ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Netskope
Threat Labs
Report: LATAM

ライトブループラス
Netskope Threat Labs レポートでは、毎月異なるセグメントが強調表示されています。このレポートシリーズの目的は、各セグメントのユーザーに対するアクティブな脅威に関する戦略的で実用的なインテリジェンスを提供することです。 このレポートで強調表示されているセグメントは、ラテンアメリカのユーザーです。
Threat Labsレポート
10分 読む

このレポートでは リンク リンク

test answer

Cloud App Adoption: OneDrive is the most popular app among users in Latin America, followed by Google Drive and Microsoft Teams. Overall, Google apps are more popular in LATAM, while Microsoft apps are more popular in other regions, with the exception of OneDrive and Outlook. Communication apps, such as WhatsApp, Google Chat, and Slack, are significantly more popular among users in Latin America when compared to other regions.

Cloud App Abuse: Attackers are increasingly abusing cloud apps as a malware delivery channel in Latin America, where cloud-delivered malware increased from 47% to 71% in the past twelve months, led by malware downloads from popular apps, including Microsoft OneDrive, Amazon S3, and Outlook.

Malware & Ransomware: The most common types of malware blocked by Netskope in Latin America were Trojans, followed by downloaders, and backdoors. Grandoreiro and Mekotio, which are banking Trojans, are among the top malware families blocked by Netskope in Latin America. LockBit and BlackCat are among the top ransomware blocked by Netskope in the same period.

クラウド アプリの導入 リンク リンク

Cloud app adoption continues to increase in Latin America, with enterprises using cloud apps to improve productivity and enable hybrid workforces. The number of apps a user in Latin America interacts with has increased from 22 to 25 apps over the past twelve months, ahead of other regions. The 12-month average of 23 apps in Latin America is slightly higher than the average of 22 apps in other regions. The top 1% of users in Latin America interacted with 75 apps per month, compared to 96 apps in other regions.

Average apps per user Latin America vs Other Regions - Last 12 Months

Users in Latin America downloaded data from cloud apps at almost the same rate as users throughout other regions, with 95% of users downloading data from cloud apps in Latin America each month, versus 93% in other regions. In the last 12 months, 72% of users in Latin America, on average, uploaded data to cloud apps, compared to 64% of users in other regions. Over the past 12 months, the number of users uploading to cloud apps in Latin America increased 4% between July 2022 and June 2023, growing almost at the same rate as other regions.

Percentage of users uploading data Latin America vs Other Regions - Last 12 Months

最も人気のあるクラウドアプリ

OneDrive is the most popular app in Latin America and other regions, with an average of 50% and 47% users per day, respectively. Google apps, such as Drive, Gmail, and Google Cloud Storage, are more popular among users in Latin America, on average, when compared to other regions. Microsoft apps, with the exception of OneDrive and Outlook, are more popular in regions other than Latin America. This is especially true for SharePoint, with 28% of users on average in other regions versus 17% of users in Latin America. YouTube and WhatsApp are also more popular among users in Latin America, especially WhatsApp, with 5.6x more usage. Facebook is also a popular app among users in LATAM, with a slightly higher average of use compared to other regions.

Overall App Popularity Latin America vs Other Regions

アップロードに使用された上位のアプリ

In addition to being the most popular app overall, Microsoft OneDrive is also the most popular app used for uploads, with 21% of users regularly uploading data on average per day in Latin America, which is slightly lower compared to other regions. Communication apps, such as WhatsApp, Google Chat, and Slack, are more popular for uploads among users in Latin America than in other regions, especially WhatsApp, with 7.7x more usage. Mail apps, such as Google Gmail and Microsoft Outlook, are also more popular among users in Latin America than other regions.

Google Drive is also more popular in Latin America when compared to other regions, with 4.2% of users uploading data on average each day. Other popular apps for uploads in Latin America are SharePoint, Instagram, and Box, with Instagram being used 2.5x more in Latin America.

Apps Used for Uploads Latin America vs Other Regions

ダウンロードに使用された上位アプリ

OneDrive leads the most popular cloud apps for downloads by users in Latin America, with 23% of users per day on average. Communication apps, such as WhatsApp and Slack, are popular apps among users in Latin America for downloads, especially WhatsApp, with 5.8x more usage when compared to other regions. Sharepoint holds the third place, with 11% of users downloading data on average, but less popular in Latin America when compared to other regions.

Cloud apps for file storage, such as Google Cloud Storage, Azure Blob Storage, Amazon S3, and Google Drive, are more popular among users in Latin America for downloads compared to other regions. Mail apps, like Google Gmail and Outlook, are also popular among users in Latin America for downloads.

Apps Used for Downloads Latin America vs Other Regions

クラウド アプリの不正使用 リンク リンク

クラウドマルウェア配信

The popularity of cloud malware delivery in Latin American organizations has increased significantly in the past 12 months, increasing from 47% in July 2022 to 71% in June 2023. The 12-month average in Latin American organizations is slightly higher compared to other regions, with 61% of malware downloads from users in Latin America compared to 57% in other regions. Attackers attempt to fly under the radar by delivering malicious content via popular cloud apps. Abusing cloud apps for malware delivery enables attackers to evade security controls that rely primarily on domain block lists and URL filtering, or that do not inspect cloud traffic.

Malware Delivery, Cloud vs. Web Latin America vs Other Regions - Last 12 Months

Compared to other regions, Latin America has a higher average of malware downloads from the cloud, with 61% on average, behind only Australia.

Malware Sourced from the Cloud Last 12 Months Average LATAM

クラウドアプリが悪用されてマルウェア配信

In the last 12 months, Microsoft OneDrive was the most popular cloud app abused for malware downloads in Latin American organizations, representing 21% of all cloud malware downloads. As highlighted earlier in this report, Microsoft OneDrive is also the most popular app among users in Latin America, which makes it both an useful app for attackers seeking to target a wide variety of organizations using the same toolset, and also makes it more likely that the malicious payloads would reach their targets.

Amazon S3 is the second most popular app for malware downloads in Latin American organizations, with 11% of users on average in the last 12 months, significantly above the average in other regions. Mail apps (Outlook, Gmail) are also popular for malware downloads in Latin America, especially Outlook, with 7.5% of downloads on average. GitHub is also commonly abused in Latin America for malware downloads, with a similar average when compared to other regions.

Other apps for file storing/sharing, like Azure Blob Storage, Google Drive, SharePoint, and Dropbox, are also commonly abused in Latin America for malware downloads. The free web hosting service Weebly is also popular for malware downloads in Latin American organizations, but less so than other regions.

Top Cloud Apps Abused for Malware Download Last 12 Months Latin America vs Other Regions

Malware & Ransomware リンク リンク

Top Malware Types

The most common malware detected by Netskope in Latin America in the last twelve months were Trojans, which are commonly used by attackers to gain an initial foothold and deliver other types of malware, such as infostealers, remote access Trojans, backdoors, and ransomware. The second most common type of malware are downloaders, which, like Trojans, are also used to deliver other types of malware.

Rounding out the top three are backdoors. Like Trojans, some malware payloads blocked in this category can also fit other categories, because they provide not only clandestine remote access, but also keylogging, file manipulation, registry manipulation, and other malicious features. Malware in this category include Remcos, Quakbot, and NjRAT (a.k.a Bladabindi).

Most Common Types of Malware Last 12 Months Latin America vs Other Regions

上位のマルウェアおよびランサムウェア ファミリ

Infostealer.AgentTesla is a .NET-based remote access Trojan with many capabilities, such as stealing browsers’ passwords, capturing keystrokes, clipboard, etc.

Botnet.Emotet is one of the most prevalent botnets in the cyber threat landscape, often used to deliver other malware such as TrickBot.

Downloader.BanLoad は、さまざまなマルウェア ペイロード、特にバンキング型トロイの木馬を配信するために広く使用されている Java ベースのダウンローダーです。

Trojan.Grandoreiro is a Latin America banking trojan with the goal of stealing sensitive banking information, commonly targeting Brazil, Mexico, Spain, and Peru.

Downloader.Guloader is a small downloader known for delivering RAT and infostealers, such as AgentTesla, Formbook, and Remcos.

Trojan.Mekotio is a banking Trojan that usually targets customers of financial institutions based in Latin America.

Trojan.FormBook (a.k.a. XLoader) is a malware that provides full control over infected machines, offering many functionalities such as stealing passwords and executing additional malware.

Infostealer.Dridex has been around since at least 2015 and has had its botnet infrastructure taken down multiple times, but continues to re-emerge with new features and new infrastructure.

Ransomware.LockBit 3.0 (a.k.a. Black) is the latest version of the LockBit ransomware, emerged in September 2019, becoming one of the most relevant RaaS groups in the world.

Ransomware.BlackCat (a.k.a. ALPHV and Noberus) is a Ransomware-as-a-Service (RaaS) group that emerged in November 2021, making headlines for being a sophisticated ransomware written in Rust.

推奨 事項 リンク リンク

This report highlighted increasing cloud adoption, including increases of data being uploaded to and downloaded from a wide variety of cloud apps. It also highlighted an increasing trend of attackers abusing a wide variety of cloud apps, especially popular enterprise apps, to deliver malware to their victims. The malware samples were primarily Trojans, but also included downloaders, backdoors, file-based exploits, ransomware, and infostealers. Netskope Threat Labs recommends organizations in Latin America review their security posture to ensure that they are adequately protected against these trends:

  • すべての Web トラフィックやクラウド トラフィックを含むすべての HTTP および HTTPS ダウンロードを検査して、マルウェアがネットワークに侵入するのを防ぎます。 Netskope の顧客は、すべてのカテゴリからのダウンロードとすべてのファイル タイプに適用される脅威保護ポリシーを使用してNetskope Next Gen Secure Web Gatewayを構成できます。
  • 実行可能ファイルやアーカイブなどのリスクの高いファイルの種類は、ダウンロードする前に静的分析と動的分析を組み合わせて徹底的に検査します。 Netskope Advanced Threat Protectionの顧客は、 Patient Zero Prevention ポリシーを使用して、完全な検査が完了するまでダウンロードを保留できます。
  • 組織内で使用されていないアプリやインスタンスからのダウンロードをブロックするポリシーを構成して、ビジネスに必要なアプリやインスタンスのみにリスクを軽減します。
  • 組織内で使用されていないアプリやインスタンスへのアップロードをブロックするポリシーを構成して、内部関係者による偶発的または意図的なデータ漏洩や攻撃者による悪用のリスクを軽減します。
  • 一般的なマルウェアに関連するコマンド アンド コントロール トラフィックなど、悪意のあるトラフィック パターンを識別してブロックできる侵入防御システム (IPS) を使用します。 この種の通信をブロックすると、攻撃者が追加のアクションを実行する能力を制限することで、さらなる被害を防ぐことができます。

In addition to the recommendations above, Remote Browser Isolation (RBI) technology can provide additional protection when there is a need to visit websites that fall into categories that can present higher risk, like Newly Observed and Newly Registered Domains.

Netskope Threat Labs リンク リンク

業界屈指のクラウド脅威およびマルウェア研究者を擁するNetskope Threat Labs は、企業に影響を与える最新のクラウド脅威を発見、分析、および防御設計します。 当社の研究者は、DefCon、BlackHat、RSAなどのトップセキュリティカンファレンスで定期的にプレゼンターやボランティアを務めています。

このレポートについて リンク リンク

Netskope は、世界中の何百万ものユーザーに脅威からの保護を提供します。 このレポートに記載されている情報は、事前に許可を得た Netskope 顧客のサブセットに関連してNetskope Security Cloud プラットフォームによって収集された匿名化された使用状況データに基づいています。

This report contains information about detections raised by Netskope’s Next Generation Secure Web Gateway (SWG), not considering the significance of the impact of each individual threat. Stats in this report are based on the period starting July 1, 2022 through June 30, 2023. Stats are reflection of attacker tactics, user behavior, and organization policy.

ライトブループラス

Threat Labsのレポート

毎月のNetskope Threat Labsレポートには、Netskope Security Cloudプラットフォームがブロックした上位5つの悪意のあるドメイン、マルウェア、アプリに加えて、最近の出版物と脅威のまとめが記載されています。

Threat Labs

SASEのリーダーと共にセキュリティ対策を強化する