ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら Support Portal
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 11: Empowering People for a Secure Future

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ブログ Full Skope Why Geopolitics is Every Business Leader’s Job
Sep 13 2022

Why Geopolitics is Every Business Leader’s Job

If 2022 is teaching us anything, it’s that no organisation is an island.  A better analogy, if I can be a little poetic, is perhaps that we are ships, buffeted by winds, riding rising and receding tides and trying to chart a course to calmer waters. We can build strong ships, but the ocean is out of our control. This lesson has been served to us in the form of global disruption on a scale that is so far out of our control that it can leave us feeling powerless. This year we are still dealing with the impact of a global pandemic on working patterns, navigating huge trade disruption, and grappling with the impact of war and civil disruption. It’s a lot to consider. 

So much, in fact, that in August Gartner was compelled to discuss the matter, providing insight into the scale of the challenge, with recommendations for management. 

A survey by Gartner in 2021 found that 41% of Boards of Directors view geopolitical power shifts and turbulence as one of the biggest risks to performance, and it predicts that by 2026, 70% of multinational enterprises will adjust the countries in which they operate by hedging to reduce their geopolitical exposure.

“Digital geopolitics is now one of the most disruptive trends that CIOs must address, with many now dealing with trade disputes, legislation coming from one country that impacts global operations, and government imposed restrictions on the acquisition and use of digital technology,” said Brian Prentice, VP analyst and Gartner Fellow. “They need to get acquainted with this new reality and prepare for its impact.”

So what does this mean for IT and security professionals? Well, in short, we are going to need to be agile and flexible to support the business in these changing times. It is a time for clear and strategic visions, and architectural transformation to build infrastructure that is specifically designed to enable change. 

This can seem scary, maybe even impossible. When the risk landscape grows and evolves, a natural reaction is to impose rules and regulations in an effort to reduce exposure. But if we apply too many restrictions, we fail to provide space and opportunity for growth and our organisations will fail to compete and adapt in the way they need to.  

Instead of a defensive and limiting approach, we need to create room for innovation and productivity, and that requires a different approach to security.   

This is something that we have talked about before. Our global CIO Mike Anderson posted recently with his thoughts on better ways to enable “business IT” (not “shadow IT”), and my fellow EMEA colleague, CIO Ilona Simpson has also posted, explaining why security is the first step to enabling growth and innovation.

These are useful insights, and I would add to them a call for all teams to get much more forensic in their interrogation of geo-footprints or physical real estate in the age of cloud. Because a cloud in a diagram still exists somewhere in reality. And if Gartner’s prediction is true, 70% of organisations will need us to have a really clear idea of the countries our data visits—you cannot control what you do not know. 

I am heartened to hear more and more CISOs asking questions pertaining to data residency. It’s something that started when the GDPR first came into force, and has gathered momentum as nation states around the world have introduced new data protection legislation. But while leaders know to specify in contracts that data needs to be stored in particular jurisdictions, I have seen multiple cases where the routing of data is not specified. I have personally supported EU organisations in identifying cloud vendors who are complying with contractual obligations to store data in EU data centres, however on inspection, the traffic is routed via the US, across the Atlantic. With news that under-sea cables are increasingly being targeted as an attack surface by malicious actors, it’s perhaps time we started to further interrogate data flows. 

Our Chief Strategy Office team of experienced CIOs and CISOs is always available to our customers and other organisations who are considering working with us. We help organisations understand and respond to geopolitical events. In particular we are regularly invited to help capture and communicate risk and mitigation plans to board members and other stakeholders.  Have you revised your strategy to respond to geopolitical events lately?

author image
About the author
Neil Thacker is a veteran information security professional and a data protection and privacy expert well-versed in the European Union General Data Protection Regulation (EU GDPR).
Neil Thacker is a veteran information security professional and a data protection and privacy expert well-versed in the European Union General Data Protection Regulation (EU GDPR).