Threat research for the cloud

Staffed by the industry’s foremost cloud threat and malware researchers, the Netskope Threat Labs discovers, analyzes, and designs defenses against the latest cloud threats affecting enterprises.

 

With original research and in-depth analysis of cloud-related threats — including cloud phishing, scams, malware delivery, command and control, data exfiltration, data exposure — the Labs helps protect Netskope customers from malicious actors and contributes to the global security community with research, advice, and best practices.

Led by renowned security researchers, distinguished engineers, and principal architects with experience founding and leading companies in Silicon Valley and around the world, the Netskope Threat Labs is based in our headquarters with representation throughout the world. The researchers are regular presenters and volunteers at top security conferences, including DefCon, BlackHat, and RSA.

 

 

Netskope Labsレポート:
クラウドのダークサイド

デジタルトランスフォーメーションは、企業全体でのクラウドサービスとアプリの利用を加速しています。クラウドの台頭により、「クラウドのダークサイド」が出現し、キルチェーンのさまざまな段階でクラウドサービスを利用する脅威と、クラウドストレージとサービスを使用したデータリスクの増加が可能になります。

 

このレポートは、2019年8月1日から12月31日までに数百万人のユーザーにわたってNetskope Security Platformから収集された匿名化データに基づいており、クラウド対応の脅威と機密データのクラウド全体への移行がどのように発生して組織のセキュリティ体制を複雑化しているかについての考察を提供します。

Upcoming Threat Labs events

Event Results
Event Results