ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら Support Portal
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 11: Empowering People for a Secure Future

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ブログ プラットフォーム、製品、サービス Don’t Mix Water and Oil – Protecting Data in the Cloud
Feb 07 2020

Don’t Mix Water and Oil – Protecting Data in the Cloud

There’s a saying that “data is the new oil,” and just the thought of this expression highlights the value that the right data can bring to an organization. On the other hand, there’s also saying “data flows like water.” It will find its way out of its designated environment and on to systems that it wasn’t intended to be on. Even worse, it could end up in the hands of various bad actors such as hackers, insiders, or other criminals. Hence, oil and water don’t mix. Regardless of the data’s location, it’s clear the value of data itself has skyrocketed causing us to re-evaluate how we go about protecting data (both in and out of the cloud).

When we talk about securing data, it is important to understand the meaning behind both of these expressions. Additionally, when outlining a data protection strategy within a security program, you want to account for both the control’s perspective as well as the ability to support the business in their ability to execute.

A Real World Example

A few weeks ago, I was working on a project where we had conflicting principles among engineering teams that were struggling to secure data properly, while simultaneously allowing the data science team to work with the data inside their development environment. From a security perspective the answer was clear cut, however implementing it without impacting the data science team muddled the implementation. 

In our modern cloud-heavy world, where environments can be brought to life in a few minutes, security teams need to shift from just focusing on implementing controls to also providing guardrails for others within their organization to innovate. This can be accomplished by aligning the requirements from privacy, security, and business teams. 

Getting to a place of agreement among the teams often requires an analysis of the controls that are needed to address the business use cases and an understanding of how to manage your security program in order for your organization to extract the value that it hopes to find among the data. Let’s take a look at a few of these controls and see how they are implemented effectively within existing traditional infrastructure and cloud infrastructure. 

Flexible Controls for Business Agility

One of the most important objectives of any security program is to keep developers, builders and engineers out of production environments while development is underway. What critical steps do you need to take in order to accomplish this? You must find the balance between security and usability.

The intent of any control, in this case, is to prohibit development changes that can impact production, while providing just enough access to the data to enable a develop to complete their tasks. So how do we accomplish that? The answer lies in maintaining production controls in a lower environment that leverages “dummy” data for the purpose of testing and verification. 

On paper, many times we talk about production being a single environment, but in practice we often have a plethora of environments from development to production and everything in between. However, not all (production) environments are created equal. One might require a specific data set with more rigorous controls, while another doesn’t retain sensitive data so a different set of controls are applied. 

If we take the time to thoroughly understand and map out the controls, we’re able to create an environment that still meets data confidentiality and privacy considerations. The controls for data security and data science should allow engineers to be able to perform their modeling and work in a safe, but secure, environment. However, because this is a simulated production environment, capabilities like availability, regular back ups, and tiered storage aren’t required. This reduces the operational overhead without impacting the business or compromising on security.

Summary

In many organizations creating environments like this can be quite difficult, complex, and expensive. The requirements are too vague and in many cases, the binary understanding of production vs simulated production requires the engineering organizations to write a lot of exceptions to the control standards. In the end, this creates more busywork and red tape, which prevents the business from realizing the value of their data.

author image
About the author
James is a seasoned professional with nearly 20 years of experience in security engineering, architecture and strategy. He develops and delivers a comprehensive suite of strategic services and solutions that help executives change their security strategies through innovation.
James is a seasoned professional with nearly 20 years of experience in security engineering, architecture and strategy. He develops and delivers a comprehensive suite of strategic services and solutions that help executives change their security strategies through innovation.