ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • Security Service Edge Products

    Protect against advanced and cloud-enabled threats and safeguard data across all vectors.

  • Borderless SD-WAN

    Confidently provide secure, high-performance access to every remote user, device, site, and cloud.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Gartner® Quick Answer:NetskopeのInfiot買収はSD-WAN、SASE、SSEプロジェクトにどのような影響を与えますか?

レポートを読む
Quick Answer: How Does Netskope’s Acquisition of Infiot Impact SD-WAN, SASE and SSE Projects?

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • 導入企業

    Netskopeは、フォーチュン100の25以上を含む世界中の2,000以上の顧客にサービスを提供しています。

  • カスタマーソリューション

    お客様のため、Netskopeでお客様の成功を確実にすべく、あらゆるステップを共に歩んでまいります。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
Woman smiling with glasses looking out window

Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

詳しくはこちら
Netskope Professional Services

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 15: Building Permanent Security Awareness

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling

Netskope リモート ブラウザーの分離

オレンジのプラス記号
リスクの高いWebサイトや未分類のWebサイトを安全に分離します。対象を絞ったRBIにより、リスクの高いWebサイトでもシームレスかつ安全に表示でき、エンドユーザーのデバイスでWebサイトのコードを実行することはありません。
プラス記号の画像
Remote Browser Isolationの概要
オレンジのプラス記号

不可解な
Web脅威を防ぐ

Netskope Remote Browser Isolation(RBI)はNetskope Intelligent Security Service Edge(SSE)およびNext Gen Secure Web Gateway(SWG)ソリューションのオプションとして提供されており、未分類のWebサイトやリスクの高いWebサイトを分離します。単一のクラウドプラットフォーム、単一のコンソール、および単一のポリシーエンジンで、安全だと分かっているサイトは「許可」、安全でないと分かっているサイトは「ブロック」に分けられ、リスクの高いWebサイトは分離されるため、安心して閲覧できます。

プラス記号の画像
主な機能と利点
オレンジのプラス記号

主な機能と
利点

シームレスで安全な閲覧

Remote browser isolation(RBI)では、未分類でリスクの高いWebサイト用にピクセルレンダリングを使用し、ユーザーが自然に閲覧環境で安全かつシームレスにWebサイトを閲覧できるようにします。

RBIはWebの閲覧にゼロトラストアプローチを採用し、物理的な分離を行うことで安全な閲覧を保証します。また、Webサーバーコードがユーザーのシステムから遠い場所で実行されていること、および安全なピクセルレンダリングを行ったインタラクティブなイメージのみがエンドユーザーのブラウザに配信されることを保証します。RBIはクラウドベースのコンテナでWebサーバーコードを実行し、ピクセルレンダリングを行ったインタラクティブなイメージとして表示されるWebページを再現することで機能します。また、実行できないコードがWebサーバーからエンドユーザーのシステムに流れないようにし、「エアギャップ」のようなものを作成して、RBIを介したWebページの閲覧を完全に安全なものにします。

使いやすい

ポリシー内のWebページのRBIは、Netskope管理コンソール内の完全に統合され、選択しやすい「分離」ポリシーアクションで簡単に有効にできます。RBIはポリシーを設定する際のアクションを選択すること以外の設定を要求しません。

ユーザーは環境や閲覧体験に変更を加えることなく、シームレスな体験を楽しめます。

シンプルな展開

RBIを完全に統合することで、フォワードプロキシ構成、証明書、一意のURL、複数のクラウド環境による複雑さを回避しましょう。

Netskopeの既存のお客様も新規のお客様も、RBIの展開、ポリシー追加によるRBIのトリガー、RBI用組み込みポリシーオプションの使用はライセンスを追加することで簡単に行えます。

RBIはNetskope Intelligent Security Service Edge(SSE)およびNetskope Next Gen Secure Web Gateway(NG-SWG)と連携します。

危険なコードをユーザーから離れた場所で実行

侵害されたWebサイトからの危険な可能性があるコードや悪意のあるコードはユーザーのシステムから離れたクラウドの専用コンテナで実行され、悪意のあるコードを含まない、ピクセルレンダリングを行ったWebサイトの最終イメージのみがエンドユーザーに届きます。

各ユーザーのWeb閲覧はそれぞれ別のコンテナで実行され、閲覧が終わるとコンテナが削除されます。これにより、コンテナはユーザーから完全に分離され、コンテナが再利用されることはありません。

ヘルプデスクへの問い合わせを削減

Netskope Remote Browser Isolation(RBI)は危険なマルウェアやコード(悪意のあるコjava、javascriptなど)を含んでいることが多い未分類のWebサイトやリスクのあるWebサイトなど、特定のWebサイトカテゴリに対する安全なWeb閲覧を実現します。

未分類のWebサイトやリスクのあるWebサイトへのアクセスをブロックしている組織は、こういったカテゴリが、ブロックを解除し、「Webサイトへのアクセスを付与してほしい」というIT部門のヘルプデスクへの問い合わせ理由として最も一般的なものであると認識しています。

RBIを使用すれば、IT組織は、未分類のWebサイトやリスクのあるWebサイトなど、リスクの高いカテゴリのWebサイトを安全に閲覧できるようになります。

Remote browser isolation(RBI)では、未分類でリスクの高いWebサイト用にピクセルレンダリングを使用し、ユーザーが自然に閲覧環境で安全かつシームレスにWebサイトを閲覧できるようにします。

RBIはWebの閲覧にゼロトラストアプローチを採用し、物理的な分離を行うことで安全な閲覧を保証します。また、Webサーバーコードがユーザーのシステムから遠い場所で実行されていること、および安全なピクセルレンダリングを行ったインタラクティブなイメージのみがエンドユーザーのブラウザに配信されることを保証します。RBIはクラウドベースのコンテナでWebサーバーコードを実行し、ピクセルレンダリングを行ったインタラクティブなイメージとして表示されるWebページを再現することで機能します。また、実行できないコードがWebサーバーからエンドユーザーのシステムに流れないようにし、「エアギャップ」のようなものを作成して、RBIを介したWebページの閲覧を完全に安全なものにします。

ポリシー内のWebページのRBIは、Netskope管理コンソール内の完全に統合され、選択しやすい「分離」ポリシーアクションで簡単に有効にできます。RBIはポリシーを設定する際のアクションを選択すること以外の設定を要求しません。

ユーザーは環境や閲覧体験に変更を加えることなく、シームレスな体験を楽しめます。

RBIを完全に統合することで、フォワードプロキシ構成、証明書、一意のURL、複数のクラウド環境による複雑さを回避しましょう。

Netskopeの既存のお客様も新規のお客様も、RBIの展開、ポリシー追加によるRBIのトリガー、RBI用組み込みポリシーオプションの使用はライセンスを追加することで簡単に行えます。

RBIはNetskope Intelligent Security Service Edge(SSE)およびNetskope Next Gen Secure Web Gateway(NG-SWG)と連携します。

侵害されたWebサイトからの危険な可能性があるコードや悪意のあるコードはユーザーのシステムから離れたクラウドの専用コンテナで実行され、悪意のあるコードを含まない、ピクセルレンダリングを行ったWebサイトの最終イメージのみがエンドユーザーに届きます。

各ユーザーのWeb閲覧はそれぞれ別のコンテナで実行され、閲覧が終わるとコンテナが削除されます。これにより、コンテナはユーザーから完全に分離され、コンテナが再利用されることはありません。

Netskope Remote Browser Isolation(RBI)は危険なマルウェアやコード(悪意のあるコjava、javascriptなど)を含んでいることが多い未分類のWebサイトやリスクのあるWebサイトなど、特定のWebサイトカテゴリに対する安全なWeb閲覧を実現します。

未分類のWebサイトやリスクのあるWebサイトへのアクセスをブロックしている組織は、こういったカテゴリが、ブロックを解除し、「Webサイトへのアクセスを付与してほしい」というIT部門のヘルプデスクへの問い合わせ理由として最も一般的なものであると認識しています。

RBIを使用すれば、IT組織は、未分類のWebサイトやリスクのあるWebサイトなど、リスクの高いカテゴリのWebサイトを安全に閲覧できるようになります。

プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

Remote browser isolation(RBI)はSASE推奨機能であると共にSWG上級機能でもある

70%
RBIを使用した際のエンドユーザーシステムを侵害する攻撃の削減率
プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

Remote browser isolation(RBI)はSASE推奨機能であると共にSWG上級機能でもある

14
2021年12月に検出されたWebブラウザへの新規攻撃
プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

Remote browser isolation(RBI)はSASE推奨機能であると共にSWG上級機能でもある

25
2021年11月に新たに検出されたChromeの脆弱性
プラス記号の画像
ユースケース
オレンジのプラス記号

Remote Browser Isolationのユースケース

Remote browser isolationを使用すれば、安全にWebを閲覧できます。

隠れた脅威や発見の困難なWeb脅威を防ぐ

Remote Browser Isolation(RBI)を特定のWebカテゴリで使用すれば、RBIに保護されているWebサイトの閲覧中にWeb経由のマルウェアやクリプトマイニング・マルウェア、ドライブ・バイ・ダウンロード、ゼロデイ攻撃、ブラウザの脆弱性、リスクの高いWebサイトからのランサムウェア脅威がエンドユーザーに流れるのを完全に阻止できます。

Webブラウザの脆弱性の数が増えているだけでなく、攻撃数やその種類も増えているため、リスクの高いWebサイトにアクセスするユーザーを保護する方法がこれまで以上に重要になっています。

未分類のWebサイトやリスクのあるWebサイトを安全に閲覧

未分類の危険なWebサイトをピクセルレンダリングで安全に表示できるようにすることで、Webサイトからのブロックによるユーザーの苦情を軽減しましょう。

組織ではビジネスニーズによって、「未分類」のWebサイトや「リスクのある」Webサイトをブロックすることがほとんどです。これらのカテゴリの一部が、Webサイトからブロックされたユーザーによる苦情につながることもよくあります。

RBIを使用すれば、組織は簡単な方法で、リスクが高い性質により過去にブロックされていた特定のWebサイトカテゴリを安全に閲覧できるようになります。

モバイルネイティブなRBI体験

Netskope RBIを使用すれば、完全にシームレスな操作体験をエンドユーザーに提供できます。Netskope RBIのピクセルレンダリングは、モバイルデバイスやデスクトップデバイスにおいて、ユーザーの期待通りの形式でWebサイトを配信します。

通常のWeb閲覧では、デスクトップのパソコンや、ノートパソコン、モバイルデバイスなど、使用しているデバイスにかかわらず、ユーザーはRBIを使用しているサイトとWebブラウザで直接アクセスしているサイトを区別できません。

統合による複雑さの軽減

Netskope RBIはSWGCFWCASBZTNAインラインソリューションを提供するNetskope Security Cloudと完全に連携しており、Netskope Security Service Edge(SSE)およびNetskope Next Gen Secure Web Gateway(NG-SWG)ソリューションのオプションコンポーネントとしても利用できます。

グローバルなアクセスとパフォーマンス

世界トップクラスの高性能を誇るプライベートセキュリティクラウド「NewEdge」に構築することで、99.999%のサービス品質保証(SLA)とトラストポータルを提供し、エッジのセキュリティを確保します。

Remote Browser Isolation(RBI)を特定のWebカテゴリで使用すれば、RBIに保護されているWebサイトの閲覧中にWeb経由のマルウェアやクリプトマイニング・マルウェア、ドライブ・バイ・ダウンロード、ゼロデイ攻撃、ブラウザの脆弱性、リスクの高いWebサイトからのランサムウェア脅威がエンドユーザーに流れるのを完全に阻止できます。

Webブラウザの脆弱性の数が増えているだけでなく、攻撃数やその種類も増えているため、リスクの高いWebサイトにアクセスするユーザーを保護する方法がこれまで以上に重要になっています。

未分類の危険なWebサイトをピクセルレンダリングで安全に表示できるようにすることで、Webサイトからのブロックによるユーザーの苦情を軽減しましょう。

組織ではビジネスニーズによって、「未分類」のWebサイトや「リスクのある」Webサイトをブロックすることがほとんどです。これらのカテゴリの一部が、Webサイトからブロックされたユーザーによる苦情につながることもよくあります。

RBIを使用すれば、組織は簡単な方法で、リスクが高い性質により過去にブロックされていた特定のWebサイトカテゴリを安全に閲覧できるようになります。

Netskope RBIを使用すれば、完全にシームレスな操作体験をエンドユーザーに提供できます。Netskope RBIのピクセルレンダリングは、モバイルデバイスやデスクトップデバイスにおいて、ユーザーの期待通りの形式でWebサイトを配信します。

通常のWeb閲覧では、デスクトップのパソコンや、ノートパソコン、モバイルデバイスなど、使用しているデバイスにかかわらず、ユーザーはRBIを使用しているサイトとWebブラウザで直接アクセスしているサイトを区別できません。

Netskope RBIはSWGCFWCASBZTNAインラインソリューションを提供するNetskope Security Cloudと完全に連携しており、Netskope Security Service Edge(SSE)およびNetskope Next Gen Secure Web Gateway(NG-SWG)ソリューションのオプションコンポーネントとしても利用できます。

世界トップクラスの高性能を誇るプライベートセキュリティクラウド「NewEdge」に構築することで、99.999%のサービス品質保証(SLA)とトラストポータルを提供し、エッジのセキュリティを確保します。

Netskope
Security Cloud

比類のない可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現

Netskope Intelligent SSEは、場所やデバイスを問わず、クラウドサービスやウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際に、比類ない可視性を持ってリアルタイムデータの保護と脅威防御を提供します。

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope Security Cloudプラットフォームダイアグラム
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope RBIは完全に統合されており、Netskope Security Cloud内の「分離」ポリシーアクションで簡単に起動できます。
お客様へ
01  01
引用
「Remote browser isolation(RBI)はSASE推奨機能であると共にSWG上級機能でもある」
2020 Gartner SWG マジック クアドラント
プラス記号の画像
リソース
オレンジのプラス記号

Netskope Remote Browser Isolationに関するリソース

ブルーのプラス記号
ソリューション概要
次世代セキュアWebゲートウェイ
ブルーのプラス記号
Guide
SASE導入ガイド
ブルーのプラス記号
データシート
Netskope Security Cloud Platform

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化