ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Let’s Talk About NIS2

Mar 21 2023

Late last year, the EU Parliament formally adopted a new Directive, NIS2, updating and superseding the existing NIS Directive which helped the organisations responsible for Europe’s critical national infrastructure to better understand, manage, and reduce their cybersecurity risk.  NIS2 expanded the industries covered (broadening the concept of critical infrastructure to include telecoms, social media, and local government alongside utilities, digital infrastructure, banks, and healthcare), but it still fundamentally aims to strengthen cybersecurity requirements. It is estimated that about 160,000 organisations will be required to comply, grouped as either Essential or Important, with compliance requirements differing between categories.

So what do we need to know? Firstly, it is important to note that NIS2 is an EU Directive, not currently legislation in any member states and so while it “came into force” in January 2023, the deadline that organisations will need to watch for is 17th October 2024—because that is the deadline for national legislatures to turn the Directive into enforceable national laws. As we approach that date we will all have a clearer idea of how the relatively high level guidelines will be translated into legal requirements that we all need to follow. At this point, the Directive is high-level and still open to interpretation—deliberately so, because the more specific it is, the quicker it would become outdated.  

What is included?

NIS2 comprises a number of areas where organisations will be required to implement security measures and achieve baseline standards. These areas are:

  • Risk analysis 
  • Information system security policies
  • Incident response (prevention and detection of a response to incidents)
  • Business continuity and crisis management
  • Supply chain security
  • Assessment of effectiveness of risk management measures 
  • Encryption 
  • Vulnerability disclosure

Within these categories we see some detail about the requirement to report incidents, train management teams in cyber risk, and allow on-site inspections. There is also inclusion of non-compulsory recommendations around user training, and some less stringent allowances for  organisations in the Important group. 

Looking at this list you can see why we are already having conversations with customers and prospects about NIS2—there’s plenty in here that we can help with, even ahead of national lawmakers adding in much more specific details. 

As is the custom with EU initiatives, this one shows its teeth through administrative fines of up to €10 million or 2% of the entity’s total turnover worldwide, whichever is higher, for “Essential Entities” (and there is a slightly lower fine too—€7 million or 1.4% global turnover for “Important Entitles”). These would be additional to any fines that may be applied due to a single incident also falling foul of GDPR rules.

Points to note

While we wait for this national legislation to see how the Directive is interpreted into law within the member states, we wanted to pick out a few things that are worth noting already.

1. Collaboration is at the core of NIS2

NIS2 has a strong focus on collaboration. We see this in the establishment of one of the best acronyms we have seen for a while: the EU Cyber Crisis Liaison Organisation Network (EU-CyCLONe). This body is intended to facilitate coordinated management of EU-wide incidents. Other ways to improve collaboration can be found in the measures aimed at increasing the level of trust and information sharing between competent authorities.

2. Supply chain security is a priority

An understanding of the interdependent nature of cyber defence is also evident in the emphasis that NIS2 gives to more stringent rules on supply chain security. This is a hugely welcome focus within the directive and will require clever implementation to ensure we extract the most value from the intentions outlined. Auditing, monitoring, and acting upon supply chain risk is not straightforward and we hope to see some creativity from the industry in suggesting workable ways to collaborate on this issue. The aim must be to drive efficiency in the interests of productivity while avoiding debilitating bureaucratic processes. We need better security, not more paperwork.

3. Basic hygiene provides for robust preparation

The standards set in the Directive are nothing new for organisations—although their agreement as enforceable baseline standards is. They are things that should all be on the priority list for any organisation already. However there is definitely value in pointing out that some of the things we do today as basic hygiene can benefit from improvement. Cybersecurity and risk awareness training, for instance, is something that is an annual tick-box requirement already for many organisations (not least as a requirement for most cyber insurance policies). But we are hoping that NIS2 opens discussion as to the effectiveness of some of the ways we conventionally do things, for instance in this case we would like to see the industry place a greater emphasis on “just-in-time” training to help employees better assess risk at the point of its appearance. The ultimate goal is to change behaviour and break old habits, this is not achieved by a yearly 30 min training video.

A summary on any discussion around NIS2 at the moment can only really be “watch this space”. So much is going to be determined by the national governments of Europe (EEA) as they legislate on the matter over the coming 18 months. For information professionals (in particular governance, risk, and compliance (GRC)) now is the time to start to plan. The Directive gives a useful cheat sheet for best practices which can already be used to help prioritise initiatives that genuinely improve security posture, and rationalise those that are outdated or even hinder efforts. 

author image
Robby Coppens
Robby Coppens has spent his career building solutions with any kind of technology to enable businesses throughout Europe.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog