ゼロトラストとSASEの未来は今です!オンデマンドで視聴する

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

How to Use a Magic Quadrant and Other Industry Research
このエピソードでは、マックス・ヘイビー、スティーブ・ライリー、モナ・フォークナーが、マジック・クアドラントを作成する複雑なプロセスと、それが単なるチャート以上のものである理由を分析します。

ポッドキャストを再生する
マジック・クアドラントとその他の業界調査の活用方法ポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Netskopeの脅威対策

ライトブループラス
アンマネージドクラウドサービス、同期クライアント、モバイルアプリ、TLS暗号化クラウドサービスやWebサイトなど、他のセキュリティソリューションではできないトラフィックをデコードして検査し、脅威を特定して対処します。
プラス記号の画像
脅威対策について
ライトブループラス

他に類を見ない脅威対策

Netskope Intelligent SSE は、広範な SaaS および IaaS のインライン コンテンツ検査、複数層の脅威検出、および修復機能を組み合わせて、クラウドおよびウェブ サービスに対する包括的な脅威保護を提供する唯一のセキュリティ サービス エッジです。

ライトブループラス

攻撃は、レガシーウェブおよび電子メールの防御を回避する

不正アカウント シェブロン
カスタマイズされた攻撃 シェブロン
クラウドフィッシング シェブロン
ペイロードのホスティング シェブロン
クラウドベースのC2 シェブロン
データの流出 シェブロン
不正アカウント シェブロン

攻撃者は、信頼できるマネージドクラウドサービスやアプリ内で不正なアカウントインスタンスを使用して、悪意のあるペイロードを共有および配信します。 従来の防御は通常、アカウント所有者を知りませんが、Netskope Zero Trust Engineはユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、データ、アクティビティを理解するため、不正なインスタンスをブロックし、この攻撃ベクトルを防ぐことができます。

カスタマイズされた攻撃 シェブロン

攻撃者は、偵察を行って会社の好みのクラウドサービスやアプリを特定し、これらのサービスに対して偽のログイン画面を作成して、ユーザーを誘導し、アクセス、資格情報の公開、場合によってはペイロードのダウンロードを誘導します。 Netskope Zero Trust Engineは、クラウドサービスのホスティングアカウントを分析するため、偽のログインページを特定してブロックできます。

クラウドフィッシング シェブロン

攻撃者は、不正なアカウントインスタンスを使用して、信頼できるマネージドクラウドサービスからフィッシング攻撃要素を配信することにより、レガシーWebおよび電子メール防御を回避します。Netskopeは、AWS、Azure、GitHub、Box、Driveなどの企業に認可されているクラウドサービスの企業インスタンスと、不正インスタンスの違いを判別することによりクラウドフィッシングをブロックします。

ペイロードのホスティング シェブロン

従来のインライン防御は、さまざまな事業部門、部門、およびユーザーによって採用されたすべてのサービスに「許可ポリシー」を配備することがよくあります。これは、クラウドでホストされているペイロードを攻撃するための扉を開きます。Netskopeは、認可クラウドと否認可クラウドの両方にきめ細かなポリシーを適用して、会社が承認したアカウントインスタンスを決定できます。

クラウドベースのC2 シェブロン

攻撃者は、コマンドアンドコントロール(C2)通信にクラウドを使用します。C2にSlackを使用するという攻撃があります。これは、企業のレガシーな防御をSlackがすり抜けることを知っているためです。Netskopeでは、クラウドサービスとアプリの幅広い「すべてを許可」をする代わりに、細かいユーザーとアカウントのインスタンスに対応したポリシーを適用して、リスクを特定・軽減することができます。

データの流出 シェブロン

データの漏洩につながる危険なクラウドストレージはよく知られていますが、認可クラウドサービスの不正アカウントを介してデータが漏洩する可能性もあります。Netskopeは、データ漏洩防止(DLP)防御と、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、データ、およびアクティビティを認識して情報漏洩を防止するきめ細かなポリシー制御を提供します。

ライトブループラス

クラウドと脅威のレポート:グローバルなクラウドとウェブマルウェアのトレンド

本レポートの目的は、エンタープライズユーザーに対するアクティブなマルウェアの脅威に関する戦略的で、実用的なインテリジェンスを提供することです。マルウェアは、重要かつ継続的なエンタープライズサイバーセキュリティの課題です。それは、攻撃者が検出を回避してシステムを侵害するための新しく高度な技術を開発し続けているためです。平均して、2023年の第1四半期では、平均で1,000人に5人の企業ユーザーがマルウェアをダウンロードしようとしました。

クラウドと脅威のレポート:グローバルなクラウドとウェブマルウェアのトレンド
グリーンプラス

主な機能と利点

完全な可視性を得る

シェブロン

クラウドサービスとWebサイトを行き来するインライン暗号化トラフィックで何が起こっているか、および認可クラウドサービスに保存されているすべてのファイルを確認して、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出します。

  • クラウドサービスやウェブサイトとの間の送受信トラフィック、および認可クラウドサービスに保存されているファイルを検査
  • SSL / TLS暗号化通信に隠れている脅威と異常なアクティビティを明らかにする
  • ユーザーがオンプレミスかリモートかにかかわらず、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出するために、すべてのクラウドおよびWebアクティビティを監視
  • ブラウザ、同期クライアント、モバイルアプリをカバー

脅威とデータ漏洩を防止

シェブロン

複数の防御層、脅威インテリジェンスフィード、自動IOC共有、データ流出を含む UEBA異常検知検出 、リモートブラウザ分離、さらにデータコンテキストを使用した詳細なポリシー制御を活用します。

  • マルウェア対策、クライアントトラフィックエクスプロイト対策 (CTEP)、ヒューリスティック、機械学習分析、実行前の文書・スクリプト分析など、複数の防御層を活用
  • 40以上の共有された脅威インテリジェンスフィードを利用して既知の脅威を検出
  • Cloud Threat Exchange (CTE) が双方向の自動IOC共有を提供
  • アドオンNetskopeリモートブラウザ分離 (RBI) で危険性の高いウェブサイトを分離し、Netskope Cloud Firewall (CFW) でユーザーとオフィスのすべてのポートとプロトコルを保護
  • 企業と個人のインスタンス間のデータ流出異常の検出
  • クラウドトラフィックをデコードして、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、データを検出・判別してブロックする
    • クラウドフィッシング攻撃で使用される偽のフィッシングフォーム
    • 悪意のあるOffice文書とスクリプト
    • クラウドにホストするマルウェアのペイロード

脅威を検出して駆除する

シェブロン

機械学習など異常検出やサンドボックスなどの複数の脅威検出方法を使用して、未知の脅威を発見し、さらに豊富なメタデータを調査および脅威の除外に活用します。

  • サンドボックス分析、ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)、機械学習モデルなどを使用して未知の脅威と異常を検出し、悪意のあるアクティビティ(データの引き出し、一括ダウンロード、共有された資格情報など)を特定
  • クラウドサービス、アプリ、およびWebトラフィックの90日間の豊富なメタデータを使用して、脅威を調査および駆除
  • 脅威インテリジェンスとインシデントを統合して、Endpoint Detection and Response(EDR)ソリューション、Security Incident and Event Management (SIEM)システム、Security Orchestration and Automation Response (SOAR)ソリューションなどのセキュリティインフラストラクチャを有効に活用

クラウド脅威インテリジェンスを活用

シェブロン

新しいクラウド脅威の発見と分析に特化したNetskope Threat Research Labsの洞察と、40以上の共有脅威インテリジェンスソースを利用して、直面している脅威に対する最新の保護を提供します。

  • Netskope Threat Research Labsの独自の脅威インテリジェンスを活用。NetskopeThreat Research Labsは、新しいクラウドの脅威の発見と文書化に焦点を当てた専門チームである
  • 40以上の外部脅威インテリジェンスソースに加え、内部脅威インテリジェンスからのカスタム定義のIOCハッシュとURLでナレッジを補完
  • クラウドサービスとアプリを使用してレガシーWebと電子メールの防御を覆す方法と、許可/拒否ポリシーがどのように失敗するかを理解する
  • クラウドフィッシング、悪意のあるスクリプト配信、マルウェアペイロードに関連する不正アカウントインスタンスをブロックするポリシーを学習および開発する

脅威にすばやく対応

シェブロン

ダメージを受ける前に攻撃をブロックまたは隔離し、自動ワークフローを利用して既知の脅威の影響をさらに分析します。さらに、脅威インテリジェンスとインシデントの詳細をインフラストラクチャ内の他のセキュリティソリューション(EDRなど)と共有します。

  • 既知の、または疑わしい脅威を自動的に停止し、アラート、ブロック、もしくは隔離のオプションを使用
  • 自動化されたポリシーとワークフローを活用して、クラウドとWebの脅威の影響を阻止するリアルタイムの対応
  • クラウドサービス全体、サービスインスタンス、またはサービスのカテゴリで、ポリシーの適用が可能
  • EDRソリューションなどのサードパーティツールと統合して、インシデントの修復を調整

