ゼロトラストとSASEの未来は今です!オンデマンドで視聴する

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

How to Use a Magic Quadrant and Other Industry Research
このエピソードでは、マックス・ヘイビー、スティーブ・ライリー、モナ・フォークナーが、マジック・クアドラントを作成する複雑なプロセスと、それが単なるチャート以上のものである理由を分析します。

ポッドキャストを再生する
マジック・クアドラントとその他の業界調査の活用方法ポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Obfuscated Javascript Malware using Cloud Services

May 17 2017
Tags
Cloud Best Practices
Cloud Malware
Cloud Security
Netskope Threat Research Labs
Tools and Tips

Netskope Threat Research Labs has recently observed a new wave of malicious file patterns where cloud-based storage services are again abused for hosting obfuscated JavaScript files. We have seen such malicious files in enterprise customers using some of the popular cloud storage and collaboration services. These malicious files had specific naming conventions similar to popular web browser setup files such as “Chrome_58.3.8.1.js” and Firefox_Setup_Stub_54.8.7.” Interestingly, these versions of browsers are not yet released — attackers might be capitalizing on their upcoming release to lure users into downloading the file. Netskope Threat Protection detects these malicious files as Backdoor.Agnt.PXW.

The JavaScript contained in these malicious files is heavily obfuscated and uses various anti-deobfuscation techniques to circumvent reverse-engineering attempts. Upon successful execution of the script, it communicates with its command and control servers. A complete technical analysis of Javascript is discussed in subsequent sections of this blog.

Observations

The use of cloud services for hosting and delivering malware is being rapidly adopted by threat actors. Although this malicious JavaScript is currently only communicating with its C&C server, we believe it may be early part of any upcoming campaign based on the specific filenames adopted by the attackers. Netskope Threat Research Labs has worked with cloud storage providers like Dropbox to take down the URLs hosting the malicious payloads. We will continue to closely monitor the developments of this possible attack campaign and  update our blog with new findings. Enterprise customers need novel approaches for detecting suspicious or malicious files hosted, downloaded or shared through the cloud services. Using a threat-aware cloud access security broker (CASB)  that includes threat protection, such as Netskope Threat Protection, can detect, protect and remediate threats while allowing customers to be agile in adopting cloud services. 

Malicious File Analysis

The malicious JavaScript file seems to be just communicating with its C&C (command and control) server and no further activities were observed. We suspect that attackers are testing some initial attack vectors by hosting first payload on cloud services. The malicious payload was multi-layered and heavily obfuscated as shown in Figure 1.

Figure 1: Obfuscated malicious JavaScript file

Due to heavy obfuscation, the script failed to deobfuscate inside some analysis tools and required manual deobfuscation. We were able to deobfuscate its first layer under controlled environment using Internet Explorer developer’s debugging tool. After some debugging of the code, one of the variables held a much better readable script as shown in Figure 2.

Figure 2: Deobfuscating first layer script code using debugging

On further debugging, the script threw an error after deobfuscating its first layer code as shown in Figure 3.

Figure 3: First layer deobfuscated script code

The above script is much more readable but needs to be formatted for better understanding.  Here is how the first part of the de-obfuscated script looks like as shown in Figure 4.

Figure 4: Initial part of the formatted first layer deobfuscated script

And the last section of the script contains interesting code as shown in Figure 5.

Figure 5: Last section of the formatted first layer deobfuscated script

The Summary of activities performed by the script are listed below:

  1. First the script declares garbage variables.
  2. The script uses the “arguments.callee” property to retrieve the source of execution.
  3. The script then generates final variable “callerFunctionText” by appending the browser identified (always Mozilla) using “navigator.appCodeName” property and hard coded string “callerFunctionText”.
  4. The script calculates final key values in an array.
  5. The script does some XOR operations using keys and input parameter.
  6. Finally, the script joins the array and executes it as another function to do its final malicious activity.

Use of Arguments.callee() to prevent deobfuscation

As we said above, this script uses the “arguments.callee.toString()” property, which contains the currently executing function and “arguments.callee.caller.toString()” returns caller function code. This is a very well known trick used by attackers in order to prevent modification of the code. So, any changes made inside this script will fail the final deobfuscation. That being said, our manual debugging fails and the script throws an error as shown in Figure 6.

Figure 6: Script throws error since caller function returns null

Since we have formatted and deobfuscated the first layer, property “arguments.callee.caller.caller.toString()” returns null as the caller function is changed. So we will have to debug from the original first layer script code without formatting the code. To understand what those caller function variables contain, we will re-run the first layer script inside the debugger. The debugger stops and throws an error allowing us to see variable values as shown in Figure 7.

Figure 7: Script fails to execute due to arguments.callee() trick

The script failed again due to some changes inside preventing final deobfuscation, but we now know what the script expects and does. Once executed, the script will contact its C&C (command and control) server with a POST request as shown below in Figure 8.

Figure 8. Malicious script communicates with its C&C server

General Recommendations

  • Detect and remediate cloud threats using a threat-aware CASB solution like Netskope and enforce policy on usage of unsanctioned applications as well as unsanctioned instances of sanctioned cloud applications
  • Sample policies to enforce:
    • Scan all uploads from unmanaged devices to sanctioned cloud applications for malware
    • Scan all uploads from remote devices to sanctioned cloud applications for malware
    • Scan all downloads from unsanctioned cloud applications for malware
    • Scan all downloads from unsanctioned instances of sanctioned cloud applications for malware
    • Enforce quarantine/block actions on malware detection to reduce user impact
    • Block unsanctioned instances of sanctioned/well known cloud apps, to prevent attackers from exploiting user trust in cloud. While this seems a little restrictive, it significantly reduces the risk of malware infiltration attempts via cloud
  • Enforce DLP policies to control files and data en route to or from your corporate environment
  • Regularly back up and turn on versioning for critical content in cloud services
  • Enable the “View known file extensions” option on Windows machines
  • Warn users to avoid executing unsigned macros and macros from an untrusted source, unless they are very sure that they are benign
  • Warn users to avoid executing any file unless they are very sure that they are benign
  • Warn users against opening untrusted attachments, regardless of their extensions or filenames
  • Keep systems and antivirus updated with the latest releases and patches

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog