ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
製品 Private Access for ZTNA

Private Access for Zero Trust Network Access (ZTNA)

オレンジのプラス記号
ホストされている場所に関係なく、プライベートアプリケーションに素早く安全かつダイレクトにアクセスできます。リスクを削減し、ITを簡素化して、ユーザーエクスペリエンスを最適化しましょう。
プラス記号の画像
Private Accessの概要
オレンジのプラス記号

クラウドベースのゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)

Netskope Private Access(NPA)はどんな場所にいるユーザーでもオンプレミス環境やクラウド環境でホストされたプライベートリソースにつなげ、素早くダイレクトなアプリケーション接続と優れたユーザーエクスペリエンスを確保します。

 

プライベート アクセス アーキテクチャでは、プライベート リソースは隠されたままになり、検出や攻撃から保護されます。 認証されたユーザーは、エンドツーエンドのトラフィック暗号化を使用して、承認されたアプリケーションへの安全な直接アクセスを取得します。

NPAアーキテクチャ図
オレンジのプラス記号

プライベートアクセス、Netskope Security Service Edge(SSE)の不可欠な部分

ZTNAソリューションの1つであるNetskope Private Accessは、セキュリティ体制を強化し、クラウドへの移行をスピードアップして、ITインフラストラクチャを簡素化し、安全なリモートアクセスに向けた、組織のゼロトラストセキュリティモデルへの移行を実現します。

Netskope Private Access for ZTNAダイアグラム
オレンジのプラス記号

データ保護をプライベート・アクセスに拡張

データを保護しながらアクセスを最適化します。NPAは、データの使用、活動、行動の異常(UEBA)を検出し、高度なDLPルールとポリシーを適用し、ユーザーのリスクに基づいて適応的なアクセスポリシーを適用します。

プラス記号の画像
主な機能と利点
オレンジのプラス記号

Netskope Private Access(ZTNA用) 機能とメリット

プライベートアプリケーションへの安全なアクセス

デバイスのセキュリティ状態、ユーザーの行動、リスクスコアなど、ユーザーのアイデンティティとコンテキストに基づくアプリケーションレベルのアクセス制御により、データとリソースを保護します。

Netskope Private Accessは幅広いアプリケーションをサポートしています。ほぼ全ての関連ポートでTCPとUDPの両方のプロトコルを使用したクライアント起動のトラフィックをサポートし、Webアプリケーションや非Web/シッククライアント(SSH、RDP、Microsoft Windows Active Directoryなど)へのアクセスを可能にします。ブラウザアクセスは、サードパーティーアクセスや従業員のBYOD(Bring Your Own Device)向けに、クライアントレスアクセスをサポートします。

優れたユーザーエクスペリエンス

複雑なネットワークルーティングを回避し、リソースがどこでホストされているかに関わらず、アプリケーションへの簡単、高速、かつ摩擦のない接続性により、ワーカーの生産性を高めます。複数のVPNゲートウェイの使用やそれに伴う遅延、壊れたアプリケーションなどの問題によるフラストレーションはありません。

ユーザーからアプリケーションへのトラフィックは、Netskope NewEdgeセキュリティプライベートクラウドを介して最適にルーティングされ、そのグローバルなカバレッジ、プレミアムなトランジットオプション、クラウドプロバイダーへの広範なピアリングにより、優れたユーザーエクスペリエンスと高速アプリケーションパフォーマンスを提供します。

クラウドへのスムーズな移行

パブリッククラウド環境や仮想プライベート環境(VPC)に直接迅速に接続できます。

トラフィックのバックホールや複雑なネットワークルーティングを排除し、Netskope NewEdgeを使用してパブリッククラウド環境でホストされているアプリケーションへの安全な接続を提供します。

セキュリティ体制の強化

NPA は、 ゼロ トラスト セキュリティ モデルを使用して組織のセキュリティ体制を強化します。 リモート アクセス VPN とは異なり、NPA はネットワーク アクセスではなく、コンテキストに応じたリスクに最適化されたアプリケーション アクセスを提供します。 「インサイドアウト」接続アーキテクチャにより、NPA はプロトコルとサービスのパブリック インターネットへの露出を排除することで、全体的な攻撃対象領域を最小限に抑えます。 プライベートリソースはパブリックインターネット上には見えず、攻撃者から保護されています。

きめ細かいアクセス制御ポリシーには、ユーザー識別、UEBA、デバイスのポスチャーが組み込まれています。サードパーティのIDプロバイダやMicrosoft Active Directoryとの統合により、ユーザーのコンテキストを提供します。ユーザーの行動とデバイスのセキュリティ状態をリアルタイムに監視することで、リスクに応じたアクセス制御のためのコンテキストをさらに提供します。

機密データを保護する

ゼロトラストアーキテクチャの目標は、暗黙の信頼を排除し、データ資産を保護することです。 データを保護するために、ZTNA ソリューションは、データの使用状況、アクティビティ、および動作の異常 (UEBA) を検出し、高度な DLP ルールとポリシーを適用し、ユーザーのセキュリティ リスクに基づいて適応型アクセス ポリシーを適用する必要があります。

Netskopeは、プライベートアクセスセッションでコラボレーションされたデータに対する制御をインラインDLPポリシーで拡張し、単一のコンソールから機密データを可視化することができます。

NPA は、組織が貴重で独自のデータを保護するのに役立つオプションを提供します。 DLP コントロールは、モバイル デバイスを含む、サード パーティの管理対象および管理されていない個人用デバイスへのデータの流出を防止します。 NPA は、Netskope DLP エンジンを集中管理に活用しています。 データは 1 回だけ分類され、すべてのベクトルにわたって 1 つのポリシーが制定され、インシデントは 1 つの画面で管理されます。

さらに、企業は高度なUEBAを活用することで、リアルタイムの状況を把握し、インサイダーリスクを最小化することができます。

操作の簡素化

Netskope Security CloudプラットフォームはZTNACASBSWG、および Cloud Firewall を、1つのクライアント、1つのポリシーエンジン、および単一の管理コンソールを備えた統合SSEソリューションに統合し、明確な可視性、一貫したポリシー適用、および管理のしやすさを提供します。

NPAはネットワークに依存せず、既存のネットワークインフラ上にオーバーレイとして導入できるため、企業はすぐにZTNAのメリットを享受することができます。リモートアクセスVPNに代わる最新のソリューションとして、オンプレミス、プライベートデータセンター、パブリッククラウド環境など、あらゆる場所のユーザーと企業のリソースを動的に接続します。

アプリケーション検出と自動化APIにより、プライベートアプリケーション管理、ユーザーアクセスプロビジョニング、および継続的なメンテナンスに関する操作がさらに簡素化されます。

デバイスのセキュリティ状態、ユーザーの行動、リスクスコアなど、ユーザーのアイデンティティとコンテキストに基づくアプリケーションレベルのアクセス制御により、データとリソースを保護します。

Netskope Private Accessは幅広いアプリケーションをサポートしています。ほぼ全ての関連ポートでTCPとUDPの両方のプロトコルを使用したクライアント起動のトラフィックをサポートし、Webアプリケーションや非Web/シッククライアント(SSH、RDP、Microsoft Windows Active Directoryなど)へのアクセスを可能にします。ブラウザアクセスは、サードパーティーアクセスや従業員のBYOD(Bring Your Own Device)向けに、クライアントレスアクセスをサポートします。

複雑なネットワークルーティングを回避し、リソースがどこでホストされているかに関わらず、アプリケーションへの簡単、高速、かつ摩擦のない接続性により、ワーカーの生産性を高めます。複数のVPNゲートウェイの使用やそれに伴う遅延、壊れたアプリケーションなどの問題によるフラストレーションはありません。

ユーザーからアプリケーションへのトラフィックは、Netskope NewEdgeセキュリティプライベートクラウドを介して最適にルーティングされ、そのグローバルなカバレッジ、プレミアムなトランジットオプション、クラウドプロバイダーへの広範なピアリングにより、優れたユーザーエクスペリエンスと高速アプリケーションパフォーマンスを提供します。

パブリッククラウド環境や仮想プライベート環境(VPC)に直接迅速に接続できます。

トラフィックのバックホールや複雑なネットワークルーティングを排除し、Netskope NewEdgeを使用してパブリッククラウド環境でホストされているアプリケーションへの安全な接続を提供します。

NPA は、 ゼロ トラスト セキュリティ モデルを使用して組織のセキュリティ体制を強化します。 リモート アクセス VPN とは異なり、NPA はネットワーク アクセスではなく、コンテキストに応じたリスクに最適化されたアプリケーション アクセスを提供します。 「インサイドアウト」接続アーキテクチャにより、NPA はプロトコルとサービスのパブリック インターネットへの露出を排除することで、全体的な攻撃対象領域を最小限に抑えます。 プライベートリソースはパブリックインターネット上には見えず、攻撃者から保護されています。

きめ細かいアクセス制御ポリシーには、ユーザー識別、UEBA、デバイスのポスチャーが組み込まれています。サードパーティのIDプロバイダやMicrosoft Active Directoryとの統合により、ユーザーのコンテキストを提供します。ユーザーの行動とデバイスのセキュリティ状態をリアルタイムに監視することで、リスクに応じたアクセス制御のためのコンテキストをさらに提供します。

ゼロトラストアーキテクチャの目標は、暗黙の信頼を排除し、データ資産を保護することです。 データを保護するために、ZTNA ソリューションは、データの使用状況、アクティビティ、および動作の異常 (UEBA) を検出し、高度な DLP ルールとポリシーを適用し、ユーザーのセキュリティ リスクに基づいて適応型アクセス ポリシーを適用する必要があります。

Netskopeは、プライベートアクセスセッションでコラボレーションされたデータに対する制御をインラインDLPポリシーで拡張し、単一のコンソールから機密データを可視化することができます。

NPA は、組織が貴重で独自のデータを保護するのに役立つオプションを提供します。 DLP コントロールは、モバイル デバイスを含む、サード パーティの管理対象および管理されていない個人用デバイスへのデータの流出を防止します。 NPA は、Netskope DLP エンジンを集中管理に活用しています。 データは 1 回だけ分類され、すべてのベクトルにわたって 1 つのポリシーが制定され、インシデントは 1 つの画面で管理されます。

さらに、企業は高度なUEBAを活用することで、リアルタイムの状況を把握し、インサイダーリスクを最小化することができます。

Netskope Security CloudプラットフォームはZTNACASBSWG、および Cloud Firewall を、1つのクライアント、1つのポリシーエンジン、および単一の管理コンソールを備えた統合SSEソリューションに統合し、明確な可視性、一貫したポリシー適用、および管理のしやすさを提供します。

NPAはネットワークに依存せず、既存のネットワークインフラ上にオーバーレイとして導入できるため、企業はすぐにZTNAのメリットを享受することができます。リモートアクセスVPNに代わる最新のソリューションとして、オンプレミス、プライベートデータセンター、パブリッククラウド環境など、あらゆる場所のユーザーと企業のリソースを動的に接続します。

アプリケーション検出と自動化APIにより、プライベートアプリケーション管理、ユーザーアクセスプロビジョニング、および継続的なメンテナンスに関する操作がさらに簡素化されます。

プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

ZTNAのNetskopeプライベートアクセスを迅速な勝利として展開する

70%
VPNサービスとは対照的に、主にゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)によって2025年までに提供される新しいリモートアクセス展開
出典:Gartner Forecast Analysis: Enterprise Network Equipment, Worldwide, Naresh Singh, Christian Canales(2021年10月)*
プラス記号の画像
ユースケース
オレンジのプラス記号

Netskope Private Access for ZTNAのユースケース

リモートアクセスVPNの代役

認証・承認されたユーザーにアプリケーション固有のアクセスを提供します。NPAは、基盤となるネットワークではなくアプリケーションに対し、コンテキスト対応でリスクベースかつ最小限の特権アクセスを提供し、不正な横移動を最小限に抑え、リモートアクセスVPNに関連するリスクと露出を軽減します。

サードパーティ・アクセス/BYOD

VPN、DMZ、公衆インターネットにリソースを公開することなく、管理されていないデバイスや、請負業者、サプライヤー、パートナーなどのサードパーティユーザーに安全にアクセスを提供することができます。

ブラウザアクセスにより、NPAはサードパーティーユーザーや従業員のBYODのためのエージェントレス導入をサポートします。

クラウド移行

NPAは、パブリッククラウド環境でホストされているプライベートアプリケーションとリソースに対するシームレスな直接アクセスを提供し、従来のネットワークベースのセキュリティとアクセス方法を回避します。複雑なネットワークルーティングを排除し、データセンターを経由するトラフィックをバックホールすることで、NPAはIT運用を簡素化し、組織のクラウドへの移行を加速します。

