ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ソリューション Secure Access Service Edge (SASE)

Secure Access Service Edge (SASE)

オレンジのプラス記号
Netskope SASEは、Netskopeの市場をリードする インテリジェントSSE と次世代 ボーダレスWAN を組み合わせ、クラウドネイティブでフルコンバージョンのシングルベンダーのSASEソリューションを提供します。
プラス記号の画像
Netskope SASEについて
オレンジのプラス記号

Netskope SASEはネットワーキング
    ・セキュリティトランスフォーメーションを加速させます

データがどこに移動しようとも保護し、デジタルトランスフォーメーションの取り組みをサポートし、テクノロジーからのより良い効率化とROIを実現するために、SASEを急速に導入する組織が増えています。NetskopeのコンバージョンSASEプラットフォームは、AIによるゼロトラストセキュリティと、IoTを含むあらゆるネットワークロケーションやデバイスへのシンプルで最適化されたコネクティビティを提供します。

オレンジのプラス記号

セキュアアクセスサービスエッジ (SASE) とは

SASEとは、2019年にGartnerによって作られたもので、急速にランクを上げ、これまでの10年間で、トップレベルの志の高いセキュリティ概念の1つになっています。多くのユーザーやアプリケーションがもはや企業ネットワーク上に存在せず、動作していないことを考えると、アクセスやセキュリティ対策は、企業のデータセンターにある従来のハードウェアアプライアンスに依存することはできません。

 

SASEは、必要なネットワークとセキュリティ機能をクラウドベースのサービスの形で提供することを約束しています。SASEネットワークモデルを適切に運用することで、境界線ベースのアプライアンスや従来のソリューションが不要になります。ユーザーは、セキュリティのためにアプライアンスにトラフィックを配信する代わりに、SASEクラウドサービスに接続し、セキュリティポリシーを一貫して適用しながら、ウェブサービス、アプリケーション、データに安全にアクセスして使用することができます。

今日、IT、セキュリティ、ネットワーキングの各分野のリーダーや世界的に有名なアナリスト企業は、データやデバイスの爆発的な増加に加え、人々が接続、通信、コラボレーションする方法が多様化しているため、ネットワーキングとセキュリティの両方の変革が企業や政府にとって極めて重要な課題であることに同意しています。Netskopeは、この変革の中で、フルコンバージョンSASEプラットフォームでお客様を支援する独自の地位を確立しています。

—Sanjay Beri, Netskope CEO
Sanjay Beri, Founder and CEO of Netskope

IT運用の簡素化、コスト削減、俊敏性の向上を実現する
   Netskope SASE

SASEはデジタルトランスフォーメーションの可能性を秘めていますが、これまで組織は、ネットワーキングとセキュリティのコンバージェンスによる利点を実現するのに苦労してきました。ほとんどのソリューションは、緊密な統合がなされておらず、ネットワーキングやセキュリティの重要な機能が欠けています。また、クラウドアーキテクチャを提供できないため、セキュリティリスクが高まり、ネットワークのダウンタイムが発生し、ROIが低下し、所有コストが高くなります。

 

Netskopeの完全統合型SASEソリューションにより、お客様は、業界で認められたフルスタックSSE–FWaaSSWGCASBZTNAを含む–を活用し、高速で使いやすく、ユーザーやデータがどこに行ってもトランザクションを確保し、ボーダレスWANの力であらゆるサイト、クラウド、リモートユーザー、IoTデバイスから安全かつ信頼性の高い接続コネクティビティを確保することができます。Netskope SASEソリューションは、ゼロトラストセキュリティアプローチとネットワーク最適化を組み合わせることで、パフォーマンスを犠牲にすることなくセキュリティのビジョンを実現できます。

Netskope
SASEプラットフォーム

Netskope SASEは、ハイブリッドワーカーのための高速で信頼性の高いネットワークと、ボルトオンではない完全なゼロトラストセキュリティサービスを提供します。

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope Security Cloudプラットフォームダイアグラム
オレンジのプラス記号

SASEの機能と
   利点

Netskope SASEは、クラウドベースのアーキテクチャでネットワークとセキュリティサービスを統合し、あらゆる場所のユーザー、アプリケーション、データを保護すると同時に、どこからでも高速で信頼性の高いアクセスを提供します。

