ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら Support Portal
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 11: Empowering People for a Secure Future

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
製品 パブリッククラウドセキュリティソリューション

パブリッククラウド      セキュリティ

オレンジのプラス記号
御社のマルチクラウド環境の可視性、コントロール、コンプライアンスを高めます。また、パブリッククラウドストレージサービスをスキャンして、機密性の高いデータを特定・保護し、マルウェアを検出します。
プラス記号の画像
パブリッククラウドセキュリティの概要
オレンジのプラス記号

単一のコンソールから複数のパブリッククラウドを監視して保護

NetskopeはAPI対応のコントロールとリアルタイムのインライン保護を組み合わせるという独自の方法により、パブリッククラウド展開のリスクや脅威、安全でないデータなどのコンプライアンス問題を継続的に評価することができ、他のCloud Security Posture Management(CSPM)ソリューションの先を行く存在です。また、クラウドサービスにおける構成ミスの検出と修復を簡素化し、データの移動を監視して、データ損失や不注意によるデータ漏えいを防ぎます。

パブリッククラウドセキュリティ:自信を持ってマルチクラウドサービスを採用し、保護する
オレンジのプラス記号

主な機能と
利点

Netskopeは単一のコンソールから御社のマルチクラウド資産を継続的に監視し、保護することで、リスクを削減し、コンプライアンスを維持します。

Continuous security assessment

単一で直感的なコンソールを使用して、複数のパブリッククラウドにわたるセキュリティ構成、リソース、およびサービスを監視および監査します。

  • 業界標準、CIS ベンチマーク、NIST、PCI_DSS、HIPAA などの規制フレームワークに対してクラウド構成を継続的に監視および監査
  • APIベースとリアルタイムのインライン保護を組み合わせて、パブリッククラウドを保護します。
  • 特定のユースケースに対応するロールベースのアクセス制御(RBAC)を提供します。
  • リソースを誤ってインターネットに公開し、攻撃に対して脆弱にする可能性のある一般的な構成ミスを特定し、自動的に修復できます。
  • 自動ワークフローと専門家による提案の提供、セキュリティ態勢の改善、コンプライアンスの確保
  • 監査人や社内チームに事前定義およびカスタムコンプライアンスレポートを提供
  • AWS、Azure、GCP全体で統一されたポリシー制御を備えた単一のコンソールを提供します。
高度なデータ損失防止 (DLP)

AWS、Azure、GCPクラウドに保管されている機密性の高いデータを特定し、保護します。また、クラウドサービス間で移動されるデータを監視・コントロールし、クラウドネイティブな監査ログ、VPCフローログ、その他のデータソースの可視性を強化します。

  • すでに保存されている、およびアップロード・ダウンロードなどの移動中のデータを保護
  • 事前定義規制・ベストプラクティスコンプライアンステンプレートを提供
  • 3000以上の言語に依存しないデータ識別子を使用して、1500以上のファイルタイプを検査
  • クラウドプロバイダーのGUIを介して、またはCLIでプログラムによるコピーと同期を実行して、ユーザーが管理対象外のストレージバケットまたはBlobにデータをアップロードしようとすることを判別して、アップロードされる前にブロックします(デモを参照)。
  • インラインでの実現のためにAPIベースのインサイトをNetskope Security Cloudポリシーに付与
  • ファイルとバイナリフィンガープリント、光学式文字認識 (OCR)を含む
  • 構造化コンテンツに正確なデータマッチングを提供
  • マシンラーニングベースの文書・画像分類を使用して高効率を実現
内部関係者による脅威からの保護

API対応とインライン保護の独自の組み合わせを使用して、悪意のある内部関係者からの脅威とデータ漏洩を検出し、阻止します。

  • 管理された企業のストレージサービスから管理されていないストレージサービスへのデータの引き出しを禁止するポリシーを作成して適用します。
  • UEBAを使用して、データの抜き出し、クレデンシャルの侵害、マルウェアなどの内部関係者による脅威を阻止します。
  • AWSコンソール、CLI、サードパーティアプリの使用にかかわらず、一括ダウンロードやデータのコピーといったリスクの高いアクティビティと異常を特定して阻止します。
  • 「企業所有」(管理されている)バケットのコピー/同期を許可します。
  • 「企業所有」(管理されていない)バケットのコピー/同期をブロックまたは制限します。
高度な脅威防御(ATP)

静的および動的なウイルス対策検査、マルウェア対策、ユーザー行動異常検出、ヒューリスティック分析、サンドボックス分析などの多層脅威検出を利用して、検出しにくい高度な攻撃を発見します。

  • 自動ポリシーとワークフローを提供し、クラウドの脅威の影響を阻止または逆転させるリアルタイムな対応
  • Netskope Threat Research Labsによって強化され、常に更新され続けています
  • リアルタイムの完全ファイル検査を実施し、マルウェアを検出してブロックする
  • SOC調査と脅威ハンティングのための豊富なメタデータを提供
  • 機械学習を搭載した異常検出機能を使用して脅威への対応を迅速化および簡素化します。
  • 40以上の脅威インテリジェンス(TI)フィードに加えて、カスタムIOCハッシュとURLフィードを使用し、STIX/TAXIIフォーマットを介してTIを共有します。
  • EDR、SIEM、SOAR、サードパーティの統合のためのオープンREST APIの提供
リアルタイムのインライン可視性と制御

マネージド "シャドウ IaaS" サービス間のアクセスを識別および制限するきめ細かなコントロールを使用して、パブリック クラウド リソースをリアルタイムで監視および保護します。

  • リアルタイム制御とAPI対応制御の両方を使用したクラウド・データアクティビティの可視性の向上
  • Netskope Cloud XDを使用してアクティビティをリアルタイムでデコードし、80以上のパブリッククラウドサービスにわたってユーザー、グループ、組織単位(OU)でアクティビティレベルの制限を配置します。
  • クラウドプロバイダーの管理コンソールおよびCLIを介して実行されるアクションの可視性と制御を提供
プライベートアプリケーションへの安全なアクセス

ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)機能を使用してパブリッククラウド内のアプリケーションへのアクセスをセキュリティで保護し、プライベートアプリケーションのパブリックエクスポージャーを軽減しながら、企業データセンターを介して非効率的に「ヘアピン」アクセスする必要がなくなります。

  • エンドツーエンドのTLS (v1.3) 暗号化トンネルを使用して、リモートユーザーのデバイスとプライベートアプリケーション間の安全な接続を提供
  • ブラウザベースを含む複数のアプリケーションアクセス方法をサポートします(例: HTTP/HTTPS)および非ウェブ/シックアプリケーション(例: SSH, RDP)
  • 認証・承認済みユーザーのみが、選択したプライベートアプリケーションにアクセスできるようにします。
  • Microsoft Active Directoryやシングルサインオン(SSO)プロバイダーと統合し、ユーザーやグループ、組織単位を理解します。
  • 特定のセキュリティ体制を満たす企業の管理対象デバイスのみがプライベート・アプリケーションにアクセスできるようにします。
  • ユーザー、グループ、OU、デバイスの分類、オペレーティングシステムなどの条件に基づいてプライベートアプリケーションに対するアクセス権限を制限または許可するため、インラインの精細なポリシーを提供します。
  • Netskope NewEdgeを介して最適なルーティングを提供 - 低レイテンシ、大容量、スケーラブルなグローバルネットワークインフラストラクチャ

単一で直感的なコンソールを使用して、複数のパブリッククラウドにわたるセキュリティ構成、リソース、およびサービスを監視および監査します。

  • 業界標準、CIS ベンチマーク、NIST、PCI_DSS、HIPAA などの規制フレームワークに対してクラウド構成を継続的に監視および監査
  • APIベースとリアルタイムのインライン保護を組み合わせて、パブリッククラウドを保護します。
  • 特定のユースケースに対応するロールベースのアクセス制御(RBAC)を提供します。
  • リソースを誤ってインターネットに公開し、攻撃に対して脆弱にする可能性のある一般的な構成ミスを特定し、自動的に修復できます。
  • 自動ワークフローと専門家による提案の提供、セキュリティ態勢の改善、コンプライアンスの確保
  • 監査人や社内チームに事前定義およびカスタムコンプライアンスレポートを提供
  • AWS、Azure、GCP全体で統一されたポリシー制御を備えた単一のコンソールを提供します。

AWS、Azure、GCPクラウドに保管されている機密性の高いデータを特定し、保護します。また、クラウドサービス間で移動されるデータを監視・コントロールし、クラウドネイティブな監査ログ、VPCフローログ、その他のデータソースの可視性を強化します。

