ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Netskope for Google Workspace

ライトブループラス
Google Workspace (旧G Suite) 内で必要な可視性とセキュリティ管理を維持し、機密データの損失や漏洩から保護し、コンプライアンスを確保します。
農業景観の空中写真
ライトブループラス

Google Workspaceにおけるデータ保護とコンプライアンスの確保

Netskopeは、すべてのGoogle Workspaceサービスをリアルタイムで詳細に可視化し、制御することができます。Netskopeにより、アクセス許可の変更、機密ファイルや脅威のあるファイルの隔離などのオプションを含む自動ワークフローが用意されており、安全性とコンプライアンスを維持しながら、組織がWorkspaceを最大限に活用できるようにします。

Netskope for Google Workspace
グリーンプラス

Google Workspaceの主なユースケース

Google Workspaceアプリケーションなどへのアクセスを制御

シェブロン

API対応とインラインセキュリティ制御の強力な組み合わせを使うことにより、Google Workspaceで、サードパーティのクラウドアプリケーションまたはウェブサイトとの間で送受信される途中で、機密コンテンツを検出します。ユーザーがどこにいるか、使用しているデバイス、またはどのように使用しているかに関係なく、Google Workspaceへのアクセスを管理します (ウェブブラウザ、モバイルアプリ、同期クライアントなど)。特定のニーズに基づいて適切なアクセス制御ポリシーを適用します。

機密データの検出と保護

シェブロン

Google Workspaceアプリケーションの機密データやコンテンツへのアクセスを特定・制御します。DriveやGmailなどのGoogle Workspaceアプリケーション内およびアプリケーション間でのデータアクセスや移動を制限するポリシーを確立します。この制御をBoxやDropboxなどのサードパーティのクラウドストレージアプリケーションに拡張して、アプリケーション間でデータが漏洩しないようにします。

データ流出などの内部脅威を阻止

シェブロン

Google Workspaceからビジネスインスタンス経由で機密データをダウンロードし、個人インスタンス経由でアップロードすることは、今日のデータの情報漏洩対策の上位の方法の一つです。たとえば、企業のGmailメールアカウントに機密コンテンツへのアクセスとダウンロードを許可し、個人用の管理対象外のメールアカウントによるこのデータのアップロードを制限します。さらに、この制御を管理対象外のデバイスに適用し、コラボレーションのために特定のクラウドアプリへの管理対象外のデバイスまたは個人用デバイスへのアクセスを許可しますが、機密データのダウンロードは許可しません。

とらえどころのない脅威やマルウェアの検出・阻止

シェブロン

マルウェアの63%がクラウド*から配信もたらされるなど、クラウド対応の脅威が標準となっており、クラウドスマート脅威防御の導入が不可欠です。さらに、SaaS/ウェブメールアプリケーションが#1フィッシングターゲット*であり、Google Workspaceの脅威防御を強化することがこれまで以上に不可欠となっています。

*出典:APWG.org フィッシングトレンドレポート Netskope Threat Research Labs 2020

Google Workspaceにおけるコンプライアンスの維持

シェブロン

Google Workspaceのセキュリティポリシーを適用することで、コンプライアンス違反行為を防止し、厳しい規制を遵守できるようにします。

Google対応で高速

シェブロン

Netskope NewEdgeを通じて世界中のすべてのデータセンターでGoogleと直接ピアリングしているため、重要なGoogle Workspaceのデータとトラフィックを保護する際に、パフォーマンスのトレードオフを感じることはありません。

API対応とインラインセキュリティ制御の強力な組み合わせを使うことにより、Google Workspaceで、サードパーティのクラウドアプリケーションまたはウェブサイトとの間で送受信される途中で、機密コンテンツを検出します。ユーザーがどこにいるか、使用しているデバイス、またはどのように使用しているかに関係なく、Google Workspaceへのアクセスを管理します (ウェブブラウザ、モバイルアプリ、同期クライアントなど)。特定のニーズに基づいて適切なアクセス制御ポリシーを適用します。

Google Workspaceアプリケーションの機密データやコンテンツへのアクセスを特定・制御します。DriveやGmailなどのGoogle Workspaceアプリケーション内およびアプリケーション間でのデータアクセスや移動を制限するポリシーを確立します。この制御をBoxやDropboxなどのサードパーティのクラウドストレージアプリケーションに拡張して、アプリケーション間でデータが漏洩しないようにします。