ネットワークのコストと複雑さを軽減

Netskope SASEを使用することで、企業はクラウド提供のセキュリティと高速で信頼性の高いアクセスを統合し、あらゆるユーザー、デバイス、サイトをサポートすることで、ハイブリッドワーカーのサポートとセキュリティを向上させることができます。これにより、従来の定義済みのネットワーク境界やパッチワークが排除され、管理が困難な複数のネットワークとセキュリティポイント製品(ルーター、ファイアウォール、VPN、プロキシ、SSL復号化、コンテンツ検査デバイスなど)が不要になり、データを保護し、脅威から保護できます。

全体的なセキュリティ体制の改善

企業は、Netskope SASEソリューションの包括的なクラウド配信SSE–SWG、CASB、FWaaS、ZTNAなど–を使用して、進化し続ける脅威の状況に対処し、貴重なデータを保護し、管理対象ユーザーと非管理対象ユーザーとデバイスの両方を保護できます。このアプローチにより、リスクを軽減し、攻撃対象領域を狭め、企業ユーザー、アプリケーション、データ、さらには拡大するモノのインターネット(IoT)を、どこでも、どこからでも安全に保護することができます。

ネットへの直接接続とバックホールの排除

従来のWANアーキテクチャでは、ハイブリッドワークやアプリの未来と、現在クラウドにあるデータに対処できません。Netskope SASEソリューションにより、企業は低コストのコネクティビティオプションを活用して高速インターネットブレークアウトを実現し、コストのかかるMPLSリンクを節約できます。このアプローチでは、トラフィックのバックホールによるレイテンシを排除し、パフォーマンスを犠牲にすることなく、あらゆるユーザー、サイト、デバイスをあらゆるアプリケーション、サイト、クラウドに接続し保護する「多対多」のWANアーキテクチャをサポートします。

アプリケーションエクスペリエンスの最適化

企業は、従来のデータセンターでのアプリのホスティングからマルチクラウドの採用へと移行し、Office 365やG-Suiteなどのビジネス生産性スイート、ZoomやRingCentralなどの繊細な音声・動画アプリを含む何千ものSaaSアプリを消費するようになってきています。Netskope SASEテクノロジーにより、お客様はトラフィックの優先順位付け、フローの最適化、優れたエクスペリエンス品質の確保と同時に、セキュリティミッションの遂行、コンプライアンス目標の達成を実現できます。

ネットワークレジリエンスとビジネスアジリティの向上

従来のネットワーク・セキュリティソリューションは、お客様を特定のアーキテクチャに縛り付けるため、企業は新規ユーザー、サイト、IoTデバイスをサポートすることが難しく、さらにこのアプローチは単一障害点と高レイテンシを発生させる傾向があります。Netskope SASEソリューションは、ネットワーキングとセキュリティへの統合アプローチにより、デジタルトランスフォーメーションの可能性を解放します。インターネットに接続された新しいデバイス、リモートユーザーやBYOD、インターネットに直接接続するブランチトラフィックなど、あらゆる接続をサポートし、期待される安定したネットワークパフォーマンスと合わせて、常にセキュリティを確保します。

Netskope SASEを使用することで、企業はクラウド提供のセキュリティと高速で信頼性の高いアクセスを統合し、あらゆるユーザー、デバイス、サイトをサポートすることで、ハイブリッドワーカーのサポートとセキュリティを向上させることができます。これにより、従来の定義済みのネットワーク境界やパッチワークが排除され、管理が困難な複数のネットワークとセキュリティポイント製品(ルーター、ファイアウォール、VPN、プロキシ、SSL復号化、コンテンツ検査デバイスなど)が不要になり、データを保護し、脅威から保護できます。

企業は、Netskope SASEソリューションの包括的なクラウド配信SSE–SWG、CASB、FWaaS、ZTNAなど–を使用して、進化し続ける脅威の状況に対処し、貴重なデータを保護し、管理対象ユーザーと非管理対象ユーザーとデバイスの両方を保護できます。このアプローチにより、リスクを軽減し、攻撃対象領域を狭め、企業ユーザー、アプリケーション、データ、さらには拡大するモノのインターネット(IoT)を、どこでも、どこからでも安全に保護することができます。

従来のWANアーキテクチャでは、ハイブリッドワークやアプリの未来と、現在クラウドにあるデータに対処できません。Netskope SASEソリューションにより、企業は低コストのコネクティビティオプションを活用して高速インターネットブレークアウトを実現し、コストのかかるMPLSリンクを節約できます。このアプローチでは、トラフィックのバックホールによるレイテンシを排除し、パフォーマンスを犠牲にすることなく、あらゆるユーザー、サイト、デバイスをあらゆるアプリケーション、サイト、クラウドに接続し保護する「多対多」のWANアーキテクチャをサポートします。

企業は、従来のデータセンターでのアプリのホスティングからマルチクラウドの採用へと移行し、Office 365やG-Suiteなどのビジネス生産性スイート、ZoomやRingCentralなどの繊細な音声・動画アプリを含む何千ものSaaSアプリを消費するようになってきています。Netskope SASEテクノロジーにより、お客様はトラフィックの優先順位付け、フローの最適化、優れたエクスペリエンス品質の確保と同時に、セキュリティミッションの遂行、コンプライアンス目標の達成を実現できます。

従来のネットワーク・セキュリティソリューションは、お客様を特定のアーキテクチャに縛り付けるため、企業は新規ユーザー、サイト、IoTデバイスをサポートすることが難しく、さらにこのアプローチは単一障害点と高レイテンシを発生させる傾向があります。Netskope SASEソリューションは、ネットワーキングとセキュリティへの統合アプローチにより、デジタルトランスフォーメーションの可能性を解放します。インターネットに接続された新しいデバイス、リモートユーザーやBYOD、インターネットに直接接続するブランチトラフィックなど、あらゆる接続をサポートし、期待される安定したネットワークパフォーマンスと合わせて、常にセキュリティを確保します。

プラス記号の画像
Gartnerの主な所見
オレンジのプラス記号

どこからでも機能し、クラウドコンピューティングサービスへの絶え間ない移行により、SASEはいつでもどこでもあらゆるデバイスからのアクセスを可能にするサービスの提供を加速させています。

80%
の企業が、2025年までに、SASE/SSEアーキテクチャを使用してウェブ、クラウドサービス、プライベートアプリケーションのアクセスを統一する戦略を採用すると予想。これは2021年の20%から増加
アナリストレポート
プラス記号の画像
Gartnerの主な所見
オレンジのプラス記号

どこからでも機能し、クラウドコンピューティングサービスへの絶え間ない移行により、SASEはいつでもどこでもあらゆるデバイスからのアクセスを可能にするサービスの提供を加速させています。

65%
の企業が、2025年までに個々のSASEコンポーネントを1社または2社の明確に提携したSASEベンダーに統合すると予想。これは2021年の15%から増加
オレンジのプラス記号

セキュアアクセスサービスエッジユースケース

Netskope SASEは、最新のネットワーキングと高度なセキュリティのユースケースを解放し、ハイブリッドワークの実現と組織のデジタルトランスフォーメーションへの対応を可能にします。

ネットワークセキュリティ内蔵のインテリジェントアクセスの活用

NetskopeのフルコンバージョンSASEソリューションの一環として、Netskope Borderless WANは、SASEゲートウェイのゼロタッチ展開、クラウドプロビジョニング、最も近いNetskope NewEdgeデータセンターへのトラフィック誘導を行う自動トンネル作成により、フルスタックのNetskope Intelligent SSEへのトラフィック投入を簡素化することができます。SSEを補完し、さらにネットワークを簡素化するために、オンプレミスの要件は、IDS/IPSやNetskope Private Access Publishersなどのアプリケーションをサポートするステートフルファイアウォールとエッジコンピューティングで満たされ、サービスオーケストレーションによるフルライフサイクル管理でコンテナとして導入されます。

業界をリードするクラウドスマートでデータ中心のセキュリティを活用

Netskope SASEの主要コンポーネントであり、市場をリードするNetskope Intelligent SSEは、ハイブリッドワークをサポートし、シングルパスアーキテクチャと適応制御によるゼロトラストアプローチを採用し、企業ポリシーを実施し、コンプライアンス要件に対応し、業界のベストプラクティスをサポートします。Netskope SASEは、ウェブ、クラウド、SaaS、プライベートアプリケーションを含むすべてのチャネルに対応し、脅威の検出と軽減、クラウドアクティビティや機密情報の保護を常に保証します。さらに、クローズドループ分析により継続的に監視し、ユーザー行動の異常、アプリのリスク、日付の流出などの未知のデータ移動を特定します。

柔軟なWAN接続によるエンタープライズネットワークのモダナイゼーション

Netskope SASEは、Borderless WAN SASE Gatewayとクラウドネイティブなコントローラを活用し、ルーティングに標準ベースのプロトコルをサポートすると同時に、ワンクリックでタグベースのサイト間の動的セキュア接続を用いた最新のネットワーキングにより、柔軟なオンデマンドトポロジーを実現します。Netskope SASEは、4/5GやWiFiなどの代替トランスポートをサポートすることにより、お客様が有線または無線ネットワークを容易に活用し、コスト削減、運用の容易化、より高い耐障害性と冗長性を実現することができます。

優れたユーザー・アプリケーションエクスペリエンスを提供

NetskopeのNewEdgeネットワークのグローバルカバレッジ、広範なピアリング、高速トラフィックオンランプ、低レイテンシ設計により、Netskope SASEのセキュリティは常にパフォーマンスを犠牲にすることなく提供されることが保証されています。ボーダレスWANと組み合わせることで、リアルタイムリンク監視と動的パッチ選択がネットワークパフォーマンスをさらに強化し、内蔵TCP・UDP最適化がVoIP、動画ストリーミング、ビデオ会議などの最も重要でレイテンシの影響を受けやすいエンタープライズアプリケーションに最高のパフォーマンスを保証します。

将来を見据えたSASE対応アーキテクチャの活用

Netskope SASEは、オンプレミス用の物理アプライアンスとパブリッククラウド用の仮想アプライアンスにまたがるボーダレスWAN SASEゲートウェイの柔軟な導入オプションとクラウドネイティブのインテリジェントSSEを組み合わせて、ホームオフィスからブランチや企業のデータセンターまで、あらゆる場所に対応しセキュリティを確保することで、ネットワーキングとセキュリティを両立させます。Netskope SASEは、業界をリードするSLAに支えられ、サービスアベイラビリティ、高速トラフィック処理、全体的なセキュリティの有効性をより確実にお客様に提供します。また、Aruba/SilverPeakなどのベンダーのSD-WANソリューションや、従来のルーター、ファイアウォール、プロキシなどの既存のIT投資と共存することもできます。

NetskopeのフルコンバージョンSASEソリューションの一環として、Netskope Borderless WANは、SASEゲートウェイのゼロタッチ展開、クラウドプロビジョニング、最も近いNetskope NewEdgeデータセンターへのトラフィック誘導を行う自動トンネル作成により、フルスタックのNetskope Intelligent SSEへのトラフィック投入を簡素化することができます。SSEを補完し、さらにネットワークを簡素化するために、オンプレミスの要件は、IDS/IPSやNetskope Private Access Publishersなどのアプリケーションをサポートするステートフルファイアウォールとエッジコンピューティングで満たされ、サービスオーケストレーションによるフルライフサイクル管理でコンテナとして導入されます。

Netskope SASEの主要コンポーネントであり、市場をリードするNetskope Intelligent SSEは、ハイブリッドワークをサポートし、シングルパスアーキテクチャと適応制御によるゼロトラストアプローチを採用し、企業ポリシーを実施し、コンプライアンス要件に対応し、業界のベストプラクティスをサポートします。Netskope SASEは、ウェブ、クラウド、SaaS、プライベートアプリケーションを含むすべてのチャネルに対応し、脅威の検出と軽減、クラウドアクティビティや機密情報の保護を常に保証します。さらに、クローズドループ分析により継続的に監視し、ユーザー行動の異常、アプリのリスク、日付の流出などの未知のデータ移動を特定します。

Netskope SASEは、Borderless WAN SASE Gatewayとクラウドネイティブなコントローラを活用し、ルーティングに標準ベースのプロトコルをサポートすると同時に、ワンクリックでタグベースのサイト間の動的セキュア接続を用いた最新のネットワーキングにより、柔軟なオンデマンドトポロジーを実現します。Netskope SASEは、4/5GやWiFiなどの代替トランスポートをサポートすることにより、お客様が有線または無線ネットワークを容易に活用し、コスト削減、運用の容易化、より高い耐障害性と冗長性を実現することができます。