クラウド配信のZTNAであるNPAインフラストラクチャは、クラウドサービスプロバイダーと広範囲にピアリングされている高性能で可用性の高いセキュリティプライベートクラウドであるNetskope NewEdgeによって提供されています。50以上の地域にグローバルデータセンターが散らばっているため、お客様はどこからでもグローバルにアクセスでき、どこからでもユーザー向けに低レイテンシの進入路を実現できます。

M&Aインテグレーション

ネットワークの結合、サイト間VPNおよびファイアウォールルールの構成といった複雑な作業を伴わず、内部リソースに初日からアクセスできます。

DevOps Access

NPAを使用すると、プライベートデータセンターまたはパブリッククラウド環境のどこかでホストされている動的ワークロードに対するポリシーベースのネイティブアクセスが可能になります。機密性の高いリソースをパブリックインターネットに公開することなく、セキュアシェル(SSH)とリモートデスクトッププロトコル(RDP)を介してワークロードへの特権アクセスを安全に有効化します。

サイト間のトンネル、パブリッククラウドでの仮想VPN、データセンター経由のトラフィックのバックホールなどが不要になり、運用が簡素化され、DevOpsの生産性が向上します。

ゼロトラストを叶えるためのセキュリティトランスフォーメーション

ゼロ・トラスト・セキュリティ戦略を採用する企業にとって、ZTNAは重要な前進の第一歩として優先されます。NPAは、ゼロトラスト原則に基づいて構築されており、ゼロトラストで、どこにいるユーザーでもプライベートリソースにアクセスできるようにします。NPAは、コンテキストに応じた適応的なリスクと最適化されたアクセスを継続的に監視します。プロトコルやサービスのパブリック・インターネットへの露出をなくすことで、全体的な攻撃対象領域を縮小します。

認証・承認されたユーザーにアプリケーション固有のアクセスを提供します。NPAは、基盤となるネットワークではなくアプリケーションに対し、コンテキスト対応でリスクベースかつ最小限の特権アクセスを提供し、不正な横移動を最小限に抑え、リモートアクセスVPNに関連するリスクと露出を軽減します。

VPN、DMZ、公衆インターネットにリソースを公開することなく、管理されていないデバイスや、請負業者、サプライヤー、パートナーなどのサードパーティユーザーに安全にアクセスを提供することができます。

ブラウザアクセスにより、NPAはサードパーティーユーザーや従業員のBYODのためのエージェントレス導入をサポートします。

NPAは、パブリッククラウド環境でホストされているプライベートアプリケーションとリソースに対するシームレスな直接アクセスを提供し、従来のネットワークベースのセキュリティとアクセス方法を回避します。複雑なネットワークルーティングを排除し、データセンターを経由するトラフィックをバックホールすることで、NPAはIT運用を簡素化し、組織のクラウドへの移行を加速します。

クラウド配信のZTNAであるNPAインフラストラクチャは、クラウドサービスプロバイダーと広範囲にピアリングされている高性能で可用性の高いセキュリティプライベートクラウドであるNetskope NewEdgeによって提供されています。50以上の地域にグローバルデータセンターが散らばっているため、お客様はどこからでもグローバルにアクセスでき、どこからでもユーザー向けに低レイテンシの進入路を実現できます。

ネットワークの結合、サイト間VPNおよびファイアウォールルールの構成といった複雑な作業を伴わず、内部リソースに初日からアクセスできます。

NPAを使用すると、プライベートデータセンターまたはパブリッククラウド環境のどこかでホストされている動的ワークロードに対するポリシーベースのネイティブアクセスが可能になります。機密性の高いリソースをパブリックインターネットに公開することなく、セキュアシェル(SSH)とリモートデスクトッププロトコル(RDP)を介してワークロードへの特権アクセスを安全に有効化します。

サイト間のトンネル、パブリッククラウドでの仮想VPN、データセンター経由のトラフィックのバックホールなどが不要になり、運用が簡素化され、DevOpsの生産性が向上します。

ゼロ・トラスト・セキュリティ戦略を採用する企業にとって、ZTNAは重要な前進の第一歩として優先されます。NPAは、ゼロトラスト原則に基づいて構築されており、ゼロトラストで、どこにいるユーザーでもプライベートリソースにアクセスできるようにします。NPAは、コンテキストに応じた適応的なリスクと最適化されたアクセスを継続的に監視します。プロトコルやサービスのパブリック・インターネットへの露出をなくすことで、全体的な攻撃対象領域を縮小します。

Netskope
Security Cloud

比類のない可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現

Netskope Intelligent SSEは、場所やデバイスを問わず、クラウドサービスやウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際に、比類ない可視性を持ってリアルタイムデータの保護と脅威防御を提供します。

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope Security Cloudプラットフォームダイアグラム
プラス記号の画像
Cloud Exchange
オレンジのプラス記号

技術統合のためのクラウドエクスチェンジ

Cloud Exchangeは、貴重なNetskopeテレメトリー、外部脅威インテリジェンス、およびリスクスコアを使用して、より優れたポリシーの実装、サービスチケットの自動作成、Netskope Security Cloudからのログイベントのエクスポートを可能にします。

Cloud Exchangeの図
プラス記号の画像
アナリスト認識
オレンジのプラス記号

業界をリードする当局から信頼されています

2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント
Gartner® Quick Answer: How Does Netskope's Acquisition of Infiot Impact SD-WAN, SASE, and SSE Projects?
2021 IDC MarketScape for Cloud Security Gateways
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Private Access(NPA)を使用すると、組織は従来のVPNハードウェアの使用を徐々に終了し、よりセキュアでクラウド主体のリモートアクセスアーキテクチャに移行できます。
お客様へ
01  03
引用
「NPAは、従来のリモートアクセスソリューションから脱却するための機能を提供します。全員が自宅で仕事をしているとき、リモートユーザーのパソコンからのトラフィックをユーザーに気づかれることなく、安全かつシームレスにルーティングする上で間違いなく役立ちました。」
金融業界のセキュリティエンジニア
企業規模:5,000万以下
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Private Access(NPA)を使用すると、組織は従来のVPNハードウェアの使用を徐々に終了し、よりセキュアでクラウド主体のリモートアクセスアーキテクチャに移行できます。
お客様へ
02  03
引用
「...エンドユーザーにとって100%シームレスであり、通常は利用できないサービスにアクセスするという利点をすぐに享受できます。また、ポリシーエンジンの柔軟性により、エンドポイントの「コンプライアンス」状態を検証できます。」
エネルギー・電力業界のサイバーセキュリティ担当者
企業規模:100億~300億
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Private Access(NPA)を使用すると、組織は従来のVPNハードウェアの使用を徐々に終了し、よりセキュアでクラウド主体のリモートアクセスアーキテクチャに移行できます。
お客様へ
03  03
引用
「Netskopeのセットアップは簡単です。Netskopeクライアントやパブリッシャー向けのクラウドインターフェイス使用手順やセットアップ手順は非常に明確です。「.....全体的に非常に満足しており、近い将来に他のNetskope製品を展開する予定です。」
製造業のマネージャー
企業規模:5億~10億
プラス記号の画像
リソース
オレンジのプラス記号

Netskope Private Accessに関する
リソース

ブルーのプラス記号
アナリストレポート
Gartner Critical Capabilities for Security Service Edge (SSE)
ブルーのプラス記号
アナリストレポート
Gartner® Quick Answer: How Does Netskope's Acquisition of Infiot Impact SD-WAN, SASE, and SSE Projects?
ブルーのプラス記号
見解
A Practical Guide to Zero Trust Network Access
ブルーのプラス記号
オンラインセミナー
ZTNAジャーニーのための4つのクイック勝利と3つのベストプラクティス
ブルーのプラス記号
データシート
Netskope Private Access
ブルーのプラス記号
ソリューション概要
M&AのためのNetskope Private Access
ブルーのプラス記号
ホワイトペーパー
SASEアーキテクチャにおけるゼロトラストのブループリント
ブルーのプラス記号
レポート
Cybersecurity Insiders - 2020 Zero Trust Report
ブルーのプラス記号
ソリューション概要
Netskopeによるリモートワーカーの保護
ブルーのプラス記号
ブログ
今日の境界のない世界におけるゼロトラストへの6段階のアプローチ
ブルーのプラス記号
デモ
Netskope Private Access デモ
ブルーのプラス記号
EBOOK
スマートクラウドセキュリティの20の事例
ブルーのプラス記号
ホワイトペーパー
ゼロトラストの原則を正しく適用する方法

* GARTNERは、Gartner, Inc.の登録商標およびサービスマークです。

および/またはその関連会社の登録商標およびサービスマークであり、本サイトでの使用には許可を得ています。All rights reserved.

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化