ゼロトラストとSASEの未来は今です!オンデマンドで視聴する

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

How to Use a Magic Quadrant and Other Industry Research
このエピソードでは、マックス・ヘイビー、スティーブ・ライリー、モナ・フォークナーが、マジック・クアドラントを作成する複雑なプロセスと、それが単なるチャート以上のものである理由を分析します。

ポッドキャストを再生する
マジック・クアドラントとその他の業界調査の活用方法ポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Netskope:
サードパーティのリスク

ライトブループラス
組織内の、シャドーITを含むすべてのクラウドサービスを特定し、それぞれがどのように使用されているかを確認することで、データ流出やと運用に対する潜在的なリスクを特定できます。
プラス記号の画像
サードパーティのリスクについて
ライトブループラス

クラウド管理は
リスク評価から始まる

Netskope Cloud Confidence Index™(CCI)を使用して、組織が使用しているすべてのクラウドサービスとアプリについて360度のビューを取得し、それぞれ、企業として使用できるか(保存されるデータは暗号化されているか、冗長化は、など)を理解することで、潜在的なリスクを特定し、セキュリティとコンプライアンスの懸念に対処できます。

Cloud Confidence Index (CCI)
ライトブループラス

クラウドと脅威のレポート:グローバルなクラウドとウェブマルウェアのトレンド

本レポートの目的は、エンタープライズユーザーに対するアクティブなマルウェアの脅威に関する戦略的で、実用的なインテリジェンスを提供することです。マルウェアは、重要かつ継続的なエンタープライズサイバーセキュリティの課題です。それは、攻撃者が検出を回避してシステムを侵害するための新しく高度な技術を開発し続けているためです。平均して、2023年の第1四半期では、平均で1,000人に5人の企業ユーザーがマルウェアをダウンロードしようとしました。

クラウドと脅威のレポート:グローバルなクラウドとウェブマルウェアのトレンド
グリーンプラス

主な機能と利点

完全な可視性を得る

シェブロン

認可および非認可SaaS、IaaS、およびクラウドサービスのアクティビティを監視し、それらが組織にもたらすリスクを確認します。

  • ユーザー、デバイス、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、コンテキストなどの詳細を含む、マネージドまたはアンマネージドクラウドサービスおよびアプリからのトラフィックを表示する
  • ユーザーが社内にいても社外にいても、クラウドの可視性を手に入れる
  • ブラウザ、同期クライアント、モバイルアプリをカバー
  • さまざまな導入オプションを提供。オプションには以下が含まれる
    • Office 365やSalesforceなどの選択したクラウドサービスに対してのAPIによる可視化と制御
    • リバースプロキシモードは、企業ネットワークや管理対象外のデバイスからのクラウドサービスアクセスをカバー
    • フォワードプロキシモードはあらゆるクラウドサービスに対応
    • さまざまなモードを組み合わせてカバレッジを拡大

クラウドサービスのエンタープライズ対応評価

シェブロン

全体的なリスクとクラウドサービスまたはユーザーごとのリスクの両方を測定することにより、さまざまなクラウドサービスとアプリが組織にもたらすリスクを理解します。

  • Cloud Security Allianceから採用された客観的な基準が含まれる
  • セキュリティ、法的観点、監査、サードパーティの認証、脆弱性や不正利用、経済的実行可能性、プライバシー機能の領域でサービス属性を表示して比較することにより、50以上の客観的属性に基づいてクラウドサービスがどれほど企業利用に対して対応しているかを測定する
  • 特定の要件と補正制御に基づいてスコアをカスタマイズする
  • このスコアを、ポリシーに組み込みます。たとえば、「中程度」または「低位」と評価されたクラウドストレージサービスへのマイナンバー、住所や氏名などの個人識別情報 (PII) のアップロードを禁止する。

リスクの詳細を掘り下げる

シェブロン

詳細にドリルダウンして、リスクのあるサービス、ユーザー、侵害された資格情報、異常、および脅威を一目でわかるリスクのメトリックを取得します。

  • 全体的なリスクとクラウドサービス、アプリ、ユーザーごとのリスクを確認する
  • ルールと機械学習ベースの異常検出を利用して、次のことを実施
    • 外部で発生したデータ侵害により、どのユーザーのアカウント認証情報が侵害されたかを理解する
    • マルウェアやランサムウェアなどの脅威だけでなく、データの引き出し、一括ダウンロード、共有されている可能性が高い資格情報などの異常に対する注意喚起
  • この情報を使用して、組織を保護するためのポリシーを作成および適用

