ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
製品 Cloud Exchange

Netskope
   Cloud Exchange

オレンジのプラス記号
Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティ体制全体で投資を活用するための強力な統合ツールをお客様に提供します。
プラス記号の画像
Cloud Exchangeの概要
オレンジのプラス記号

Cloud Exchange
概要

Netskope Cloud Exchange(CE)プラットフォームとその4つのモジュールはお客様に無料で提供されています。1度に複数のモジュールを使用できるCEは、Linuxを実行できる場所やドッカーに対応するシステム上であればどこでも、ドッカーベースのソリューションとして展開されます。

Cloud Exchangeの図

4つのモジュールに加え、すぐに使えるプラグインと30以上のインテグレーション

Cloud Log Shipper

Cloud Log Shipper

  • イベント/アラートログのエクスポート
  • マルチスレッドクエリエンジン
  • ほぼリアルタイムのポーリング
  • 1つ以上の宛先

SOC、MDR/XDRサービスをフィード

Cloud Ticket Orchestrator

Cloud Ticket Orchestrator

  • サービスチケットの自動化
  • イベント情報の整理
  • チケットのワークフローへのマッピング
  • ミュート & 重複除外

調査と対応を迅速化

Cloud Threat Exchange

Cloud Threat Exchange

  • IOC共有の自動化
  • 双方向更新
  • ファイルハッシュ(脅威、DLP)
  • 悪意のあるURL

攻撃中和率を高める

Cloud Risk Exchange

Cloud Risk Exchange

  • リスクスコアのやり取り
  • ユーザーとデバイス
  • 平均/補正スコア
  • CTOアクションのトリガー

ゼロトラスト原則を実現

オレンジのプラス記号

主な機能と
利点

Netskope Cloud Exchange(CE)プラットフォームの4つのモジュールのいずれかを1度に1つずつ使用できます。

Cloud Exchangeの概要

Cloud Exchangeは、Linuxを実行できる場所やドッカーに対応するシステム上であればどこでも、ドッカーベースのソリューションとして展開されます。実行する上で必要なコンピューティングリソースやストレージ容量はとても少なく(2 vCPU、20 GB、またはRAM 4 GBから)、UbuntuやCentOSでもテスト済みです。CEはローカルログインやシングルサインオン、UIおよびAPIトークン用のロールベースのアクセスコントロールなど、ほとんどのIDサービスに対応しており、アクセスはTLS v1.3で保護されているうえに、お客様側で生成した証明書を使用するオプションも備え、複数のNetskopeプラットフォームに対応するためのマルチインスタンス/テナントサポートも提供しています。また、更新または新しく公開されたプラグインを自動で確認する機能も備えており、プラットフォームの機能性や監査ログ、システムエラーを報告するシスログメッセージを提供します。

 

Cloud Log Shipper

Netskope Cloud Log Shipper(CLS)を使用すると、組織はNetskopeのインラインおよびアウト・オブ・バンドセキュリティソリューションの豊富なイベントログをSIEMやデータレイク、シスログフォーマットに効率よくエクスポートできます。セキュリティオペレーションセンター(SOC)とXDR/MDRサービスは、Netskope SSE、Next Gen SWGCASBZTNACSPM/SSPMCFWソリューションログの可視性を深め、そのコンテキストを詳細に伝えます。

Cloud Ticket Orchestrator

Netskope Cloud Ticket Orchestrator(CTO)は、組織が、プログラムにより、注目に値するアラートタイプや要素に基づいて、ITサービス管理(ITSM)およびコラボレーションシステムで自動的にチケットを開くことを可能にします。これにより、システムでのチケットの管理方法や効果的なワークフローへのマッピング方法を合理化できます。

Cloud Threat Exchange

Netskope Cloud Threat Exchange(CTE)はほぼリアルタイムの脅威情報の取り込み、キュレーション、共有を行うツールで、Netskopeのお客様と技術パートナーは双方向でIOCをやり取りできます。セキュリティチームは1分以内に悪意のあるURLやファイルハッシュ、DLPファイルハッシュを含むインテリジェンスフィードをエンドポイント、メールセキュリティ、SIEM、SOAR、XDRソリューションといった自社のセキュリティインフラストラクチャ製品に統合できます。

Cloud Risk Exchange

Netskope Cloud Risk Exchange(CRE)は、個別のユーザーやデバイスに対する複数の連携システムのリスク値を1か所で確認できるビューを作成します。CREデータベースで使用されたスコアは、正規化された値の範囲にマッピングされ、必要に応じて補正されてユーザーごとのスコアとすべてのユーザー/デバイスを通した1日の平均をスコアを作成します。セキュリティアナリストはビジネスロジックを活用することで、個別のスコアやスコアの組み合わせ、補正スコアを入れ子で照合でき、連携システムでターゲットを絞った操作をトリガーしてリスクを削減できるだけでなく、CTOプラグインを介してITSMやコラボレーションシステムに通知を送るようにトリガーを定義することもできます。

Cloud Exchangeは、Linuxを実行できる場所やドッカーに対応するシステム上であればどこでも、ドッカーベースのソリューションとして展開されます。実行する上で必要なコンピューティングリソースやストレージ容量はとても少なく(2 vCPU、20 GB、またはRAM 4 GBから)、UbuntuやCentOSでもテスト済みです。CEはローカルログインやシングルサインオン、UIおよびAPIトークン用のロールベースのアクセスコントロールなど、ほとんどのIDサービスに対応しており、アクセスはTLS v1.3で保護されているうえに、お客様側で生成した証明書を使用するオプションも備え、複数のNetskopeプラットフォームに対応するためのマルチインスタンス/テナントサポートも提供しています。また、更新または新しく公開されたプラグインを自動で確認する機能も備えており、プラットフォームの機能性や監査ログ、システムエラーを報告するシスログメッセージを提供します。

 

Netskope Cloud Log Shipper(CLS)を使用すると、組織はNetskopeのインラインおよびアウト・オブ・バンドセキュリティソリューションの豊富なイベントログをSIEMやデータレイク、シスログフォーマットに効率よくエクスポートできます。セキュリティオペレーションセンター(SOC)とXDR/MDRサービスは、Netskope SSE、Next Gen SWGCASBZTNACSPM/SSPMCFWソリューションログの可視性を深め、そのコンテキストを詳細に伝えます。

Netskope Cloud Ticket Orchestrator(CTO)は、組織が、プログラムにより、注目に値するアラートタイプや要素に基づいて、ITサービス管理(ITSM)およびコラボレーションシステムで自動的にチケットを開くことを可能にします。これにより、システムでのチケットの管理方法や効果的なワークフローへのマッピング方法を合理化できます。

Netskope Cloud Threat Exchange(CTE)はほぼリアルタイムの脅威情報の取り込み、キュレーション、共有を行うツールで、Netskopeのお客様と技術パートナーは双方向でIOCをやり取りできます。セキュリティチームは1分以内に悪意のあるURLやファイルハッシュ、DLPファイルハッシュを含むインテリジェンスフィードをエンドポイント、メールセキュリティ、SIEM、SOAR、XDRソリューションといった自社のセキュリティインフラストラクチャ製品に統合できます。

Netskope Cloud Risk Exchange(CRE)は、個別のユーザーやデバイスに対する複数の連携システムのリスク値を1か所で確認できるビューを作成します。CREデータベースで使用されたスコアは、正規化された値の範囲にマッピングされ、必要に応じて補正されてユーザーごとのスコアとすべてのユーザー/デバイスを通した1日の平均をスコアを作成します。セキュリティアナリストはビジネスロジックを活用することで、個別のスコアやスコアの組み合わせ、補正スコアを入れ子で照合でき、連携システムでターゲットを絞った操作をトリガーしてリスクを削減できるだけでなく、CTOプラグインを介してITSMやコラボレーションシステムに通知を送るようにトリガーを定義することもできます。

Netskope
Security Cloud

比類のない可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現

Netskope Intelligent SSEは、場所やデバイスを問わず、クラウドサービスやウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際に、比類ない可視性を持ってリアルタイムデータの保護と脅威防御を提供します。

 

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope Security Cloudプラットフォームダイアグラム
プラス記号の画像
ユースケース
オレンジのプラス記号

セキュリティスタックをユースケースに合わせて完全に統合

脅威インテリジェンスの共有

Netskope、エンドポイント、メールゲートウェイ、SIEMなどの防御間で双方向IOC共有を自動化します。

サービスチケットの自動化

ITサービス管理ツールやコラボレーションツールでNetskopeアラートがサービスチケットを作成する際のワークフローを改善します。

リスクスコアのやり取り

複数のリスクスコアを正規化し、調査またはアクションを起動して、ユーザーまたはデバイスのリスク評価システムへの重大な変更によるリスクを削減します

ログのエクスポート

豊富なイベントログやアラートログをSIEM、データレイク、XDR/MDRサービスに落とし込み、セキュリティオペレーションを改善します。

Netskope、エンドポイント、メールゲートウェイ、SIEMなどの防御間で双方向IOC共有を自動化します。

ITサービス管理ツールやコラボレーションツールでNetskopeアラートがサービスチケットを作成する際のワークフローを改善します。

複数のリスクスコアを正規化し、調査またはアクションを起動して、ユーザーまたはデバイスのリスク評価システムへの重大な変更によるリスクを削減します

豊富なイベントログやアラートログをSIEM、データレイク、XDR/MDRサービスに落とし込み、セキュリティオペレーションを改善します。

オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティ体制全体で投資を活用するための強力な統合ツールをお客様に提供します。
お客様へ
01  02
引用
「Netskopeのおかげでアクセスが簡単になり、統合が柔軟になったと感じています。」
ITセキュリティマネージャー
通信サービス会社
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティ体制全体で投資を活用するための強力な統合ツールをお客様に提供します。
お客様へ
02  02
引用
「今後の展開としては、Webやクラウドで機密性の高いデータを保護するため、ゼロトラストの原則に基づいたセキュリティオーバーレイを考えています。」
Netskope Cloud and Threat Report, July 2021
プラス記号の画像
リソース
オレンジのプラス記号

Cloud Exchangeに関するリソース

ブルーのプラス記号
デモ
Cloud Exchangeデモ
ブルーのプラス記号
データシート
Netskope Cloud Log Shipper
ブルーのプラス記号
データシート
Cloud Ticket Orchestrator
ブルーのプラス記号
データシート
Netskope Cloud Threat Exchange
ブルーのプラス記号
データシート
Netskope Cloud Risk Exchange

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化