あなたのクラウドプロキシには次世代SWG
が必要です

今ご使用されているSWGは、従業員が業務中に誤って、もしくは故意に個人用のメールを使用した時、それを検知できますか?アップロードされたものが個人的なファイルか、会社の機密データなのか を区別できますか?これらは、クラウドによりビジネスが支えられている時代において企業が直面している課題の一部に過ぎません。皆様がご使用されているソリューションの多くは現代のクラウド環境に対応するようには構築されていません。

プロキシを Netskope の次世代SWGへとアップグレードしましょう。弊社のプラットフォームはクラウドトラフィックの行間を読み取るように設計されており、従来型のプロキシよりも妥協のないセキュリティソリューションを提供できるということを証明できます。

次世代SWGの詳細について情報提供をご要望される場合、フォームにご登録ください。Netskope Japanの社員からご連絡させていただきます。


登録する

このクラウドの時代に対応するために必要な可視化と、きめ細かな制御を実現します

私たちはSASEのアーキテクチャに必要なシンプルな構成かつ比類のないパフォーマンス、高いユーザーエクスペリエンスを提供します当社のプラットフォームは、以下の 7 つの主要な課題を解決できるように設計されています。

01

クラウド利用状況の可視化

管理(マネージド)、およびシャドーITのような非管理(アンマネージド)のものを含み、従業員が使用している何千ものクラウドアプリにおいてリアルタイムでの可視性(ユーザー、ファイル名、アクティビティなど)を提供します。

02

マネージドクラウドアプリへ、 BYODや協力会社のデバイスから安全にアクセスさせる

管理されていないデバイス(BYODなど)で仕事をするために特定のクラウドアプリへのアクセスは許可しつつも、そのデバイスへの機密データのダウンロードは許可しない、ということもできます。

03

意図しない、または承認されていないデータ移動

クラウドアプリのインスタンス間およびアプリそのもののリスクとユーザーのリスクなどのコンテキストを見て、データ移動を確認および制御します。テナント制限機能(Tenant Restrictions)に頼ることなく、この課題を解決できます。テナント制限機能の場合は「許可」または「ブロック」の2パターンしかないため、従業員の生産性は落ちることになります。

04

リアルタイムでのユーザーへのコーチング

アプリそのもののリスクとユーザーの操作によるリスクやそのコンテキストを加味し、管理/管理外アプリやWebサイトについてその操作を「続行」または「キャンセル」するオプションを提供します。さらには毎回強制的にブロックするだけではなく、警告メッセージによりユーザーをコーチングし、その操作が必要な理由を記入させることにより操作を許可し、ビジネスプロセスを続行できるようにすることも可能です。

05

機密データの確認

Slack や Microsoft Teamsなどのクラウドアプリで、機密データが投稿(Post)やアップロードされた場合、警告またはブロックします。

06

ドキュメントおよび画像データの保護

税務書、履歴書、特許フォーム、パスポート、運転者のライセンス、社会保障カード、スクリーンショットなどの機密文書や画像がクラウドアプリやWebサイトにアップロードされた場合、従来のような正規表現やパターンマッチングのみに依存せず、検知して警告またはブロックします。今まではこれらの文書は誤検出されることが多いものでした。

07

クラウドフィッシング対策

クラウドにホストされた偽物のフォーム(例えばOffice 365のログイン画面のような)を使って資格情報を取得するようなフィッシング攻撃からユーザーを保護する。

08

パフォーマンスのトレードオフのないセキュリティ

ハイパフォーマンス、かつ低レイテンシ。様々なクラウドベンダーとピアリングされたNewEdgeネットワークを活用して、Webやクラウド、SaaSアクセスへの通信において優れたユーザーエクスペリエンスを実現します。

2021年のトップ10の重要なセキュリティプロジェクトと、Netskopeがそれらに対してどのように役立つか

Gartnerは、今後1年間で必要になる10の重要なセキュリティプロジェクトについて詳しく説明しました。Netskopeでは、すべてのプロジェクトにおいて、それを実現するお手伝いをいたします。

 

詳しく見る

ケーススタディ:自動車業界をリードする企業、適切なクラウドセキュリティバランスを実現

ある大手自動車メーカーは、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)を使用する方向性に舵を切りました。Netskopeの貢献により、現在はクラウドファーストのセキュリティ戦略の下でシステムの運用をされています。

 

詳しく見る

チェックリスト:次世代SWGに必要な12の機能

次世代SWGは、ユーザーとクラウドアプリ間のアクティビティを、フルコンテキストを確認し、きめ細かく制御することができます。この短くまとめられたチェックリストが、どのようにそれをを実現するのかをご説明します。

 

詳しく見る

ケーススタディ:国営の医療機関が次世代SWGを使用

ある国営医療機関は、Netskopeの実装により、シャドーITが野放しになっていた状況から、きめ細かい制御を高度なデータ保護を持つシステムへと大きく変化しました。

 

詳しく見る