レポート要件のサポート

シェブロン

オンデマンドの分析とレポートのアドホッククエリを実行するか、保存されたクエリを使用して、継続的なコンプライアンスレポートのさらに詳細にカスタムしたレポートを生成します。

  • 自然言語入力とブール演算子を使用するNetskopeの動的クエリエンジンを使用して、豊富なクラウドとアプリの使用状況データをマイニングする
    • クラウドとアプリのセキュリティに関する質問に回答する
  • クエリをカスタム検索結果として保存する
  • 監査証跡を使用して、クラウドとアプリのトランザクションを段階的に把握する
  • コンテキストを使用し、イベントの前後関係を理解する

認可および非認可SaaS、IaaS、およびクラウドサービスのアクティビティを監視し、それらが組織にもたらすリスクを確認します。

  • ユーザー、デバイス、アプリ、インスタンス、リスク、アクティビティ、コンテキストなどの詳細を含む、マネージドまたはアンマネージドクラウドサービスおよびアプリからのトラフィックを表示する
  • ユーザーが社内にいても社外にいても、クラウドの可視性を手に入れる
  • ブラウザ、同期クライアント、モバイルアプリをカバー
  • さまざまな導入オプションを提供。オプションには以下が含まれる
    • Office 365やSalesforceなどの選択したクラウドサービスに対してのAPIによる可視化と制御
    • リバースプロキシモードは、企業ネットワークや管理対象外のデバイスからのクラウドサービスアクセスをカバー
    • フォワードプロキシモードはあらゆるクラウドサービスに対応
    • さまざまなモードを組み合わせてカバレッジを拡大

全体的なリスクとクラウドサービスまたはユーザーごとのリスクの両方を測定することにより、さまざまなクラウドサービスとアプリが組織にもたらすリスクを理解します。

  • Cloud Security Allianceから採用された客観的な基準が含まれる
  • セキュリティ、法的観点、監査、サードパーティの認証、脆弱性や不正利用、経済的実行可能性、プライバシー機能の領域でサービス属性を表示して比較することにより、50以上の客観的属性に基づいてクラウドサービスがどれほど企業利用に対して対応しているかを測定する
  • 特定の要件と補正制御に基づいてスコアをカスタマイズする
  • このスコアを、ポリシーに組み込みます。たとえば、「中程度」または「低位」と評価されたクラウドストレージサービスへのマイナンバー、住所や氏名などの個人識別情報 (PII) のアップロードを禁止する。

詳細にドリルダウンして、リスクのあるサービス、ユーザー、侵害された資格情報、異常、および脅威を一目でわかるリスクのメトリックを取得します。

  • 全体的なリスクとクラウドサービス、アプリ、ユーザーごとのリスクを確認する
  • ルールと機械学習ベースの異常検出を利用して、次のことを実施
    • 外部で発生したデータ侵害により、どのユーザーのアカウント認証情報が侵害されたかを理解する
    • マルウェアやランサムウェアなどの脅威だけでなく、データの引き出し、一括ダウンロード、共有されている可能性が高い資格情報などの異常に対する注意喚起
  • この情報を使用して、組織を保護するためのポリシーを作成および適用

オンデマンドの分析とレポートのアドホッククエリを実行するか、保存されたクエリを使用して、継続的なコンプライアンスレポートのさらに詳細にカスタムしたレポートを生成します。

  • 自然言語入力とブール演算子を使用するNetskopeの動的クエリエンジンを使用して、豊富なクラウドとアプリの使用状況データをマイニングする
    • クラウドとアプリのセキュリティに関する質問に回答する
  • クエリをカスタム検索結果として保存する
  • 監査証跡を使用して、クラウドとアプリのトランザクションを段階的に把握する
  • コンテキストを使用し、イベントの前後関係を理解する
グリーンプラス


