ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Netskope Threat Coverage: MOVEit Transfer Zero-Day

Jun 02 2023

Summary

A new critical zero-day vulnerability in the MOVEit Transfer software is being actively exploited by attackers to exfiltrate data from organizations. MOVEit Transfer is a managed file transfer (MFT) software, developed by Progress, designed to provide organizations a way to securely transfer files, which can be implemented on-premise or as a cloud SaaS platform. According to BleepingComputer, attackers have been actively exploiting MOVEit Transfer to download data from organizations. 

Also, researchers have observed the presence of a webshell named human2.aspx in the root folder of multiple MOVEit servers, which indicates that an attacker could be running automated exploits against public facing MOVEit servers. At this point, there is no CVE assigned to this vulnerability yet.

Vulnerability

According to an advisory published by Progress on May 31, 2023, the zero-day consists of a SQL injection vulnerability in MOVEit’s web application that could lead to privilege escalation and remote code execution by un-authenticated attackers. A bad-intentioned person could take advantage of this vulnerability to access MOVEit Transfer’s database to steal data or alter database elements through SQL.

The vulnerability affects all versions of MOVEit Transfer. At this point, there are no further technical details about this vulnerability. As of June 2, 2023, the webshell that was found in vulnerable servers, and that was submitted to VirusTotal, remains undetected by antivirus engines.

When the webshell is accessed, it verifies the presence of a password specified in a header named “X-siLock-Comment”. If the password is wrong or the header wasn’t specified at all, the page returns a 404 status code, likely to prevent anyone else but the attacker from accessing the content.

Part of the webshell that exploits MOVEit Transfer.

If the webshell is correctly authenticated, the attacker is able to perform a series of actions based on the values of headers “X-siLock-Step1”, “X-siLock-Step2”, and “X-siLock-Step3”. The webshell provides the attacker with the ability to gather information and download files from the server, insert and delete a user account named “Health Check Service”, and steal configuration details of Azure Blob Storage accounts.

Part of the code that reads information about Azure Blob Storage.

Mitigation and Protection

Update / Patch

Progress released patches for MOVEit Transfer versions 2023.0.1, 2022.1.5, 2022.0.4,  2021.1.4, and 2021.0.6. For versions that have not yet been fixed, Progress recommends customers to block all inbound HTTP and HTTPs traffic to MOVEit Transfer environments.

MOVEit Transfer customers should also review and delete unauthorized files and user accounts, such as instances of the human2.aspx and .cmdline script files, and users with the name of “Health Check Service”.

Netskope strongly recommends that MOVEit Transfer customers apply all these mitigation actions provided by Progress.

Netskope Private Access

This vulnerability can also be mitigated by limiting access to MOVEit Transfer servers. A private access solution, such as Netskope Private Access, can be used to make private apps invisible to external attackers who seek to exploit vulnerable services. Furthermore, a private access solution can restrict access to a private app internally, such that only authorized users are able to access the app, reducing the risk that a compromised user or device could be used to exploit vulnerable services.

IOCs

Below are all known IOCs related to public attacks that are exploiting MOVEit zero-day.

File Names

human2.aspx
human2.aspx.lnk

File Paths

C:\Windows\TEMP\[random]\[random].cmdline

C:\MOVEit Transfer\wwwroot\

Webshell Hashes (SHA256)

e8012a15b6f6b404a33f293205b602ece486d01337b8b3ec331cd99ccadb562e

0b3220b11698b1436d1d866ac07cc90018e59884e91a8cb71ef8924309f1e0e9

110e301d3b5019177728010202c8096824829c0b11bb0dc0bff55547ead18286

1826268249e1ea58275328102a5a8d158d36b4fd312009e4a2526f0bfbc30de2

2ccf7e42afd3f6bf845865c74b2e01e2046e541bb633d037b05bd1cdb296fa59

58ccfb603cdc4d305fddd52b84ad3f58ff554f1af4d7ef164007cb8438976166

98a30c7251cf622bd4abce92ab527c3f233b817a57519c2dd2bf8e3d3ccb7db8

a8f6c1ccba662a908ef7b0cb3cc59c2d1c9e2cbbe1866937da81c4c616e68986

b5ef11d04604c9145e4fe1bedaeb52f2c2345703d52115a5bf11ea56d7fb6b03

cec425b3383890b63f5022054c396f6d510fae436041add935cd6ce42033f621

ed0c3e75b7ac2587a5892ca951707b4e0dd9c8b18aaf8590c24720d73aa6b90c

0b3220b11698b1436d1d866ac07cc90018e59884e91a8cb71ef8924309f1e0e9

110e301d3b5019177728010202c8096824829c0b11bb0dc0bff55547ead18286

1826268249e1ea58275328102a5a8d158d36b4fd312009e4a2526f0bfbc30de2

2ccf7e42afd3f6bf845865c74b2e01e2046e541bb633d037b05bd1cdb296fa59

58ccfb603cdc4d305fddd52b84ad3f58ff554f1af4d7ef164007cb8438976166

98a30c7251cf622bd4abce92ab527c3f233b817a57519c2dd2bf8e3d3ccb7db8

a8f6c1ccba662a908ef7b0cb3cc59c2d1c9e2cbbe1866937da81c4c616e68986

b5ef11d04604c9145e4fe1bedaeb52f2c2345703d52115a5bf11ea56d7fb6b03

cec425b3383890b63f5022054c396f6d510fae436041add935cd6ce42033f621

ed0c3e75b7ac2587a5892ca951707b4e0dd9c8b18aaf8590c24720d73aa6b90c

Associated CIDR

5.252.189[.]0/24

5.252.190[.]0/24

5.252.191[.]0/24

Associated IP Addresses

198.27.75[.]110

209.222.103[.]170

84.234.96[.]104

author image
Gustavo Palazolo
Gustavo Palazolo is an expert in malware analysis, reverse engineering and security research, working many years in projects related to electronic fraud protection. He is currently working on the Netskope Research Team, discovering and analyzing new malware threats.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog