ゼロトラストとSASEの未来は今です!オンデマンドで視聴する

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラスト:単なるアイデンティティ以上のもの
このエピソードでは、ホストの Emily Wearmouth が、サイバーセキュリティの専門家である John Kindervag 氏、「ゼロ トラストのゴッドファーザー」である Neil Thacker 氏とともに、ゼロ トラストの概念を探ります。

ポッドキャストを再生する
ゼロトラスト:単なるアイデンティティ以上のもの
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Morgan Sindall Group

境界のない組織をセキュリティで保護する

プロフィール

業界
Morgan Sindall Group - 建設業
地域
Morgan Sindall グループ - 地域
従業員数
Morgan Sindall Group - 従業員
収入
Morgan Sindall Group - 収益

 

Morgan Sindall Group plcは、売上高30億カナダポンド、約6,600人の従業員を擁し、公共部門、規制部門、民間部門で事業を展開する英国の大手建設・再生グループです。 【事業内容】建設・インフラ、フィットアウト、不動産サービス、パートナーシップ住宅、都市再生の5つの部門で事業を展開する。

Netskopeにより、 最適なユーザーエクスペリエンス (自宅のITで得られるものよりも優れたもの)に対する従業員の期待に、 可能な限り安全な方法で応えることができます。

—Neil Binnie氏、Morgan Sindall社、情報セキュリティおよびコンプライアンス担当グループ責任者
Morgan Sindall Group - お客様の声

オンプレミスモデルは、リモートワークの増加に伴い、もはや意味をなさなくなりました。従業員にラップトップを支給し、クラウドコンピューティングに投資すれば、 従業員がどこからでも仕事に必要なものにアクセスできるようになるのは当然のことです。

—Neil Binnie氏、Morgan Sindall社、情報セキュリティおよびコンプライアンス担当グループ責任者
Morgan Sindall Group - お客様の声
01

Challenges

  • ネットワークのヘアピニング、帯域幅の問題、遅延の回避
  • クラウドアプリケーションへの移行をサポート
  • 可視性とセキュリティ制御の向上
02

ソリューション

  • Netskope次世代セキュアWebゲートウェイ(NG-SWG)
  • Netskope Cloud Access Security Broker (CASB)
  • Netskope クラウド信頼度指数 (CCI)
03

業績

  • サードパーティとのコラボレーションのための安全なデータ共有
  • リスクエクスポージャーを詳細に可視化し、ポリシーと意思決定に情報を提供する
  • 承認済みアプリと未承認アプリの両方のセキュリティとデータ保護
6 min read

組織がクラウド アプリケーションのメリットを最大限に引き出せるようにセキュリティを設計する方法 リンク リンク

マッキンゼーによると、建設業界は農業の6,600に次いでデジタルトランスフォーメーションの受け入れに消極的であり、この事実は業界の協力的でダイナミックな性質とは相容れないようです。 Morgan Sindallの情報セキュリティおよびコンプライアンス担当グループ責任者であるNeil Binnie氏は、長年業界に携わっており、デジタルトランスフォーメーションの生産性とコストメリットを、デジタルトランスフォーメーションが運用しなければならない厳しい規制の中で達成するためのベストプラクティスを決定する際に、「会社を保護し、行き過ぎと行き過ぎの間の境界線を歩むのを助ける」と説明しています。

Binnie 氏とチームが直面した課題は、グループが Microsoft 365 などを使用して新しいクラウド アプリケーション モデルを採用している一方で、セキュリティのために時代遅れのオンプレミス アプライアンスを使用していることでした。

Binnie氏は、「当社のWebゲートウェイは、異なるアーキテクチャアプローチのために設計されました。 また、可視性と制御のレベルも限られていました。 オンプレミスモデルは、リモートワークの増加に伴い、もはや意味をなさなくなりました。 従業員にラップトップを支給し、クラウドコンピューティングに投資すれば、従業員がどこからでも仕事に必要なものにアクセスできるようになるのは当然のことです。 しかし、セキュリティのためにデータトラフィックをデータセンターに戻さなければならない場合、帯域幅の問題や遅延の影響を受け、テザリングされたままになります。」

「WebセキュリティをインターネットベースのSaaSモデルに移行したいと考えていたため、最初のRFPではクラウドのセキュアWebゲートウェイに焦点を当てました」とBinnie氏は続けます。

RFPが進むにつれて、Netskopeが明確な最有力候補として浮上しました。 ビニーは、「技術的な機能だけでなく、RFPの企業には他の要件もありました。 長期的な安定性と、英国と欧州での強い存在感を証明するために、彼らが必要でした。 これらの要件は他の企業をプロセスからノックアウトしましたが、Netskopeは乗り越えました。」

RFPはセキュアWebゲートウェイ(SWG)の要件として始まりましたが、その過程で、SWGをCASBおよびDLP機能と組み合わせる機能が大きな利点になることが明らかになりました。

「ガートナーのSASEのビジョンは、当社のビジネス上の課題と非常によく一致しています。 私たちはハイブリッド環境にあり、最終的には、絶えず変化する境界を処理できるセキュリティアプローチが必要です。 統合的なアプローチは、戦術的、日常的な管理ベースでも大きなメリットがあります。 誰が責任を負っているのかを特定するのが難しいので、ギャップは好きではありませんが、セキュリティがどこへ行ってもデータを追跡すれば、それらのギャップはなくなります。」

 

