ネットスコープ、2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskopeは、フォーチュン100社の30社以上を含む、世界中で3,400社以上の顧客にサービスを提供しています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

SSEのリーダー。シングルベンダーSASEのリーダー。

ネットスコープが2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
顧客ビジョナリースポットライト

Read how innovative customers are successfully navigating today’s changing networking & security landscape through the Netskope One platform.

電子書籍を入手する
顧客ビジョナリースポットライト
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

CIOとCISOの役割の融合
ホストのマックス・ハヴィーが「セキュリティ・ビジョナリーズ」の最新エピソードに出演し、ゲストとしてVantaのCISOであるジェイディー・ハンソンと対談します。

ポッドキャストを再生する
CIOとCISOの役割の融合
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Netskope Real-time Threat Protection and AV-TEST Results

Jan 16 2024

Netskope continues to advance inline threat protection capabilities and has improved its detection and blocking of malware and phishing attacks while also lowering and improving its false positive rate in the latest AV-TEST Report. In every part of the testing, Netskope improved.

Today more than half of user egress traffic involves applications and cloud services rather than websites, and where more than half of threats are delivered knowing these popular domains are allowed, or worse yet bypassed from inline threat inspection altogether. Relying on endpoint protection for executable malware leaves a blind spot for fileless attacks using fake login forms and phishing techniques hosted in applications and cloud services that require inline content and context inspection to protect users. This dynamic changes the playing field for threat protection testing and what must be prioritized with respect to detection speed and efficacy scores.

First, user experience is number one today with high performance access to SaaS applications, cloud services, and websites from any location and device. This provides a single pass TLS inspection cloud service about 10ms to decode and detect unknown zero-day threats in real-time for egress traffic. The innovations of generative AI and machine learning add a new set of detection engines inline for real-time detection with the key requirement of providing the content to these new defenses. If you bypass inspection of popular office suites or rely on legacy defenses unable to decode and inspect inline applications and cloud services, the attackers are ahead of you. If the content is not inspected inline, new AI/ML-based defenses cannot help you for inline real-time threat or data protection. 

Attacks are shorter lived today, changing behavior frequently to avoid detection and often targeting specific users. The decades old defense concept of herd immunity, of being part of a large herd where one member gets infected so the herd can learn about the infection (i.e., patient zero) and then provide signature updates to protect others, assuming you have time on your side. To keep the gate closed on known threats, the herd mentality still works. However, for new unknown and zero-day threats you need to focus on threat efficacy in real-time at time-zero (T+0) for the breadth of executable (PE files), non-executable (non-PE files), and phishing attacks. 

To show how quickly a threat protection defense can learn about unknown threats from T+0, AV-TEST also analyzed T+1-hour detection rates. Once you expand to T+4 hours or longer the herd effect factors into the efficacy results with threat intel updates. Threat efficacy reports must clearly call out T+0, T+1, and T+4 results so you can understand real-time threat efficacy and protection, and how fast the protection learns about new attacks. Simply put, you want the best T+0 real-time detection rating with the lowest false positive rating, backed by the best T+1 detection rating to quickly learn and block new attacks.

Once you get to T+4 detection ratings or longer, vendor herd immunity comes into effect and efficacy should be roughly on par unless the vendor has a very poorly-designed solution and/or they are not investing in valuable threat intel feeds. Single detection results in threat efficacy test reports are often unlabeled T+4 results or longer, showing the highest percentages possible due to herd threat intel sharing and masking the T+0 reality for real-time detection of the solution. Ask for the chart below when analyzing and comparing threat efficacy rates.

Digging deeper into the details, it’s important to realize that an inline defense must quickly inspect content for unknown and zero-day threats and does not have the luxury of time like endpoint protection solutions that monitor the file system, directory, and process tree. The inline defense does have an advantage in its ability to decode and inspect application and cloud service content, which pairs well with AI/ML defenses that require content an endpoint cannot always provide. A similar advantage emerges versus legacy sandboxing focused on executables in a virtual OS that is unlikely to decode content for apps and cloud services. For example, AI/ML defenses can detect encrypted files, compromised access and devices, phishing pages, and fake forms, plus many other content and context related variables of a threat. Attacks work in kill chains where detecting earlier stages is preferred when possible. For example, ransomware kill chain stages may include compromised remote access or phishing to then enable malware delivery. Detecting phishing attacks in real-time can stop the ransomware kill chain before data encryption, exfiltration, and malware delivery. 

To put the concepts above to the test, Netskope recently completed a set of anti-malware tests with AV-TEST, an independent anti-malware testing lab based in Germany that owns one of the world’s largest databases of malware samples. Every second, AV-TEST discovers four to five new malware variants. This sums up to around 10 million new malware every month, and more than one billion malware objects in total in AV-TEST’s database.

In November 2023, AV-TEST performed a test of the Netskope Intelligent Security Service Edge (SSE) threat protection offering, focusing on blocking efficacy vs malicious URLs with and without portable executable (PE) files and phishing websites, all while measuring false positive rates. The test evaluates protection at ‘time zero’ (T+0) as well as one hour later (T+1) and four hours later (T+4). The full test report can be viewed here.

Netskope improved all of its threat efficacy ratings across T+0, T+1-hour, and T+4-hours since the prior AV-TEST in May 2022, and lowered false positive ratings to 0.58% at T+0. The chart above shows how real-time detection is ground zero for unknown and zero-day threat protection, then the increasing slope of the lines to learn new attacks within an hour, plus the four-hour perspective of sharing threat intel between multiple herds. Threat intel updates several times per hour keep the Netskope community protected with the advantage of AI/ML-based defenses inline for real-time protection of malicious PE files and phishing attacks. If you are four hours late to click on a threat link the odds are you are well protected, but if you are targeted to be the first or only user to click, then T+0 results become critical.

Netskope Intelligent SSE threat protection was configured with standard and advanced threat defense licenses. Security risk categories were blocked, however, uncategorized websites and potentially risky sites were allowed. Netskope Cloud Firewall was licensed and active in the testing to allow egress web traffic on ports 80/443 for TLS inspection and to block non-web traffic. Remote browser isolation (RBI), patient zero sandboxing to hold files until analyzed as clean, Cloud Threat Exchange for indicator of compromise (IOC) sharing, and user and entity behavior analytics (UEBA) detections and policies were all inactive for the testing. 

Netskope has been rapidly improving threat protection defenses by providing inline machine-learning (ML) based detection of PE files to protect patient zero users from new malware and generative AI-based phishing detection in real-time. Sandboxing is also provided in both standard and advanced threat protection, plus Netskope continues to mature ML-based detection for malicious Office and PDF documents and offers multi-stage sandboxing for more than 30 file types with MITRE ATT&CK sandbox reporting. A sandbox API for file submissions, a RetroHunt API by file hash, and patient zero alerts on newly detected malware are also included.

Customers can further enhance threat protection with Netskope Remote Browser Isolation (RBI) of risky and uncategorized websites where no code executes on endpoints and Netskope Cloud Firewall with egress policy controls across ports and protocols by user, group, and OU with exceptions for FQDNs and wildcards. Behavior anomalies (UEBA) for high-risk users with ratings (User Confidence Index or UCI) and application destination ratings (low Cloud Confidence Index or CCI) can also be leveraged in adaptive access policies for enhanced patient zero protection. UCI has been instrumental in detec