CASB マーケットのリーダー

セキュリティを犠牲にすることなく、クラウドアプリケーションとサービスを自信を持って利用します。 

クラウドで必要な制御とセキュリティ

Netskopeの業界をリードするクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)を使用すると、クラウドアプリケーションが企業によって認可・管理されているかどうかに関係なく、ユーザーによるクラウドアプリの使用をすぐに識別、可視化、および管理できます。危険な内部関係者や、境界のセキュリティを突破した悪意のあるサイバー犯罪者によって、デバイスから機密データが流出するのを防ぎます。 

クラウドで必要な制御とセキュリティ

Netskope continues to be a Leader in the Gartner 2019 Magic Quadrant (MQ) for CASB

Gartnerはマジッククアドラントにおいて3年連続で、ビジョンの完全性と実行能力に基づいてNetskopeをCASBのリーダーに位置付けていますNetskope Security Cloudプラットフォームは、ビジョン軸の完全性において最も優れているとしてガートナーによって認識されています。

Gartner 2019 Magic Quadrant (MQ) for CASB

Netskope
セキュリティクラウド

プラットフォームを見る→
Netskope                      
Security Cloud

比類のない可視性。リアルタイムのデータと脅威からの保護。

Netskopeセキュリティクラウドは、あらゆる場所のあらゆるデバイスからクラウドサービス、ウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際でも、比類なき可視性とリアルタイムデータ、脅威防御を提供します。Netskopeだけがクラウドを理解し、セキュリティチームがデジタルトランスフォーメーションをする際にセキュリティを確保するために必要な保護と速度を、適切なバランスで実現する「データ中心(Data Centric)」のアプローチを採用しています。

Netskope                      
Security Cloud

クラウドアプリケーションとサービスを安心と自信を持って利用

Boxでのデータ漏洩を防止

Netskope for Boxは、企業アカウントと個人アカウントを区別して、組織全体に展開されたBoxのすべてのインスタンスを識別できます。Netskopeは、既存のセキュリティ周りの権限がデータ漏洩につながる可能性があるかどうかを判断し、何かが起こる前にとめることができます。リスクの高さをベースとしたガバナンス制御を実施し、ユーザーがクラウドを適切に使用するよう指導(コーチング)することで、リスクを低減しながら、会社全体でのコラボレーションを実現することができます。

詳しく見る→

Dropboxでのデータ漏洩を防止

Dropboxは、世界中の何百万もの人々が個人的なファイルを共有するために使用しています。企業はDropboxを利用して、従業員に使い慣れたコラボレーションツールを提供しています。Netskope for Dropboxは、Dropboxの個人インスタンスとビジネスインスタンスの間のセキュリティを強化し、危険なアクティビティの判別と制御、機密データの保護、およびクラウドの脅威の阻止を実現します。

詳しく見る→

Egnyteでの安全なアクセスと共有

Egnyteは、直感的なユーザーインターフェイスを介してファイルアクセスと共有機能を提供する機能を備えており、クラウドへの優れた移行パスを提供します。ただし、不適切な使用は組織を危険にさらす可能性があります。Netskopeは、機密データを保護し、クラウドの脅威を阻止するためのリスクの高い行動を認識および制御できるようにすることで、Egnyteのプラットフォームセキュリティを強化します。

詳しく見る→


G Suiteで安全なコラボレーションを実現

Google G Suiteは、多くの企業が選択するツールの1つにもなっていますが、同時にGmailなどのサービスは企業ではなく個人でも利用されています。ユーザーは個人アカウントとビジネスアカウントを頻繁に切り替えるため、会社の機密データが漏洩するリスクが高まります。Netskope for G Suiteは、詳細な可視性と制御をリアルタイムで提供し、組織の安全とコンプライアンスを保持します。

詳しく見る→

Office 365全体にセキュリティを適用する

Microsoft Office 365は、企業全体の標準的なツールとなっています。Netskope for Office 365は、コンプライアンスを保証するDLPポリシーを実施するために必要な詳細な可視性と制御を、リアルタイムで提供します。Netskopeを使用することで、組織は安全性およびコンプライアンスを維持しながらOffice 365を最大限に活用できます。

詳しく見る→

Microsoft Teamsと安全にコラボレーション

Netskope for Microsoft Teamsは、ユーザー間で共有されるデータとファイルの包括的な保護を提供する高度なクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)ソリューションです。

詳しく見る→

Salesforceでデータの整合性を確保する

あらゆる規模の企業がSalesforceを使用してビジネスに優位性を与えています。多くの場合、組織全体の従業員が機密性の高い顧客データや販売情報にアクセスできます。これは危険なことではないでしょうか?Netskope for Salesforceは、機密データの保護、データ損失の防止、規制へのコンプライアンスの確保に必要な可視性とセキュリティ管理を提供します。

詳しく見る→

ServiceNowのセキュリティ上の盲点を排除

組織は、運用を合理化し、効率を高め、コストを削減するためにServiceNowを採用しています。ただし、ServiceNowは、その部門連携などに優れた機能により、個人を特定できる情報(PII)、支払いカード情報(PCI)、会社の内部情報など、多くの機密データに触れる可能性があります。Netskopeを使用すると、機密性の高いビジネスデータを保護すると同時に、ServiceNowの安全で準拠した使用を保証できます。

詳しく見る→

Slackでのコラボレーションが安全であることを確認する

Slackは、様々な企業・組織で使用されている人気のコラボレーションサービスです。ただし、チームはSlackを使用して簡単に通信したりファイルを共有したりできますが、機密データの入ったファイルを送付したり、メッセージで重要な情報を共有してしまうリスクも生じます。Netskope for Slackは必要な可視性と制御を提供するため、機密データを保護し、クラウド対応の脅威から保護できます。

詳しく見る→

Workplace by Facebook を保護する

Facebook by Workplaceは、世界中の組織におけるコラボレーションサービスとして急速に成長しています。Workplaceを使用すると、従業員はすべて1つのプラットフォームで共有、共同作業、コミュニケーションを行うことができます。Netskope for Workplaceは、Workplaceの詳細な可視性と制御を提供するため、従業員の生産性を維持しながら、組織全体の機密データを保護できます。

詳しく見る→

あらゆるアプリ

Netskopeは、リアルタイムのきめ細かな制御と高度なデータおよび脅威保護防御を組み合わせて、あらゆるクラウドアプリを保護します。

Boxでのデータ漏洩を防止

Netskope for Boxは、企業アカウントと個人アカウントを区別して、組織全体に展開されたBoxのすべてのインスタンスを識別できます。Netskopeは、既存のセキュリティ周りの権限がデータ漏洩につながる可能性があるかどうかを判断し、何かが起こる前にとめることができます。リスクの高さをベースとしたガバナンス制御を実施し、ユーザーがクラウドを適切に使用するよう指導(コーチング)することで、リスクを低減しながら、会社全体でのコラボレーションを実現することができます。

詳しく見る→

Dropboxでのデータ漏洩を防止

Dropboxは、世界中の何百万もの人々が個人的なファイルを共有するために使用しています。企業はDropboxを利用して、従業員に使い慣れたコラボレーションツールを提供しています。Netskope for Dropboxは、Dropboxの個人インスタンスとビジネスインスタンスの間のセキュリティを強化し、危険なアクティビティの判別と制御、機密データの保護、およびクラウドの脅威の阻止を実現します。

詳しく見る→

Egnyteでの安全なアクセスと共有

Egnyteは、直感的なユーザーインターフェイスを介してファイルアクセスと共有機能を提供する機能を備えており、クラウドへの優れた移行パスを提供します。ただし、不適切な使用は組織を危険にさらす可能性があります。Netskopeは、機密データを保護し、クラウドの脅威を阻止するためのリスクの高い行動を認識および制御できるようにすることで、Egnyteのプラットフォームセキュリティを強化します。

詳しく見る→


G Suiteで安全なコラボレーションを実現

Google G Suiteは、多くの企業が選択するツールの1つにもなっていますが、同時にGmailなどのサービスは企業ではなく個人でも利用されています。ユーザーは個人アカウントとビジネスアカウントを頻繁に切り替えるため、会社の機密データが漏洩するリスクが高まります。Netskope for G Suiteは、詳細な可視性と制御をリアルタイムで提供し、組織の安全とコンプライアンスを保持します。

詳しく見る→

Office 365全体にセキュリティを適用する

Microsoft Office 365は、企業全体の標準的なツールとなっています。Netskope for Office 365は、コンプライアンスを保証するDLPポリシーを実施するために必要な詳細な可視性と制御を、リアルタイムで提供します。Netskopeを使用することで、組織は安全性およびコンプライアンスを維持しながらOffice 365を最大限に活用できます。

詳しく見る→

Microsoft Teamsと安全にコラボレーション

Netskope for Microsoft Teamsは、ユーザー間で共有されるデータとファイルの包括的な保護を提供する高度なクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)ソリューションです。

詳しく見る→

Salesforceでデータの整合性を確保する

あらゆる規模の企業がSalesforceを使用してビジネスに優位性を与えています。多くの場合、組織全体の従業員が機密性の高い顧客データや販売情報にアクセスできます。これは危険なことではないでしょうか?Netskope for Salesforceは、機密データの保護、データ損失の防止、規制へのコンプライアンスの確保に必要な可視性とセキュリティ管理を提供します。

詳しく見る→

ServiceNowのセキュリティ上の盲点を排除

組織は、運用を合理化し、効率を高め、コストを削減するためにServiceNowを採用しています。ただし、ServiceNowは、その部門連携などに優れた機能により、個人を特定できる情報(PII)、支払いカード情報(PCI)、会社の内部情報など、多くの機密データに触れる可能性があります。Netskopeを使用すると、機密性の高いビジネスデータを保護すると同時に、ServiceNowの安全で準拠した使用を保証できます。

詳しく見る→

Slackでのコラボレーションが安全であることを確認する

Slackは、様々な企業・組織で使用されている人気のコラボレーションサービスです。ただし、チームはSlackを使用して簡単に通信したりファイルを共有したりできますが、機密データの入ったファイルを送付したり、メッセージで重要な情報を共有してしまうリスクも生じます。Netskope for Slackは必要な可視性と制御を提供するため、機密データを保護し、クラウド対応の脅威から保護できます。

詳しく見る→

Workplace by Facebook を保護する

Facebook by Workplaceは、世界中の組織におけるコラボレーションサービスとして急速に成長しています。Workplaceを使用すると、従業員はすべて1つのプラットフォームで共有、共同作業、コミュニケーションを行うことができます。Netskope for Workplaceは、Workplaceの詳細な可視性と制御を提供するため、従業員の生産性を維持しながら、組織全体の機密データを保護できます。

詳しく見る→

あらゆるアプリ

Netskopeは、リアルタイムのきめ細かな制御と高度なデータおよび脅威保護防御を組み合わせて、あらゆるクラウドアプリを保護します。

CASBの使用例トップ5

01

従業員が使用中しているクラウドサービスを見つけてそのリスクを評価する

会社として認可・非認可に関わらず、シャドーITを含むクラウドサービスを検出し、その使用に関連するリスクを評価します。Netskopeは36,000以上のアプリを検出でき、それぞれにリスク評価を提供して、リスクを軽減するための適切なセキュリティポリシー制御を決定するのに役立ちます。もちろんこの中には日本のクラウドサービスも数多く含まれております。

02

非常に多くのクラウドサービスとウェブサイトのデータを保護

すべてのSaaS、IaaS、およびWeb全体の操作などを一元的に把握し、制御できます。使いやすい単一のインターフェースにより、クラウドサービス、アプリ、デジタルアセットにまたがるセキュリティポリシーを作成できます。

03

認可クラウドから非認可クラウドサービスへのデータの引き出しを停止

Prevent users who log into corporate cloud services, such as Office 365, and download sensitive data, from then uploading that data to an unmanaged cloud app.

04

クラウド、Webでの脅威から保護

感染したユーザーから、マルウェアなどの脅威が組織全体に広がることを阻止します。Netskopeは、マルウェアがWebベースの電子メールから配信されるか、クラウドストレージサービスから同期クライアントにダウンロードされるかなどにかかわらず、マルウェアをブロックできます。 

05

認可クラウドサービスにアクセスする個人デバイスのきめ細かな制御

BoxやOffice 365などの認可クラウドサービスへのシングルサインオン(SSO)IDアクセスを持つ非管理対象デバイスをきめ細かく制御します。(BYODの場合など)機密データが管理対象外のデバイスに漏洩するのを防止するきめそのデータを検出し、細かいセキュリティポリシーを作成、適用します。

Netskopeでは、クラウド戦略にレイヤーを追加しました。このプラットフォームは、MaRSで使用されているクラウドアプリを完全に可視化し、ユーザーコーチングを通じて既に管理しているアプリ(Boxなど)をより安全に使用できるようにします。

Mark Zimmerman 、CIO、MaRS Discovery District
MaRS

大企業での採用

Apria Healthcare
Ather
AVX
CSA Group
Evalueserve
Stroock

主な機能と利点

クラウドアプリのリスクスコアリング

NetskopeのCloud Confidence Index(CCI)は、トラフィックを自動的に監査して、環境内で使用されている無数のアプリケーション全体のリスクプロファイルを発見できます。各アプリケーションにはリスクスコアが与えられ、存在する全体的なリスクのレベルを特定し、組織への脅威を軽減するのに役立ちます。

詳しく見る
""

データ漏洩防止

顧客は、クラウドで使用されているコンテンツを詳細に調べるNetskopeの高度なデータ漏洩防止(DLP)機能を利用できます。顧客は、不正なデータの送信やアップロードなどをリアルタイムでブロックすることにより、機密性の高いドキュメントやデータが組織の外部に漏洩しないようにすることができます。

詳しく見る
""

きめ細かな可視性と制御

Netskope Cloud XD TM は、クラウドサービスのきめ細かい可視性と制御を提供します。Netskopeは、サービスを完全にブロックするという大雑把なアプローチをとるのではなく、クラウドサービスの使用状況を深く識別し、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、データに基づいて対象のセキュリティポリシーを定義できます。

詳しく見る

リアルタイムのポリシー適用

Netskopeは、セキュリティポリシーのリアルタイムのインライン実施を提供して、データの損失を防ぎ、脅威を阻止します。APIのみの導入形態を提供する他のCASBベンダーとは異なり、NetskopeのNext-Gen Cloud Proxyは、パフォーマンスとセキュリティのトレードオフなしで、リアルタイムの可視性とすべてのクラウドトラフィック制御の両方を提供します。

詳しく見る

合理化された操作

単一の集中管理コンソール内の何千ものクラウドアプリケーションにまたがる内部の脅威、侵害されたアカウント、および特権ユーザーの脅威を特定、軽減、および修復します。サードパーティツールとのシンプルで柔軟な統合により、既存のセキュリティへの投資を活用し、将来のテクノロジーを簡単に追加できます。

詳しく見る

リソース

SOCチームが直面するセキュリティ上の最大の懸念事項は次のとおりです。

52%

データのプライバシー/機密性

出典: クラウドセキュリティレポート–サイバーセキュリティインサイダー(2019年4月)

51%

データ損失/漏洩

出典: クラウドセキュリティレポート–サイバーセキュリティインサイダー(2019年4月)

境界線を再構築しましょう