ソリューションAWS、Azure、GCP 向けのNetskopeセキュリティ

AWS、Azure、
GCP 向けのセキュリティ

すべてのパブリッククラウドデプロイメントにわたって一貫したセキュリティを提供します。Netskopeは、Amazon、Microsoft、Googleなどのクラウドサービスプロバイダー(CSP)がコンピューティングインスタンス、データベース、オブジェクトストレージサービスに対してネイティブに提供するセキュリティを補完し、それを拡張、発展させることにより、データリスクや高度な脅威に対する可視性を提供します。

パブリッククラウドインフラストラクチャの保護

API を使用して AWS、Azure、GCP Netskope と統合することで、管理対象のすべての IaaS サービスと PaaS サービスのインベントリと構成を可視化できます。それにより潜在的なリスクを特定して対処できます。さらに、Netskopeのインライン機能により、認可と非認可(勝手に使用されているものなど)の両方のIaaS環境にわたる可視性が拡張され、リアルタイムの制御が可能になり、セキュリティ体制を維持できます。

AWS、Azure、GCP の可視性の提供

01

マルチクラウドインベントリの可視化

AWS、Azure、GCP 全体にわたり、リソースに関する重要な情報を収集して要約し、パブリッククラウド全体のフットプリントを理解しやすくします。

詳しく見る
02

マルチクラウド構成とコンプライアンスを可視化

さまざまなクラウドリソースとサービスの構成や、NIST、CIS、PCI-DSS などのベンチマークへのコンプライアンス、さらには独自に作成可能なカスタムルールへの準拠状況も可視化します。

詳しく見る
03

保存しているデータを可視化

SaaS アプリケーションで使用されるデータ漏洩防止 (DLP) プロファイルのメリットをパブリッククラウドに拡張し、AWS (S3) および Azure (BLOB コンテナ) のストレージバケットをスキャンして、機密データを保護したりマルウェアを特定します。

詳しく見る
04

管理されていない IaaS アクティビティに対する可視性 & の制御

Cloud XD をベースにしたインラインの可視性とコントロールを使用して、ネイティブのクラウド制御を強化し、AWS、Azure、GCP(Shadow IT)の非認可インスタンス間で行われる CLI でのアクティビティを明らかにします。

詳しく見る
05

内部関係者による脅威の可視化と制御

典型的な API ベースの CSP 管理機能を超える、強化されたインライン制御を独自に提供します。

詳しく見る

マルチクラウドインフラストラクチャ環境を導入するには、すべてのプラットフォームで機能する一貫したツールが必要です。Netskopeが、クラウド環境全体を効果的に管理するためのツールセットになります。

Raman Pillai 、IT責任者、 Ather Energy

大企業での採用

リソース

デモをリクエスト

ライブデモを見るには、Netskopeの担当者に連絡してください。