Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ データ保護 Demoing the Netskope and Mimecast DLP Integration
Jul 08 2021

Demoing the Netskope and Mimecast DLP Integration

Protecting the data of an organization is a complex task. Data is the crown jewel of any organization which the adversaries continuously seek to get their hands on. Data is threatened both by external attackers and internal threats. Sometimes the threats are malicious, and in many cases, they are accidental. Both these cases have to be addressed by modern enterprise security departments.

In the demo linked below, we will show you the new data leakage prevention (DLP) integration between two security solutions, Netskope and Mimecast, which enables security administrators to apply tight security controls to the outbound emails easily and to stop multiple data exfiltration threats.

Data Leakage Prevention has been a topic of interest of many companies. Existing endpoint DLP has always been resource-intensive on the workstation and often disrupted the end user’s work. With the shift to the cloud, we have many other ways to detect insider threats and prevent the bad guys from exfiltrating sensitive data such as PII, CC, and PHI outside the organization’s perimeter.

Netskope redefines the inspections providing multiple security controls helping the user to define and implement hardened policies that are managed from one central location. Netskope DLP is already doing a fantastic job with SaaS applications, inline Secure Web Gateway (SWG) inspection, and HTTP-based protocols. However, many customers have to face the challenge of gaining control when it comes to email protocols, such as SMTP and getting the same level of DLP.

By enabling Netskope and Mimecast integration, users can now define one DLP policy for HTTP-based protocols and email, configuring it from a central place. Users also have one source of truth for email, web, and SaaS apps DLP-related alerts.

Netskope and Mimecast integration allow administrators to choose one of two routes. With the first route, email first goes through DLP inspection by Netskope using the existing Netskope policy, marked with the corresponding threat score, and then forwarded to Mimecast for additional email security inspections before being sent to the recipient or returned to the sender in case of violation.

With the second route, email is sent to Mimecast first, inspected for email security there, and is then forwarded to Netskope for DLP policy inspection and marking. This flexibility allows administrators to choose the path most appropriate to their organization.

Netskope provides 99.999% SLA service to their customers, which with appropriate timeouts, retries and fallback mechanisms configured on both Netskope and Mimecast systems enables administrators to assure email delivery securely without interruptions.    

In the demo, we observe that an email that violated DLP policy has been rejected with the detailed explanatory message for the rejection reasoning. The configuration of the integration is straightforward, and you will see that there is no significant delay introduced in sending the email out to the recipient; the entire inspection flow takes around 20 to 30 seconds which is not significant for the vast majority of the organization’s emails.

During the demo you will also see how Netskope email DLP really shines in regard to their OCR capabilities. Netskope is capable of detecting DLP violation events based on image attachments of screenshot with PII data that was included in the sent email. In the demo, Netskope DLP immediately identified the incident, and the email bounced back with the warning and corresponding alert that appeared on the Netskope dashboard.

In order to enable the functionality, Netskope customers will need to add additional licenses. However, we have also seen the new CTI capabilities for IOC sharing between Netskope, Mimecast, and Crowdstrike, and these are included for any Netskope tenant as complementary features.

Netskope is working on extending the partnership with many other technology partners for the IOC exchange and email DLP capabilities.

If you’d like to see the full demo, you can view it here.

Originally published by Security Architecture

author image
About the author
Michael Koyfman is the Head of Global Solution Architecture at Netskope.
Michael Koyfman is the Head of Global Solution Architecture at Netskope.