Netskope 製品Deployment options

導入オプション

Netskopeセキュリティクラウドは、あらゆるデプロイメント方法をサポートしています。マネージドアプリ用のAPIコネクタからリアルタイム保護を実現するインラインオプションまで、さまざまなものがあります。

1つの導入方法を選択するか、複数を組み合わせる

ユースケースの対象範囲が拡張されているため、ほとんどのお客様は、APIでの導入とフォワードおよび/またはリバースプロキシと組み合わせることを選択します。プロキシベースの展開によって有効になるリアルタイム保護に加えて、マネージド(認可)クラウドアプリでの保存データの保護が可能になります。

Netskope
セキュリティクラウド

プラットフォームを見る→

比類のない可視性。リアルタイムのデータと脅威からの保護。

Netskopeセキュリティクラウドは、あらゆる場所のあらゆるデバイスからクラウドサービス、ウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際でも、比類なき可視性とリアルタイムデータ、脅威防御を提供します。Netskopeだけがクラウドを理解し、セキュリティチームがデジタルトランスフォーメーションをする際にセキュリティを確保するために必要な保護と速度を、適切なバランスで実現する「データ中心(Data Centric)」のアプローチを採用しています。

Deployment options

API

APIコネクタを使用して、Netskope Security CloudをOffice 365、Box、Salesforce、Google G Suite、AWSなどの認可クラウドアプリに接続します。API連携による導入は、管理されたクラウドアプリ内のコンテンツ・ユーザーなどの可視性と保存データの制御を提供し、IaaSの継続的セキュリティ評価(CSA)にも必要です。

詳しく見る

Netskopeクライアント

Netskopeクライアントは、会社、家やカフェ、どこからでもクラウドとWebにアクセスする管理対象デバイスのリアルタイムの可視性と制御を提供します。Netskopeクライアントではデータの処理は全く行われず、管理対象デバイスからNetskope Security CloudにクラウドとWebトラフィックを誘導することのみをします。そのためフットプリントが小さく、デバイスのCPUリソースの使用を最小限に抑えます。すべてのプロキシおよびセキュリティ機能は、クライアントではなくクラウドで実行されます。

詳しく見る

フォワードプロキシ

Netskopeは、エンドポイントにフットプリントを必要としないフォワードプロキシ構成を提供します。Netskope Secure Forwarderは、オンプレミスで仮想マシンとして展開し、ローカルクラウドとWebトラフィックをNetskope Security Cloudに渡す(ステアリング)ことができます。Netskopeは、既存のプロキシとプロキシチェーンとして統合することもできます。

詳しく見る

リバースプロキシ

Netskopeは、ブラウザーベースのクラウドトラフィックを認可クラウドアプリからNetskope Security Cloudに誘導するリバースプロキシ導入モードを提供します。この導入オプションは、非管理対象デバイス(例えばNetskopeクライアントを導入できないかつ社外にあるPCなど、管理クラウドに対してトンネルを張って通信することができないデバイス)をカバーするために必要です。

詳しく見る

GRE / IPSEC

GRE / IPSEC導入オプションは、ローカルクラウドとWebトラフィックをルーターからNetskope Security Cloudに誘導します。

詳しく見る

ログの解析

Netskopeは、境界デバイス(ファイアウォールなど)からのトラフィックログを解析するように構成できます。これにより、使用されているクラウドサービスの検出が可能です。ログを直接Netskope Security Cloudにアップロードするか、オンプレミスログパーサー(OPLP)をオンプレミスにデプロイして、ログデータをNetskope Security Cloudに継続的に送信できます。

詳しく見る

Netskopeを使用すると、すべてのクラウドアプリに対して1つの制御ポイントを得ることになります。時間と属人性の観点から見ると、それは私たちにとって非常に大きなことです。

—Sajawal Haider 、CISO、Oak Hill Advisors

大企業での採用

リソース

デモをリクエスト

ライブデモを見るには、Netskopeの担当者に連絡してください。