Google Workspaceからビジネスインスタンス経由で機密データをダウンロードし、個人インスタンス経由でアップロードすることは、今日のデータの情報漏洩対策の上位の方法の一つです。たとえば、企業のGmailメールアカウントに機密コンテンツへのアクセスとダウンロードを許可し、個人用の管理対象外のメールアカウントによるこのデータのアップロードを制限します。さらに、この制御を管理対象外のデバイスに適用し、コラボレーションのために特定のクラウドアプリへの管理対象外のデバイスまたは個人用デバイスへのアクセスを許可しますが、機密データのダウンロードは許可しません。

マルウェアの63%がクラウド*から配信もたらされるなど、クラウド対応の脅威が標準となっており、クラウドスマート脅威防御の導入が不可欠です。さらに、SaaS/ウェブメールアプリケーションが#1フィッシングターゲット*であり、Google Workspaceの脅威防御を強化することがこれまで以上に不可欠となっています。

*出典:APWG.org フィッシングトレンドレポート Netskope Threat Research Labs 2020

Google Workspaceのセキュリティポリシーを適用することで、コンプライアンス違反行為を防止し、厳しい規制を遵守できるようにします。

Netskope NewEdgeを通じて世界中のすべてのデータセンターでGoogleと直接ピアリングしているため、重要なGoogle Workspaceのデータとトラフィックを保護する際に、パフォーマンスのトレードオフを感じることはありません。

「7%のユーザーが意図的に機密データをクラウドアプリケーションの個人インスタンスにアップロードしています。ファイルアップロードの14%は機密データを含む可能性のある画像です。」

Threat Labs

ライトブループラス

電子メールを含むマネージドクラウドアプリインスタンスからアンマネージドクラウドアプリケーションインスタンスへのデータ流出が増加しています。

データ流出図:Google Workspace
グリーンプラス

大手企業での
採用

Netskope SSEソリューションは、未来の仕事を可能にし、リスク管理とデータ保護を再定義し、運用を簡素化します。
お客様事例
01  01
引用
「Google G Suite を気に入っていますが、機密データが保護され、ユーザーが不適切なアクセスをしないようにしたいと考えていました。 Netskopeは求めるものをすべて提供してくれました。」
CISO
フォーチュン100ホスピタリティカンパニー
グリーンプラス

Netskope がGoogle ワークスペース環境を
保護する方法

リアルタイムの深い可視性と制御

シェブロン

マネージド、およびシャドーITのようなアンマネージドのものを含み、従業員が使用している何千ものクラウドアプリにおいてリアルタイムでの可視性(ユーザー、ファイル名、アクティビティなど)を提供します。Netskopeのオールモードアーキテクチャを活用すると、包括的な展開オプションが提供され、Google Workspace環境などを完全に可視化して制御できるようになります。

ユーザーがオンプレミスかリモートかにかかわらず、ウェブブラウザ、モバイルアプリ、または同期クライアントを使用して、Netskopeオールモードアーキテクチャは、Google Workspaceアプリケーションの可視性と制御を得るための展開オプションの完全な配列を提供します。

  • API対応制御により、Google DriveやGCPストレージバケット内の静止データを保護し、脅威を検出
  • リアルタイムインライン防御が、Google Workspaceプリとサードパーティ製のエコシステムアプリケーション (GmailとDrive、DriveとBox間など) 間のデータ移動と脅威の伝播を監視・制御

Google Workspaceにおける高度なデータ保護

シェブロン

Netskopeの包括的なデータの情報漏洩対策 (DLP) 機能は、Google Workspaceアプリケーション内およびアプリケーション間で機密データを識別して保護します。危険なアクティビティを実行したり、機密データを移動したりするユーザーにリアルタイムの通知とコーチングを表示して、ユーザーの行動を改善します。Netskope は、管理対象または管理対象外の個人用デバイスのいずれかを使用しても、Microsoft 365を安全に使用しながら、ユーザーとそのデータを保護できます。

Netskope DLPは、Google Workspaceアプリケーション、およびサードパーティ製アプリケーションのエコシステム内の機密データとコンテンツを識別して保護します。

  • Google Workspace内の保存データと移動中のデータを保護
  • Google Workspace内の機密データを検出・制御し、チャット、ファイル共有、ウェブフォーラム、画面キャプチャ、電子メールなどを介して他のクラウドサービスとの間で送受信
  • 3,000以上の言語に依存しないデータ識別子を使用して、1,400以上のファイルタイプを検査
  • 40以上の定義済みの規制およびベスト・プラクティスのコンプライアンス・テンプレートを提供
  • メタデータ抽出、完全一致、フィンガープリント、光学式文字認識 (OCR) を高精度に備えている
  • 機械学習ベースの文書・画像分類を使用して高効率を実現

Google Workspaceの高度な脅威対策 (ATP)

シェブロン

高度な多層脅威対策を利用して、Google Workspace内およびその他のクラウドアプリケーション間でクラウドフィッシング、マルウェア、侵害されたクレデンシャルなどの最新の脅威を阻止します。ユーザーとエンティティの動作解析 (UEBA) を適用して、機械学習で強化された防御策を使用して、一括ダウンロードや削除などの異常を検出して阻止します。

  • 自動ポリシーとワークフローを提供し、クラウドの脅威の影響を阻止または逆転させるリアルタイムな対応
  • リアルタイムの完全ファイル検査を実施し、マルウェアを検出してブロックする
  • SOC調査と脅威ハンティングのための豊富なメタデータを提供
  • 実行可能ファイル、スクリプトなどの30種類以上のファイルをクラウドとベアメタルでサンドボックス化
  • 機械学習を搭載した異常検出機能を活用して脅威への対応を迅速化および簡素化
  • 40 を超える脅威インテリジェンス フィードを使用し、ファイル ハッシュや悪意のある URL を含む IOC をインポートする
  • クラウド脅威交換 (CTE) は、EPP、EDR、SIEMなどとの脅威情報共有を可能にする

データプライバシーを確保するために暗号化

シェブロン

機密データを保護し、データプライバシーを維持するために、コンテンツを暗号化し、常に完全に制御できるようにします。ファイルは、ユーザーの生産性に影響を与えることなくリアルタイムで暗号化されます。

Netskopeは、機密コンテンツが組織の境界を離れてGoogle Driveに移動しても、その完全な制御を維持したまま保護できます。Netskopeは、Google Workspaceやその他のクラウドアプリケーションにおけるコンテンツのセキュリティと機密性を強化するための強力な暗号化機能を提供します。ファイルはフライト中に選択的に暗号化されるか、Google Driveに保管する際に暗号化されます。

  • フォールトトレラントな FIPS 140-2 レベル 3 認定 HSM によって制御されるファイルごとのキーで AES-256 を使用
  • オプションとして、Netskope EncryptionをオンプレミスのKMIP準拠のキー管理システムと統合することで、キーやそのライフサイクルを完全に管理できる

マネージド、およびシャドーITのようなアンマネージドのものを含み、従業員が使用している何千ものクラウドアプリにおいてリアルタイムでの可視性(ユーザー、ファイル名、アクティビティなど)を提供します。Netskopeのオールモードアーキテクチャを活用すると、包括的な展開オプションが提供され、Google Workspace環境などを完全に可視化して制御できるようになります。

ユーザーがオンプレミスかリモートかにかかわらず、ウェブブラウザ、モバイルアプリ、または同期クライアントを使用して、Netskopeオールモードアーキテクチャは、Google Workspaceアプリケーションの可視性と制御を得るための展開オプションの完全な配列を提供します。

  • API対応制御により、Google DriveやGCPストレージバケット内の静止データを保護し、脅威を検出
  • リアルタイムインライン防御が、Google Workspaceプリとサードパーティ製のエコシステムアプリケーション (GmailとDrive、DriveとBox間など) 間のデータ移動と脅威の伝播を監視・制御

Netskopeの包括的なデータの情報漏洩対策 (DLP) 機能は、Google Workspaceアプリケーション内およびアプリケーション間で機密データを識別して保護します。危険なアクティビティを実行したり、機密データを移動したりするユーザーにリアルタイムの通知とコーチングを表示して、ユーザーの行動を改善します。Netskope は、管理対象または管理対象外の個人用デバイスのいずれかを使用しても、Microsoft 365を安全に使用しながら、ユーザーとそのデータを保護できます。

Netskope DLPは、Google Workspaceアプリケーション、およびサードパーティ製アプリケーションのエコシステム内の機密データとコンテンツを識別して保護します。

  • Google Workspace内の保存データと移動中のデータを保護
  • Google Workspace内の機密データを検出・制御し、チャット、ファイル共有、ウェブフォーラム、画面キャプチャ、電子メールなどを介して他のクラウドサービスとの間で送受信
  • 3,000以上の言語に依存しないデータ識別子を使用して、1,400以上のファイルタイプを検査
  • 40以上の定義済みの規制およびベスト・プラクティスのコンプライアンス・テンプレートを提供
  • メタデータ抽出、完全一致、フィンガープリント、光学式文字認識 (OCR) を高精度に備えている
  • 機械学習ベースの文書・画像分類を使用して高効率を実現

高度な多層脅威対策を利用して、Google Workspace内およびその他のクラウドアプリケーション間でクラウドフィッシング、マルウェア、侵害されたクレデンシャルなどの最新の脅威を阻止します。ユーザーとエンティティの動作解析 (UEBA) を適用して、機械学習で強化された防御策を使用して、一括ダウンロードや削除などの異常を検出して阻止します。

  • 自動ポリシーとワークフローを提供し、クラウドの脅威の影響を阻止または逆転させるリアルタイムな対応
  • リアルタイムの完全ファイル検査を実施し、マルウェアを検出してブロックする
  • SOC調査と脅威ハンティングのための豊富なメタデータを提供
  • 実行可能ファイル、スクリプトなどの30種類以上のファイルをクラウドとベアメタルでサンドボックス化
  • 機械学習を搭載した異常検出機能を活用して脅威への対応を迅速化および簡素化
  • 40 を超える脅威インテリジェンス フィードを使用し、ファイル ハッシュや悪意のある URL を含む IOC をインポートする
  • クラウド脅威交換 (CTE) は、EPP、EDR、SIEMなどとの脅威情報共有を可能にする

機密データを保護し、データプライバシーを維持するために、コンテンツを暗号化し、常に完全に制御できるようにします。ファイルは、ユーザーの生産性に影響を与えることなくリアルタイムで暗号化されます。

Netskopeは、機密コンテンツが組織の境界を離れてGoogle Driveに移動しても、その完全な制御を維持したまま保護できます。Netskopeは、Google Workspaceやその他のクラウドアプリケーションにおけるコンテンツのセキュリティと機密性を強化するための強力な暗号化機能を提供します。ファイルはフライト中に選択的に暗号化されるか、Google Driveに保管する際に暗号化されます。

  • フォールトトレラントな FIPS 140-2 レベル 3 認定 HSM によって制御されるファイルごとのキーで AES-256 を使用
  • オプションとして、Netskope EncryptionをオンプレミスのKMIP準拠のキー管理システムと統合することで、キーやそのライフサイクルを完全に管理できる
グリーンプラス

SOCチームの懸念事項:クラウドストレージ、ウェブメール、ソーシャルアプリはフィッシングに最も使用されており、その中で上位のストレージアプリはMicrosoft OneDrive、SharePoint、Googleドライブです。

80%
過去6か月間のコラボレーションアプリの使用の増加
出典:2020年クラウド・脅威レポート
グリーンプラス

SOCチームの懸念事項:クラウドストレージ、ウェブメール、ソーシャルアプリはフィッシングに最も使用されており、その中で上位のストレージアプリはMicrosoft OneDrive、SharePoint、Googleドライブです。

63%
過去6か月間のクラウドベースのマルウェア配信量 (vsウェブ)
出典:2020年クラウド・脅威レポート
プラス記号の画像
リソース
ライトブループラス

Netskope for Google Workspace

Google Workspaceにおけるデータの情報漏洩や脅威に関連するリスク管理は、GoogleとGoogle Workspaceを採用する組織の間で共有される責任です。Netskopeは、機密データの保護と脅威からの防御のための深い可視性と詳細な制御を提供し、組織が安全性とコンプライアンスを維持しながらGoogle Workspaceを最大限に活用できるようにします。

SASEのリーダーと共にセキュリティ対策を強化する