ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

SD-WANとは? (Software-Defined Wide Area Network、ソフトウェア定義の広域ネットワーク)

7 min read

SD-WANの定義(SD-WANの意味) リンク リンク

SD-WAN (Software-Defined Wide Area Network) is a technology that allows for the management and optimization of a wide area network (WAN) through software, rather than through hardware-based network devices.

SD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)は、ハードウェア ベースのネットワーク デバイスではなく、ソフトウェアを通じてワイド エリア ネットワーク(WAN) の管理と最適化を可能にするテクノロジーです。SD-WAN により、インターネット帯域幅の経済性による柔軟性の向上とコスト削減、俊敏性によるビジネス価値の向上、およびネットワーク パフォーマンスの向上が可能になります。SD-WAN は、トラフィック ステアリング、暗号化、サービス品質(QoS)などのさまざまな技術を使用して、ブロードバンドや携帯電話などの WAN 接続を最適化し、安全に保護します。これは、複数の支社を持つ企業組織が中央に連携させるためによく使用します。

SD-WANはどのように動作するのか? リンク リンク

The basic principle of SD-WAN advantages is using is to use software to control the routing of network traffic over multiple WAN connections, such as broadband and cellular, in order to optimize network performance and reduce costs.

SD-WANの利点の基本原則は、ソフトウェアを使用して、ネットワークパフォーマンスを最適化し、コストを削減するために、ブロードバンドやセルラーなどの複数のWAN接続を介したネットワークトラフィックのルーティングを制御することです。 SD-WANの仕組みの概要は次のとおりです。

  • SD-WANデバイスは、WANに接続する必要がある各場所に設置される。これらのデバイスは、x86ハードウェア上で実行される物理アプライアンスまたは仮想インスタンスである。
  • 各場所のSD-WANデバイスは、通常はクラウドでホストされている中央管理システムへの安全な接続を確立します。
  • 中央管理システムはアルゴリズムを使用して、ネットワークの混雑、利用可能な帯域幅、コストなどの要因に基づいて、ネットワークトラフィックがある場所から別の場所に移動するための最適なパスを決定する。
  • 各拠点のSD-WANデバイスは、この情報を使用して、トラフィック ステアリング、暗号化、サービス品質 (QoS) などの技術を使用して、ネットワーク パフォーマンスを最適化して、利用可能な最適なパスにトラフィックを誘導する。
  • 中央管理システムは、管理者がトラフィックルーティング、セキュリティ、アプリケーションの最適化に関するポリシーの設定など、WAN を監視および構成するための集中コンソールも提供する。
  • WAN 接続の1つに障害が発生した場合、ユーザートラフィックは自動的に別の接続にフェイルオーバーされ、信頼性が確保され、ユーザーエクスペリエンスが維持される。
  • ソフトウェアを使用してネットワーク トラフィックのルーティングを制御することで、SD-WANを使用すると、組織はリモート地を企業ネットワークに簡単に接続でき、変化するビジネス ニーズに合わせて簡単にスケールアップまたはスケールダウンできる。

 

SD-WAN 対 WAN リンク リンク

SD-WAN (Software Defined-Wide Area Network) と WAN (Wide Area Network) は、地理的に分散したオフィスとデータセンターを接続する 2 つのアプローチです。主な違いは、従来のWANが高価なMPLS回線に依存しているのに対し、SD-WANはソフトウェアを使用してブロードバンドと携帯電話にわたるネットワークトラフィックを管理することです。

SD-WAN(Software Defined-Wide Area Network)と WAN(Wide Area Network)は、地理的に分散したオフィスとデータセンターを接続する 2 つのアプローチです。主な違いは、従来のWANが高価なMPLS回線に依存しているのに対し、SD-WANはソフトウェアを使用してブロードバンドと携帯電話にわたるネットワークトラフィックを管理することです。SD-WANはルーティングにインテリジェンスをもたらし、重要なアプリケーションに優先順位を付けることができます。コストの削減、帯域幅の増加、管理の簡素化などのメリットがあります。SD-WAN を使用すると、組織は支店を接続し、ネットワークインフラストラクチャを構築する方法に柔軟性を得ることができます。ソフトウェア中心のアプローチにより、SD-WANは従来のWANに比べて機敏で応答性が高くなります。企業がより多くのアプリケーションやインフラストラクチャをクラウドに移行するにつれて、SD-WAN は接続を可能にする戦略的なテクノロジーになります。

 

Netskope Borderless SD-WANとは何か? リンク リンク

ボーダーレスは SD-WAN ソリューションの利点を企業の境界の外まで拡張し、その利点を本来の場所、つまりどこにいようとも各ユーザー/デバイスに配置するというコンセプトを推進すると同時に、今日のSD-WANを制限する新たな機能を導入します。

ボーダーレスは SD-WAN ソリューションの利点を企業の境界の外まで拡張し、その利点を本来の場所、つまりどこにいようとも各ユーザー/デバイスに配置するというコンセプトを推進すると同時に、今日のSD-WANを制限する新たな機能を導入します。

Borderless SD-WANは、今日の高度に拡散したクラウドベースの技術環境に適合する、より安全で信頼性が高く、パフォーマンスの高いネットワーキングアーキテクチャを作成する方法です。Borderless SD-WANの利点は、ユーザーがどこにいても、どのデバイスを使用していても、一貫した満足のいくユーザーエクスペリエンスを提供しながら、優れたネットワークパフォーマンスを提供できることです。パッチワークのような寄せ集めのソリューションではこの目標は達成できません。企業は統合された統合プラットフォームが必要なのです。


データシート: Borderless SD-WAN


 

Borderless SD-WANソリューションとは何か? リンク リンク

Secure SD-WAN
セキュアSD-WANは、パフォーマンスを犠牲にすることなくネットワークとセキュリティを統合します。Netskope Zero Trust Engineと連携することにより、Netskope Borderless SD-WANは、ゼロトラストの原則に基づいたコンテキストアウェアなSD-WANポリシーと、アプリケーションとアプリのリスク、ユーザー/ユーザーのリスク、デバイス/デバイスのリスクに対する深い可視性を提供し、真のシングルベンダーSASEを実現します。セキュアSD-WANは、アプリケーションデータベースを共有することにより、事前設定されたNetskope CCI(Cloud-Confidence Index)ベースのスマートデフォルトで業界最多のアプリケーションをサポートします。

ワンクリックでSSEを起動できるSecure SD-WANは、ユーザーやアプリケーションがどこに存在しても適用される一元化されたポリシーを通じてネットワークとセキュリティをユーザーに集中させることができるため、外部の脅威からインフラストラクチャ全体を保護します。Secure SD-WANは、トップティアのデータセンターまたはサービスプロバイダーのSDN PoPに展開された、グローバルに分散されたクラウド サービスファブリックで、あらゆる場所からあらゆるクラウドへの安全で最適化されたオンランプを提供します。

Endpoint SD-WAN
Netskope Endpoint SD-WANは、業界初のソフトウェアベースの統合SASEクライアントを活用して、きめ細かく動的なネットワークパフォーマンス、可視性、およびセキュリティ機能を提供します。企業のIT部門は、統合プラットフォームを使用して、企業インフラストラクチャ全体にわたって統一されたゼロトラストおよびネットワークパフォーマンスポリシーを使用して支社と個々のリモートユーザーを管理できます。アクセス ポイント、スイッチ、ルーター、無線デバイスを備えた数百台のトラックを保有するエネルギー会社を想像してください。これらのデバイスのほとんどは、過酷な環境に耐えられるように耐久性を持たせる必要があります。これらすべてに加えて、顧客は、任意の場所から任意の場所でアプリケーションを利用できるSD-WANを必要とします。

Micro Branch
Netskope Micro Branchは、オンサイトのインフラストラクチャが限られている小規模支社向けに最適化されたセキュアアクセスサービス エッジ(SASE)ソリューションです。SD-WAN機能と、SWGCASBZTNAなどのクラウド提供のセキュリティサービスを統合します。Micro Branchは、主要なSASEサービスを組み合わせてクラウドを通じて提供することで、安全なリモートアクセスを簡素化します。これにより、マイクロブランチのネットワークとセキュリティの複雑さが解消されます。

ワイヤレスWAN
「多対多」の世界でいつでもどこでも作業できるようにするには、ワイヤレスの面でSD-WANが提供するもの以上のものが必要です。常に移動している現場車両であろうと、IT部門内で強力な信号を提供する壁に設置された固定のエンタープライズアクセスポイントであろうと、あらゆる場所での高速で信頼性の高い接続が必要です。Borderless SD-WANは、耐久性が高く、コンパクトなフォームファクタ、C1D2定格を備え、危険で過酷な環境に適したワイヤレスWANデバイスとして機能します。 Netskopeセルラーゲートウェイは屋上に取り付けて POE ケーブルで電力を供給することができ、部門内のBorderless SD-WANゲートウェイに強力な信号強度を提供します。これにより、組織は複数のベンダーやコンソールを導入するのに対して、単一のコンソールから全てのデバイスを管理することができ、コストを削減することができます。また、外部アンテナは距離の関数として信号強度を失い、近くのルーターと屋上間の距離が長すぎるとほとんど使用できなくなるという制限も克服することができます。レガシーSD-WANはこれができませんが、ボーダーレス SD-WAN なら可能です。

マルチクラウドネットワーキング
Borderless SD-WANネットワークを使用すると、単一の統合コンソールからマルチクラウドネットワーキングを実現できるだけでなく、Borderless SD-WANの軽量ソフトウェアをすべてのクラウドにわたって簡単にインスタンス化できます。この単一の統合コンソールから自動化されたクラウド操作により、これらのBorderless SD-WANソフトウェアインスタンスは、AWS Transit Gateway、Azure Virtual Router、GCP Cloud Router などの主要なクラウドプロバイダーと相互運用し、ルートを交換できます。Netskopeのインテリジェント SSE(セキュリティサービスエッジ)にワンクリックでアクセスできるため、企業はあらゆるサイバー攻撃から保護する統合されたフルスタックセキュリティも備えています。

IoT Intelligent Access
Netskope SASEゲートウェイは、ゼロタッチプロビジョニングをサポートし、統合されたエッジコンピュートにより、コンピュートとデータソースをより近づけることができます。IoTセンサーデバイスからデータを収集し、ロックを解除して抽出し、4G/LTEワイヤレスまたは他のお好みのトランスポート接続を使用して、特定のしきい値を超えるデータのみをIoTクラウドに配信することができます。スケーラブルなアプリケーションライフサイクル管理(ALM)により、顧客は独自のアプリケーションを実行したり、Azure IoTエッジランタイムのようなすぐに使えるコンテナサービスを実行したり、モバイルデバイス用のアプリケーションストアのようにNetskopeが提供するサービスカタログから他のサービスを実行したりすることができます。

 

Borderless SD-WANの利点とは何か? リンク リンク

全体として、Netskope Borderless SD-WANは、組織がネットワークパフォーマンスを向上させ、コストを削減し、セキュリティと柔軟性を高め、ネットワーク管理を簡素化するのに役立ちます。

Netskope Borderless SD-WAN

全体として、Netskope Borderless SD-WANは、組織がネットワークパフォーマンスを向上させ、コストを削減し、セキュリティと柔軟性を高め、ネットワーク管理を簡素化するのに役立ちます。これらの利点により、多くの企業がこのテクノロジーを採用し、Netskope SD-WAN に移行するようになりました。

Netskope Borderless SD-WANは組織に次のようなメリットをもたらします。

  • ネットワークパフォーマンスの向上:SD-WAN は、ブロードバンド接続でもセルラー接続でも、利用可能な最適なパスにネットワークトラフィックを誘導することで、ネットワークトラフィックを最適化できます。これにより、重要なアプリケーションが可能な限り最高のパフォーマンスで配信されることが保証されます。
  • コスト削減:複数のWAN接続を利用することで、組織は高価な MPLS(マルチプロトコルラベルスイッチング)接続への依存を減らし、よりコスト効率の高いブロードバンドおよびセルラーのオプションを活用できます。
  • セキュリティの強化: SD-WANクラウド機能は、サイバー脅威から保護するための暗号化やトラフィック セグメンテーションなどの多くのセキュリティ機能を提供します。
  • 柔軟性:Borderless SD-WANを使用すると、組織はリモート地やモバイルワーカーを企業ネットワークに簡単に接続でき、変化するビジネスニーズに合わせて簡単にスケールアップまたはスケールダウンできます。
  • 簡素化:SD-WANネットワークは、すべてのWAN接続を監視および制御するための集中管理プラットフォームを提供し、管理者によるWANの管理、トラブルシューティング、構成を容易にします。
  • ユーザーエクスペリエンスの改善:Borderless SD-WANは、場所やデバイスに関係なく、一貫した高品質のユーザー エクスペリエンスを保証します。

 

SASEエキスパートになる

Netskopeが後援するSASE認定は、セキュリティとネットワーキングのアーキテクチャフレームワークであるセキュアアクセスサービスエッジ(SASE)に関する入門トレーニングであり、現代の組織がクラウドアプリケーションを採用し、データを保護し、ネットワーキングとセキュリティサービスを統合する際に直面するセキュリティの課題に対処します。

SASE認定

SASEのリーダーと共にセキュリティ対策を強化する