ネットスコープ、2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskopeは、フォーチュン100社の30社以上を含む、世界中で3,400社以上の顧客にサービスを提供しています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

SSEのリーダー。シングルベンダーSASEのリーダー。

ネットスコープが2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
顧客ビジョナリースポットライト

Read how innovative customers are successfully navigating today’s changing networking & security landscape through the Netskope One platform.

電子書籍を入手する
顧客ビジョナリースポットライト
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

CIOとCISOの役割の融合
ホストのマックス・ハヴィーが「セキュリティ・ビジョナリーズ」の最新エピソードに出演し、ゲストとしてVantaのCISOであるジェイディー・ハンソンと対談します。

ポッドキャストを再生する
CIOとCISOの役割の融合
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

データ センターの数だけでは見極められないサービス範囲

2020年 8月04日

前回のブログでは、インターネットとの境界でネットワークを構築し、セキュリティ サービスを提供するSecure Access Service Edge(SASE)について解説しました。いかにして「ミドルマイル」を最大活用しているか、お分かりいただけたと思います。このモデルには、アーキテクトの多くがこれまで考えもしなかったコンセプトが、複数採用されています。SASEは、セキュリティ プライベート クラウドの活用と、お客様がベンダーと管理責任を分担するといったアプローチのサービス形態を提唱し、ネットワークやセキュリティ スタックを必要な場所に構築して管理するという従来のモデルに変革を起こしました。

劇的な変革といえますが、同時に、これはとてつもなく大きなチャンスでもあります。お客様は今、ネットワークやセキュリティ基盤を自社で所有·運用することなく、組織拡大計画や重要な経営目標の達成に向け、機敏に動けるようになりました。効果的なデータ保護対策やセキュリティの導入は、立ちはだかる高い壁です。適用範囲をグローバルに広げ、リモートサイトや在宅ワーカー特有のニーズに応えるなど、セキュリティの拡大を試みるものの、実現するのは容易なことではありません。

NetskopeのNewEdgeネットワークについてお話しする際、多くの場合、まず話題にのぼるのがサービス範囲です。理由は分かっています。セキュリティ プライベート クラウドというコンセプトは、簡単に理解できるものではありません。アクセスポイントの位置について話し合うことで、このソリューションの理解を深め、信頼性を確認することができます。サービス範囲について議論をすると、有益な情報がいくつも得られる一方で、市場では多くの誤解が生まれているとも感じます。

今回のブログでは、市場にあるそうした誤解を一部解いていきます。拡大鏡でトピックであるサービス範囲を覗き、その本質を見ていきたいと思います。正しい理解を促すことで、最終的に「より賢い選択」をしていただくことが目的です。事業を守っていくためになにが必要なのかを判断し、最適なクラウド サービスを選びましょう。

虫眼鏡の画像

注目すべきはデータ センターの数より、地域とサービスの実態

データ センターの数からはサービス範囲の実態を正確に認識できないといったら、驚くでしょうか?あるベンダーが自社で所有するデータ センターの数をアピールしたとしましょう。その数が意味するところを把握するには、深く掘り下げる必要があります。例えば、「データ センターはどこにありますか?」と質問してみてください。同じ地域に複数のデータ センターがあった場合、お客様であるあなたはそこからなにかメリットを得られるでしょうか?驚かれるかもしれませんが、現状はこうです。同じ地域にデータ センターを2箇所以上所有する目的は、冗長性の確保ではありません。人口密集地では構造やスケーリングの問題があり、コロケーション サービスも限られているため、分散させているだけです。データ センターが複数ある地域とそうでない地域を比較すると明らかです。

「実際に利用可能なデータセンターはいくつありますか?」という質問も有効です。ベンダーはサービス提供エリア内にデータ センターを分散して設置していますが、各データ センターは地域ごとに一部のお客様しか利用できない、というケースがよくあります。追加料金を支払って新たな契約を結べば、利用できるデータ センターが増えるといった方式をとっている場合もあります。また、多数のデータ センターを保有していると謳いながらも、実のところそのうちのいくつかは、マネージド サービス プロバイダーなど提携企業専用という事例もあります。あるベンダーでは、保有するデータ センター全体の半数以上がこのような専用というかたちであり、ほかのお客様にとってはもはや踏み込むことのできない聖域です。データ センターの総数が多くても、そのうちのほんのひと握りしか使うことができないとすれば、データセンターの数の多さから実際に得られるメリットはありません。これが現実です。

データセンターがすべての顧客に関連しているとは限らないことを示す図。
図1:ベンダーによっては、すべてのデータ センターがお客様に開かれているわけではない

なぜメリットがないかというと、本来のサービス範囲は、ユーザーとSASEエッジ間を接続するにあたり、公共のインターネットへの依存を減らし、遅延を最小限に抑えることを目的としているからです。もし、同じ地域にある2つ目あるいは3つ目のデータ センターをお客様が利用できない、そしてそのデータ センターの目的が冗長性の確保でもないとしたら、お客様はサービス範囲の広さも信頼性の高さも享受することができません。つまり、データ センターを数えたところで、数遊びをしているようなものなのです。

「各データセンターではどういったサービスを提供していますか?」といった質問も投げかけてみてください。さらに驚愕の結果が待ち受けているかもしれません。データ センターによって技術の運用を使い分けているベンダーもいます。つまり、データ センターの数が適正に見えたとしても、お客様が必要とするサービスを創出しているのは、ごく少数かもしれません。もうお分かりだと思いますが、こうした質問を積極的に投げかけていくと、サービス範囲の実態にさらに近づくことができます。適切なセキュリティ機能を備え、自社の需要を満たしてくれるデータセンターであるかどうかを、このようにして明確にしていきましょう。そうすれば、必要な時に必要な場所でサービスにアクセスできる環境を手に入れることができます。

NewEdgeは40の地域にデータ センターを設置し、お客様に世界最大級かつ高性能なセキュリティ プライベート クラウド ネットワークを提供するというコミットメントを掲げています。また、これから数ヵ月に渡って継続的に拡張を図るというプランにも果敢に取り組んでいます。データ センターを100か所以上保有する企業がある中、40という数字は適正でしょうか?答えは、「イエス」です。なぜならば、Netskopeのセキュリティ パッケージをご利用中のお客様であれば、あらゆる地域のデータ センターすべてにアクセスできるからです。これができるのはNewEdgeだけです。もちろん、地域による追加料金や制限がかかることもありません。

トラフィック処理がどこで行われるかを特定

サービス範囲を十分に理解するにあたり、重要な側面がもうひとつあります。コンピューティングがどこで行われているかを探ることです。いい方を変えると、「トラフィック処理はどこで行われていますか?」とたずねてみることです。ベンダーによってアプローチはそれぞれですが、SASEエッジ、つまりセキュリティ ネットワークへの入口となるデータ センターでは、コンピューティングが行われていないことがほとんどです。その主な理由は、コスト削減にあります。コンピューティングの機能を多数の拠点に展開すると、費用がかかり、それよりも、ネットワークへの「進入路」を増やしておき、そこから数少ないコンピューティング拠点にトラフィックを誘導する方が、簡単(かつ安価)に済むことが多いからです。PoP(ポイント オブ プレゼンス)のように見えることから、こうした「進入路」は一般的に仮想ポイント オブ プレゼンス(vPoP)と呼ばれています。しかし現実には、ここから実際の処理を行う別の拠点を通過する必要があるため、トラフィックに遠回りが生じます。vPoPの代表的な例を、以下に図で示します。