト 、フォーチュン500販売店

リソース

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化

リソース

Netskope NewEdge

Netskope NewEdge

Shift Your Web Security to the Cloud, for the Cloud - white paper

クラウドのための、Webセキュリティのクラウドへのシフト

クラウドのための、Webセキュリティのクラウドへのシフト

クラウドのための、Webセキュリティのクラウドへのシフト