ソリューションNetskopeデータ保護

クラウドのデータ保護

データは、ビジネスユニットやユーザーによって使用されるサービス、アプリ、Web トラフィックの中を水のように流れます。あらゆるクラウドやWebサイトの移動中に起こるデータの漏洩、盗難、漏えい、またはマネージドクラウドサービスにおいて保管中のデータの流出を防ぎます。また、パブリッククラウドインスタンスの設定ミスやデータ漏洩の可能性について継続的に評価します。

データ中心のクラウドセキュリティスタック

データは、ビジネスユニットとユーザーによって継続的に拡大する新しい境界です。クラウドセキュリティスタックは、マネージド型とアンマネージド型のクラウドサービス、アプリ、ウェブトラフィック全体でクラウドデータを保護し、パブリッククラウドインスタンスを継続的に評価してデータ漏洩の可能性を確認する必要があります。

クラウドデータ保護のよくあるユースケース

01

コンプライアンス

HIPAA、GDPR、GLBA、PCI、その他の規制に準拠する必要がある場合でも、Netskopeは監査に合格できるように対応することができます。Netskope DLP を使用すると、アクティビティ監査証跡の作成、コンプライアンス概要レポートの作成、強力な暗号化による機密データの保護、データインシデントの管理を行うことができます。

02

データ漏洩を防止する

Netskope は、アカウントのインスタンスをしっかり見ることのできるポイントを提供し、データ漏えいの可能性のあるデータの移動を検出します。Netskope 異常検出と DLP 機能を組み合わせることで、Salesforce や Box などのマネージドクラウドサービスからの機密データのダウンロードと、同じデータのパーソナルクラウドサービスへのアップロードを関連付けることができます。

03

データを守る

ペイメントカード業界データ(PCI)や保護された医療情報(PHI)などの事前定義(またはカスタム)プロファイルを使用して、機密性の高いコンテンツを発見できます。自動化されたワークフローでデータをブロック、隔離、暗号化できます。Netskope DLP を使用すると、クラウド内のすべての機密データを識別して保護できます。

04

Data visibility

監査要件、コンプライアンス、または企業のセキュリティポリシーのみを満たすかどうかにかかわらず 最も機密性の高いデータがどこで流れているのか、そのデータがどのように使用されているのかを理解することが重要です。これには、マネージドクラウドサービスに保存されている機密データ、クラウドサービスおよびWebトラフィック内の移動中のデータの検出が含まれます。

05

継続的評価

企業がワークロードと機密データをパブリック・クラウド・インフラストラクチャに急速に移行するにつれ、漏えい、機密データの損失、コンプライアンスの不履行、クラウド対応脅威のリスクは依然として大きな課題となっています。Netskopeを使用すると、データが外部流出するリスクを把握し、構成ミスを検出し、リソースの内容を把握し、コンプライアンス基準を適用し、データを保護できます。

06

インシデント管理

クラウドおよびウェブのポリシー違反に迅速かつ徹底的に対応します。を活用する Netskopeインシデント管理 でエンドツーエンドのワークフローを実現できます。包括的で豊富なメタデータとアクティビティの監査証跡を使用して、調査分析を実行できます。オーナーの割り当て、進捗状況の追跡、解決済みとしてマークに加え、ワークフローやプレイブック用の SIEM および SOAR ソリューションと統合できます。

私の仕事は、組織の最も企業なデータを保護することです。したがって、クラウドに移行したとき、最高のクラウドDLPソリューションを見つけることが最優先事項でした。Netskopeはあらゆる点で要件を満たしました

— セキュリティアーキテクト 、Fortune 100 機器メーカー

大企業での採用

Apria Healthcare
Ather
AVX
CSA Group
Evalueserve
Stroock

リソース

クラウドセキュリティに関する主要な懸念は、52%がデータプライバシー、51%がデータ損失と漏洩。

52%

Data privacy

出典: サイバーセキュリティインサイダークラウドセキュリティレポート 2019

51%

データの損失と漏洩

出典: サイバーセキュリティインサイダークラウドセキュリティレポート 2019

境界線を再構築しましょう