クラウドサービスとWebサイトを行き来するインライン暗号化トラフィックで何が起こっているか、および認可クラウドサービスに保存されているすべてのファイルを確認して、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出します。

  • クラウドサービスやウェブサイトとの間の送受信トラフィック、および認可クラウドサービスに保存されているファイルを検査
  • SSL / TLS暗号化通信に隠れている脅威と異常なアクティビティを明らかにする
  • ユーザーがオンプレミスかリモートかにかかわらず、既知の脅威を防ぎ、未知のものを検出するために、すべてのクラウドおよびWebアクティビティを監視
  • ブラウザ、同期クライアント、モバイルアプリをカバー

複数の防御層、脅威インテリジェンスフィード、自動IOC共有、データ流出を含む UEBA異常検知検出 、リモートブラウザ分離、さらにデータコンテキストを使用した詳細なポリシー制御を活用します。

  • マルウェア対策、クライアントトラフィックエクスプロイト対策 (CTEP)、ヒューリスティック、機械学習分析、実行前の文書・スクリプト分析など、複数の防御層を活用
  • 40以上の共有された脅威インテリジェンスフィードを利用して既知の脅威を検出
  • Cloud Threat Exchange (CTE) が双方向の自動IOC共有を提供
  • アドオンNetskopeリモートブラウザ分離 (RBI) で危険性の高いウェブサイトを分離し、Netskope Cloud Firewall (CFW) でユーザーとオフィスのすべてのポートとプロトコルを保護
  • 企業と個人のインスタンス間のデータ流出異常の検出
  • クラウドトラフィックをデコードして、ユーザー、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、データを検出・判別してブロックする
    • クラウドフィッシング攻撃で使用される偽のフィッシングフォーム
    • 悪意のあるOffice文書とスクリプト
    • クラウドにホストするマルウェアのペイロード

機械学習など異常検出やサンドボックスなどの複数の脅威検出方法を使用して、未知の脅威を発見し、さらに豊富なメタデータを調査および脅威の除外に活用します。

  • サンドボックス分析、ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)、機械学習モデルなどを使用して未知の脅威と異常を検出し、悪意のあるアクティビティ(データの引き出し、一括ダウンロード、共有された資格情報など)を特定
  • クラウドサービス、アプリ、およびWebトラフィックの90日間の豊富なメタデータを使用して、脅威を調査および駆除
  • 脅威インテリジェンスとインシデントを統合して、Endpoint Detection and Response(EDR)ソリューション、Security Incident and Event Management (SIEM)システム、Security Orchestration and Automation Response (SOAR)ソリューションなどのセキュリティインフラストラクチャを有効に活用

新しいクラウド脅威の発見と分析に特化したNetskope Threat Research Labsの洞察と、40以上の共有脅威インテリジェンスソースを利用して、直面している脅威に対する最新の保護を提供します。

  • Netskope Threat Research Labsの独自の脅威インテリジェンスを活用。NetskopeThreat Research Labsは、新しいクラウドの脅威の発見と文書化に焦点を当てた専門チームである
  • 40以上の外部脅威インテリジェンスソースに加え、内部脅威インテリジェンスからのカスタム定義のIOCハッシュとURLでナレッジを補完
  • クラウドサービスとアプリを使用してレガシーWebと電子メールの防御を覆す方法と、許可/拒否ポリシーがどのように失敗するかを理解する
  • クラウドフィッシング、悪意のあるスクリプト配信、マルウェアペイロードに関連する不正アカウントインスタンスをブロックするポリシーを学習および開発する

ダメージを受ける前に攻撃をブロックまたは隔離し、自動ワークフローを利用して既知の脅威の影響をさらに分析します。さらに、脅威インテリジェンスとインシデントの詳細をインフラストラクチャ内の他のセキュリティソリューション(EDRなど)と共有します。

  • 既知の、または疑わしい脅威を自動的に停止し、アラート、ブロック、もしくは隔離のオプションを使用
  • 自動化されたポリシーとワークフローを活用して、クラウドとWebの脅威の影響を阻止するリアルタイムの対応
  • クラウドサービス全体、サービスインスタンス、またはサービスのカテゴリで、ポリシーの適用が可能
  • EDRソリューションなどのサードパーティツールと統合して、インシデントの修復を調整
グリーンプラス

クラウドを使用するために、脅威対策をクラウドにシフトする

61%
のマルウェアはクラウド配信
出典:2021年Netskopeクラウド・脅威レポート
グリーンプラス

クラウドを使用するために、脅威対策をクラウドにシフトする

27%
のマルウェアは悪意のある文書
出典:2021年Netskopeクラウド・脅威レポート
ライトブループラス

クラウドに焦点を当てた脅威対策ユースケース

マルウェア防止

シェブロン

Office 365やBoxなどのマネージドクラウドサービス、およびインラインクラウドとWebサイトのトラフィックにマルウェアがないか検査します。疑わしいファイルを隔離し、不活性なtombstone ファイルで置き換えるか、インライン型の導入によりダウンロードをブロックすることで、拡散を阻止します。

高度な脅威対策

シェブロン

防御がニーズに一致することを確認し、防止、検出、高度なAI / MLベースの脅威分析オプション、および既存のセキュリティインフラストラクチャとの統合を実現します。

行動異常を検出する

シェブロン

ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)を利用して、アクティビティのベースラインを設定し、異常をリアルタイムで検出します。また、異常で過度のデータ移動、内部からの脅威、または認証情報の漏洩を検出します。

クラウドフィッシングを防止する

シェブロン

ユーザーが信頼し、攻撃者がターゲットとする管理対象のクラウドサービスによって作成される攻撃対象領域を減らします。クラウドでホストされている偽のフィッシングフォームへのクレデンシャル入力を検出します。

ペイロードのホスティング

シェブロン

許可/拒否制御を行う従来の防御では、アプリやクラウドサービスのペイロードを拒否することはほとんどなく、コンテンツを検査することもできず、ユーザーは有効な証明書を持つこれらのドメインを信頼するため、クラウドでホストされているペイロードのドアを開けてしまいます。Netskopeは、クラウドとウェブトラフィックの脅威を検査し、データのコンテキストに基づいて詳細なポリシー制御を適用します。

悪意のある文書

シェブロン

パンデミック以来、悪意のあるOffice文書がリモートワークユーザーをターゲットにし、従来の防御を回避する事例が増加しています。Netskopeは、クラウドやウェブトラフィックに悪意のあるOffice文書がないか、本番データで訓練された教師付き機械学習分類子を使用して検査します。

Office 365やBoxなどのマネージドクラウドサービス、およびインラインクラウドとWebサイトのトラフィックにマルウェアがないか検査します。疑わしいファイルを隔離し、不活性なtombstone ファイルで置き換えるか、インライン型の導入によりダウンロードをブロックすることで、拡散を阻止します。

防御がニーズに一致することを確認し、防止、検出、高度なAI / MLベースの脅威分析オプション、および既存のセキュリティインフラストラクチャとの統合を実現します。

ユーザーとエンティティの動作分析(UEBA)を利用して、アクティビティのベースラインを設定し、異常をリアルタイムで検出します。また、異常で過度のデータ移動、内部からの脅威、または認証情報の漏洩を検出します。

ユーザーが信頼し、攻撃者がターゲットとする管理対象のクラウドサービスによって作成される攻撃対象領域を減らします。クラウドでホストされている偽のフィッシングフォームへのクレデンシャル入力を検出します。

許可/拒否制御を行う従来の防御では、アプリやクラウドサービスのペイロードを拒否することはほとんどなく、コンテンツを検査することもできず、ユーザーは有効な証明書を持つこれらのドメインを信頼するため、クラウドでホストされているペイロードのドアを開けてしまいます。Netskopeは、クラウドとウェブトラフィックの脅威を検査し、データのコンテキストに基づいて詳細なポリシー制御を適用します。

パンデミック以来、悪意のあるOffice文書がリモートワークユーザーをターゲットにし、従来の防御を回避する事例が増加しています。Netskopeは、クラウドやウェブトラフィックに悪意のあるOffice文書がないか、本番データで訓練された教師付き機械学習分類子を使用して検査します。

Netskope
Security Cloud

優れた可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現します。

Netskope Intelligent SSEは、場所やデバイスを問わず、クラウドサービスやウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際に、比類ない可視性を持ってリアルタイムデータの保護と脅威防御を提供します。

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope One Marketecture の図
プラス記号の画像
Cloud Exchange
ライトブループラス

Cloud Exchangeを
技術統合に活用

Cloud Exchangeは、貴重なNetskopeテレメトリー、外部脅威インテリジェンス、およびリスクスコアを使用して、より優れたポリシーの実装、サービスチケットの自動作成、Netskope Security Cloudからのログイベントのエクスポートを可能にします。

Cloud Exchangeの図
グリーンプラス

大手企業での
採用

クラウドサービスとWebトラフィックに潜む脅威を防止および検出します。