クラウド内でのリアルタイムの脅威とデータ保護 リンク リンク

Netskopeは、クラウドが普及し、セキュリティがどこへ行ってもデータを追跡する必要がある世界のニーズに対応するために、クラウド内に構築されました。 Netskope Security Cloudは、どこからでも、どのデバイスからでも、クラウドサービス、Webサイト、プライベートアプリにアクセスする際に、比類のない可視性とリアルタイムのデータと脅威からの保護を提供します。

Netskopeは、認可されたアプリ(Microsoft 365など)と認可されていないアプリの両方を可視化することで、Morgan Sindallのビジネスが真の洞察を得て、クラウドとWebのリスクを軽減し、機密データを保護し、オンラインの脅威を阻止するためのきめ細かなポリシーベースのアクションを取ることを可能にします。

Morgan Sindallは、認可されたアプリケーションやWebとの間のトラフィックに対する一貫したインライン脅威とデータ保護のためにNetskope次世代セキュアWebゲートウェイを選択し、認可されたアプリケーション内の保存データに対する脅威とデータ保護のためにNetskope Cloud Access Security Broker(CASB)機能を選択しました。

BinnieはNetskopeチームを高く評価し、「入札プロセス中、Netskopeは本当に良いレベルのエンゲージメントを示しました。 彼らは私たちの課題を理解し、それらを解決するための最良のアプローチを共同で設計してくれました。 これは実装中も続き、プロフェッショナルサービスチームは非常に積極的で、知識が豊富で、役に立ちました。 私たちの場合、それはジオIPの場所に関する問題でしたが、これはNetskopeによって問題なく解決されました。」

 

場所を選ばない安全な共同作業 リンク リンク

Morgan Sindallのビジネスの性質上、パートナー、請負業者、規制当局、その他の第三者とのプロジェクトに取り組む、高度な協力関係にあります。 セキュリティ管理がこのコラボレーションと生産性を妨げているとしたら、ビニーは自分の役割を果たせなかったと説明し、「Morgan Sindall社の日常業務には、タイムリーで安全なコラボレーションとデータの共有が必要であり、さまざまな人々をプロジェクトに結びつける必要があります」と説明しています。 つまり、政策に対して高圧的で独裁的なアプローチをとるのではなく、教育、指導、および適切な意思決定を通知するための情報の提供のアプローチです。

「Netskopeを使用することで、チームが使用しているアプリケーションやクラウドサービスをよりよく理解し、Netskope CCI(Cloud Confidence Index)を使用して特定の行動のリスクエクスポージャーを評価することができます。 セキュリティ認証において最適ではないと判断したアプリケーションをチームが利用することを選択しているかどうかを確認し、自動化と手動の両方の教育的な「ナッジ」を提供して、さまざまな行動や習慣を奨励することができます。」

Morgan Sindall氏は、従業員のWeb利用をロックダウンすることを望んでおらず、「ビッグブラザー」の監督者として活動することを避けたいと考えています。 従業員は職場や職場のデバイスを介してソーシャルメディアを使用することが許可されており、Netskopeは、組織が悪意のあるデータ漏洩や偶発的なデータ漏洩に悩まされないように、データ移動のパターンや異常なトラフィックを監視することで、それを可能にするようになりました。 NetskopeはMorgan SindallのSIEMと統合し、洞察に満ちたレポートと分析を作成し、グループ管理の上層部と、コンポーネントビジネス内のITビジネスパートナーやラインマネージャーと共有できます。

Binnie氏は、「Netskopeにより、最適なユーザーエクスペリエンス(自宅のITで得られるものよりも優れたユーザーエクスペリエンス)に対する従業員の期待に、可能な限り安全な方法で応えることができます」と付け加えています。

2020年は、多くのITチームにとって未知の状況となり、リモートワークは前例のないレベルで行われ、準備の機会は最小限に抑えられています。 ビニーは、Netskopeと、ロックダウンや一時的なオフィスからの避難に先立って行われた作業に感謝していました。 ビニーは、「オフィス勤務のスタッフを帰宅させた翌日には、全従業員がオンラインになり、必要なものすべてにアクセスでき、スケーラビリティや帯域幅の問題もありませんでした。 Netskopeは当社のセキュリティワークフローをクラウドに導入するため、データトラフィックをデータセンターにバックホールする必要がなく、ネットワーク接続に過度の負荷がかかることもありません。」 基本的なユーザーの行動は、在宅勤務の従業員によって一夜にして変化しました。 「英国では、突然、BBC iPlayerが受信データトラフィックの最大のソースになりました。 私たちはそれを予測したことはありませんでしたが、後から考えると、個人が自宅で一人で仕事をしている間、ラップトップを介してデジタルラジオをかけることは明らかです。 ロックダウン前にオンプレミスのSWGから移行していなければ、セキュリティ上の理由から、データトラフィックはすべてデータセンターにヘアピンで戻されていたでしょう。」

最初の実装に続いて、NetskopeはMorgan Sindallをカスタマーサービスマネージャー(CSM)に割り当て、その役割はBinnieと彼のチームがNetskopeへの投資から可能な限りすべてを得られるようにすることです。 ビニーは、その役割と関係について、「私たちのCSMは隔週で私たちとチェックインする予定があり、私たちは皆、この時間を使って資産を評価し、ポリシーと設定を調整し、実装の継続的な改善を推進しています。 これらの会話は、Netskopeのアップセルに関するものではなく、サービスに常に追加されている新機能について確実に把握するために非常にうまく機能します。 当社はISO認定を受けており、NetskopeのCSMアプローチは、そのISO規格のコンポーネントである「Plan, Do, Check, Act」モデルに適合しています。」

 

ケーススタディをダウンロード リンク リンク

SASEのリーダーと共にセキュリティ対策を強化する