2023年 SASE Week の登録開始:ゲストリストに登録

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Borderless SD-WAN:ボーダレスエンタープライズの新時代を先導

Netskope Borderless SD-WANは、ゼロトラストの原則と保証されたアプリケーションパフォーマンスを統合するアーキテクチャを提供し、すべてのサイト、クラウド、リモートユーザー、およびIoTデバイスに前例のない安全で高性能な接続を提供します。

記事を読む
Borderless SD-WAN
  • NewEdge

    NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスを誇るセキュリティプライベートクラウドです。

  • クラウドセキュリティプラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドにおける可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護

  • 技術パートナーと統合

    Netskopeは、エンタープライズテクノロジーの最強の企業と提携しています。

セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
明日のネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日のネットワーク
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

業界別ソリューションについて学ぶ
崖沿いの風力タービン
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Leveling Up the SASE Conversation
Robert Arandjelovic and Gerry Plaza sit down to chat with Max Havey about how embracing a SASE journey can help bring networking and security teams closer together.

ポッドキャストを再生する
Leveling Up the SASE Conversation
最新のブログ

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を通じてゼロトラストとSASEの旅を可能にする方法。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023: Your SASE journey starts now!

9月26日から28日までの第4回年次 SASE Weekにご参加ください。

登録
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeコミュニティは、あなたとあなたのチームが製品とプラクティスからより多くの価値を引き出すのに役立ちます。

Netskopeコミュニティに移動
Netskope コミュニティ
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • Netskopeが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ

導入オプション

ライトブループラス
Netskope Security Cloudは、あらゆるデプロイメント方法をサポートしています。マネージドアプリ用のAPIコネクタからリアルタイム保護を実現するインラインオプションまで、さまざまなものをご用意しています。
倉庫のトラック

Netskope
Security Cloud

優れた可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現します。

Netskope Intelligent SSEは、場所やデバイスを問わず、クラウドサービスやウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際に、比類ない可視性を持ってリアルタイムデータの保護と脅威防御を提供します。

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope Security Cloudプラットフォームダイアグラム

1つの導入方法を選択する、もしくは複数を組み合わせる

ユースケースの対象範囲が拡張されているため、ほとんどのお客様は、APIでの導入とフォワードまたはリバースプロキシと組み合わせることを選択します。プロキシベースの展開によって有効になるリアルタイム保護に加えて、マネージド(認可)クラウドアプリでの保存データの保護が可能になります。

グリーンプラス

導入オプション

API

APIコネクタを使用して、Netskope Security CloudをOffice 365、Box、Salesforce、Google G Suite、AWSなどの認可クラウドアプリに接続します。

API連携による導入は、マネージドクラウドアプリ内の保存データの制御を提供し、IaaSの継続的セキュリティ評価(CSA)にも必要です。

  • ITチームが管理するクラウドアプリで保存データを保護
  • パブリック公開設定の解除や特定のコンテンツの共有を内部に制限するなどのポリシーアクションを有効にします
  • アウトオブバンド配置
  • 多くののAPIコネクタをサポート

Netskopeクライアント

Netskopeクライアントは、会社、家やカフェ、どこからでもクラウドとWebにアクセスする管理対象デバイスのリアルタイムの可視性と制御を提供します。Netskopeクライアントではデータの処理は全く行われず、管理対象デバイスからNetskope Security CloudにクラウドとWebトラフィックを誘導することのみをします。そのためフットプリントが小さく、デバイスのCPUリソースの使用を最小限に抑えます。すべてのプロキシおよびセキュリティ機能は、クライアントではなくクラウドで実行されます。

  • 管理対象デバイスに導入すると、デバイスとユーザーがどこに行っても保護される
  • すべてのクラウドおよびWebトラフィック用の、統合された単一のクライアント
  • プロキシおよびセキュリティ機能は、クライアントではなくクラウドで実行
  • 軽量のフットプリントと最小限のCPUリソース

フォワードプロキシ

Netskopeは、エンドポイントにフットプリントを必要としないフォワードプロキシ構成を提供します。Netskope Secure Forwarderは、オンプレミスで仮想マシンとして展開し、ローカルクラウドとWebトラフィックをNetskope Security Cloudに渡す(ステアリング)ことができます。Netskopeは、既存のプロキシとプロキシチェーンとして統合することもできます。

  • クラウドトラフィックをNetskope Security Cloudに誘導するためにオンプレミスに展開されたNetskope Secure Forwarder
  • 既存のプロキシを使用してプロキシチェーンとして展開することもできる
  • オンプレミスユーザーのみを対象とする

リバースプロキシ

Netskopeは、ブラウザーベースのクラウドトラフィックを認可クラウドアプリからNetskope Security Cloudに誘導するリバースプロキシ導入モードを提供します。この導入オプションは、非管理対象デバイス(例えばNetskopeクライアントを導入できないかつ社外にあるPCなど、管理クラウドに対してトンネルを張って通信することができないデバイス)をカバーするために必要です。

  • 管理されたクラウドアプリにアクセスする管理対象デバイスと非管理対象デバイス両方のリアルタイムの可視性と制御
  • 認可クラウドアプリにアクセスする必要があり、Netskopeクライアントを導入できない社外の非管理対象デバイスなどをカバーする唯一の導入方法
  • ブラウザでのトラフィックのみ。ネイティブアプリまたは同期クライアントは対象外

GRE / IPSEC

GRE / IPSEC導入オプションは、ローカルクラウドとWebトラフィックをルーターからNetskope Security Cloudに誘導します。

  • GREトンネリングプロトコルを使用して、オンプレミスのクラウドとWebトラフィックをNetskope Security Cloudに誘導する
  • IPSECをGREの代替として使用して、オンプレミスのクラウドとWebトラフィックをNetskope Security Cloudに誘導することができる

