ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • Security Service Edge Products

    Protect against advanced and cloud-enabled threats and safeguard data across all vectors.

  • Borderless SD-WAN

    Confidently provide secure, high-performance access to every remote user, device, site, and cloud.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Gartner® Quick Answer:NetskopeのInfiot買収はSD-WAN、SASE、SSEプロジェクトにどのような影響を与えますか?

レポートを読む
Quick Answer: How Does Netskope’s Acquisition of Infiot Impact SD-WAN, SASE and SSE Projects?

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • 導入企業

    Netskopeは、フォーチュン100の25以上を含む世界中の2,000以上の顧客にサービスを提供しています。

  • カスタマーソリューション

    お客様のため、Netskopeでお客様の成功を確実にすべく、あらゆるステップを共に歩んでまいります。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
Woman smiling with glasses looking out window

Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

詳しくはこちら
Netskope Professional Services

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 15: Building Permanent Security Awareness

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling

クラウドコンプライアンスを維持する

クラウドでのコンプライアンスの維持は複雑になる可能性があります。クラウドに保存されている企業データには、多数の規制が適用されます。Netskopeは、生産性とコストに影響を与えることなく、コンプライアンスの達成と維持に関連する複雑さに対処します。

コンプライアンスの維持は困難になる可能性がある

医療から小売まで、多くの業界では、特定のコンプライアンス規制に従う必要があります。これらの規制により、個人を特定できる情報 (PII)、保護医療情報 (PHI)、ペイメントカード情報、およびその他の規制対象データの取り扱い方法が決まります。Netskopeは、データの情報漏洩対策、アクセスポリシーを適用し、クラウドに保存されている機密データを暗号化することにより、データがクラウドに移動するときにこれらの順守要件を満たすのに役立ちます。

規則

コンプライアンスの自動化

01

詳細な監査

クラウドとウェブでのすべてのユーザーアクティビティ (使用されたクラウドサービス、アクセスされたウェブサイト、実行されたアクティビティ、データ、場所、デバイスなど) を理解します。この情報を使用して、組織内のすべてのユーザーのクラウド監査証跡を生成し、疑わしい違反を調査します。

詳しく見る
02

使用法を管理する

クラウドサービスとウェブサイトの使用をユーザー、アプリ、デバイス、場所、アクティビティ、コンテンツなどのコンテキストの詳細に基づいて管理し、コンプライアンスとリスクの基準を満たします。「個人のクラウドストレージアプリへの機密データのアップロードを禁止する」や「財務部門のみに財務/経理アプリへのアクセスを許可する」などの詳細なポリシーを適用します。

詳しく見る
03

Protect data

Detect and secure your sensitive content en route to or from any cloud service or website with comprehensive DLP. Uncover sensitive content using predefined (or custom) profiles for payment card industry data (PCI), protected health information (PHI), and more. Protect with automated workflows to block, quarantine, or encrypt your data.

詳しく見る
04

コンプライアンスレポート

クラウドサービスとウェブサイトのアクティビティレベルの使用状況を理解し、異常なデータ移動やユーザーの動作など、準拠していない動作や異常を検出します。クラウドアクティビティの詳細な監査証跡を維持し、深いコンテキストに基づいてクラウドとウェブへのアクセスを管理することでコンプライアンスを確保します。

詳しく見る
05

インシデント応答

クラウドおよびポリシー違反に迅速かつ徹底的に対応します。エンドツーエンドのワークフローでNetskopeインシデント管理を利用します。違反コンテンツの抜粋と詳細なアクティビティ監査証跡を使用してフォレンジック分析を実行します。所有者を割り当て、進行状況を追跡し、解決済みとしてマークします。

詳しく見る

コンプライアンス

Netskopeは、生産性とコストに影響を与えることなく、GDPRやPCI-DSSなど、コンプライアンスの達成と維持に関連する複雑さに対処します。クラウドアプリ、データ、アクティビティのコンテキスト内で貴社のコンプライアンスポスチャーを示す、すぐに使用可能なカスタムコンプライアンスレポートによりコンプライアンス監査を合理化します。あらゆる場所でデータを保護し、リスクを管理し、コンプライアンス要件に対処するのに役立つ代替制御を適用する方法を示します。

APRA

Prudential Standard CPS 234 情報セキュリティの脆弱性と脅威に見合った情報セキュリティ機能を維持することにより、APRA規制対象のエンティティが情報セキュリティインシデント(サイバー攻撃を含む)に対して回復力のある対策を講じることを保証します。

詳しくはこちら
セキュリティプログラムを最新化

GDPR

クラウド内の個人データを保護し、欧州連合のグローバルデータ保護規則 (GDPR) に準拠するために必要な可視性と制御を提供します。

詳しくはこちら
セキュリティプログラムを最新化

GLBA

グラム・リーチ・ブライリー法 (GLBA)は、消費者の金融プライバシーを保護するための米国連邦規則です。この規則は、多くの金融機関や組織が行っている慣行である消費者金融情報の第三者への共有に制限を設けています。

詳しくはこちら
セキュリティプログラムを最新化

HIPAA

リスクの高いクラウドサービス、ウェブサイト、およびアクティビティに対する制御と制限を適用して、HIPAAおよびHITECH遵守に対応できるようにします。ユーザー、アクティビティ、データ、デバイス、場所などのコンテキストを含む完全なクラウドおよびウェブアクティビティ証跡を使用して、疑わしい違反を監査します。

詳しくはこちら
セキュリティプログラムを最新化

PCI DSS

Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS) は、カード会員情報に対する最低限のセキュリティ要件を定めた国際的・包括的基準です。この基準は法律ではありませんが、ペイメントカードデータ処理・取り扱いサービスプロバイダーは、この規則の要件を遵守する必要があります。

詳しくはこちら
セキュリティプログラムを最新化
セキュリティプログラムを最新化
APRA

Prudential Standard CPS 234 情報セキュリティの脆弱性と脅威に見合った情報セキュリティ機能を維持することにより、APRA規制対象のエンティティが情報セキュリティインシデント(サイバー攻撃を含む)に対して回復力のある対策を講じることを保証します。

詳しくはこちら
GDPR

クラウド内の個人データを保護し、欧州連合のグローバルデータ保護規則 (GDPR) に準拠するために必要な可視性と制御を提供します。

詳しくはこちら
GLBA

グラム・リーチ・ブライリー法 (GLBA)は、消費者の金融プライバシーを保護するための米国連邦規則です。この規則は、多くの金融機関や組織が行っている慣行である消費者金融情報の第三者への共有に制限を設けています。

詳しくはこちら
HIPAA

リスクの高いクラウドサービス、ウェブサイト、およびアクティビティに対する制御と制限を適用して、HIPAAおよびHITECH遵守に対応できるようにします。ユーザー、アクティビティ、データ、デバイス、場所などのコンテキストを含む完全なクラウドおよびウェブアクティビティ証跡を使用して、疑わしい違反を監査します。

詳しくはこちら
PCI DSS

Payment Card Industry Data Security Standard (PCI DSS) は、カード会員情報に対する最低限のセキュリティ要件を定めた国際的・包括的基準です。この基準は法律ではありませんが、ペイメントカードデータ処理・取り扱いサービスプロバイダーは、この規則の要件を遵守する必要があります。

詳しくはこちら

クラウドアプリケーションを探していて、そのアプリケーションのリスクプロファイルを評価したい方にとっては、CASBの導入は間違いなく重要です。

—James Rutt, CTO, Dana Foundation
Dana Foundation logo

リソース

スマートクラウドセキュリティの20の事例

スマートクラウドセキュリティの20の事例

Top CASB Use Cases for Financial Services Security

Top CASB Use Cases for Financial Services Security

Top 3 Use Cases for HIPAA Compliance in the Cloud

Top 3 Use Cases for HIPAA Compliance in the Cloud

クラウドにおけるPCI順守のトップユースケース

クラウドにおけるPCI順守のトップユースケース

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化