ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • 導入企業

    Netskopeは、フォーチュン100の25以上を含む世界中の2,000以上の顧客にサービスを提供しています。

  • カスタマーソリューション

    お客様のため、Netskopeでお客様の成功を確実にすべく、あらゆるステップを共に歩んでまいります。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
Woman smiling with glasses looking out window

Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

詳しくはこちら
Netskope Professional Services

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 15: Building Permanent Security Awareness

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling

Netskope Active Introspection — The Ability to Inspect What You Didn’t See

Oct 06 2014
Tags
Cloud Visibility
Netskope Announcements
SaaS Security
Security Audit

Content inspection has come a long way in the past several years. Whether it is our knowledge and understanding of different file types (from video to even the most obscure) or the reduction of false positives through proximity matching, the industry has cracked a lot of the code and IT and businesses are better off as a result. One constant that has remained true, however, is the fact that you just can’t inspect content you can’t see. This probably seems like an obvious point, and for traditional solutions, we can solve for this by simply pointing the tool at repositories that might have been (for whatever reason) overlooked. But these repositories are relatively easy to discover because, frankly, it’s harder to hide content when it’s occupying storage that IT is responsible for maintaining in the first place. It’s hard to lose a NAS (though not impossible — some of us have stories we could share, no doubt). But this changes when it comes to content in the cloud. Let’s break down some of the challenges here:

  1. There are 153 cloud storage providers today and the average organization, according to the Netskope Cloud Report, is using 34 of them. Considering IT are typically unaware of 90% of the cloud apps running in their environment, this means that content is in 30+ cloud apps that IT has no knowledge of (and that’s just cloud storage, the average enterprise uses 508 cloud apps!).
  2. Once you know that an app is in use, inspection of content in the cloud has required movement of said content. Since many traditional tools perform inspection of content as it flies by, the scope of inspection is limited to when content is being uploaded or when it is downloaded. Therefore, content may exist in a cloud app for several years before it’s ever inspected.
  3. The “sharing” activity so popular in cloud apps today is done by sending links rather than the traditional “attachment” method. Since the link doesn’t contain the file, the inspection is useless.

For the first of our challenges above, Netskope can quickly discover all apps running in your enterprise and tell you whether the usage of these apps is risky or not.

For challenges two and three, Netskope has introduced Netskope Active Introspection which enables customers to examine, take action or enforce policies over all content stored in a cloud app. This means that regardless of whether the data was placed in a cloud app yesterday or years ago, enterprise IT can take advantage of Netskope’s leading real-time and activity-aware platform to protect it.  In addition, Active Introspection provides data inventory and classification, understands app and usage context, creates a content usage audit trail, and can be deployed alongside Netskope Active Cloud DLP.

What’s even more killer is that Active Introspection can be run as part of your overall policy framework and can typically run through an entire repository in less than 30 minutes. So let’s say that you want to encrypt specific data – Active Introspection discovers the content, understands whether the content meets certain criteria (such as sensitive or high value content), and completes the step of encrypting it, right then and there. There are additional actions that can be triggered automatically, such as alerting the end user, changing to ownership of the content to the appropriate person, encrypting the content, and many more.

My colleague, Rajneesh Chopra, just published a Movie Line Monday today that talks about how customers are using Active Introspection and Netskope’s inspection capabilities together. If we think of this as a spectrum, imagine that on one side you’ve got content that’s constantly being moved in and out of a cloud app – for that, we have inspection that’s happening in real-time. On the other side of the spectrum you have content that’s already in the cloud app and being shared via links – for that, we have introspection. It’s complete coverage. You should check it out here, but suffice it to say, for our customers, the availability of Active Introspection within the Netskope Active Platform means that they are now able to go more confidently into cloud apps they’ve cautiously embraced. For these customers, there’s a strong understanding that safe cloud enablement requires a comprehensive solution that can be flexible enough to cover the myriad use cases they’re confronted with.

Do you have a solid handle on the cloud apps in your organization? What about the content contained within them? We’d love to hear from you and address any questions you have or show you a demo of Netskope Active Introspection in action. Reach out to us at [email protected] to get a conversation started.