Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ ニュースとお知らせ Be On Alert: Steps to Take Ahead of Possible Cyber Attacks
Mar 04 2022

Be On Alert: Steps to Take Ahead of Possible Cyber Attacks

Netskope is keeping a close watch on the rapidly changing situation in Ukraine. Along with the attention we are giving to the safety and well-being of Netskope employees in the region, we are in a state of high alert with respect to cyber threats and risks to our customers. 

Netskope Threat Labs is continuously monitoring cybersecurity threats related to the conflict in Ukraine. Netskope leverages threat intelligence, signatures, machine learning, artificial intelligence, advanced heuristics, and sandboxing to protect our customers. Netskope Threat Labs will also continue to publicly provide analysis and intelligence of significant threats related to the conflict.

Several key sources are also providing valuable guidance. Gartner guides toward immediate, short-term, and mid-term priorities, including immediate additional due diligence to prevent user mistakes, starting with changes on critical security and IT infrastructure, and to prepare for incident response, as there might still be time to get or increase some threat detection, incident response retainer and services capabilities. In addition, Gartner notes in a February 28 brief that “teams should structure IR personnel schedules to avoid burnout and develop comprehensive shift handover and communication processes.” 

The United States Cybersecurity & Infrastructure Intelligence Agency (CISA) recommends “all organizations—regardless of size—adopt a heightened posture when it comes to cybersecurity and protecting their most critical assets.” Most technology vendors providing active guidance also urge similar vigilance and preparation. We agree that, as VMware notes, organizations should “operate under the assumption that they will be impacted by destructive cyberattacks, either directly or indirectly, and that adversary behavior will be punitive.”

Here are some steps we suggest organizations prioritize immediately:

  • Ensure that multi-factor authentication (MFA) is enabled for all external and Cloud services and SaaS apps. If MFA is not an option, assess the risk of the service or SaaS app, evaluate the need for it, and either monitor access logs and behavior regularly or disable the service.
  • Validate your internal logging and monitoring services and ensure completeness across your environment.
  • Proactively hunt for indicators of compromise and techniques used by Russian threat actors. Curated Intel provides free, continuously updated intelligence that includes IoCs and threat reports. Netskope Threat Labs publishes free intelligence on our GitHub page.  
  • Review your business continuity plans (BCP) and ensure they have been tested recently, focusing on disruption and destruction of digital services. Focus on roles and responsibilities, communication plans, and decision-making processes.
  • Plan for data to be wiped and destroyed. Ensure that you have off-line, tamper-proof backups readily available and test your backup procedures to ensure that critical data can be restored quickly if the organization is impacted by ransomware or a destructive cyberattack.
  • Ensure DDoS services are current, recently profiled, and can be enabled quickly.
  • Ensure your incident response (IR) plans are updated and recently tested.
  • Ensure all patches are up to date and that there is an emergency patch process ready in the event of new patches needing to be deployed quickly. If patching is not an option, upgrade the platform to supported versions with urgency. If this is not possible, look to segment and isolate the hosts, in order to limit the blast radius of any breach. 
  • Ensure you have a response plan that manages team fatigue. If necessary, leverage external services for overflow and specialist support.
  • Understand what services and infrastructure you can turn off or disable at any time, what the decision criteria are, and who is authorized to do so.
  • Ensure you understand your critical suppliers and what they are doing to prepare. Plan for disruptions to these services in your BCP.
  • Stay informed and maintain situational awareness through various security entities, key vendors, industry analysts, and so on. 
  • Confirm all ports and protocols that are not essential for business purposes have been disabled.
  • Identify and assess any unexpected or unusual network behavior.
  • Stay attuned to guidance from CISA (https://www.cisa.gov/shields-up); and follow credible resources that provide actionable intelligence (not marketing). 

We will update this blog as needed and based on situational changes.