ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
プレスリリース

NetskopeとPonemon Instituteのレポート:ITは、クラウドサービスの使用が増えると、2,000万ドルのデータ侵害の可能性が3倍になると推定しています

カリフォルニア州ロスアルトス。 – 2014年6月4日Netskopeは本日、 クラウドデータセキュリティ 侵害の財務コストを見積もる最初の調査を発表しました。 「データ侵害:クラウド乗数効果」と題されたこの調査は、 Ponemon Institute によって実施され、613人のITおよびセキュリティ専門家を調査しました。 この結果は、ITとセキュリティの専門家は、クラウドサービスが企業に浸透するにつれて、データ侵害の可能性と経済的影響が倍増することを期待していることを証明しています。 また、クラウドサービスを保護するための使用範囲と責任は、ITの間でほとんど知られていないことも明らかになりました。

このレポートは、Ponemon Instituteの2014年5月のデータ 侵害のコスト 調査に基づいており、紛失または盗難された顧客記録ごとに201.18ドルのコストが確立されています。 100,000以上の顧客レコードを含むデータ侵害の場合、コストは2,000万ドル強になります。 調査の回答者は、その規模のデータ侵害の現在の確率を推定し、クラウドサービスの使用を増やすことでその確率がどのように変化するかを推定するように求められました。 レポートによると、これによりデータ侵害の可能性が最大3倍になります。

「レコードが失われるたびに201ドルの値札が付いているため、わずか10万件のレコードのデータ侵害のコストは2,000万ドルです。 クラウドの使用を増やしたという理由だけで、そのデータ侵害の可能性が3倍になると想像してみてください。 それが企業のIT担当者が把握し始めていることであり、彼らはそれに対応するためにセキュリティプログラムを調整する必要性を認識し始めています」とNetskopeのCEO兼創設者であるSanjay Beriは述べています。 「レポートによると、現在利用可能なエンタープライズ対応アプリはたくさんありますが、リスクの高いアプリによる不確実性がITおよびセキュリティの専門家のショーを盗んでいます。 このストーリーを書き直すには、これらのアプリがどのように使用されているかについてのコンテキスト知識と、リスクを軽減する効果的な方法が必要です。」

「私たちは何年もの間、データ侵害のコストを追跡してきましたが、特にクラウドから生じる可能性のある潜在的なリスクと経済的影響を調べる機会がありませんでした」と、Ponemon Instituteの会長兼創設者であるLarry Ponemon博士は述べています。 「クラウドアプリの使用に関して、認識されているリスクと経済的影響が非常に高いことは魅力的です。 課題がよりオープンに議論され、Netskopeのような クラウドアクセスセキュリティブローカー ソリューションが企業に知られるようになるにつれて、これらの認識が時間の経過とともにどのように変化するかを見るのに興味があります。」

クラウドへの信頼の欠如により、データ侵害の期待が高まります

全体的に、回答者は、クラウドサービスの使用が増えると、価値の高いIPデータと顧客データの安全性が低下すると考えています。 回答者は、ネットワーク内に未知のクラウドサービスがあることを認識しながら、企業内のセキュリティプログラムの実装と監視にデューデリジェンスが不足しており、クラウドサービスプロバイダーのセキュリティ慣行について不確実性があると考えています。 これはすべて、今日のIT環境でデータ侵害の可能性が高まっているという一般的な認識につながります。

  • 回答者は、クラウドサービスの使用が1%増加するごとに、データ侵害の可能性が3%高くなると推定しています。 つまり、100のクラウドサービスを使用している組織は、データ侵害の可能性を75%高めるために、さらに25を追加するだけで済みます。
  • 回答者の 3 分の 2 以上 (69%) は、クラウドに保存するには機密性が高すぎる情報の評価に組織が積極的ではないと考えています。
  • 回答者の62%は、組織で使用されているクラウドサービスは、展開前にセキュリティについて十分に精査されていないと考えています。
  • 回答者のほぼ4分の3(72%)は、知的財産やビジネスの機密情報の紛失や盗難を伴うデータ侵害が発生した場合、クラウドサービスプロバイダーがすぐに通知しないと考えており、71%は、顧客データの紛失や盗難を伴う侵害の後、すぐに通知を受け取らないと考えています。
  • 回答者は、組織が使用するすべてのソフトウェアアプリケーションの45%がクラウドにあると考えていますが、これらのアプリケーションのちょうど半分(22.5%)はIT部門からは見えません。
  • 回答者は、ビジネスクリティカルなアプリケーションの36%がクラウドに基づいていると推定していますが、IT部門はそれらのほぼ半分を可視化していません。

方法論

Ponemon Instituteは、自社のクラウドサービスの使用に精通している米国の613人のITおよびセキュリティ担当者を調査しました。 Webベースの調査は2014年3月に実施されました。 レポート全文は、Netskopeのウェブサイトをご覧ください。 https://www.netskope.com/reports-infographics/ponemon-2014-data-breach-cloud-multiplier-effect/

ポネモン研究所について
Ponemon Instituteは、世界中の企業や政府内で情報セキュリティ、データ保護、プライバシー、責任ある情報管理の実践を推進する独立した研究と教育を行っています。私たちの使命は、情報資産とITインフラストラクチャの保護に影響を与える重要な問題について、高品質で実証的な研究を行うことです。 米国調査研究機関評議会(CASRO)のメンバーとして、私たちは厳格なデータの機密性、プライバシー、倫理的研究基準を支持しています。www.ponemon.org

Netskopeについて

Netskope™は、 クラウドアプリ分析ポリシー適用のリーダーです。 Netskopeだけが、完全な可視性を提供し、高度なポリシーを適用し、クラウドアプリのデータを保護することにより、俊敏性と安全性およびコンプライアンスの間のキャッチ22を排除します。 Netskope Active Platform は、詳細な分析を実行し、意思決定者が数回クリックするだけでポリシーを作成して、機密データの損失を防ぎ、ITがアプリを管理しているかどうかに関係なく、クラウドアプリの使用をリアルタイムかつ大規模に最適化できるようにします。 Netskopeを使用すると、人々はお気に入りのクラウドアプリを入手でき、ビジネスは自信を持って迅速に行動できます。

Netskopeはカリフォルニア州ロスアルトスに本社を置いています。 www.netskope.com にアクセスし、ツイッター@Netskopeでフォローしてください。