ソリューション管理クラウドアプリケーション向け Netskope

管理クラウドアプリケーションの制御

Office 365、Box、Dropbox、36,000 を超えるクラウドサービスなどのマネージドクラウドアプリケーションにおける機密データの漏洩、クラウドの脅威、およびポリシーに準拠していない動作に伴うリスクから保護します。

管理クラウドサービスの使用状況を管理

Netskopeを使用して、すべてのマネージドクラウドサービスをリアルタイムできめ細かく可視化し、制御することができます。ユーザー、デバイス、アクティビティ、データなど、クラウドの使用状況に関する豊富なコンテキストの情報を使用して、リスクを最も軽減するポリシーを作成します。

マネージドクラウドアプリケーション

管理アプリケーションでのデータの保護とアクティビティの制御

01

完全な可視性とコントロールを実現

Netskopeのオールモードアーキテクチャを活用して、すべての管理対象アプリケーションを完全に可視化し、制御できるようにする包括的な導入オプションを提供します。

詳しく見る
02

コンテキストに基づいたポリシーの確立

管理対象アプリケーションの動作について深く理解することで、適切なレベルのセキュリティポリシーを作成して、安全にクラウドの使用することができます。

詳しく見る
03

データの保護

Netskopeの包括的なデータ流出防止 (DLP) 機能を使用して、機密データが管理対象クラウドサービスから漏洩するのを防ぐことができます。

詳しく見る
04

脅威の防止

多層脅威検出を実現し、悪意のあるマルウェアから組織を保護します。

詳しく見る
05

データのプライバシーの維持

Protect sensitive data by encrypting content to ensure that you always have full control ​–​ files are encrypted in real-time, without impacting user productivity.

詳しく見る

クラウドアプリケーションとサービスを安心と自信を持って利用

Boxでのデータ漏洩を防止

Netskope for Boxは、企業アカウントと個人アカウントを区別して、組織全体に展開されたBoxのすべてのインスタンスを識別できます。Netskopeは、既存のセキュリティ周りの権限がデータ漏洩につながる可能性があるかどうかを判断し、何かが起こる前にとめることができます。リスクの高さをベースとしたガバナンス制御を実施し、ユーザーがクラウドを適切に使用するよう指導(コーチング)することで、リスクを低減しながら、会社全体でのコラボレーションを実現することができます。

詳しく見る→

Dropboxでのデータ漏洩を防止

Dropboxは、世界中の何百万もの人々が個人的なファイルを共有するために使用しています。企業はDropboxを利用して、従業員に使い慣れたコラボレーションツールを提供しています。Netskope for Dropboxは、Dropboxの個人インスタンスとビジネスインスタンスの間のセキュリティを強化し、危険なアクティビティの判別と制御、機密データの保護、およびクラウドの脅威の阻止を実現します。

詳しく見る→

Egnyteでの安全なアクセスと共有

Egnyteは、直感的なユーザーインターフェイスを介してファイルアクセスと共有機能を提供する機能を備えており、クラウドへの優れた移行パスを提供します。ただし、不適切な使用は組織を危険にさらす可能性があります。Netskopeは、機密データを保護し、クラウドの脅威を阻止するためのリスクの高い行動を認識および制御できるようにすることで、Egnyteのプラットフォームセキュリティを強化します。

詳しく見る→


G Suiteで安全なコラボレーションを実現

Google G Suiteは、多くの企業が選択するツールの1つにもなっていますが、同時にGmailなどのサービスは企業ではなく個人でも利用されています。ユーザーは個人アカウントとビジネスアカウントを頻繁に切り替えるため、会社の機密データが漏洩するリスクが高まります。Netskope for G Suiteは、詳細な可視性と制御をリアルタイムで提供し、組織の安全とコンプライアンスを保持します。

詳しく見る→

Office 365全体にセキュリティを適用する

Microsoft Office 365は、企業全体の標準的なツールとなっています。Netskope for Office 365は、コンプライアンスを保証するDLPポリシーを実施するために必要な詳細な可視性と制御を、リアルタイムで提供します。Netskopeを使用することで、組織は安全性およびコンプライアンスを維持しながらOffice 365を最大限に活用できます。

