Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

企業内でクラウドサービスを安全に採用する方法を説明する、無料の実践的なクラウドセキュリティワークショップにご参加ください。

ワークショップを探す

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ Uncategorized The Fab Five: Five Policies You Can Enforce if You Differentiate Between App Instances
Oct 20 2015

The Fab Five: Five Policies You Can Enforce if You Differentiate Between App Instances

A couple of weeks ago, my colleague Livius Feinbaum, one of our senior systems engineers in New York, wrote a blog entitled “Telling the Difference Makes a Difference With Cloud App Instances” (if you haven’t checked it out, do). In our marketing materials and conversations with prospects, we’ve started emphasizing the idea of differentiating between cloud app instances in cloud access security broker (CASB) tools, but not enough in my opinion. As a reminder, differentiating between cloud app instances means you (or more importantly, your cloud security tools) can tell whether an instance of an app is the corporate-sanctioned or someone’s personal instance.

 

As our customers embrace and, indeed, make cloud services a strategic advantage for their businesses, when it comes to governing and securing those services, they are maturing and realizing how important it is to differentiate between cloud app instances. The reason this is important is because I’ve heard other CASB vendors say “Sanction one app and block the rest at your perimeter.” That sounds beautifully simple if you don’t think about it. But if you DO think about it, the conclusion you’ll come to is that the corporate and personal versions of Box, Dropbox, Google Apps, Evernote, and so on – basically any app that has a personal and corporate version – are not created equal and not used equally. Why on earth would you want to set a one-size-fits-all policy (especially one that is a binary “allow” or “block,” which, by the way, is so yesteryear) on an app like that?

 

Rather than tell you how important I or Netskope customers think this is, the best way to convince you is through examples. Here are the fabulous five – five real-world examples sourced from our customers of meaningful policies they’ve been able to enforce when they can differentiate between app instances.

 

  1. Monitor corporate Box but don’t monitor personal instances
    Many organizations want to monitor activity and data within their corporate-sanctioned instance of an app while respecting the privacy of its individual users.
  2. Monitor corporate Dropbox and only audit activity in personal instances in the case of a suspected event
    Similar to the first policy, some organizations prefer not to monitor personal apps on an ongoing basis unless there’s a suspected event. One of our customers did this only when the organization suspected an employee stole proprietary content. Indeed the employee did, and through that review, the company was able to easily reconstruct the audit trail, prove wrongdoing, and even recover the stolen documents.
  3. Allow upload of sensitive corporate data to corporate Google Drive but not personal instances
    Many organizations like to get more granular in their policies and specify activity (e.g., “upload,” “download to mobile,” “share outside the company,” etc.) as well as data (e.g., DLP profile = “confidential – source code” or DLP fingerprint = “prospect mortgage application”), for corporate versus personal app instances.
  4. Allow sharing outside of the company from a personal instance of Evernote, but not the corporate instance
    Why would an organization care whether a user shares the Little League roster or a babysitter’s “to-do” list outside of the company? Increasingly, people work from home and “home from work.” Organizations that recognize this want to enable people to do the latter and not exert their sharing policies on those personal apps. Yet, they need to adhere to corporate policies for corporate data, and telling the difference makes them effective at doing both.
  5. eDiscover, classify, and secure content in corporate Box but not personal instances
    One of the biggest value propositions of CASB is the ability not just to detect sensitive data en route to or from the cloud, but also within cloud apps. Organizations want to find and secure their sensitive data in corporate-sanctioned apps but don’t not touch people’s personal ones. Differentiating between the two lets them do that.

 

Now you have five critical examples illustrating why it’s important to differentiate between corporate and personal apps.

 

Are there policies you set that rely on differentiating between instances that aren’t mentioned here? Please share them!