ログの解析

Netskope、ファイアウォールやプロキシなどの境界デバイスからのログトラフィックを解析するように構成できます。 これにより、クラウド サービスの帯域外検出が提供されます。 ログを Netskope Security Cloud に直接アップロードすることも、オンプレミスのログ パーサーをデプロイしてログ データを Netskope Security Cloudに継続的に送信することもできます。

  • ログ分析を実行し、クラウドの使用状況の詳細を抽出する
  • Netskope UIを使用してログをアップロードする
  • オンプレミスのログパーサーをデプロイして、ログを境界デバイスからNetskope Security Cloudに継続的に送信する
  • 数十の既製のログ形式をサポートに加えて、カスタムログパーサーを構築するためのセルフサービスツール

APIコネクタを使用して、Netskope Security CloudをOffice 365、Box、Salesforce、Google G Suite、AWSなどの認可クラウドアプリに接続します。

API連携による導入は、マネージドクラウドアプリ内の保存データの制御を提供し、IaaSの継続的セキュリティ評価(CSA)にも必要です。

  • ITチームが管理するクラウドアプリで保存データを保護
  • パブリック公開設定の解除や特定のコンテンツの共有を内部に制限するなどのポリシーアクションを有効にします
  • アウトオブバンド配置
  • 多くののAPIコネクタをサポート

Netskopeクライアントは、会社、家やカフェ、どこからでもクラウドとWebにアクセスする管理対象デバイスのリアルタイムの可視性と制御を提供します。Netskopeクライアントではデータの処理は全く行われず、管理対象デバイスからNetskope Security CloudにクラウドとWebトラフィックを誘導することのみをします。そのためフットプリントが小さく、デバイスのCPUリソースの使用を最小限に抑えます。すべてのプロキシおよびセキュリティ機能は、クライアントではなくクラウドで実行されます。

  • 管理対象デバイスに導入すると、デバイスとユーザーがどこに行っても保護される
  • すべてのクラウドおよびWebトラフィック用の、統合された単一のクライアント
  • プロキシおよびセキュリティ機能は、クライアントではなくクラウドで実行
  • 軽量のフットプリントと最小限のCPUリソース

Netskopeは、エンドポイントにフットプリントを必要としないフォワードプロキシ構成を提供します。Netskope Secure Forwarderは、オンプレミスで仮想マシンとして展開し、ローカルクラウドとWebトラフィックをNetskope Security Cloudに渡す(ステアリング)ことができます。Netskopeは、既存のプロキシとプロキシチェーンとして統合することもできます。

  • クラウドトラフィックをNetskope Security Cloudに誘導するためにオンプレミスに展開されたNetskope Secure Forwarder
  • 既存のプロキシを使用してプロキシチェーンとして展開することもできる
  • オンプレミスユーザーのみを対象とする

Netskopeは、ブラウザーベースのクラウドトラフィックを認可クラウドアプリからNetskope Security Cloudに誘導するリバースプロキシ導入モードを提供します。この導入オプションは、非管理対象デバイス(例えばNetskopeクライアントを導入できないかつ社外にあるPCなど、管理クラウドに対してトンネルを張って通信することができないデバイス)をカバーするために必要です。

  • 管理されたクラウドアプリにアクセスする管理対象デバイスと非管理対象デバイス両方のリアルタイムの可視性と制御
  • 認可クラウドアプリにアクセスする必要があり、Netskopeクライアントを導入できない社外の非管理対象デバイスなどをカバーする唯一の導入方法
  • ブラウザでのトラフィックのみ。ネイティブアプリまたは同期クライアントは対象外

GRE / IPSEC導入オプションは、ローカルクラウドとWebトラフィックをルーターからNetskope Security Cloudに誘導します。

  • GREトンネリングプロトコルを使用して、オンプレミスのクラウドとWebトラフィックをNetskope Security Cloudに誘導する
  • IPSECをGREの代替として使用して、オンプレミスのクラウドとWebトラフィックをNetskope Security Cloudに誘導することができる

Netskope、ファイアウォールやプロキシなどの境界デバイスからのログトラフィックを解析するように構成できます。 これにより、クラウド サービスの帯域外検出が提供されます。 ログを Netskope Security Cloud に直接アップロードすることも、オンプレミスのログ パーサーをデプロイしてログ データを Netskope Security Cloudに継続的に送信することもできます。

  • ログ分析を実行し、クラウドの使用状況の詳細を抽出する
  • Netskope UIを使用してログをアップロードする
  • オンプレミスのログパーサーをデプロイして、ログを境界デバイスからNetskope Security Cloudに継続的に送信する
  • 数十の既製のログ形式をサポートに加えて、カスタムログパーサーを構築するためのセルフサービスツール
ライトブループラス

大手企業での
採用

Netskope SSEソリューションは、仕事の未来を可能にし、リスク管理とデータ保護を再定義し、運用を簡素化します。
お客様事例
01  01
引用
「Netskope を使用すると、すべてのクラウド アプリに対して 1 つのコントロール ポイントを取得できます。 これは時間とトレーニングの観点からすると、私たちにとって非常に大きなことです。」
Sajawal Haider
CISO
Oak Hill Advisors
プラス記号の画像
リソース
グリーンプラス
ビジネスの成長とイノベーションを可能にする統合セキュリティアーキテクチャを構築するための関連リソースはこちらです。
ブルーのプラス記号
電子書籍
セキュリティをクラウドに移行する際によくある5つの間違い
ブルーのプラス記号
電子書籍
スマートクラウドセキュリティの20の事例
ブルーのプラス記号
ケーススタディー
Netskopeで記録的な速さでグローバルクラウドセキュリティを実現

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化