ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Understanding and Defining Practical Security Operations Metrics

Mar 24 2022

In the business of security, linking performance metrics to strategy has become an accepted best practice. If strategy is the blueprint for building a security operations center (SOC), metrics are the raw materials. But there is a catch: a security organization can easily lose sight of its strategy and instead focus strictly on the metrics that are meant to represent it. 

A recent SANS survey showed that 77% of security operations centers indicated that they provide metrics to gauge status and effectiveness of SOC capabilities. That represents a 50% increase in SOC metrics programs over the past five years. However, 33% of survey respondents indicated dissatisfaction with their metrics.

Why are some metrics good and others not so good? All metrics are inherently imperfect at some level. In security, as in business, the intent behind your metrics is usually to capture some underlying intangible goal—and they almost always fail to do this as well as you hoped. Performance management systems are full of metrics that are flawed proxies for what you care about. Clearly, this soon becomes a problem as a result of the many ways to boost scores while actually displeasing your stakeholders. Tying financial incentives to a metric is usually a mistake: often it only increases the focus on the numbers. 

Though it’s easy to fall into these metrics traps, security organizations can take steps to avoid them. For instance, involving the people who’ll implement a strategy in its formulation means they’ll be more likely to grasp it and less likely to replace it with a metric. Using multiple yardsticks is also a helpful approach, in that it highlights the fact that no single metric captures the strategy.

Effective metrics programs leverage data that you already have access to. The mechanics of measurement are the easy part. You should also require appropriately placed expectations that are tied to security strategy. This is the hard part. There should be a quality control mechanism to guard against time-based mental anchors of Green/Yellow/Red. Metrics shouldn’t always be service-level objectives (SLOs).

Let’s take a closer look at how to effectively measure and report metrics for a typical SOC.

Data feed health

As you monitor your data, assets, and users with instrumentation, you first need to know how well they are working. The first measure to take is which monitoring points are down. However, just because it’s up doesn’t mean all is well. There could be delays in receipt, drops, or other temporary or permanent anomalies. Measure them and review them regularly.

Coverage

For your coverage measurements, tracking the absolute number and percentage of coverage per compute environment/enclave/domain is a worthwhile place to start. As you get more granular with insights into network, OS, applications, additional insights arise that show you what may be working/not working in your approach. Tracking your alert and detection coverage to the ATT&CK Framework is an ideal way to inform holistic viewpoints as to whether your current approach will guard against the various tactics leveraged by threat actors to attack you. 

Coverage is always a moving target. There will always be more stones to turn over. There is always another environment to cover or a customer to serve. Don’t shoot for 100% because there is no spike-the-football moment with coverage. Instead, focus on the percentage of systems “managed”—this means assets are inventoried, tied to a user and/or business unit, configurations are checked, and risk is assessed. In doing so, your SOC knows what they are monitoring and can more clearly identify the rogue entities in the environment.

Scanning & sweeping

At the basic level, you are probably scanning on-premise & cloud assets for vulnerabilities. You should measure the number and percentage of known bugs, as well as the amount of time it took to compile vulnerability and risk status during your last critical headline CVE fire drill. As you progress, start to measure the time it takes to sweep and compile results for a given vulnerability or indicator of compromise (IOC), and across workstations versus servers. Break it down further to insights specific to a given domain or identity plane. Then zero in on everything internet-facing.

You should eventually have an accurate number and percentage of assets you can’t/don’t cover and be able to answer the questions, “How fruitful is our scanning?” and “How effective is our patching?”

Analytics & analyst performance

Next, you need insights into how well the instrumentation is working for us—or better yet, how well are you using it? It is appropriate here to tie our efforts to MITRE ATT&CK. Be thorough in your coverage, documentation, and standards of output. All the triage effort in the world is useless if something is missed, or worse—found but not communicated completely and accurately.

Later, you can work in regular reviews of analysis results to determine the accuracy of analysis based on who analyzed what when, and across what classes of assets. Be careful about objectivity here too, and bake in checks and balances against gamesmanship. Eventually, you should be able to answer the questions, “How fruitful are each author’s detections?” and “How well are you supporting your customers?”

Incident handling

The next category of metrics includes analyst performance and incident handling measures and are typically time-based. To reiterate my earlier word of caution about time-based metrics: these analytics should have a quality control mechanism baked in to ensure the work is being done well and the metrics are not being gamed. Investments in automation can be proven out here as well by illustrating the efficiencies and consistencies gained.

Mean dwell time for the adversary is king. As defenders, we want to shrink this. The building blocks to that cornerstone metric are mean times to triage, escalate, identify, contain, eradicate, and recover. Build insights into your top sources of confirmed incidents. Compare this with sources that generate the most false positives (and thus, alert fatigue). These efforts should open up discussions around whether incorrect or ambiguous conclusions are being made, and whether those errors are correlated with bad data or processes.

Top risk areas & hygiene

Finally, pick the top risk items from your own incident avoidability metrics and public intel reporting to focus on each year, semester, or quarter. What can you tell system administrators about your scanning and patching effort results? What code signing enforcement risks and mitigations would you like to convey to developers? Socialize these results with internal stakeholders, but make it digestible and don’t overdo it. They already have a vested interest in the work you are doing in security. It is up to you to open their hearts and minds to it.

Conclusion

While metrics programs are growing in security organizations, it is important to ensure those metrics are built and used effectively. Because strategy is abstract, employees often mentally replace it with the hard metrics meant to assess whether the organization is succeeding. Security strategy should not be hijacked by numbers. Instead, security metrics should help screen, diagnose, and assess performance against security strategy.

author image
Jason Barnes
Jason Barnes is Senior Manager of Security Operations and manages the global Netskope Security Operations Center.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog