ゼロトラストとSASEの未来は今です!オンデマンドで視聴する

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

How to Use a Magic Quadrant and Other Industry Research
このエピソードでは、マックス・ヘイビー、スティーブ・ライリー、モナ・フォークナーが、マジック・クアドラントを作成する複雑なプロセスと、それが単なるチャート以上のものである理由を分析します。

ポッドキャストを再生する
マジック・クアドラントとその他の業界調査の活用方法ポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Step aside ransomware: Why cryptojacking is the new kid on the block

May 30 2018
Tags
Cloud Malware
Cloud Security
cryptocurrency
cryptojacking
cybercrime
Ransomware
Risks
Vulnerability Advisory

With the ability to generate a staggering $1.5 trillion in revenues every year, cybercrime is big business. It’s the perfect model – earn a high income for minimum effort and risk of penalty.

It comes as no surprise then that when faced with issues around the fluctuating value of Bitcoin, cybercriminals stepped into action. These savvy criminals created a new attack technique that offers better paid out odds in comparison to ransomware – cryptojacking – unauthorised use of someone else’s computing resources to mine cryptocurrency.

This new technique has quickly risen in the ranks, replacing ransomware as the number one threat for consumers and enterprises. Let’s look more in detail at the factors that have driven this shift.

The money maker

With a cryptocurrency market cap of nearly $500 billion, cryptojacking is extremely attractive for cybercriminals: it doesn’t require high technical skills and, unlike ransomware, offers a potential 100% pay-out ratio. Once compromised, infected machines can immediately start to mine cryptocurrency in stealth mode regardless of its processing power or geographical location. Even low-end systems are useful to the cause since it’s the size of the network of compromised machines, and hence the total computational power, that really matters. Additionally, if the attackers don’t get carried away and tune the miner not to completely drain the CPU, the attack can go on stealth and undetected for a long time.

Ubiquity of the attack surface

It doesn’t matter if the malicious miner component is injected into a mobile device, a personal computer, a server, the cloud, or even an IoT device. It doesn’t even matter what operating system is being used. The attackers can take advantage of its CPU cycles for their illegitimate purposes with any OS. Even IoT devices with limited processing power can be recruited: the Mirai botnet has taught us what multiple IoT devices can do when working together. And it’s not a coincidence that a variant has been repurposed to mine cryptocurrency, and the same botnet has also spawned Satori, a variant infecting mining rigs, hijacking the device owner’s mining credentials. In fact, hacking multiple IoT devices can be rewarding: according to a recent estimate, 15,000 hacked internet-connected gadgets can mine $1,000 of cryptocurrency in just four days. Not shabby considering that by 2020, there will be over 20 billion internet-connected devices.

Multiple infection mechanisms

Since malicious miners can be injected in virtually any device, multiple infection vectors can be used such as brute-force attacks, unpatched vulnerabilities, or compromised websites (drive-by cryptomining). The timelines of cyberattacks that I collect each month highlight the attackers’ creativity and their ability to find new ways to carry out these attacks.

Similar techniques can be used to compromise both client and servers, making new slaves for the cryptominer botnets. The Smomirnu botnet and Wannamine malware are two examples of threats exploiting the infamous EternalBlue vulnerability (CVE-2017-144) to spread. Even existing malware can be rewritten to mine cryptocurrency, or to add this “feature” to the existing ones.

In reality clients are even more exposed since they can mine cryptocurrency simply visiting a web-page hosting a JavaScript miner like Coinhive. Coinhive mines a cryptocurrency called Monero (XMR) and the main reason is that besides being able to stay anonymous with this blockchain, the algorithm used to calculate the hashes, called Cryptonight, was designed to run well on consumer CPUs (what a coincidence).

This is only the tip of the iceberg, since drive-by cryptomining campaigns are becoming bigger, more prevalent and more persistent while you browse the internet. Criminals are now adopting a technique similar to malvertising, injecting the Coinhive code into advertisements supplied by platforms like AOL or Google DoubleClick. It doesn’t even matter if the user leaves the compromised page or closes his browser since the malicious code can be hidden in a tiny ‘pop-under’ window hidden behind the Windows taskbar. This makes it persistent and invisible to the user. There have also been cases of malicious browser extensions injecting Coinhive directly into your browser.

The role of the cloud

The list of the five most new dangerous attacks presented by the SANS institute at the last RSA Conference includes both cloud storage data leakage and monetisation of compromised systems via cryptominers. Data leakage in the cloud is often the consequence of misconfigurations like wrong permissions or lack of an adequate password protection. Apart from stealing data, the same misconfigurations can be used by crooks to spin-up their own instances and use them to mine cryptocurrency at the expense of the victim, with the concrete possibility that the latter will not detect the attack until the next bill. A deadly combination of these two attack techniques listed by the SANS Institute has already hit some high-profile victims like Tesla, whose public cloud was used to mine cryptocurrency.

There are also some additional risks. Miners can use known cloud services to spread more quickly inside organisations (Netskope Threat Research Labs discovered a Coinhive miner resident in a Microsoft Office 365 OneDrive for Business instance), or also to avoid detection (like in case of Zminer and Xbooster that download payloads from Amazon S3 cloud storage).

Out-crafting the cryptojacker

The good news is that businesses can reduce their risk of exposure to cryptojacking by enforcing policies such as:

  • Scanning all uploads from unmanaged devices to sanctioned cloud applications for malware
  • Scanning all uploads from remote devices to sanctioned cloud applications for malware
  • Scanning all downloads from unsanctioned cloud applications for malware
  • Scanning all downloads from unsanctioned instances of sanctioned cloud applications for malware
  • Enforcing quarantine/block actions on malware detection to reduce user impact
  • Blocking unsanctioned instances of sanctioned/well known cloud apps, to prevent attackers from exploiting user trust in cloud. While this seems a little restrictive, it significantly reduces the risk of malware infiltration attempts via cloud

These policies combined with an effective patch management process for clients and servers; an updated corporate antivirus the latest releases and patches; and the use of Ad-blockers or browser extensions like NoScript can help to prevent drive-by cryptomining attacks.

Criminals are savvy, smart and are always on the lookout for the opportunity to exploit what they can, when they can, so don’t give them the chance. These preventative measures are effective and offer the barrier you need to protect yourself against mounting cryptojacking attacks and stop them in their tracks.

 

This article was originally published on Cloud Tech.

author image
Paolo Passeri
Paolo supports Netskope’s customers in protecting their journey to the cloud and is a security professional, with 20+ years experience in the infosec industry. He is the mastermind behind hackmageddon.com, a blog detailing timelines and statistics of all the main cyber-attacks occurred since 2011. It is the primary source of data and trends of the threat landscape for the Infosec community.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog