ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

ZTNAとは?

ライトブループラス
ゼロ トラスト ネットワーク アクセス (ZTNA) は、ゼロ トラストの原則に基づいて構築された最新のリモート アクセス ソリューションです。 ZTNA は、あらゆる場所のユーザーを企業リソースに接続するための新しいセキュリティおよびアクセス フレームワークを作成します。 このセキュリティソリューションは、最新のセキュリティ構造を提供するだけでなく、エンタープライズリソースへのシームレスな接続によりユーザーエクスペリエンスを向上させます。 ハイブリッドワークとクラウド導入の台頭により、主要なエンタープライズアプリケーションへのアクセス管理を、ホストされている場所に関係なく進化させることがますます重要になっています。
Netskopeの動画
5 min read

ゼロトラストセキュリティ原則 リンク リンク

ZTNAは、ゼロ トラストセキュリティモデルに基づいて、ユーザーをエンタープライズリソースに接続するための新しいセキュリティフレームワークを作成します。 プライベートアプリケーションは、アプリケーション・ゲートウェイを介して ZTNA ブローカーに接続します。 ユーザーが接続すると、クラウドベースの ZTNA ブローカーは、ユーザーを許可されたアプリケーションに接続する前に、ユーザーの ID とセキュリティー体制を検証します。

あらゆる場所のユーザーが、あらゆるデバイスを使用して、どこでもホストされているアプリケーションに直接アクセスでき、一貫したポリシー制御により優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。

ZTNA は、ネットワーク・アクセスではなく、アプリケーション固有のアクセスのみを許可するため、許可されていない横移動を排除できます。 ZTNAを使用すると、エンタープライズネットワークへのインバウンド接続はなく、リソースは検出から隠されたままになり、デジタル攻撃対象領域が縮小されます。

 

ZTNA はどのように機能しますか? リンク リンク

ZTNA は、増加するシステムやサービスにアクセスするユーザー、アプリケーション、デバイスに対する完全な可視性と制御を提供することで機能します。

ZTNA は、増加するシステムやサービスにアクセスするユーザー、アプリケーション、デバイスに対する完全な可視性と制御を提供することで機能します。 Netskope ゼロ トラスト モデルは、これまで困難であった、またはリスクがあったあらゆる種類の状況に対して安全な環境を構築します。

ZTNA アプリケーションには以下が含まれます。

リソースへのリモートユーザーアクセスの保護

Netskopeゼロトラスト機能は、認証・承認されたユーザーに対してアプリケーションアクセスを提供します。暗黙の信頼関係を排除することで、従来のリモートアクセスVPNに関連するリスクと露出を低減します。これらのユーザーは、必要なものにはすべてアクセスでき、不要なものはアクセスできません。また、不正アクセスを防ぐために、常に身元を再確認します。

第三者アクセスとBYODポリシーの有効化

場合によっては、企業のネットワーク外の個人またはデバイスにアクセスを許可する必要があります。ZTNAを使用することで、管理者は、ウェブアプリケーションへのブラウザアクセス (クライアントレス) を使用して、請負業者、サプライヤー、その他の第三者ユーザーへのアクセスを安全にプロビジョニングできます。さらに、ZTNAでは、個人用デバイスへのネットワークアクセスを許可する一方で、より機密性の高いシステムや情報へのアクセス許可を制限するためのセーフガードを構築しています。

よりスムーズなクラウド移行が可能

それが今日であろうと、明日であろうと、来年であろうと、私たちは皆クラウドに移行しています。ZTNAは、あらゆる種類のクラウドアプリケーションやインフラストラクチャへの直接の安全なアクセスを実現することで、この移行を簡素化します。ZTNAは、クラウドの合理的な性質を利用するため、ユーザーは数分でセットアップと展開ができ、複雑なネットワークルーティングを行うことなく、パブリッククラウド環境でホストされているリソースへのシームレスな直接アクセスを実現します。

合併・買収の際の統合をシンプルに

合併は複雑ですが、システムを統合し、アクセスを付与することは複雑である必要はありません。ZTNAは、承認されたユーザーに、ネットワークを組み合わせる複雑さなしに、内部リソースへの初日に必要なアクセスを提供します。これにより、新しい社員の参加やプロセスの導入があってもこれまで以上に迅速に立ち上げて実行できます。

DevOpsアクセスの合理化

今日の世界では、開発者が常にオンサイトで作業することを期待できるわけではありません。 ZTNA は、データ センターや仮想プライベート クラウド (VPC) のどこにホストされているかに関係なく、リソースへの安全なネイティブ アクセスを提供します。

セキュリティ変革を促進

ビジネスのあり方は、あらゆる面で急速な変化を遂げており、新しいセキュリティとネットワークのテクノロジーが必要とされています。ZTNAは、アプリケーションとネットワークアクセスにゼロトラストの原則を適用し、プロトコルやサービスが公共のインターネットに露出しないようにすることで、全体的な攻撃対象領域を縮小します。

 

ZTNA アーキテクチャの利点は何ですか? リンク リンク

ゼロ トラスト ネットワーク アクセス (ZTNA) アーキテクチャは、認証され承認されたユーザーのみがリソースにアクセスできるようにすることでセキュリティを強化し、侵害のリスクを軽減します。

ゼロ トラスト ネットワーク アクセス (ZTNA) アーキテクチャは、認証され承認されたユーザーのみがリソースにアクセスできるようにすることでセキュリティを強化し、侵害のリスクを軽減します。 また、従来のVPNに依存することなく、アプリケーションへのシームレスで安全なリモートアクセスを提供することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

ZTNA アーキテクチャの利点は次のとおりです。

  • プライベート アプリケーションへのゼロ トラスト アクセス: ユーザー ID、承認、セキュリティ体制に基づくアプリケーション レベルのアクセス制御により、データとリソースを保護します。
  • パブリッククラウドへのシームレスで直接的なアクセス:パブリッククラウド環境内のアプリケーションにどこからでもユーザーを直接接続できるため、企業のインフラストラクチャをヘアピンで操作する必要はありません。
  • デジタル攻撃対象領域を縮小: パブリック クラウドやプライベート データ センターなど、どこにホストされているアプリケーションもインターネットに公開されないようにします。 DMZでアプリケーションをホストしたり、VPNなどの公開サービスを維持したりする必要がなくなります。 プライベート アプリケーションの侵害に関連するブランドの損害、罰金、修復コストを回避します。
  • 簡素化された IT 運用: ZTNA 、クラウド セキュリティ( CASB )、 Web セキュリティ(SWG) を統合したスケーラブルなクラウドベースのプラットフォームを使用して、ネットワーク アーキテクチャを最新化し、インターネット使用時のセキュリティを強化します。

 

ZTNA と VPN 代替品の違いは何ですか? リンク リンク

ZTNA は、通常、認証後に広範なネットワーク レベルのアクセスを許可する VPN とは異なり、きめ細かなアクセス制御を提供し、特定のリソースへのアクセスを許可する前にすべてのユーザー、デバイス、アプリケーションを検証するという点で、従来の VPN とは異なります。

ZTNA は、通常、認証後に広範なネットワーク レベルのアクセスを許可する VPN とは異なり、きめ細かなアクセス制御を提供し、特定のリソースへのアクセスを許可する前にすべてのユーザー、デバイス、アプリケーションを検証するという点で、従来の VPN とは異なります。 ZTNA は、過度に許可されたネットワーク アクセスに関連する脆弱性を排除することで攻撃対象領域を減らし、誰がどのリソースにアクセスしているかをより詳細に把握して制御し、デフォルトでユーザーやデバイスが信頼できると想定しないことでゼロ トラストの最新のセキュリティ原則に準拠しているため、VPN よりも優れたソリューションであると考えられています。

 

ZTNA はセキュリティ サービス エッジ (SSE) にどのように適合しますか? リンク リンク

ZTNA は、セキュリティ サービス エッジ (SSE) アーキテクチャのコア コンポーネントであり、多様な環境にわたる安全なアクセスと脅威からの保護を実現する統合されたクラウド ネイティブ ソリューションを提供します。

ZTNA は、セキュリティ サービス エッジ (SSE)アーキテクチャのコア コンポーネントであり、多様な環境にわたる安全なアクセスと脅威からの保護を実現する統合されたクラウド ネイティブ ソリューションを提供します。 リモートワークの増加に伴い、ZTNA は従来の VPN を使用せずにアプリケーションやデータに安全にアクセスする方法を提供します。 ZTNA は、SWG や CASB などの他の SSE 機能と統合することで、包括的な脅威保護と、ネットワーク全体のユーザー アクセスとデータ フローのリアルタイム監視と制御を提供します。

 

ZTNAの最も一般的な使用ケースは何ですか? リンク リンク

エンタープライズ システムでは、ゼロ トラスト ネットワーク アクセス (ZTNA) は主に、オンプレミスおよびマルチクラウド環境全体のアプリケーション、データ、リソースへのリモート アクセスを保護するために使用されます。

エンタープライズ システムでは、オンプレミスおよびマルチクラウド環境全体のアプリケーション、データ、リソースへのリモート アクセスを保護するために主に使用されます。

ZTNA使用ケース:

  • ユーザー ID、デバイスの状態、その他のリスク要因に基づいて、きめ細かなコンテキスト認識型のアクセス制御を提供することで、従来の VPN の代わりとして機能します。
  • SaaS アプリケーションとクラウド リソースへの安全なアクセスを可能にし、アプリケーションとデータの保存場所に関係なく、一貫したセキュリティ ポリシーと可視性を確保します。
  • 企業が攻撃対象領域を減らし、セキュリティ体制を改善し、より安全で生産性の高いリモートワークを実現できるようにします。

 

NetskopeのクラウドベースZTNAソリューション、ZTNA Nextのご紹介 リンク リンク

エンタープライズ システムでは、ゼロ トラスト ネットワーク アクセス (ZTNA) は主に、オンプレミスおよびマルチクラウド環境全体のアプリケーション、データ、リソースへのリモート アクセスを保護するために使用されます。

ZTNA Next は、コア原則に基づいて構築され、強化された機能と合理化された運用を提供する高度なソリューションです。 ZTNA Next を使用すると、組織は承認されたユーザーにプラットフォームへの直接アクセスを提供できるため、従来のリモート デスクトップや VPN 接続を必要とせずに、アプリケーション、データ、リソースに安全にアクセスして操作できるようになります。

このアプローチは、リモートアクセスソリューションの管理に関連する複雑さを排除して運用を簡素化するだけでなく、攻撃対象領域を最小限に抑えることでセキュリティを強化します。 さらに、ZTNA Next にはリモート アシスタンスなどの機能が含まれることが多く、これにより、承認されたサポート担当者がエンド ユーザーのデバイスに安全にアクセスして問題をトラブルシューティングできるため、運用効率とエンド ユーザーのエクスペリエンスがさらに向上します。

 

Netskope ZTNA Nextアーキテクチャ

 

ライトブループラス

VPN 時代の終わりと ZTNA の台頭

VPNは、リモートアクセスのデファクトスタンダードとして好評を博しています。 しかし、パンデミックにより、ゼロトラストへの大規模なシフトがもたらされ、それに伴い、VPN時代の終焉とそれに伴うゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)の台頭がもたらされました。

VPN 時代の終わりと ZTNA の台頭