   クラウドサービスに関連するトラフィックの割合

53%
のWebトラフィックはクラウド関連
出典:2021年Netskopeクラウド・脅威レポート
ライトブループラス

サードパーティのリスクユースケース

ベンダー保証

シェブロン

クラウドストレージ、HR、CRM、マーケティングなど、さまざまなカテゴリにわたるクラウドサービスにおいて、企業が利用することを考えたときに、実施すべきことをしっかりと行なっているかなどを評価します。

統合

シェブロン

Netskopeを使用すると、セキュリティ属性、コスト、使用状況に基づいて、クラウドストレージ、CRM、コラボレーションなどの様々なカテゴリで用途が冗長しているクラウドサービスを識別・統合し、情報のサイロ化を減らし、リスクを軽減し、コストを節約することができます。

ポリシーの作成

シェブロン

Netskope CCIとリスクダッシュボードを使用して、リスク情報、脅威インテリジェンス、および使用状況の指標を確認します。そしてそれをクラウドとWebのセキュリティポリシー、プログラム、およびセキュリティ戦略に役立てることができます。

クラウドとWebのメタデータ

シェブロン

すべてのクラウドサービスとアプリトランザクションの包括的で段階的に調査可能な監査証跡に加えて、コンプライアンスレポートのために、退職した従業員によるデータ漏洩などの疑わしいイベントをドリルダウンして追跡できるアドホッククエリを取得します。

クラウドストレージ、HR、CRM、マーケティングなど、さまざまなカテゴリにわたるクラウドサービスにおいて、企業が利用することを考えたときに、実施すべきことをしっかりと行なっているかなどを評価します。

Netskopeを使用すると、セキュリティ属性、コスト、使用状況に基づいて、クラウドストレージ、CRM、コラボレーションなどの様々なカテゴリで用途が冗長しているクラウドサービスを識別・統合し、情報のサイロ化を減らし、リスクを軽減し、コストを節約することができます。

Netskope CCIとリスクダッシュボードを使用して、リスク情報、脅威インテリジェンス、および使用状況の指標を確認します。そしてそれをクラウドとWebのセキュリティポリシー、プログラム、およびセキュリティ戦略に役立てることができます。

すべてのクラウドサービスとアプリトランザクションの包括的で段階的に調査可能な監査証跡に加えて、コンプライアンスレポートのために、退職した従業員によるデータ漏洩などの疑わしいイベントをドリルダウンして追跡できるアドホッククエリを取得します。

Netskope
Security Cloud

優れた可視性によるリアルタイムデータの保護と脅威防御を実現します。

Netskope Intelligent SSEは、場所やデバイスを問わず、クラウドサービスやウェブサイト、プライベートアプリにアクセスする際に、比類ない可視性を持ってリアルタイムデータの保護と脅威防御を提供します。

プラットフォームの詳細はこちら
Netskope One Marketecture の図
プラス記号の画像
Cloud Exchange
ライトブループラス

Cloud Exchangeを
技術統合に活用

Cloud Exchangeは、貴重なNetskopeテレメトリー、外部脅威インテリジェンス、およびリスクスコアを使用して、より優れたポリシーの実装、サービスチケットの自動作成、Netskope Security Cloudからのログイベントのエクスポートを可能にします。

Cloud Exchangeの図
グリーンプラス

大手企業での
採用

Netskope Risk Insightsを使用すると、SaaS、IaaS、およびクラウドサービスが組織でどのように使用されているかを識別して理解できます。
お客様事例
01  01
引用
Netskopeが登場する以前は、クラウドアプリの発見は面倒かつ困難な試みでした。皆様が使用していた既存のツールの中にはそれを実現できるソリューションはなかったので、目をつぶって飛び続けるしかありませんでした。Netskopeを使用することで、クラウド管理に対する考え方が変わりました。
CISO
フォーチュン100ヘルスケア組織
プラス記号の画像
リソース
グリーンプラス

サードパーティのリスクリソース

ブルーのプラス記号
デモ
Netskope Cloud XDのパワー
ブルーのプラス記号
電子書籍
スマートクラウドセキュリティの20の事例

SASEのリーダーと共にセキュリティ対策を強化する