ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
製品 クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)

CASB マーケットのリーダー

オレンジのプラス記号
セキュリティを犠牲にすることなく、クラウドアプリケーションとサービスを自信を持って採用します。 Netskope Security Service Edge (SSE) のコア コンポーネントである Netskope CASB を使用して、クラウド アプリ インスタンス間およびアプリ リスクとユーザー リスクのコンテキストで、意図しない、または承認されていない機密データの移動を管理します。
クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)
プラス記号の画像
クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)
オレンジのプラス記号

クラウドで必要な
制御とセキュリティ

Netskope Security Service Edge(SSE)のコンポーネントとして、Netskopeの業界をリードするクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)ソリューションを使用すると、管理されているか管理されていないかにかかわらず、クラウドアプリケーションの使用をすばやく特定して管理できます。境界を侵害した危険な内部関係者や悪意のあるサイバー犯罪者によって機密データが環境から流出するのを防ぎます。

クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)
オレンジのプラス記号

企業と個人のアプリ インスタンス間のデータ流出の防止

悪意のある内部関係者によるビジネスメールから個人のメールアカウントへの機密コンテンツのコピーを阻止します。

オレンジのプラス記号

主な機能と
利点

CASBはクラウドサービスやアプリケーションを使用する上で必要な可視性と制御を提供します。

クラウドアプリのリスクスコアリング

NetskopeのCloud Confidence Index(CCI)は、トラフィックを自動的に監査して、環境内で使用されている無数のアプリケーション全体のリスクプロファイルを発見できます。各アプリケーションにはリスクスコアが与えられ、存在する全体的なリスクのレベルを特定し、組織への脅威を軽減するのに役立ちます。

リスクスコアは50のCloud Security Alliance(CSA)が定義した属性に基づいており、セキュリティ、リスク、プライバシー、コンプライアンスを含む7つのプロファイルをカバーしています。アプリケーションでのリスクの評価における正確率は99%以上です。

NetskopeCASBは環境内に非管理対象の「シャドーIT」がどれほどあるかを表面化させ、セキュリティ体制上の盲点を排除します。

高度なデータ損失保護

クラウドで使用されているコンテンツのコンテキスト認識を提供し、機械学習による機能強化を実現したNetskopeの高度なデータ漏洩防止(DLP)機能を利用して、データの簡素化、迅速化、正確なスキャン、分類を行います。また、リスクの高いアクティビティや機密性の高いデータの移動に関するユーザー指導など、リアルタイムで通知を表示します。

Netskope DLPを使用すると、リアルタイムで不正なアクティビティを制限することで、メールやチャット、ファイル共有、Webフォーラム、スクリーンショットなどによる機密性の高いドキュメントの漏洩を防げます。

CASB APIを使用したSaaSおよびIaaSデータリポジトリのスキャンにより、保存データを保護し、NG-SWGやNetskope Intelligent SSEなどのインラインCASBソリューションで、移動中のデータを保護します。また、APIベースのインサイトはCASBインラインポリシーにも供給され、インラインの実施を強化します。

定義済みの規制およびベストプラクティスのコンプライアンステンプレートが含まれており、ファイルとバイナリのフィンガープリント、光学式文字認識(OCR)、正確なデータ マッチング、機械学習の拡張分類などの技術をサポートします。

きめ細かな可視性と制御

管理対象および非管理対象のアプリを含み、従業員が使用している何千ものクラウドアプリにおいてインラインの可視性(ユーザー、ファイル名、アクティビティ、その他のコンテキスト情報など)を提供します。Netskope Cloud XD™は、クラウドサービスのきめ細かい可視性と制御を提供します。Netskopeは、サービスを完全にブロックするという大雑把なアプローチをとるのではなく、クラウドサービスの使用状況を深く識別し、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、データ、デバイスの種類などに基づいて対象のセキュリティポリシーを定義できます。

Netskope CASBは現代のクラウド言語(API、JSON、Protobufなど)を理解し、デコードして、数万ものクラウドアプリケーションにわたり機密性の高いデータや脅威、ユーザーアクティビティをリアルタイムで特定します。

高度なデータ漏洩防止(DLP)機能に対応し、個人アカウントへのデータの移動のような危険なアクティビティを発見して停止します。

高度な脅威保護(ATP)エンジンを強化してクラウド対応の脅威やマルウェアを防ぎ、ファイルの詳細な分析や発見の難しい高度な脅威の防止および検出などで、悪意のあるアクティビティを検出および防止します。

リアルタイムのポリシー適用

NetskopeはインラインCASBソリューションにより、セキュリティポリシーをリアルタイムで実施して、データの損失を防ぎ、脅威を阻止します。APIのみの導入形態を提供する他のCASBベンダーとは異なり、NG-SWGおよびIntelligent SSEを含むNetskopeのインラインCASBソリューションは、パフォーマンスとセキュリティのトレードオフなしで、リアルタイムの可視性とすべてのクラウドトラフィック制御の両方を提供します。

インラインCASB保護を使用することで、クラウドアプリケーショントラフィックにポリシーを適用して、脅威とデータ損失をリアルタイムで停止させます(APIのみのCASBでの遡及的適用と比較)。

ユーザーの場所、デバイスなどに関係なく、データがクラウドのどこにいても組織のデータ漏洩のリスクを防止します。

合理化された操作

Netskope Intelligent SSEの一環として、単一の集中管理コンソール内のWebおよびクラウドアプリケーションにまたがる内部者による脅威、侵害されたアカウント、および特権ユーザーの脅威を特定、軽減、および修復します。Cloud Exchangeを使用したサードパーティツールとのシンプルで柔軟な統合により、既存のセキュリティへの投資を活用し、将来のテクノロジーを簡単に追加できます。

Netskope CASBは他のNetskopeソリューションやNetskope Intelligent SSEの主要な部分と完全に統合でき、インライン展開モデルとAPI展開モデルの両方に対応しています。

直感的なポリシー制御、豊富なメタデータ、組み込みのインシデント管理ワークフローを提供する一元化された統合コンソールにより、セキュリティオペレーションセンター(SOC)タスクを合理化します。

グローバルな規模とパフォーマンス

Netskope NewEdgeは世界最大かつ最高クラスの性能のセキュリティプライベートクラウドであり、Netskope Intelligent SSEなどのNetskopeソリューションのリアルタイムのインラインセキュリティサービスを強化し、必要な場所とタイミングでユーザーに対してセキュリティを展開することができます。CASB、NG SWG、CSPM、ZTNA、DLP、ATPのような主要なNetskopeソリューションはNewEdge上で動作し、最大のパフォーマンスと有効性を世界中で提供します。

Netskope NewEdgeは、Netskopeの製品や技術すべての基盤となるキャリアクラスのグローバルネットワークです。Newedgeはすべてのデータセンターで行われるMicrosoftとGoogleのダイレクトピアリングなど、300以上のネットワークとの隣接関係に代表される広範なパートナーシップを活用し、今後に備えた、SASE対応のアーキテクチャを大規模に広範囲で提供します。

NetskopeのCloud Confidence Index(CCI)は、トラフィックを自動的に監査して、環境内で使用されている無数のアプリケーション全体のリスクプロファイルを発見できます。各アプリケーションにはリスクスコアが与えられ、存在する全体的なリスクのレベルを特定し、組織への脅威を軽減するのに役立ちます。

リスクスコアは50のCloud Security Alliance(CSA)が定義した属性に基づいており、セキュリティ、リスク、プライバシー、コンプライアンスを含む7つのプロファイルをカバーしています。アプリケーションでのリスクの評価における正確率は99%以上です。

NetskopeCASBは環境内に非管理対象の「シャドーIT」がどれほどあるかを表面化させ、セキュリティ体制上の盲点を排除します。

クラウドで使用されているコンテンツのコンテキスト認識を提供し、機械学習による機能強化を実現したNetskopeの高度なデータ漏洩防止(DLP)機能を利用して、データの簡素化、迅速化、正確なスキャン、分類を行います。また、リスクの高いアクティビティや機密性の高いデータの移動に関するユーザー指導など、リアルタイムで通知を表示します。

Netskope DLPを使用すると、リアルタイムで不正なアクティビティを制限することで、メールやチャット、ファイル共有、Webフォーラム、スクリーンショットなどによる機密性の高いドキュメントの漏洩を防げます。

CASB APIを使用したSaaSおよびIaaSデータリポジトリのスキャンにより、保存データを保護し、NG-SWGやNetskope Intelligent SSEなどのインラインCASBソリューションで、移動中のデータを保護します。また、APIベースのインサイトはCASBインラインポリシーにも供給され、インラインの実施を強化します。

定義済みの規制およびベストプラクティスのコンプライアンステンプレートが含まれており、ファイルとバイナリのフィンガープリント、光学式文字認識(OCR)、正確なデータ マッチング、機械学習の拡張分類などの技術をサポートします。

管理対象および非管理対象のアプリを含み、従業員が使用している何千ものクラウドアプリにおいてインラインの可視性(ユーザー、ファイル名、アクティビティ、その他のコンテキスト情報など)を提供します。Netskope Cloud XD™は、クラウドサービスのきめ細かい可視性と制御を提供します。Netskopeは、サービスを完全にブロックするという大雑把なアプローチをとるのではなく、クラウドサービスの使用状況を深く識別し、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、データ、デバイスの種類などに基づいて対象のセキュリティポリシーを定義できます。

Netskope CASBは現代のクラウド言語(API、JSON、Protobufなど)を理解し、デコードして、数万ものクラウドアプリケーションにわたり機密性の高いデータや脅威、ユーザーアクティビティをリアルタイムで特定します。

高度なデータ漏洩防止(DLP)機能に対応し、個人アカウントへのデータの移動のような危険なアクティビティを発見して停止します。

高度な脅威保護(ATP)エンジンを強化してクラウド対応の脅威やマルウェアを防ぎ、ファイルの詳細な分析や発見の難しい高度な脅威の防止および検出などで、悪意のあるアクティビティを検出および防止します。

NetskopeはインラインCASBソリューションにより、セキュリティポリシーをリアルタイムで実施して、データの損失を防ぎ、脅威を阻止します。APIのみの導入形態を提供する他のCASBベンダーとは異なり、NG-SWGおよびIntelligent SSEを含むNetskopeのインラインCASBソリューションは、パフォーマンスとセキュリティのトレードオフなしで、リアルタイムの可視性とすべてのクラウドトラフィック制御の両方を提供します。

インラインCASB保護を使用することで、クラウドアプリケーショントラフィックにポリシーを適用して、脅威とデータ損失をリアルタイムで停止させます(APIのみのCASBでの遡及的適用と比較)。

ユーザーの場所、デバイスなどに関係なく、データがクラウドのどこにいても組織のデータ漏洩のリスクを防止します。

Netskope Intelligent SSEの一環として、単一の集中管理コンソール内のWebおよびクラウドアプリケーションにまたがる内部者による脅威、侵害されたアカウント、および特権ユーザーの脅威を特定、軽減、および修復します。Cloud Exchangeを使用したサードパーティツールとのシンプルで柔軟な統合により、既存のセキュリティへの投資を活用し、将来のテクノロジーを簡単に追加できます。

Netskope CASBは他のNetskopeソリューションやNetskope Intelligent SSEの主要な部分と完全に統合でき、インライン展開モデルとAPI展開モデルの両方に対応しています。

直感的なポリシー制御、豊富なメタデータ、組み込みのインシデント管理ワークフローを提供する一元化された統合コンソールにより、セキュリティオペレーションセンター(SOC)タスクを合理化します。

Netskope NewEdgeは世界最大かつ最高クラスの性能のセキュリティプライベートクラウドであり、Netskope Intelligent SSEなどのNetskopeソリューションのリアルタイムのインラインセキュリティサービスを強化し、必要な場所とタイミングでユーザーに対してセキュリティを展開することができます。CASB、NG SWG、CSPM、ZTNA、DLP、ATPのような主要なNetskopeソリューションはNewEdge上で動作し、最大のパフォーマンスと有効性を世界中で提供します。

Netskope NewEdgeは、Netskopeの製品や技術すべての基盤となるキャリアクラスのグローバルネットワークです。Newedgeはすべてのデータセンターで行われるMicrosoftとGoogleのダイレクトピアリングなど、300以上のネットワークとの隣接関係に代表される広範なパートナーシップを活用し、今後に備えた、SASE対応のアーキテクチャを大規模に広範囲で提供します。

プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

SOCチームが直面するセキュリティ上の最大の懸念事項

66%
クラウドから提供されているマルウェア(Webと比較)
出典:Netskope Cloud and Threat Report(2022年1月)
プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

SOCチームが直面するセキュリティ上の最大の懸念事項

95%
のクラウド利用が社内のIT担当部署から監視・制御できていないものです
出典:Netskope Cloud and Threat Report(2020年)
プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

SOCチームが直面するセキュリティ上の最大の懸念事項

5倍
過去30日間に退職した従業員による個人用ストレージへのアップロードデータの増加
出典:Netskope Cloud and Threat Report(2022年1月)
プラス記号の画像
ユースケース
オレンジのプラス記号

CASBの主な
ユースケース

従業員が使用中しているクラウドサービスを見つけてそのリスクを評価する

会社として認可・非認可に関わらず、シャドーITを含むクラウドサービスを検出し、その使用に関連するリスクを評価します。Netskopeは組織で使用されている41,000以上のアプリを検出でき、CCI技術を使用することでリスク評価を提供でき、クラウドアプリケーションやサービスに対する適切なセキュリティポリシー管理の決定を支援してリスクを削減します。

非常に多くのクラウドサービスとウェブサイトのデータを保護

Netskope CASBはNetskope Intelligent SSEやNetskope NG-SWGと完全に統合でき、すべてのSaaS、IaaS、およびWeb全体の操作などを一元的に把握し、制御できます。使いやすい単一のインターフェースにより、クラウドサービス、アプリ、デジタルアセットにまたがるセキュリティポリシーを作成できます。

電子メールを含む、管理対象クラウドアプリケーションから管理対象外のクラウドアプリケーションへのデータ流出の停止

ユーザーがMicrosoft 365内のOutlookやOneDriveといった企業のクラウドサービスにログインし、機密データをダウンロードして、そのデータをアンマネージドクラウドアプリまたはマネージドクラウドアプリの個人用インスタンスにアップロードするのを阻止します。また、ユーザーがビジネス用メールアカウントと個人用メールアカウント間([email protected] -> [email protected]など)でコンテンツをコピーすることによるデータ流出を防ぎます。

クラウド、Webでの脅威から保護

感染したユーザーから、マルウェアなどの脅威が組織全体に広がることを阻止します。Netskopeは、マルウェアがWebベースの電子メールから配信されるか、クラウドストレージサービスから同期クライアントにダウンロードされるかなどにかかわらず、マルウェアをブロックできます。

認可クラウドサービスにアクセスする個人デバイスのきめ細かな制御

BoxやMicrosoft 365などの認可クラウドサービスへのシングルサインオン(SSO)IDアクセスを持つ非管理対象デバイスをきめ細かく制御します。(BYODの場合など)機密データが管理対象外のデバイスに漏洩するのを防止するきめそのデータを検出し、細かいセキュリティポリシーを作成、適用します。