  • すでに保存されている、およびアップロード・ダウンロードなどの移動中のデータを保護
  • 事前定義規制・ベストプラクティスコンプライアンステンプレートを提供
  • 3000以上の言語に依存しないデータ識別子を使用して、1500以上のファイルタイプを検査
  • クラウドプロバイダーのGUIを介して、またはCLIでプログラムによるコピーと同期を実行して、ユーザーが管理対象外のストレージバケットまたはBlobにデータをアップロードしようとすることを判別して、アップロードされる前にブロックします(デモを参照)。
  • インラインでの実現のためにAPIベースのインサイトをNetskope Security Cloudポリシーに付与
  • ファイルとバイナリフィンガープリント、光学式文字認識 (OCR)を含む
  • 構造化コンテンツに正確なデータマッチングを提供
  • マシンラーニングベースの文書・画像分類を使用して高効率を実現

API対応とインライン保護の独自の組み合わせを使用して、悪意のある内部関係者からの脅威とデータ漏洩を検出し、阻止します。

  • 管理された企業のストレージサービスから管理されていないストレージサービスへのデータの引き出しを禁止するポリシーを作成して適用します。
  • UEBAを使用して、データの抜き出し、クレデンシャルの侵害、マルウェアなどの内部関係者による脅威を阻止します。
  • AWSコンソール、CLI、サードパーティアプリの使用にかかわらず、一括ダウンロードやデータのコピーといったリスクの高いアクティビティと異常を特定して阻止します。
  • 「企業所有」(管理されている)バケットのコピー/同期を許可します。
  • 「企業所有」(管理されていない)バケットのコピー/同期をブロックまたは制限します。

静的および動的なウイルス対策検査、マルウェア対策、ユーザー行動異常検出、ヒューリスティック分析、サンドボックス分析などの多層脅威検出を利用して、検出しにくい高度な攻撃を発見します。

  • 自動ポリシーとワークフローを提供し、クラウドの脅威の影響を阻止または逆転させるリアルタイムな対応
  • Netskope Threat Research Labsによって強化され、常に更新され続けています
  • リアルタイムの完全ファイル検査を実施し、マルウェアを検出してブロックする
  • SOC調査と脅威ハンティングのための豊富なメタデータを提供
  • 機械学習を搭載した異常検出機能を使用して脅威への対応を迅速化および簡素化します。
  • 40以上の脅威インテリジェンス(TI)フィードに加えて、カスタムIOCハッシュとURLフィードを使用し、STIX/TAXIIフォーマットを介してTIを共有します。
  • EDR、SIEM、SOAR、サードパーティの統合のためのオープンREST APIの提供

マネージド "シャドウ IaaS" サービス間のアクセスを識別および制限するきめ細かなコントロールを使用して、パブリック クラウド リソースをリアルタイムで監視および保護します。

  • リアルタイム制御とAPI対応制御の両方を使用したクラウド・データアクティビティの可視性の向上
  • Netskope Cloud XDを使用してアクティビティをリアルタイムでデコードし、80以上のパブリッククラウドサービスにわたってユーザー、グループ、組織単位(OU)でアクティビティレベルの制限を配置します。
  • クラウドプロバイダーの管理コンソールおよびCLIを介して実行されるアクションの可視性と制御を提供

ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)機能を使用してパブリッククラウド内のアプリケーションへのアクセスをセキュリティで保護し、プライベートアプリケーションのパブリックエクスポージャーを軽減しながら、企業データセンターを介して非効率的に「ヘアピン」アクセスする必要がなくなります。

  • エンドツーエンドのTLS (v1.3) 暗号化トンネルを使用して、リモートユーザーのデバイスとプライベートアプリケーション間の安全な接続を提供
  • ブラウザベースを含む複数のアプリケーションアクセス方法をサポートします(例: HTTP/HTTPS)および非ウェブ/シックアプリケーション(例: SSH, RDP)
  • 認証・承認済みユーザーのみが、選択したプライベートアプリケーションにアクセスできるようにします。
  • Microsoft Active Directoryやシングルサインオン(SSO)プロバイダーと統合し、ユーザーやグループ、組織単位を理解します。
  • 特定のセキュリティ体制を満たす企業の管理対象デバイスのみがプライベート・アプリケーションにアクセスできるようにします。
  • ユーザー、グループ、OU、デバイスの分類、オペレーティングシステムなどの条件に基づいてプライベートアプリケーションに対するアクセス権限を制限または許可するため、インラインの精細なポリシーを提供します。
  • Netskope NewEdgeを介して最適なルーティングを提供 - 低レイテンシ、大容量、スケーラブルなグローバルネットワークインフラストラクチャ
プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

御社のパブリッククラウド環境の危険性

>99%
クラウド環境の侵害は、2025年までの防ぐことが可能な構成ミスやエンドユーザーのミスに起因します。
出典:Gartner 2021 Hype Cycle for Cloud Security
プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

御社のパブリッククラウド環境の危険性

65%
IT部門の上級管理職はセキュリティとコンプライアンスのリスクがクラウドのメリットを享受する上での最大の障壁であると強く感じています
出典:Accenture Secure Cloud report, 2021
プラス記号の画像
主な統計
オレンジのプラス記号

御社のパブリッククラウド環境の危険性

93%
Netskopeを利用することでアプリとクラウドサービスの可視性とコントロールが高まったと語るIT企業。
出典:TechValidate survey of 168 users of Netskope
オレンジのプラス記号

パブリッククラウドセキュリティの
主なユースケース

マルチクラウドのリソースとサービスを簡単かつ選択的に表示

精細なフィルタを適用できる単一の直感的なコンソールから、マルチクラウド資産全体にわたって一貫性のある包括的な可視性を獲得しましょう。

コンプライアンスとベストプラクティスの維持

洞察を得て、NIST CSF、PCI-DSS、CIS構成チェック、クラウドベンチマーク、ベストプラクティスなどの業界標準と規制を積極的に実施します。 提供されたワークフローにより、レポート作成とインシデント対応を簡素化します。

セキュリティ構成を監査し、データ漏洩を防止

セキュリティ構成を継続的に監視し、インターネットへのデータの不正確さや不注意による公開がないか確認します。 インシデントを自動的に修復するか、推奨されるガイダンスに従って、オープン SSH アクセス (ポート 22) などの危険なネットワーク漏洩を阻止します。

リアルタイム制御で「シャドーIaaS」サービスを検出

アンマネージド IaaS サービスに関するレポートを取得し、リアルタイムの詳細なコントロールを使用して、これらの未承認サービスの使用を制限するポリシーを作成して適用します。

データの抜き出しを阻止して機密性の高いデータすべてを保護

Amazon S3やAzure Blob Storageなどのストレージサービスをスキャンして機密性の高いコンテンツを探し、クラウドデータ保護ポリシーを適用して、データの抜き出しなどの不正なアクセスやアクティビティを阻止します。

ストレージサービス内のマルウェアの検出

クラウドストレージをスキャンして、ストレージバケットやBlobに隠れているマルウェアを検出しましょう。Netskope Threat Protectionは、AWSとAzureに包括的な脅威防御を提供します。

精細なフィルタを適用できる単一の直感的なコンソールから、マルチクラウド資産全体にわたって一貫性のある包括的な可視性を獲得しましょう。

洞察を得て、NIST CSF、PCI-DSS、CIS構成チェック、クラウドベンチマーク、ベストプラクティスなどの業界標準と規制を積極的に実施します。 提供されたワークフローにより、レポート作成とインシデント対応を簡素化します。

セキュリティ構成を継続的に監視し、インターネットへのデータの不正確さや不注意による公開がないか確認します。 インシデントを自動的に修復するか、推奨されるガイダンスに従って、オープン SSH アクセス (ポート 22) などの危険なネットワーク漏洩を阻止します。

アンマネージド IaaS サービスに関するレポートを取得し、リアルタイムの詳細なコントロールを使用して、これらの未承認サービスの使用を制限するポリシーを作成して適用します。

Amazon S3やAzure Blob Storageなどのストレージサービスをスキャンして機密性の高いコンテンツを探し、クラウドデータ保護ポリシーを適用して、データの抜き出しなどの不正なアクセスやアクティビティを阻止します。

クラウドストレージをスキャンして、ストレージバケットやBlobに隠れているマルウェアを検出しましょう。Netskope Threat Protectionは、AWSとAzureに包括的な脅威防御を提供します。

重要なクラウドサービスを特定して保護する

Netskopeはマルチクラウド資産全体でクラウドサービス、脅威、機密性の高いデータにおけるリスクの高い構成を検出し、セキュリティ体制の強化や侵害からの保護、コンプライアンスの維持を実現します。

AWS

EC2、S3、IAM、Redshift、RDS、ELB、Route 53、Autoscaling、SNS、EKS、Lambdaなどを監視し、保護します。

詳しくはこちら

Microsoft Azure

VMのネットワーク、ストレージ、Webに加え、モバイル、データベース、インテリジェンスとアナリティクス、IoT、エンタープライズ・インテグレーション、セキュリティとID、開発者ツール、監視と管理、Azure ADなどを監視・保護します。

詳しくはこちら

Google Cloud Platform

コンピューターエンジン、ネットワーク、権限、Google Cloud Storageなどを監視・保護します。

詳しくはこちら

AWS

EC2、S3、IAM、Redshift、RDS、ELB、Route 53、Autoscaling、SNS、EKS、Lambdaなどを監視し、保護します。

詳しくはこちら

Microsoft Azure

VMのネットワーク、ストレージ、Webに加え、モバイル、データベース、インテリジェンスとアナリティクス、IoT、エンタープライズ・インテグレーション、セキュリティとID、開発者ツール、監視と管理、Azure ADなどを監視・保護します。

詳しくはこちら

Google Cloud Platform

コンピューターエンジン、ネットワーク、権限、Google Cloud Storageなどを監視・保護します。

詳しくはこちら

Netskope
Security Cloud

比類のない可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現

Netskope Intelligent SSEは、場所やデバイスを問わず、クラウドサービスやウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際に、比類ない可視性を持ってリアルタイムデータの保護と脅威防御を提供します。

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope Security Cloudプラットフォームダイアグラム
プラス記号の画像
Cloud Exchange
オレンジのプラス記号

技術統合のためのクラウドエクスチェンジ

Cloud Exchangeは、貴重なNetskopeテレメトリー、外部脅威インテリジェンス、およびリスクスコアを使用して、より優れたポリシーの実装、サービスチケットの自動作成、Netskope Security Cloudからのログイベントのエクスポートを可能にします。

Cloud Exchangeの図
プラス記号の画像
アナリスト認識
オレンジのプラス記号

業界をリードする当局から信頼されています

2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント
Gartner® Quick Answer: How Does Netskope's Acquisition of Infiot Impact SD-WAN, SASE, and SSE Projects?
2021 IDC MarketScape for Cloud Security Gateways
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Public Cloud Securityは、御社のマルチクラウド環境のセキュリティとコンプライアンスを改善し、今後のビジネスの可能性を高めます。
お客様へ
01  03
引用
「Netskopeのビジョンは今後の当社のセキュリティニーズと合っています。クラウドにあるデータを保護し、脅威から当社を守ってくれる存在です。」
Lester Pallasigue
IT支社長兼役員
MunSiong Engineering Limited
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Public Cloud Securityは、御社のマルチクラウド環境のセキュリティとコンプライアンスを改善し、今後のビジネスの可能性を高めます。
お客様へ
02  03
引用
「マルチクラウドインフラストラクチャ環境を導入するには、すべてのプラットフォームで機能する一貫したツールが必要です。Netskopeが、クラウド環境全体を効果的に管理するためのツールセットになります。」
Raman Pillai
IT部長
Ather Energy
オレンジのプラス記号

大企業での
採用

Netskope Public Cloud Securityは、御社のマルチクラウド環境のセキュリティとコンプライアンスを改善し、今後のビジネスの可能性を高めます。
お客様へ
03  03
引用
「Netskopeのおかげで、当社のクラウド運用における権限管理とセキュリティ管理をまとめることができ、クラウドプラットフォームの資産全体を一目で確認できるようになりました。」
専務取締役
中小企業金融サービス会社
プラス記号の画像
リソース
オレンジのプラス記号

Netskopeのパブリッククラウドセキュリティリソース

ブルーのプラス記号
データシート
Netskope IaaS Storage Scanning
ブルーのプラス記号
ホワイトペーパー
マルチクラウドIaaS環境向けに最適化されたセキュリティ
ブルーのプラス記号
Webinar
マルチクラウドIaaS環境向けに最適化されたセキュリティ
ブルーのプラス記号
ソリューション概要
Netskope for Amazon Web Services
ブルーのプラス記号
ソリューション概要
Netskope and Microsoft Azure
ブルーのプラス記号
ソリューション概要
Netskope for Google Cloud
ブルーのプラス記号
デモ
AWS の継続的なセキュリティ評価

SASEリーダーによるセキュリティ対策強化