ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む​

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Still Highest in Execution.
Still Furthest in Vision.

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope Named a Leader in the 2024 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge graphic for menu
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

How to Use a Magic Quadrant and Other Industry Research
このエピソードでは、マックス・ヘイビー、スティーブ・ライリー、モナ・フォークナーが、マジック・クアドラントを作成する複雑なプロセスと、それが単なるチャート以上のものである理由を分析します。

ポッドキャストを再生する
マジック・クアドラントとその他の業界調査の活用方法ポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Netskope
   Cloud Exchange

ライトブループラス
Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。
プラス記号の画像
Cloud Exchangeの概要
ライトブループラス

Cloud Exchange
概要

Netskope Cloud Exchange (CE)プラットフォームとその4つのモジュールは、お客様に無料で提供されます。 一度に 1 つ以上のモジュールをアクティブ化することができ、CEは、Linuxを実行できる場所やドッカーをサポートするシステムに、ドッカーベースのソリューションとして展開されます。 お客様は、独自のリソースを使用してCEを展開および管理することも、NetskopeにCEを展開および管理させることもできます。 CE向けのNetskopeマネージドサービスには、99.9%の可用性と24時間365日のサポートが含まれています。

Cloud Exchangeの図

すぐに使える4つのモジュール
プラグイン、70+統合

Cloud Log Shipper

Cloud Log Shipper

  • イベント/アラートログのエクスポート
  • マルチスレッドのクエリエンジン
  • ほぼリアルタイムのポーリング
  • 1つ以上の宛先

SOC、MDR/XDRサービスをフィード

Cloud Ticket Orchestrator

Cloud Ticket Orchestrator

  • サービスチケットの自動化
  • イベント情報の整理
  • チケットのワークフローへのマッピング
  • ミュート & 重複除外

調査と対応を迅速化

Cloud Threat Exchange

Cloud Threat Exchange

  • IOC共有の自動化
  • 双方向更新
  • ファイルハッシュ(脅威、DLP)
  • 悪意のあるURL

攻撃の無効化を改善する

Cloud Risk Exchange

Cloud Risk Exchange

  • リスクスコアのやり取り
  • ユーザー、デバイス、アプリケーション
  • 平均/補正スコア
  • CTOアクションのトリガー

ゼロトラスト原則を実現

グリーンプラス

主な機能とメリット

Netskope Cloud Exchange(CE)プラットフォームの4つのモジュールのいずれかをアクティベートできます。

Cloud Exchange の概要

シェブロン

Cloud Exchange は、Linux が実行できる場所であればどこでも、Docker をサポートするシステム上に Docker ベースのソリューションとしてデプロイされます。 Cloud Exchange の実行には、最小限のコンピューティング リソースとストレージ リソース (少なくとも 2 つの vCPU、20 GB のストレージ、4 GB の RAM) が必要であり、Ubuntu と CentOS でテストされています。 CE は、ローカル ログインまたはシングル サインオン用のほとんどの ID サービス、UI および API トークンのロールベースのアクセス制御をサポートし、顧客生成の証明書のオプションを備えた TLS v1.3 でアクセスが保護され、管理時にマルチテナント サポートを提供します。 Netskope One プラットフォームの複数の顧客インスタンス。 CE には、更新されたプラグインまたは新しく公開されたプラグインの自動チェックが含まれており、プラットフォーム機能、監査ログ、およびシステム エラーをレポートする syslog メッセージが提供されます。

 

Cloud Exchange の概要

Cloud Log Shipper

シェブロン

Netskope Cloud Log Shipper(CLS)を使用すると、組織はNetskopeのインラインおよびアウトオブバンドのセキュリティソリューションから豊富なイベントログをSIEMやデータレイク、syslog形式に効率よくエクスポートできます。セキュリティオペレーションセンター(SOC)とXDR/MDRサービスは、Netskope SSE、Next Gen SWGCASBZTNACSPM/SSPMCFWソリューションログの可視性を深め、そのコンテキストを詳細に伝えます。

Cloud Log Shipper

Cloud Ticket Orchestrator

シェブロン

Netskope Cloud Ticket Orchestrator(CTO)は、組織が、プログラムにより、注目に値するアラートタイプや要素に基づいて、ITサービス管理(ITSM)およびコラボレーションシステムで自動的にチケットを開くことを可能にします。これにより、システムでのチケットの管理方法や効果的なワークフローへのマッピング方法を合理化できます。

Cloud Ticket Orchestrator

Cloud Threat Exchange

シェブロン

Netskope Cloud Threat Exchange(CTE)はほぼリアルタイムの脅威情報の取り込み、キュレーション、共有を行うツールで、Netskopeのお客様と技術パートナーは双方向でIOCをやり取りできます。セキュリティチームは1分以内に悪意のあるURLやファイルハッシュ、DLPファイルハッシュを含むインテリジェンスフィードをエンドポイント、メールセキュリティ、SIEM、SOAR、XDRソリューションといった自社のセキュリティインフラストラクチャ製品に統合できます。

Cloud Threat Exchange

Cloud Risk Exchange

シェブロン

Netskope Cloud Risk Exchange(CRE)は、個々のユーザー、デバイス、および(または)アプリケーションに関する複数の接続されたシステムのリスク値を単一のビューで作成します。 スコアが CRE データベースに使用されると、正規化された値の範囲にマッピングされ、必要に応じて重み付けして、ユーザ/またはアプリケーションごとに 1 つのスコアを作成し、すべてのユーザ、デバイス、および(または)アプリケーションにわたって 1 日の平均を作成できます。 ビジネスロジックを活用することで、セキュリティアナリストは、個々のスコア、スコアの組み合わせ、または加重スコアをネストされたものとして照合し、接続されたシステムでターゲットアクションをトリガーしてリスクを軽減し、CTOプラグインを介してITSMおよびコラボレーションシステムに通知を送信するトリガーを定義できます。

Cloud Risk Exchange

Cloud Exchange は、Linux が実行できる場所であればどこでも、Docker をサポートするシステム上に Docker ベースのソリューションとしてデプロイされます。 Cloud Exchange の実行には、最小限のコンピューティング リソースとストレージ リソース (少なくとも 2 つの vCPU、20 GB のストレージ、4 GB の RAM) が必要であり、Ubuntu と CentOS でテストされています。 CE は、ローカル ログインまたはシングル サインオン用のほとんどの ID サービス、UI および API トークンのロールベースのアクセス制御をサポートし、顧客生成の証明書のオプションを備えた TLS v1.3 でアクセスが保護され、管理時にマルチテナント サポートを提供します。 Netskope One プラットフォームの複数の顧客インスタンス。 CE には、更新されたプラグインまたは新しく公開されたプラグインの自動チェックが含まれており、プラットフォーム機能、監査ログ、およびシステム エラーをレポートする syslog メッセージが提供されます。

 

Cloud Exchange の概要

Netskope Cloud Log Shipper(CLS)を使用すると、組織はNetskopeのインラインおよびアウトオブバンドのセキュリティソリューションから豊富なイベントログをSIEMやデータレイク、syslog形式に効率よくエクスポートできます。セキュリティオペレーションセンター(SOC)とXDR/MDRサービスは、Netskope SSE、Next Gen SWGCASBZTNACSPM/SSPMCFWソリューションログの可視性を深め、そのコンテキストを詳細に伝えます。

Cloud Log Shipper

Netskope Cloud Ticket Orchestrator(CTO)は、組織が、プログラムにより、注目に値するアラートタイプや要素に基づいて、ITサービス管理(ITSM)およびコラボレーションシステムで自動的にチケットを開くことを可能にします。これにより、システムでのチケットの管理方法や効果的なワークフローへのマッピング方法を合理化できます。

Cloud Ticket Orchestrator

Netskope Cloud Threat Exchange(CTE)はほぼリアルタイムの脅威情報の取り込み、キュレーション、共有を行うツールで、Netskopeのお客様と技術パートナーは双方向でIOCをやり取りできます。セキュリティチームは1分以内に悪意のあるURLやファイルハッシュ、DLPファイルハッシュを含むインテリジェンスフィードをエンドポイント、メールセキュリティ、SIEM、SOAR、XDRソリューションといった自社のセキュリティインフラストラクチャ製品に統合できます。

Cloud Threat Exchange

Netskope Cloud Risk Exchange(CRE)は、個々のユーザー、デバイス、および(または)アプリケーションに関する複数の接続されたシステムのリスク値を単一のビューで作成します。 スコアが CRE データベースに使用されると、正規化された値の範囲にマッピングされ、必要に応じて重み付けして、ユーザ/またはアプリケーションごとに 1 つのスコアを作成し、すべてのユーザ、デバイス、および(または)アプリケーションにわたって 1 日の平均を作成できます。 ビジネスロジックを活用することで、セキュリティアナリストは、個々のスコア、スコアの組み合わせ、または加重スコアをネストされたものとして照合し、接続されたシステムでターゲットアクションをトリガーしてリスクを軽減し、CTOプラグインを介してITSMおよびコラボレーションシステムに通知を送信するトリガーを定義できます。

Cloud Risk Exchange

Netskope
One プラットフォーム

優れた可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現します。

Netskope Intelligent SSE は、場所やデバイスを問わずクラウド サービス、Web サイト、プライベート アプリにアクセスする際に、比類のない可視性とリアルタイムのデータと脅威の保護を提供するプラットフォームである Netskope One プラットフォーム上に構築されています。

 

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope One Marketecture の図
プラス記号の画像
ユースケース
ライトブループラス

セキュリティスタックをユースケースに合わせて完全に統合

脅威インテリジェンスの共有

シェブロン

Netskope、エンドポイント、メールゲートウェイ、SIEMなどの防御間で双方向IOC共有を自動化します。

サービスチケットの自動化

シェブロン

ITサービス管理ツールやコラボレーションツールでNetskopeアラートがサービスチケットを作成する際のワークフローを改善します。

リスクスコアのやり取り

シェブロン

複数のリスクスコアを正規化し、ユーザー、デバイス、および(または)アプリケーションのリスクスコアリングの大幅な変更によるリスクを軽減するための調査またはアクションを呼びだします。

ログのエクスポート

シェブロン

豊富なイベントログやアラートログをSIEM、データレイク、XDR/MDRサービスに落とし込み、セキュリティオペレーションを改善します。

Netskope、エンドポイント、メールゲートウェイ、SIEMなどの防御間で双方向IOC共有を自動化します。

ITサービス管理ツールやコラボレーションツールでNetskopeアラートがサービスチケットを作成する際のワークフローを改善します。

複数のリスクスコアを正規化し、ユーザー、デバイス、および(または)アプリケーションのリスクスコアリングの大幅な変更によるリスクを軽減するための調査またはアクションを呼びだします。

豊富なイベントログやアラートログをSIEM、データレイク、XDR/MDRサービスに落とし込み、セキュリティオペレーションを改善します。

グリーンプラス

大手企業での
採用

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。
お客様事例紹介
01  02
引用
「Netskopeのおかげでアクセスが簡単になり、統合が柔軟になったと感じています。」
ITセキュリティマネージャー
通信サービス会社
グリーンプラス

大手企業での
採用

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。
お客様事例紹介
02  02
引用
「今後の展開としては、Webやクラウドで機密性の高いデータを保護するため、ゼロトラストの原則に基づいたセキュリティオーバーレイを考えています。」
Netskope Cloud and Threat Report, July 2021

SASEのリーダーと共にセキュリティ対策を強化する