自信を持ってコンプライアンスを維持

あなたのビジネスがどの業界にあるかにかかわらず、Netskopeはあなたの組織がPCI-DSS、HIPAA、GDPR、NISTなどのコンプライアンス規制や業界標準を遵守するのを手伝うことができます。 DLP、アクセス制御、暗号化によってデータを保護することで、Netskopeは事前定義されたカスタマイズ可能なレポートを使用して監査とレポートを提供し、クラウドサービスとWebサイトのアクティビティレベルの使用状況を理解し、準拠していない動作や異常を検出するのに役立ちます。

会社として認可・非認可に関わらず、シャドーITを含むクラウドサービスを検出し、その使用に関連するリスクを評価します。Netskopeは組織で使用されている41,000以上のアプリを検出でき、CCI技術を使用することでリスク評価を提供でき、クラウドアプリケーションやサービスに対する適切なセキュリティポリシー管理の決定を支援してリスクを削減します。

Netskope CASBはNetskope Intelligent SSEやNetskope NG-SWGと完全に統合でき、すべてのSaaS、IaaS、およびWeb全体の操作などを一元的に把握し、制御できます。使いやすい単一のインターフェースにより、クラウドサービス、アプリ、デジタルアセットにまたがるセキュリティポリシーを作成できます。

ユーザーがMicrosoft 365内のOutlookやOneDriveといった企業のクラウドサービスにログインし、機密データをダウンロードして、そのデータをアンマネージドクラウドアプリまたはマネージドクラウドアプリの個人用インスタンスにアップロードするのを阻止します。また、ユーザーがビジネス用メールアカウントと個人用メールアカウント間([email protected] -> [email protected]など)でコンテンツをコピーすることによるデータ流出を防ぎます。

感染したユーザーから、マルウェアなどの脅威が組織全体に広がることを阻止します。Netskopeは、マルウェアがWebベースの電子メールから配信されるか、クラウドストレージサービスから同期クライアントにダウンロードされるかなどにかかわらず、マルウェアをブロックできます。

BoxやMicrosoft 365などの認可クラウドサービスへのシングルサインオン(SSO)IDアクセスを持つ非管理対象デバイスをきめ細かく制御します。(BYODの場合など)機密データが管理対象外のデバイスに漏洩するのを防止するきめそのデータを検出し、細かいセキュリティポリシーを作成、適用します。

あなたのビジネスがどの業界にあるかにかかわらず、Netskopeはあなたの組織がPCI-DSS、HIPAA、GDPR、NISTなどのコンプライアンス規制や業界標準を遵守するのを手伝うことができます。 DLP、アクセス制御、暗号化によってデータを保護することで、Netskopeは事前定義されたカスタマイズ可能なレポートを使用して監査とレポートを提供し、クラウドサービスとWebサイトのアクティビティレベルの使用状況を理解し、準拠していない動作や異常を検出するのに役立ちます。

プラス記号の画像
コンプライアンス
オレンジのプラス記号

サービスとしてのソフトウェア(SaaS)に対する継続的なセキュリティ評価とコンプライアンス

組織がデジタルトランスフォーメーションに着手するにつれて、SaaSの採用は指数関数的に増加しており、SaaSの設定ミスを排除し、コンプライアンスを継続的に確保することがミッションクリティカルになっています。 Netskope SSPMはNetskope CASB機能を補完および統合し、組織は堅牢なSaaSセキュリティ体制を簡単に適用し、構成のドリフトを防ぎ、コンプライアンスを継続的に確保することができます。

Netskope
Security Cloud

比類のない可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現

Netskope Intelligent SSEは、場所やデバイスを問わず、クラウドサービスやウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際に、比類ない可視性を持ってリアルタイムデータの保護と脅威防御を提供します。

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope Security Cloudプラットフォームダイアグラム
プラス記号の画像
Cloud Exchange
オレンジのプラス記号

技術統合のためのクラウドエクスチェンジ

Cloud Exchangeは、貴重なNetskopeテレメトリー、外部脅威インテリジェンス、およびリスクスコアを使用して、より優れたポリシーの実装、サービスチケットの自動作成、Netskope Security Cloudからのログイベントのエクスポートを可能にします。

