ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • Security Service Edge Products

    Protect against advanced and cloud-enabled threats and safeguard data across all vectors.

  • Borderless SD-WAN

    Confidently provide secure, high-performance access to every remote user, device, site, and cloud.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Gartner® Quick Answer:NetskopeのInfiot買収はSD-WAN、SASE、SSEプロジェクトにどのような影響を与えますか?

レポートを読む
Quick Answer: How Does Netskope’s Acquisition of Infiot Impact SD-WAN, SASE and SSE Projects?

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • 導入企業

    Netskopeは、フォーチュン100の25以上を含む世界中の2,000以上の顧客にサービスを提供しています。

  • カスタマーソリューション

    お客様のため、Netskopeでお客様の成功を確実にすべく、あらゆるステップを共に歩んでまいります。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
Woman smiling with glasses looking out window

Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

詳しくはこちら
Netskope Professional Services

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 15: Building Permanent Security Awareness

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling

ハイブリッドワーク

オレンジのプラス記号
ハイブリッドワーカーの真の可能性を引き出し、高速で信頼性の高いユビキタスアクセスによって企業の俊敏性を高めるとともに、統合されたクラウドネイティブなセキュリティプラットフォームによってセキュリティリスクと複雑さを軽減します。
プラス記号の画像
ハイブリッドワークについて
オレンジのプラス記号

Netskopeは、優れたハイブリッドワークエクスペリエンスを提供

ハイブリッドワークモデルをうまく導入することで、生産性の向上と不動産コストの削減を実現し、同時に従業員の採用と定着率を向上させることができます。しかし、成功するハイブリッドワークアプローチとはどのようなものでしょうか?

  • どこからでも仕事が可能: 自宅やプライベートネットワークから、ウェブ、クラウド、プライベートアプリケーションのリソースに高速かつ安全にアクセスすることができます。
  • ブランチトランスフォーメーション: よりスピーディで、より効率的なネットワークアーキテクチャで、オフィスに戻ることができます。
  • あらゆるデバイス: 企業や個人のデバイスから同じように効率的に作業でき、IoT環境でも安全にやり取りができます。
Superior hybrid work experience
オレンジのプラス記号

ハイブリッドワークは、
  安全なデジタルトランスフォーメーションから始まる

安全な基盤でデジタルトランスフォーメーションを促進する

セキュリティは、ネットワーク、クラウド、またはデータ変換プロジェクトのほとんどにおいて、依然として最大の障害の1つとなっています。統合セキュリティプラットフォーム上に構築することで、組織の変革を成功させ、ハイブリッドワーク環境の可能性を最大限に引き出すことができます。

  • 単一のクラウドセキュリティプラットフォーム (Intelligent SSE) を通じて、ハイブリッドワーカーをチャネル化
  • すべてのトランスフォーメーションステージでゼロトラストを実現 (ゼロトラスト)
  • 他にはない脅威からの保護 (脅威からの保護)
  • クラウドの外部漏洩に対するリスクを360°のアクティビティで管理 (Advanced Analytics)
  • 危険なユーザーの行動を監視 (インサイダーリスク)
  • ハイブリッドエンタープライズにおけるIoTデバイスの発見、管理、保護 (IoT Security)
  • 優れたエンドツーエンドのデジタル体験を実現 (Digital Experience Management)
ネットワークトランスフォーメーション

トラフィックの大部分はインターネットに向けられていますが、ほとんどの企業アーキテクチャでは、リモートユーザーや支店がセキュリティ検査のためにすべてを本社ネットワークにルーティングする必要があります。ネットワークトランスフォーメーションは、最新かつ最速のアクセス技術を活用し、より効率的なダイレクトトラフィックフローでハイブリッドワーク環境を加速させるものです。

  • パフォーマンスを犠牲にすることなくセキュリティを実現 (NewEdge)
  • VPNを超える (ZTNA)
  • より良い、より高速なオフィスに戻る(SD-WAN)
  • デバイスからクラウドまでのユーザー可視化の実現 (Digital Experience Management)
クラウドトランスフォーメーション

平均的な企業では2,415のクラウドアプリケーションが使用されており、2023年には全企業ワークロードの70%がクラウドに移行すると言われています。ハイブリッドワークプレイスがすべてのアプリケーションとデータへのユビキタスアクセスを享受できるようにするためには、企業はクラウド変革の道のりを完了できるようにしなければなりません。

  • 安心してクラウドアプリケーションとサービスを導入する (CASB)
  • 組織のすべてのクラウドサービスとそのコンテキストを把握 (リスクインサイト)
  • マルチクラウド環境全体でセキュリティとコンプライアンスを確保 (Public Cloud Security)
  • SaaSアプリケーションの継続的な監視と評価 (SSPM)
データトランスフォーメーション

データは、企業の意思決定と競争力を左右するものであり、今日、そのデータは膨大な数のデバイス、ネットワーク、アプリケーションにまたがって拡大しています。データがどこに存在し、どこに移動しようとも、その可視性と制御を拡大することで、企業はハイブリッドワークを推進するために必要な燃料を手に入れることができます。

セキュリティは、ネットワーク、クラウド、またはデータ変換プロジェクトのほとんどにおいて、依然として最大の障害の1つとなっています。統合セキュリティプラットフォーム上に構築することで、組織の変革を成功させ、ハイブリッドワーク環境の可能性を最大限に引き出すことができます。

  • 単一のクラウドセキュリティプラットフォーム (Intelligent SSE) を通じて、ハイブリッドワーカーをチャネル化
  • すべてのトランスフォーメーションステージでゼロトラストを実現 (ゼロトラスト)
  • 他にはない脅威からの保護 (脅威からの保護)
  • クラウドの外部漏洩に対するリスクを360°のアクティビティで管理 (Advanced Analytics)
  • 危険なユーザーの行動を監視 (インサイダーリスク)
  • ハイブリッドエンタープライズにおけるIoTデバイスの発見、管理、保護 (IoT Security)
  • 優れたエンドツーエンドのデジタル体験を実現 (Digital Experience Management)

トラフィックの大部分はインターネットに向けられていますが、ほとんどの企業アーキテクチャでは、リモートユーザーや支店がセキュリティ検査のためにすべてを本社ネットワークにルーティングする必要があります。ネットワークトランスフォーメーションは、最新かつ最速のアクセス技術を活用し、より効率的なダイレクトトラフィックフローでハイブリッドワーク環境を加速させるものです。

  • パフォーマンスを犠牲にすることなくセキュリティを実現 (NewEdge)
  • VPNを超える (ZTNA)
  • より良い、より高速なオフィスに戻る(SD-WAN)
  • デバイスからクラウドまでのユーザー可視化の実現 (Digital Experience Management)

平均的な企業では2,415のクラウドアプリケーションが使用されており、2023年には全企業ワークロードの70%がクラウドに移行すると言われています。ハイブリッドワークプレイスがすべてのアプリケーションとデータへのユビキタスアクセスを享受できるようにするためには、企業はクラウド変革の道のりを完了できるようにしなければなりません。

  • 安心してクラウドアプリケーションとサービスを導入する (CASB)
  • 組織のすべてのクラウドサービスとそのコンテキストを把握 (リスクインサイト)
  • マルチクラウド環境全体でセキュリティとコンプライアンスを確保 (Public Cloud Security)
  • SaaSアプリケーションの継続的な監視と評価 (SSPM)

データは、企業の意思決定と競争力を左右するものであり、今日、そのデータは膨大な数のデバイス、ネットワーク、アプリケーションにまたがって拡大しています。データがどこに存在し、どこに移動しようとも、その可視性と制御を拡大することで、企業はハイブリッドワークを推進するために必要な燃料を手に入れることができます。

プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

デジタルトランスフォーメーションは進行中

5%
デジタルトランスフォーメーションの成功率
プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

デジタルトランスフォーメーションは進行中

2,415
平均的な企業が使用するクラウドサービスやアプリ
ソース: Netskope Cloud and Threat Report
プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

デジタルトランスフォーメーションは進行中

175ZB
2025年の世界のデータ量
出典:IDC Data Age 2025

主な利点

01

優れたユーザーエクスペリエンスで企業の俊敏性を高める

ウェブ、クラウド、プライベートアプリケーションに、場所やデバイスを問わずいつでもダイレクトかつ安全にアクセスできるため、ユーザーの生産性を最大化し、ハイブリッドワークフォースでのリアルタイムのコラボレーションを可能にします。

Netskopeの低遅延統合シングルパスセキュリティアーキテクチャとNewEdgeセキュリティプライベートクラウドにより、従来のネットワークセキュリティソリューションの障害となっていたパフォーマンスの非効率性や、セキュリティ制御を完全にバイパスするリスクを排除することができます。

02

ネットワーク全体のセキュリティの比類のない可視化と制御を実現

比類のないゼロトラストセキュリティ、可視性、および制御を、ウェブ、クラウドアプリ、プライベートアプリの使用、およびIoTデバイスに拡張します。NetskopeのAIとMLを活用したデータ保護、リスク管理、脅威からの保護などの機能は、ハイブリッドワークフォースはどこから接続しても安全であることを保証します。Netskopeの高度な行動分析により、企業やネットワークは従来とは異なる脅威から解放されます。

03

統合とネットワーク変革によるコストと複雑性の最小化

Netskope Intelligent SSEのCASB、SWG、ZTNA、DLP、FWaaS、SD-WANとの統合によりインフラストラクチャとポリシーを融合し、最高水準のネットワーキングとセキュリティ機能を提供する統一SASEアーキテクチャを通じて、より大きなコスト削減と運用効率を実現するために運用の強化と簡素化 を行います。従来のセキュリティの非効率性やネットワークパフォーマンスのトレードオフを気にすることなく、安全なネットワーク変革を推進します。

プラス記号の画像
Gartner のレポート
オレンジのプラス記号

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

ネットスコープは、Gartner®社のセキュリティサービスエッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。SSEは、SASEアーキテクチャに不可欠な一連のセキュリティサービスであり、ユーザーエクスペリエンスを低下させることなく、クラウドのユーザーや保存データを保護します。レポートでは、ネットスコープがリーダーの1社として位置付けられた理由を紹介しているほか、

 

クラウドとデータのセキュリティを第一に考えたNetskopeのSSEで、SASEの導入を成功に導きます。

2022年度Gartner セキュリティサービスエッジのマジック・クアドラント
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Intelligent SSEプラットフォームは、ハイブリッドワークを可能にし、リスク管理とデータ保護を再定義し、運用を簡素化します。
01  03
引用
Netskopeを選択したのは、あらゆる可能な導入オプションを提供し、新しいユースケースや要件が発生しても簡単に対応できる唯一のクラウドセキュリティプラットフォームだったからです。」
CIO
金融サービス会社
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Intelligent SSEプラットフォームは、ハイブリッドワークを可能にし、リスク管理とデータ保護を再定義し、運用を簡素化します。
02  03
引用
Netskopeは、リモートワーカーのウェブサイトやクラウドアプリケーションへのアクセスを保護、管理し、ゼロトラストネットワークアクセスを使用してリモートワーカーをプライベートアプリケーションにシームレスかつ安全に接続するためのグローバルに利用可能なセキュリティクラウドを提供します。」
情報セキュリティ担当副社長兼役員
中規模企業卸売流通会社
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Intelligent SSEプラットフォームは、ハイブリッドワークを可能にし、リスク管理とデータ保護を再定義し、運用を簡素化します。
03  03
引用
Netskopeのおかげで、パンデミックによって会社にリモートワークが強制された後、データを保護、監視する方法に大きな自信を持つことができました。」
Security Analyst
金融サービス会社
オレンジのプラス記号

Hybrid work
   use case videos

In these videos, Vice President of Strategy and Chief Evangelist, Bob Gilbert, walks through five different use cases that show how customers are leveraging the Netskope SASE platform to help enable hybrid work.

Provide a fast SSE on-ramp and app assurance

 
Understand SaaS usage and risk

Build security awareness with active user coaching

Secure access to private apps

あらゆる場所でのデータ保護

 

プラス記号の画像
リソース
オレンジのプラス記号

ハイブリッドワーク
   リソース

ブルーのプラス記号
ソリューション概要
Netskope でのハイブリッド作業の有効化
ブルーのプラス記号
見解
適切なセキュリティにより、ハイブリッド作業の成功を実現
ブルーのプラス記号
ブログ
SASEによるハイブリッド作業モデルの変革
ブルーのプラス記号
チェックリスト
安全なハイブリッド作業のための6つの重要な考慮事項
ブルーのプラス記号
ブログ
適切な基盤技術が「ハイブリッドで柔軟な」職場を可能にする
ブルーのプラス記号
ビデオ
Straight Talk Series: Secure Cloud Collaboration

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化