詳しく見る→

Microsoft Teamsと安全にコラボレーション

Netskope for Microsoft Teamsは、ユーザー間で共有されるデータとファイルの包括的な保護を提供する高度なクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)ソリューションです。

詳しく見る→

Salesforceでデータの整合性を確保する

あらゆる規模の企業がSalesforceを使用してビジネスに優位性を与えています。多くの場合、組織全体の従業員が機密性の高い顧客データや販売情報にアクセスできます。これは危険なことではないでしょうか?Netskope for Salesforceは、機密データの保護、データ損失の防止、規制へのコンプライアンスの確保に必要な可視性とセキュリティ管理を提供します。

詳しく見る→

ServiceNowのセキュリティ上の盲点を排除

組織は、運用を合理化し、効率を高め、コストを削減するためにServiceNowを採用しています。ただし、ServiceNowは、その部門連携などに優れた機能により、個人を特定できる情報(PII)、支払いカード情報(PCI)、会社の内部情報など、多くの機密データに触れる可能性があります。Netskopeを使用すると、機密性の高いビジネスデータを保護すると同時に、ServiceNowの安全で準拠した使用を保証できます。

詳しく見る→

Slackでのコラボレーションが安全であることを確認する

Slackは、様々な企業・組織で使用されている人気のコラボレーションサービスです。ただし、チームはSlackを使用して簡単に通信したりファイルを共有したりできますが、機密データの入ったファイルを送付したり、メッセージで重要な情報を共有してしまうリスクも生じます。Netskope for Slackは必要な可視性と制御を提供するため、機密データを保護し、クラウド対応の脅威から保護できます。

詳しく見る→

Workplace by Facebook を保護する

Facebook by Workplaceは、世界中の組織におけるコラボレーションサービスとして急速に成長しています。Workplaceを使用すると、従業員はすべて1つのプラットフォームで共有、共同作業、コミュニケーションを行うことができます。Netskope for Workplaceは、Workplaceの詳細な可視性と制御を提供するため、従業員の生産性を維持しながら、組織全体の機密データを保護できます。

詳しく見る→

あらゆるアプリ

Netskopeは、リアルタイムのきめ細かな制御と高度なデータおよび脅威保護防御を組み合わせて、あらゆるクラウドアプリを保護します。

Boxでのデータ漏洩を防止

Netskope for Boxは、企業アカウントと個人アカウントを区別して、組織全体に展開されたBoxのすべてのインスタンスを識別できます。Netskopeは、既存のセキュリティ周りの権限がデータ漏洩につながる可能性があるかどうかを判断し、何かが起こる前にとめることができます。リスクの高さをベースとしたガバナンス制御を実施し、ユーザーがクラウドを適切に使用するよう指導(コーチング)することで、リスクを低減しながら、会社全体でのコラボレーションを実現することができます。

詳しく見る→

Dropboxでのデータ漏洩を防止

Dropboxは、世界中の何百万もの人々が個人的なファイルを共有するために使用しています。企業はDropboxを利用して、従業員に使い慣れたコラボレーションツールを提供しています。Netskope for Dropboxは、Dropboxの個人インスタンスとビジネスインスタンスの間のセキュリティを強化し、危険なアクティビティの判別と制御、機密データの保護、およびクラウドの脅威の阻止を実現します。

詳しく見る→

Egnyteでの安全なアクセスと共有

Egnyteは、直感的なユーザーインターフェイスを介してファイルアクセスと共有機能を提供する機能を備えており、クラウドへの優れた移行パスを提供します。ただし、不適切な使用は組織を危険にさらす可能性があります。Netskopeは、機密データを保護し、クラウドの脅威を阻止するためのリスクの高い行動を認識および制御できるようにすることで、Egnyteのプラットフォームセキュリティを強化します。

詳しく見る→


G Suiteで安全なコラボレーションを実現

Google G Suiteは、多くの企業が選択するツールの1つにもなっていますが、同時にGmailなどのサービスは企業ではなく個人でも利用されています。ユーザーは個人アカウントとビジネスアカウントを頻繁に切り替えるため、会社の機密データが漏洩するリスクが高まります。Netskope for G Suiteは、詳細な可視性と制御をリアルタイムで提供し、組織の安全とコンプライアンスを保持します。

詳しく見る→

Office 365全体にセキュリティを適用する

Microsoft Office 365は、企業全体の標準的なツールとなっています。Netskope for Office 365は、コンプライアンスを保証するDLPポリシーを実施するために必要な詳細な可視性と制御を、リアルタイムで提供します。Netskopeを使用することで、組織は安全性およびコンプライアンスを維持しながらOffice 365を最大限に活用できます。

詳しく見る→

Microsoft Teamsと安全にコラボレーション

Netskope for Microsoft Teamsは、ユーザー間で共有されるデータとファイルの包括的な保護を提供する高度なクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)ソリューションです。

詳しく見る→

Salesforceでデータの整合性を確保する

あらゆる規模の企業がSalesforceを使用してビジネスに優位性を与えています。多くの場合、組織全体の従業員が機密性の高い顧客データや販売情報にアクセスできます。これは危険なことではないでしょうか?Netskope for Salesforceは、機密データの保護、データ損失の防止、規制へのコンプライアンスの確保に必要な可視性とセキュリティ管理を提供します。

詳しく見る→

ServiceNowのセキュリティ上の盲点を排除

組織は、運用を合理化し、効率を高め、コストを削減するためにServiceNowを採用しています。ただし、ServiceNowは、その部門連携などに優れた機能により、個人を特定できる情報(PII)、支払いカード情報(PCI)、会社の内部情報など、多くの機密データに触れる可能性があります。Netskopeを使用すると、機密性の高いビジネスデータを保護すると同時に、ServiceNowの安全で準拠した使用を保証できます。

詳しく見る→

Slackでのコラボレーションが安全であることを確認する

Slackは、様々な企業・組織で使用されている人気のコラボレーションサービスです。ただし、チームはSlackを使用して簡単に通信したりファイルを共有したりできますが、機密データの入ったファイルを送付したり、メッセージで重要な情報を共有してしまうリスクも生じます。Netskope for Slackは必要な可視性と制御を提供するため、機密データを保護し、クラウド対応の脅威から保護できます。

詳しく見る→

Workplace by Facebook を保護する

Facebook by Workplaceは、世界中の組織におけるコラボレーションサービスとして急速に成長しています。Workplaceを使用すると、従業員はすべて1つのプラットフォームで共有、共同作業、コミュニケーションを行うことができます。Netskope for Workplaceは、Workplaceの詳細な可視性と制御を提供するため、従業員の生産性を維持しながら、組織全体の機密データを保護できます。

詳しく見る→

あらゆるアプリ

Netskopeは、リアルタイムのきめ細かな制御と高度なデータおよび脅威保護防御を組み合わせて、あらゆるクラウドアプリを保護します。

現在 25 のマネージドクラウドサービスがあり、その数は 1 年で倍増します。Netskopeの非常に優れた点は、統一された管理インターフェースを使用することで従来のように機能ごとに異なる管理インターフェースを使用するトレーニングを実施する必要がないことです。私たちは、Netskopeで私たちの人々をトレーニングします

—CISO フォーチュン100メーカー

大企業での採用

Apria Healthcare
Ather
AVX
CSA Group
Evalueserve
Stroock

リソース

SOCチームが直面しているセキュリティ上の最大の懸念事項

52%

データのプライバシー/機密性

出典: クラウドセキュリティレポート–サイバーセキュリティインサイダー(2019年4月)

51%

データ損失/漏洩

出典: クラウドセキュリティレポート–サイバーセキュリティインサイダー(2019年4月)

境界線を再構築しましょう