ネットスコープ、2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskopeは、フォーチュン100社の30社以上を含む、世界中で3,400社以上の顧客にサービスを提供しています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

SSEのリーダー。
シングルベンダーSASEのリーダー。

ネットスコープが2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
顧客ビジョナリースポットライト

Read how innovative customers are successfully navigating today’s changing networking & security landscape through the Netskope One platform.

電子書籍を入手する
顧客ビジョナリースポットライト
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

CIOとCISOの役割の融合
ホストのマックス・ハヴィーが「セキュリティ・ビジョナリーズ」の最新エピソードに出演し、ゲストとしてVantaのCISOであるジェイディー・ハンソンと対談します。

ポッドキャストを再生する
CIOとCISOの役割の融合
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Cloud must start with governance

Mar 02 2019
Tags
cloud governance
data
data governance

“The post-digital era is upon us. People are adopting new technology both quickly and completely, and whether they’re customers, employees, or even threat actors, they are beginning to outpace enterprises in their digital transformations. They are more knowledgeable about technology itself and how companies use it, and are becoming selective and demanding of what they adopt, challenging companies to work with them or adapt to them in different ways.” – Accenture Tech Vision 2019

Connectivity to information and data is now ubiquitous and expected by all digital consumers. People demand instant communication, real-time interaction and continuous gratification using technology today. This interaction with interconnected systems generates a massive amount of data that is stored everywhere, sometimes without organization knowledge or control. Many CISOs state that with the emergence of cloud and mobility leaves their organization “running blind”.

The evolution of this technology combined with the growing expectations of employees and consumers highlights that data is becoming a very strategic asset and topic. However, many organizations fail to look at this topic holistically. In the context of cloud environments, typical questions include “What do you do with all this data? Where do we store it?  How are we integrating with it? How do we secure it?” and more. The traditional answers to these pertinent questions were always addressed in a very siloed manner, based on disparate tools and processes. Organizations and departments have to work together to provide the right answers to these questions.

As Joe McKendrick stated in a recent article, “Many executives view data as a ‘commodity,’ just as oil or electricity. [However] Data is the single most important differentiator in how companies innovate, serve their customers, and gain insight into their markets. Data is not the new oil.”

It is clear that technology is not the primary problem and that organizational ineffectiveness to properly manage people and incorporate efficient processes is. Delphi Group and David F. CEO of Wasabi Technologies, in their latest book “The Bottomless Cloud” state that while technology is widely available, business leaders need to expand their thinking. “Your business is data; it defines your market, it’s your competitive advantage, it drives your innovation, profitability, and customer experience,” they observe. “Our businesses are no longer constrained by the physical limitations of data storage and access, location or bandwidth.”

Many Organizations still do not put enough effort into understanding the level of RISK that technologies such as cloud and mobility introduce. Interconnected ecosystems utilizing these technologies widen the attack surface seen and targeted by threat actors. While most organizations still look at cybersecurity as strictly an individual, corporate effort, they now must include growing ecosystem dependencies as part of their own security posture and make security a fundamental component of how they build those ecosystems.

These ‘legacy’ organizations are not addressing RISK properly. Data is everywhere and continually growing, typically in an uncontrolled manner.  

In a recent post, I called cloud “The perfect reset” and here is why. It is a perfect driver for enterprises to begin implementing a proper, modern security program from scratch. As my good friend Dustin Wilcox, CISO of Anthem, likes to say “While the strategic security objective is still the same (e.g. rapidly contain security incidence, minimize attack surface and complicate unauthorized access) the tools and tactics change”. So how do we apply this strategy in the cloud?

While more and more CISOs are starting to realize the business value of the cloud and its level of security, it is not about leveraging technology and process from the internal network looking OUT but, taking a different approach and start looking from the public cloud IN.

Everything starts with data! The most common denominator in any business is a data governance model. This is step one. Data governance must be incorporated into the business strategy. While data strategy defines how an organization achieves specific business goals through the strategic use of its intangible assets (data), data governance focuses on a management approach which establishes decision rights regarding that data, and often designed to minimize risk exposure within an enterprise. This is imperative for every business today, especially when they decide to move to the cloud. If you establish this pillar from the beginning, you will be better off.

Data governance should have clearly defined policies, procedures, processes and standards that everyone must abide by – from classification of data to handling requirements and even ever-changing threat modeling concepts. Every employee should be data security aware. While the level of that awareness might vary based on their work responsibility, but they should understand the basics at the minimum. What is that minimum? Well, that is up to the data governance team to define. It’s every employee’s responsibility to understand the impact of potential data loss and corresponding negative consequence to their business and brand. We need to start moving away from thinking that it is a company’s responsibility to protect everything. We – the digital consumers –  are an integral part of the company and it is our responsibility first.

In closing, it is important for every enterprise to think big, start small and continually move forward. It’s imperative to focus on addressing business challenges through the more efficient use of data and continue educating employees on how to safely use the data they work with on a daily basis.

To build a resilient, rewarding future, start with the right data governance model. Success starts at the top, and so does failure.

author image
Vlad Klasnja
Vladimir Klasnja is a seasoned technical leader with significant experience in enterprise, security and cloud architecture. Klasnja leverages his experience to help security executives achieve success within their respective organizations with respect to cloud architecture and digital transformation.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog