Netskope 製品Next Gen SWG

Next Gen SWG

クラウド向けの次世代のWebセキュリティをクラウドで提供します。あらゆるクラウドサービス、アプリケーション、ウェブサイト、ユーザー、場所、デバイスのデータを保護します。

トラフィックの85%はクラウドにあります

セキュリティもこれに対応すべきでは?

 

Netskopeの次世代SWG(NG SWG)はクラウドベースのWebセキュリティソリューションであり、マルウェアを防止し、高度な脅威を検出し、カテゴリでフィルタリングし、データを保護し、あらゆるユーザー、場所、デバイスでのアプリの通信を制御します。NG SWGは、業界をリードするCASB、SWG、およびDLPを、カスタムレポートとアドホッククエリ用の豊富なメタデータを備えた共通の制御ポリシーとともに統合します。

6つの次世代 SWGの一般的なユースケース

最も一般的な6つのNG SWGユースケース、それぞれを提供するための機能要件、必要な展開構成を探索し、次に評価者ガイドをダウンロードして、Netskopeまたは各ユースケースをカバーする他の製品の機能をテストする方法を学習します。

Netskope Labsレポート:
クラウドのダークサイド

デジタルトランスフォーメーションは、企業全体でのクラウドサービスとアプリの利用を加速しています。クラウドの台頭により、「クラウドのダークサイド」が出現し、キルチェーンのさまざまな段階でクラウドサービスを利用する脅威と、クラウドストレージとサービスを使用したデータリスクの増加が可能になります。

 

このレポートは、2019年8月1日から12月31日までに数百万人のユーザーにわたってNetskope Security Platformから収集された匿名化データに基づいており、クラウド対応の脅威と機密データのクラウド全体への移行がどのように発生して組織のセキュリティ体制を複雑化しているかについての考察を提供します。

Is it time to move on from your legacy secure web gateway?

Your current web security gateway may have one or more of these issues:

 

  • appliance limitations
  • bypassing threat defenses
  • legacy allow/deny policy controls
  • limited integration
  • unmanaged app visibility

Netskope
セキュリティクラウド

プラットフォームを見る→

比類のない可視性。リアルタイムのデータと脅威からの保護。

Netskopeセキュリティクラウドは、あらゆる場所のあらゆるデバイスからクラウドサービス、ウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際でも、比類なき可視性とリアルタイムデータ、脅威防御を提供します。Netskopeだけがクラウドを理解し、セキュリティチームがデジタルトランスフォーメーションをする際にセキュリティを確保するために必要な保護と速度を、適切なバランスで実現する「データ中心(Data Centric)」のアプローチを採用しています。

NG SWGのユースケース

01

監視と評価

何千ものマネージドアプリとアンマネージドアプリとクラウドサービス、およびWebトラフィックのインラインでの可視化を実現し、SWG + CASB + DLP を1つのNG SWGプラットフォームに統合します。

もっと詳しく知る
02

クラウドアプリの制御

企業で認可されたものや非認可だがユーザーが使用しているもの(シャドーIT)を含め、何千ものクラウドアプリをリアルタイムできめ細かく制御できます。これにより、問題になるようなユーザーの操作を止め、安全にクラウドアプリを使用することができます。

もっと詳しく知る
03

許容できる使用

従来型のWebフィルタリングで使用されているようなURLカテゴリ、そしてカスタムカテゴリ、動的ページの評価、さらに包括的なクラウドアプリの使用率の評価を、クラウドとWebの両方を対象とする統合されたポリシーに組み込みます。

もっと詳しく知る
04

脅威からの保護

クラウドアプリのインスタンス確認(企業契約のものか、個人用かなど)から、実行前のスクリプトやマクロ分析まで実行する高度なセキュリティにより、マルウェアや高度な脅威から保護機械学習によるアノマリ検知

もっと詳しく知る
05

あらゆる場所でのデータ保護

あらゆる場所でデータを追跡および保護し、完全一致DLPから類似性照合によるフィンガープリンティングまでの高度な機能により、正確な検査を実現します。

もっと詳しく知る
06

インターネットへのダイレクトアクセスをカバー

低レイテンシと大容量向けに最適化されたNewEdgeアクセスにより、コストのかかるバックホールをなくし、リモートオフィスとユーザーのパフォーマンスを向上させます。

もっと詳しく知る

Netskopeでは、セキュリティプログラムを簡素化し、管理と運用を合理化するために、統合されたポリシーエンジンとともにクラウドとWebの統合プロキシを使用しています。

—Jerry Sto. Tomas、Apria Healthcareの最高情報セキュリティ責任者

主な機能と利点

可視性と制御

何千もの認可および非認可のクラウドサービスとアプリを含む、ウェブトラフィックの比類のないインライン可視性と制御を実現します。

詳しく見る

多層防御

ほとんどのセキュリティ機能が見逃している、クラウドサービスとアプリを活用しているさまざまな脅威を検出および防止します。

詳しく見る

高度なデータ漏洩防止機能(DLP)

高度なDLPルールとポリシーを使用して、クラウドサービス、アプリ、およびWebトラフィック全体でのデータの流出および漏洩を防止します。

詳しく見る

高度なウェブ分析とレポート

Cloud XDは、Webアクティビティをユーザーサイトとページの訪問に統合して抽出し、セキュリティチームが調査に必要なことに集中できるようにします。

詳しく見る

Direct-to-internet coverage

IPsecトンネルとGREトンネルを備えたリモートオフィス、およびリモートユーザーとモバイルユーザーにインターネットへのセキュアな直接アクセスを提供します。

詳しく見る

クラウドでの拡張性を持つSSL / TLSインスペクション

柔軟性のあるオンデマンドクラウドリソースを使用して、TLS 1.3を含む暗号化されたトラフィックをネ大規模に検査する

詳しく見る

リソース

Shift your web security to decrypt and decode apps and cloud services

85%

Web traffic is cloud services

Source: Netskope Threat Research Labs, 2019

44%

Threats are cloud enabled

出典: Netskope Cloud and Threat Report、2020

デモをリクエスト

ライブデモを見るには、Netskopeの担当者に連絡してください。