ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

Becoming a Non-executive Director
In this episode host Emily Wearmouth welcomes guests Richard Starnes, CISO of Six Degrees, and Homaira Akbari, President and CEO of AKnowledge Partners, for a conversation about the role of a non-executive director (NED).

ポッドキャストを再生する
非常勤取締役になるポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Saving the Coral Reefs: Securing IoT Under the Sea

Apr 21 2024

Thinking outside of the box isn’t always an easy task. Especially when it comes to finding a way to securely connect an IoT device on a buoy in the middle of the ocean to a data centre all the way in Amsterdam. But this kind of project was no match for Brice Renaud, a Solutions Engineer here at Netskope. When he was brought into a project with folks from Orange Business to help out Tenaka, a company focused on creating sustainability solutions for rebuilding marine life. I sat down to chat with Brice about how he got involved in the project, how he tackled some uniquely challenging resource hurdles, and how Netskope can help securely enable IoT devices like the one for this project. Here’s our full conversation.

Max Havey: To start off, can you tell us a bit about this sustainability project with Orange and Tenaka?

Brice Renaud: I have a friend who works on “all things sustainability” for Orange and they found out about the organisation Tenaka, which seeks out specific species of coral to see how they can be regrown. Up until now Tenaka’s process was very manual and time consuming, as they experimented to understand what approaches were working and which ones weren’t. The process required divers being onsite and testing all of the different conditions. The goal was to find a way to fully automate this time-consuming process and somehow turn it into a data science project instead, making the process reproducible and easier to navigate for Tenaka.

Max Havey: How did you come to be involved in this project?

Brice Renaud: Orange was looking to create a device to help automate the process and eventually partnered with an agile hardware-design agency called Yucca Lab to create a buoy with an underwater device (built using Raspberry Pi) that would help gather this data. With those bits covered, they needed a way to securely transport the data gathered from the device back to their data center in Amsterdam. This is where I came in. My friend at Orange knew that I enjoyed working with Raspberry Pi–and thinking outside of the box on projects–and came to me thinking that Netskope could be a good fit to secure everything.

Max Havey: WIth that in mind, how does Netskope fit into this project?

Brice Renaud: There was a specific need to have a secure channel established to transmit the data from Yucca Labs’ device to Orange’s data centre. This is common for many IoT projects where there can be a high susceptibility to attacks as a result of security being deprioritised in the competition for the limited computing power in the device. So I set out to find a way that we could secure and connect the device on the buoy to the Netskope NewEdge infrastructure, establishing a direct channel to the Orange data center. Our cloud-delivered Netskope Intelligent Security Service Edge (SSE), allows us to do all of the filtering on our side to make sure there’s nothing malicious lurking in the data before we push the data to Orange. We are also able to make sure that only NewEdge connected devices are allowed to connect to the Orange data centre, protecting it from the public internet and avoiding a significant attack vector. In theory this would be a pretty easy solution, but the biggest issue we had to deal with was the buoy’s extremely limited space and power budget. Since the buoy is powered by only four solar panels, there’s no energy to waste. 

Max Havey: So, how did you approach overcoming that hurdle?

Brice Renaud: When approaching an IoT project in general, we would usually use our purpose-built Netskope Borderless WAN appliances to provide connectivity and secure the IoT devices. Unfortunately, in this instance our purpose-built IoT devices were not able to meet the very tight power budget we were working with. So, we had some discussion with Yucca Lab and came to the conclusion that the ideal solution would be to run the connectivity functions directly on the Raspberry Pi module powering the buoy. After some configurations, we managed to make the buoy’s Raspberry Pi connect straight to the Netskope NewEdge infrastructure, which in turn connects to Orange’s network to push the data Tenaka collects (counting marine species visiting the new reefs) to their data centre, where they can then perform all of the machine learning that in turn helps Tenaka.

Max Havey: What are some of the specific security concerns Netskope is addressing as part of this project?

Brice Renaud: For this project specifically, we aren’t processing the kind of sensitive data you might have in a medical or industrial environment. Having fish pictures leaked over the internet would have very limited consequences. Instead, we are protecting against other types of threats. We are protecting the cloud infrastructure from attackers that could potentially take control of it and then use its computing power for crypto-mining. We’ve already seen this happen in the recent past and it can cost the victim millions. Another very common misuse could be using infrastructure to host inappropriate content or turn it into a command and control bridgehead. We‘re also protecting the buoy itself, which runs a Linux device, from being exposed on the internet, where it could participate in a command and control network to initiate anonymous attacks on internet-connected targets.

Max Havey: With all of that in mind, what did you learn about this project when it comes to “outside-the-box” thinking?

Brice Renaud: The most interesting part of the project has been to work with a very constrained power-budget, which is unusual in classical IT environments. In most projects, dealing with kW/hour is the norm, while we are dealing here with single digit W/hour. It’s nice to understand that one of the classical benefits of an SSE solution–pushing the heavy lifting to the cloud while delivering best-of-breed security–also applies to power consumption. It’s always very pleasant to create a new solution just by using the components that we already had on the shelf, assembling them in the right way, making a few integrations and embedding our technology into a project that ultimately has a positive impact on the world.

Max Havey: To close us out, why do you think being involved in a project like this is important from an Environmental, Social and Governance (ESG) perspective?

Brice Renaud: In a classical System Engineering job, you rarely have the opportunity to give back to the planet but when I discovered our internal Netskope for Good programme, I thought that this project could be a perfect fit. I initiated a few discussions with our ESG team and they immediately supported the idea. It was the perfect way to demonstrate again that Netskope cares about the world and is ready to use our technology for a good cause and make a more positive impact on the world.

If you’d like to learn more about this collaboration with Orange, Tenaka, and Yucca Labs, please visit the website here. And if you’d like to learn more about Netskope’s ESG efforts, visit our Corporate Social Responsibility page here.

author image
Max Havey
Max Havey is a Content Specialist for Netskope's corporate communications team. He is a graduate from the University of Missouri's School of Journalism with both Bachelor's and Master's in Magazine Journalism. Max has worked as a content writer for startups in the software and life insurance industries, as well as edited ghostwriting from across multiple industries.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog