Netskope 製品プライベートアクセス

Netskope Private Access

Netskope Private Accessは、ハイブリッドIT(パブリッククラウドとデータセンター)環境のプライベートアプリケーションとデータへのゼロトラストネットワークアクセスを提供します。これはNetskope Security Cloudの不可欠な機能であり、認証されたユーザーにシームレスなプライベートアプリへの接続を提供します。あらゆるアプリケーションとプロトコルをサポートし、ビジネスリスクを軽減し、ITインフラストラクチャを簡素化します。

どこからでも安全なアプリケーションアクセス

Netskope Private Accessは以下を提供します:

 

  • ゼロトラストプライベートアプリケーションへのネットワークアクセス:ユーザーIDとデバイスのセキュリティポスチャに基づくアプリケーションレベルのアクセス制御でデータとリソースを保護します。
  • パブリッククラウドへのシームレスで直接的なアクセス:リモートユーザーをパブリッククラウド環境のアプリケーションに直接接続します。企業のインフラストラクチャを介してヘアピンする必要はありません。
  • プライベートアプリケーションの保護:パブリッククラウドとプライベートクラウドにホストされているアプリケーションがインターネットに公開されないようにします。プライベートアプリケーション違反に関連するブランドの損害、罰金、および修復コストを回避します。
  • IT運用の簡素化:ZTNAをクラウドセキュリティ(CASB)およびWebセキュリティ(SWG)と統合するスケーラブルなクラウドベースのプラットフォームを使用して、ネットワークアーキテクチャを最新化し、インターネット使用時のセキュリティを強化します。

主な利点と機能

01

プライベートアプリケーション用のゼロトラストネットワークアクセス

承認されたユーザーに、ネットワーク全体ではなくアプリケーションのみへのアクセスを提供し、悪意のある内部関係者や侵害されたアカウントからプライベートアプリケーションやその他のネットワーク資産を保護します。

02

パブリッククラウドアプリケーションに直接接続します。

NetskopeのグローバルにホストされているPoP(Point of Presence )ネットワークを使用して、リモートワーカーをパブリッククラウドおよびプライベートデータセンターでホストされているアプリケーションに直接接続します。これにより、プライベートアプリケーションにアクセスするためのアーキテクチャ上から、待ち時間の少ないエンドユーザーエクスペリエンスが提供されます。

03

レガシーVPNリモートアクセスを段階的に廃止

レガシーVPNハードウェアを廃止し、クラウドファーストのセキュリティアーキテクチャへの移行を可能にします。VPNアプライアンスの設備投資、更新サイクル、継続的な管理コストを段階的に廃止します。

04

プライベートアプリケーションとリソースを保護する

パブリッククラウドとプライベートクラウドでホストされているプライベートアプリケーションがインターネットに公開されないようにします。クラウドでホストされているプライベートアプリケーションの違反に関連するブランドの損害、罰金、および修復コストを回避します。

05

シームレスで透過的なユーザーエクスペリエンス

統一化された軽量のクライアントを使用して、さまざまなVPNゲートウェイに接続したり再接続したりする手間をかけずに、パブリッククラウドおよびデータセンターに展開されたすべてのアプリケーションに同時にアクセスできるようにします。

06

SASEへの変革を開始

単一の管理コンソールを使用して、従業員がWeb、クラウド、プライベートアプリケーションを使用する際のポリシー管理、分析、インシデント調査を簡素化します。クラウドベースのネットワークセキュリティの未来に向けて– Secure Access Service Edge(SASE)。

リソース

打ち合わせをリクエスト

Netskopeの担当者に連絡して、打ち合わせの日程を調整してください。