Cloud Exchangeの図

クラウドアプリケーションとサービスを安心と自信を持って利用

Boxでのデータ漏洩を防止

Netskope for Boxは、企業アカウントと個人アカウントを区別して、組織全体に展開されたBoxのすべてのインスタンスを識別できます。Netskopeは、既存のセキュリティ周りの権限がデータ漏洩につながる可能性があるかどうかを判断し、何かが起こる前にとめることができます。リスクの高さをベースとしたガバナンス制御を実施し、ユーザーがクラウドを適切に使用するよう指導(コーチング)することで、リスクを低減しながら、会社全体でのコラボレーションを実現することができます。

詳しくはこちら

Dropboxでのデータ漏洩を防止

Dropboxは、世界中の何百万もの人々が個人的なファイルを共有するために使用しています。企業はDropboxを利用して、従業員に使い慣れたコラボレーションツールを提供しています。Netskope for Dropboxは、Dropboxの個人インスタンスとビジネスインスタンスの間のセキュリティを強化し、危険なアクティビティの判別と制御、機密データの保護、およびクラウドの脅威の阻止を実現します。

詳しくはこちら

Egnyteでの安全なアクセスと共有

Egnyteは、直感的なユーザーインターフェイスを介してファイルアクセスと共有機能を提供する機能を備えており、クラウドへの優れた移行パスを提供します。ただし、不適切な使用は組織を危険にさらす可能性があります。Netskopeは、機密データを保護し、クラウドの脅威を阻止するためのリスクの高い行動を認識および制御できるようにすることで、Egnyteのプラットフォームセキュリティを強化します。

詳しくはこちら

のデータとユーザーの保護
グーグルワークスペース

Google Workspace(正式にはG Suite)は、多くの企業にとって主要な生産性スイートになりつつあります。 Gmailのようなサービスは消費者に人気がありますが、企業による採用は重要です。 ユーザーは多くの場合、個人アカウントとビジネスアカウントを行き来するため、企業の機密データが誤って漏洩したり、意図的に流出したりするリスクが高まります。 Netskope for Google Workspace は、リアルタイムの詳細な可視性と制御を提供し、ユーザーが個人アカウントとビジネス アカウントを切り替えた場合でも、組織のセキュリティとコンプライアンスを確保します。

詳しくはこちら

Microsoft 365 全体でセキュリティを適用する

Microsoft 365 は、世界中で使用されている市場をリードする生産性ソフトウェア スイートです。 Netskope for Microsoft 365 は、コンプライアンスを確保し、データ損失を防止するデータ保護ポリシーを適用するために必要な API 対応のリアルタイムのきめ細かな制御と組み合わせた、深い可視性を独自に提供します。 組織の規模に関係なく、Netskope は Microsoft 365 を安全に最大限に活用するのに役立ちます。

詳しくはこちら

Microsoft Teamsと安全にコラボレーション

Netskope for Microsoft Teamsは、ユーザー間で共有されるデータとファイルの包括的な保護を提供する高度なクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)ソリューションです。

詳しくはこちら

Salesforceでデータの整合性を確保する

あらゆる規模の企業がSalesforceを使用してビジネスに優位性を与えています。多くの場合、組織全体の従業員が機密性の高い顧客データや販売情報にアクセスできます。これは危険なことではないでしょうか?Netskope for Salesforceは、機密データの保護、データ損失の防止、規制へのコンプライアンスの確保に必要な可視性とセキュリティ管理を提供します。

詳しくはこちら

ServiceNowのセキュリティ上の盲点を排除

組織は、運用を合理化し、効率を高め、コストを削減するためにServiceNowを採用しています。ただし、ServiceNowは、その部門連携などに優れた機能により、個人を特定できる情報(PII)、支払いカード情報(PCI)、会社の内部情報など、多くの機密データに触れる可能性があります。Netskopeを使用すると、機密性の高いビジネスデータを保護すると同時に、ServiceNowの安全で準拠した使用を保証できます。

詳しくはこちら

Slackでのコラボレーションが安全であることを確認する

Slackは、様々な企業・組織で使用されている人気のコラボレーションサービスです。ただし、チームはSlackを使用して簡単に通信したりファイルを共有したりできますが、機密データの入ったファイルを送付したり、メッセージで重要な情報を共有してしまうリスクも生じます。Netskope for Slackは必要な可視性と制御を提供するため、機密データを保護し、クラウド対応の脅威から保護できます。

詳しくはこちら

Workplace by Facebook を保護する

Facebook by Workplaceは、世界中の組織におけるコラボレーションサービスとして急速に成長しています。Workplaceを使用すると、従業員はすべて1つのプラットフォームで共有、共同作業、コミュニケーションを行うことができます。Netskope for Workplaceは、Workplaceの詳細な可視性と制御を提供するため、従業員の生産性を維持しながら、組織全体の機密データを保護できます。

詳しくはこちら

Boxでのデータ漏洩を防止

Netskope for Boxは、企業アカウントと個人アカウントを区別して、組織全体に展開されたBoxのすべてのインスタンスを識別できます。Netskopeは、既存のセキュリティ周りの権限がデータ漏洩につながる可能性があるかどうかを判断し、何かが起こる前にとめることができます。リスクの高さをベースとしたガバナンス制御を実施し、ユーザーがクラウドを適切に使用するよう指導(コーチング)することで、リスクを低減しながら、会社全体でのコラボレーションを実現することができます。

詳しくはこちら

Dropboxでのデータ漏洩を防止

Dropboxは、世界中の何百万もの人々が個人的なファイルを共有するために使用しています。企業はDropboxを利用して、従業員に使い慣れたコラボレーションツールを提供しています。Netskope for Dropboxは、Dropboxの個人インスタンスとビジネスインスタンスの間のセキュリティを強化し、危険なアクティビティの判別と制御、機密データの保護、およびクラウドの脅威の阻止を実現します。

詳しくはこちら

Egnyteでの安全なアクセスと共有

Egnyteは、直感的なユーザーインターフェイスを介してファイルアクセスと共有機能を提供する機能を備えており、クラウドへの優れた移行パスを提供します。ただし、不適切な使用は組織を危険にさらす可能性があります。Netskopeは、機密データを保護し、クラウドの脅威を阻止するためのリスクの高い行動を認識および制御できるようにすることで、Egnyteのプラットフォームセキュリティを強化します。

詳しくはこちら

のデータとユーザーの保護
グーグルワークスペース

Google Workspace(正式にはG Suite)は、多くの企業にとって主要な生産性スイートになりつつあります。 Gmailのようなサービスは消費者に人気がありますが、企業による採用は重要です。 ユーザーは多くの場合、個人アカウントとビジネスアカウントを行き来するため、企業の機密データが誤って漏洩したり、意図的に流出したりするリスクが高まります。 Netskope for Google Workspace は、リアルタイムの詳細な可視性と制御を提供し、ユーザーが個人アカウントとビジネス アカウントを切り替えた場合でも、組織のセキュリティとコンプライアンスを確保します。

詳しくはこちら

Microsoft 365 全体でセキュリティを適用する

Microsoft 365 は、世界中で使用されている市場をリードする生産性ソフトウェア スイートです。 Netskope for Microsoft 365 は、コンプライアンスを確保し、データ損失を防止するデータ保護ポリシーを適用するために必要な API 対応のリアルタイムのきめ細かな制御と組み合わせた、深い可視性を独自に提供します。 組織の規模に関係なく、Netskope は Microsoft 365 を安全に最大限に活用するのに役立ちます。

詳しくはこちら

Microsoft Teamsと安全にコラボレーション

Netskope for Microsoft Teamsは、ユーザー間で共有されるデータとファイルの包括的な保護を提供する高度なクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)ソリューションです。

詳しくはこちら

Salesforceでデータの整合性を確保する

あらゆる規模の企業がSalesforceを使用してビジネスに優位性を与えています。多くの場合、組織全体の従業員が機密性の高い顧客データや販売情報にアクセスできます。これは危険なことではないでしょうか?Netskope for Salesforceは、機密データの保護、データ損失の防止、規制へのコンプライアンスの確保に必要な可視性とセキュリティ管理を提供します。

詳しくはこちら

ServiceNowのセキュリティ上の盲点を排除

組織は、運用を合理化し、効率を高め、コストを削減するためにServiceNowを採用しています。ただし、ServiceNowは、その部門連携などに優れた機能により、個人を特定できる情報(PII)、支払いカード情報(PCI)、会社の内部情報など、多くの機密データに触れる可能性があります。Netskopeを使用すると、機密性の高いビジネスデータを保護すると同時に、ServiceNowの安全で準拠した使用を保証できます。

詳しくはこちら

Slackでのコラボレーションが安全であることを確認する

Slackは、様々な企業・組織で使用されている人気のコラボレーションサービスです。ただし、チームはSlackを使用して簡単に通信したりファイルを共有したりできますが、機密データの入ったファイルを送付したり、メッセージで重要な情報を共有してしまうリスクも生じます。Netskope for Slackは必要な可視性と制御を提供するため、機密データを保護し、クラウド対応の脅威から保護できます。

詳しくはこちら

Workplace by Facebook を保護する

Facebook by Workplaceは、世界中の組織におけるコラボレーションサービスとして急速に成長しています。Workplaceを使用すると、従業員はすべて1つのプラットフォームで共有、共同作業、コミュニケーションを行うことができます。Netskope for Workplaceは、Workplaceの詳細な可視性と制御を提供するため、従業員の生産性を維持しながら、組織全体の機密データを保護できます。

詳しくはこちら

プラス記号の画像
アナリスト認識
オレンジのプラス記号

業界をリードする当局から信頼されています

2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント
Gartner® Quick Answer: How Does Netskope's Acquisition of Infiot Impact SD-WAN, SASE, and SSE Projects?
2021 IDC MarketScape for Cloud Security Gateways
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

CASBは、現代のエンタープライズセキュリティた今後数年のネットワークを支配するであろうSASEアーキテクチャやSecurity Service Edge(SSE)において欠かせません。
お客様へ
01  03
引用
「CASB機能が決め手となり、Netskopeを選びました。」
シニア情報セキュリティアナリスト
中規模金融サービス会社
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

CASBは、現代のエンタープライズセキュリティた今後数年のネットワークを支配するであろうSASEアーキテクチャやSecurity Service Edge(SSE)において欠かせません。
お客様へ
02  03
引用
Netskopeでは、クラウド戦略にレイヤーを追加しました。このプラットフォームは、MaRSで使用されているクラウドアプリを完全に可視化し、ユーザーコーチングを通じて既に管理しているアプリ(Boxなど)をより安全に使用できるようにします。
Mark Zimmerman
CIO
MaRS Discovery District
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

CASBは、現代のエンタープライズセキュリティた今後数年のネットワークを支配するであろうSASEアーキテクチャやSecurity Service Edge(SSE)において欠かせません。
お客様へ
03  03
引用
「Netskope CASBのおかげで、ユーザーのクラウドトラフィックを可視化し、制御できるようになりました。」
情報セキュリティアナリスト
中規模ヘルスケア企業
プラス記号の画像
リソース
オレンジのプラス記号

Cloud Access Security Brokerに
関するリソース

ブルーのプラス記号
データシート
Netskope Security Cloud Platform
ブルーのプラス記号
データシート
Netskope CASB API
ブルーのプラス記号
Webinar
Netskope: CASB とクラウド セキュリティの進化
ブルーのプラス記号
データシート
Netskope Data Loss Prevention (DLP)
ブルーのプラス記号
データシート
Netskopeリスクの洞察
ブルーのプラス記号
アナリストレポート
2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)の
マジック・クアドラント

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化