NetskopeのNewEdgeネットワークのグローバルカバレッジ、広範なピアリング、高速トラフィックオンランプ、低レイテンシ設計により、Netskope SASEのセキュリティは常にパフォーマンスを犠牲にすることなく提供されることが保証されています。ボーダレスWANと組み合わせることで、リアルタイムリンク監視と動的パッチ選択がネットワークパフォーマンスをさらに強化し、内蔵TCP・UDP最適化がVoIP、動画ストリーミング、ビデオ会議などの最も重要でレイテンシの影響を受けやすいエンタープライズアプリケーションに最高のパフォーマンスを保証します。

Netskope SASEは、オンプレミス用の物理アプライアンスとパブリッククラウド用の仮想アプライアンスにまたがるボーダレスWAN SASEゲートウェイの柔軟な導入オプションとクラウドネイティブのインテリジェントSSEを組み合わせて、ホームオフィスからブランチや企業のデータセンターまで、あらゆる場所に対応しセキュリティを確保することで、ネットワーキングとセキュリティを両立させます。Netskope SASEは、業界をリードするSLAに支えられ、サービスアベイラビリティ、高速トラフィック処理、全体的なセキュリティの有効性をより確実にお客様に提供します。また、Aruba/SilverPeakなどのベンダーのSD-WANソリューションや、従来のルーター、ファイアウォール、プロキシなどの既存のIT投資と共存することもできます。

プラス記号の画像
アナリスト認識
オレンジのプラス記号

業界をリードする当局から信頼されています

Netskopeは、ネットワーキングとセキュリティのリーダーとして、業界の著名人やアナリストから繰り返し評価されています。最近では、Netskopeは2022年のSC AwardsでベストSASEソリューションと最も有望なユニコーンカテゴリを受賞しました。
Gartner® Quick Answer:NetskopeのInfiot買収はSD-WAN、SASE、SSEプロジェクトにどのような影響を与えますか?
Netskopeがネットワークトランスフォーメーションに焦点を当てたエリートアドバイザリーグループNetskope Network Visionariesを発表
2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskopeは、Fortune 100の25社以上から信頼され、世界中で数千の顧客を持ち、ネットワーキング・セキュリティトランスフォーメーションの力を引き出すことによって、クラウドへのカスタマージャーニーを加速させることで業界をリードしています。
お客様へ
01  02
引用
NetskopeのIntelligent SSEとボーダレスWANソリューションの組み合わせは、導入を加速させるために、単一ベンダーで完全に統合されたSASEを提供する説得力のあるものとなっています。
Bob Laliberte
主席アナリスト
ESG
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskopeは、Fortune 100の25社以上から信頼され、世界中で数千の顧客を持ち、ネットワーキング・セキュリティトランスフォーメーションの力を引き出すことによって、クラウドへのカスタマージャーニーを加速させることで業界をリードしています。
お客様へ
02  02
引用
ボーダレスWANの追加により、NetskopeはSD-WANとセキュリティサービスエッジ(SSE)の機能を統合した単一ベンダーの製品を求めているSASE市場のセグメントに直接対応することができるようになります。
Andrew Lerner
研究担当副社長
Gartner
プラス記号の画像
リソース
オレンジのプラス記号

SASE
   リソース

ブルーのプラス記号
ホワイトペーパー
SASEアーキテクチャにおけるゼロトラストのブループリント
ブルーのプラス記号
アナリストレポート
ガートナー:SASEコンバージェンスのための2022年戦略ロードマップ
ブルーのプラス記号
Guide
導入ガイド:セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)・セキュリティサービスエッジ(SSE)
ブルーのプラス記号
アナリストレポート
IDC Analyst Report — セキュリティトランスフォーメーションとSSE導入の成功の要となるネットワーク:主な考慮事項
ブルーのプラス記号
ホワイトペーパー
ネットワーキング・セキュリティトランスフォーメーションによるコスト削減と運用の簡素化
ブルーのプラス記号
ブログ
Netskope Borderless WANの紹介
ブルーのプラス記号
ホワイトペーパー
SASE時代におけるネットワークに関する考慮事項

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化