Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
プレスリリース
ロスアルトス、カリフォルニア州
Feb. 22, 2018

Netskpeのレポートは、GDPRに抵触しているにも関わらずよく使われている人事、マーケティング、コラボレーションアプリケーションなどを明らかにします。

More Than Ninety Percent of Organizational Cloud Services Not Enterprise-Ready

Netskope, the leader in cloud security, today announced the release of the February 2018 Netskope Cloud Report™ on enterprise cloud service usage and trends. A key finding of the report was that the HR and marketing categories had the highest number of services per organization, with an average of 139 services and 121 services, respectively. The report also saw growth in the number of cloud services used in the enterprise compared to last quarter, with enterprises deploying an average of 1,181 cloud services. Of the services used, fewer than 8 percent were classified as enterprise-ready.

HR and Marketing Lead the Pack, But Often Under IT’s Radar

Because many HR and marketing apps are often user-led (meaning the organization has little, if any visibility or control over the app) and contain sensitive, personally-identifiable information, when creating policies and access controls to secure data security teams should prioritize HR and collaboration apps. Many of the top HR apps in use, like SuccessFactors and Workday, contain personal data, necessitating DLP (Data Loss Prevention) and access controls to ensure usage of that data remains in compliance. Furthermore, many marketing apps qualify as shadow IT, or unsanctioned apps, containing customer or prospect data that is covered by regulations such as GDPR.

Banking and cryptocurrency-related malware are top-of-mind, but not most common

This quarter, the Netskope Threat Research Labs found that generic types of malware, such as Flash exploits and worms, made up the highest percentage of detections —  41.6 percent —  followed by backdoors, which accounted for 33.6 percent. Cryptocurrency-related malware continues to trend with banking-related malware, appearing on Netkope’s list of commonly detected malware classes with greater prevalence.

Additional malware variants included Microsoft Office macros (8.6 percent), PDF exploits (3.2 percent), ransomware (3.1 percent), Mac malware (2.3 percent), JavaScript malware (1.5 percent), mobile malware (1.1 percent), PowerShell (0.5 percent) and cryptocurrency-related malware (0.4 percent).

“Cloud services have made business units like human resources and marketing more agile and productive, but at the same time the data in those cloud services needs to be safe from loss,” said Sanjay Beri, CEO and founder of Netskope. “With less than a quarter to go until the GDPR becomes reality, businesses must ensure compliant usage of cloud services. This means introducing contextual, activity-level policies, as well as deterring all employees from non-compliant actions such as uploading sensitive data to unsanctioned, user-led cloud services.”

Average Cloud Services Per Enterprise by Category

This quarter, the average number of cloud services per enterprise increased by 1.6 percent to 1,181 cloud services, compared to 1,022 last quarter. The vast majority, 92.7 percent of these services, are not enterprise-ready (NER), earning a rating of “medium” or below in the Netskope Cloud Confidence IndexTM (CCI). Non-enterprise ready services can become enterprise-ready through the assistance of fine-grained control via a cloud access security broker (CASB).

HR and marketing services are the most highly used in organizations in terms of average number, followed by collaboration services.

 

Service CategoryAverage Number of Cloud Services% NER
HR13995%
Marketing12197%
Collaboration9581%
Finance/Accounting6394%
CRM6294%
ソーシャル2489%
Cloud Storage2466%
IT Service/Application Management2297%

Resources:

  • ダウンロードはこちら the Netskope Cloud Report for more detailed analysis and to see the full list of the most widely used cloud services by enterprises.
  • 詳しくはこちら about how to gain visibility into enterprise cloud services and how to ensure they are secure and compliant.
  • Visit the Netskope Hub for the latest commentary and insight on trends from the Netskope team.

About the Netskope Cloud Report

Based on aggregated, anonymized data from the Netskope対応プラットフォーム, which provides advanced discovery, granular visibility, and control, and data loss prevention for any cloud service, the report’s findings are based on millions of users in hundreds of accounts globally in the Netskope Active Platform from October 1 through December 31, 2017.

ネットスコープについて

Netskopeは cloud security. Using patented technology, Netskope’s cloud-scale security platform provides context-aware governance of all cloud usage in the enterprise in real time, whether accessed from the corporate network, remote, or from a mobile device. This means that security professionals can understand risky activities, protect sensitive data, stop online threats, and respond to incidents in a way that fits how people work today. With granular security policies, the most advanced cloud DLP, and unmatched breadth of workflows, Netskope is trusted by the largest companies in the world. Netskope — security evolved. To learn more, visit our website.