ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

The 3 Major Shortcomings of Traditional DLP

Feb 07 2023

As digital transformation continues to blossom and cloud adoption increases, we continue to see challenges crop up when it comes to traditional DLP solutions. 

Setting aside the architectural and operational complexity and high cost that comes with traditional DLP, practitioners recognize that existing tools aren’t able to keep up. In fact, modern hybrid work business practices, coupled with an ever-increasing number of SaaS apps (35% increase in number of apps in use in 2022) and data that no longer sits in an on-premises data center, make it clear that the paradigm has shifted. Legacy DLP solutions are quickly going blind as they were designed for a perimeter-centric world. 

To find a way forward, let’s take a deeper look at some of the major shortcomings of legacy DLP solutions and how DLP needs to evolve to keep organizations and their sensitive data safe.

Difficulties supporting cloud and hybrid work

Because traditional DLP solutions were architected as on-premises solutions and anchored by their on-premises infrastructure, they don’t naturally extend to cloud channels. DLP vendors initially found a workaround for data discovery in the cloud through clumsy ICAP integrations with CASB solutions, but this created the first big architectural limitations, which included: 

  • Disjointed technological environments 
  • Hard-to-reconcile policies 
  • Different enforcements 
  • Separate consoles 
  • Considerable latency to enforce protections 

Cloud detection services with REST API connectors offered another approach to connect the on-premises DLP solutions and CASB. But this method only patched some of the problems as opposed to providing a real long-term solution.

What’s more, is that the risks to data have only grown as we’ve entered an increasingly hybrid-enabled work environment.

Hybrid work has resulted in organizations that are highly distributed with branch offices popping up around the globe as they continue to expand their business. And as a result, this growth has left organizations with the burden of having to deal with a sprawling DLP infrastructure, tied to on-premises dependencies and hardware components like proxies, databases, servers, etc. Trying to provide coverage with legacy DLP tools has become a nightmare for many practitioners, as the on-premises architecture must be most likely replicated for all branches. 

To top all of this off, a legacy approach lacks the appropriate coverage for remote employees who are directly connecting to corporate resources on-premises and in the cloud, as well as to risky SaaS apps, unmanaged personal BYOD devices that can connect to corporate assets, and even IoT devices accessing sensitive data. It also requires that remote users would keep their VPN connection on when working outside the office. Without the proper controls and tools in place, organizations are putting their sensitive data at significant risk of undetected data exfiltration.

Unsustainable sprawl and inability to scale

In addition to the difficulties around supporting the cloud and hybrid work, data has also evolved significantly, booming not just in volume but also in variety and velocity. Sensitive information can be embedded in more unstructured formats, like images and screenshots (often taken with poor image quality) that are stored and shared in the cloud or flow through email messages, asynchronous communications on collaboration apps like Slack and Teams, and uploaded to personal instances of corporate SaaS apps (i.e. personal OneDrive vs. corporate OneDrive). As sensitive data becomes harder to identify, it becomes more difficult to protect.

In a hybrid world, legacy solutions can’t scale at cloud speed and have difficulties keeping up with new use cases, new data privacy legislation, and regulatory requirements. They aren’t equipped to ingest and process growing amounts of information or leverage sophisticated machine learning and AI models, at least not without adding more computing power via additional detection servers, larger databases, and voluminous endpoint agents. This approach, besides being very costly, ultimately slows down other computational processes. Therefore many use cases, such as advanced image recognition, correlation of context-based information from many risk vectors, advanced endpoint-based detection, and fingerprinting of large files and datasets, remain unsolvable for organizations still trying to make legacy DLP solution work.  

In addition to this, software updates for traditional DLP solutions are their own nightmare to deal with. These updates notoriously take months or even years and a lot of manual work to go from one version to the next, not taking into account possible system errors and potential loss of data and configurations. As a result, organizations are often behind on DLP version upgrades and aren’t using newer protections (such as, newer data identifiers, newer detection methods, newer compliance policies, etc.) because of the lengthy and resource-intensive updates that they have to go through.

Overwhelming false positives without proper context 

With sensitive data residing and moving to more environments outside the managed data center network and the amount of data constantly growing, the number of incidents has grown to a point that it is now nearly impossible for the incident response team to triage and remediate every incident with the right level of analysis and understanding. The massive number of false positives flood incident response teams—thousands or hundreds of thousands of alerts per day–demand direct attention, but they have to be overlooked for lack of time and bandwidth. As a result, incident response teams have expanded accordingly at a high cost.

Automation and orchestration tools like UEBA have come to assist, helping ingest alerts and figure out a more optimized way to remediate them in bulk. UEBA is an effective tool in symbiosis with DLP, but the UEBA model alone is not sustainable if DLP becomes more and more inaccurate and its gaps become larger. It needs more.

In an effort to offer better context, DLP must shift into a fully integrated zero trust data protection platform, able to ingest and use information from any security source and translate them into actionable policy recommendations and intelligent incident response rules. Continually verifying contextual factors about the user, whether that’s device trust, behavioral trust, app trust, or geolocation, allows for an adaptive, precise response when it comes to trusting a user. 

While these shortcomings are undoubtedly causing issues for security practitioners, there is a way forward. The new white paper “Why You Should and How You Can Move Away from Existing DLP Programs” offers actionable strategies for how you can evolve your legacy DLP program to better secure your organization’s sensitive data while reducing costs and improving efficiency.

author image
Carmine Clementelli
Carmine Clementelli is a security expert and technology leader for data security, CASB, and zero trust at Netskope.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog