ネットスコープ、2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskopeは、フォーチュン100社の30社以上を含む、世界中で3,400社以上の顧客にサービスを提供しています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

SSEのリーダー。シングルベンダーSASEのリーダー。

ネットスコープが2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
顧客ビジョナリースポットライト

Read how innovative customers are successfully navigating today’s changing networking & security landscape through the Netskope One platform.

電子書籍を入手する
顧客ビジョナリースポットライト
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

CIOとCISOの役割の融合
ホストのマックス・ハヴィーが「セキュリティ・ビジョナリーズ」の最新エピソードに出演し、ゲストとしてVantaのCISOであるジェイディー・ハンソンと対談します。

ポッドキャストを再生する
CIOとCISOの役割の融合
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Correctly Configure Your Clouds: It’s More Than Just Settings

Dec 07 2021

Gartner made an interesting prediction just a few years ago: “Through 2025, 99% of cloud security failures will be the customer’s fault.” Practically every single cloud security failure can be fairly described as a misconfiguration of one kind or another. The 2025 end is kind of arbitrary, really; the prediction is likely to be true until the end of time.

In my previous article, I discussed targeting these misconfigurations at their root. Now, I’ll examine how the cloud has changed our sense of control and explore another important type of configuration-related risk to mitigate.

Greater abstraction, less control

Clouds aren’t the cheapest technology or the easiest to manage. However, they are certainly a lot more agile than provisioning stuff on-premises and waiting months for all of the hardware to be deployed and the software to get installed.

Clouds are essentially increasing layers of abstraction. When everything was on-premises, organizations could control the entirety of IT. When infrastructure moved to the cloud, organizations gave up hands-on control of the lower levels: the building, the physical network, the racks, and all the physical servers. The actual controls now start just above the hypervisor: virtual machines, middleware, applications, data and users. 

When organizations move out by one more degree of abstraction to platform-as-a-service (PaaS), they’re giving up control of the operating system. Then, if they go all the way to the highest level of abstraction — i.e., software-as-a-service (SaaS) — they have also given up control of the application. The only things left in an organization’s control are protecting the data itself and defining how people access it.

One might assume that the cloud would be easier just because there is less to control, but the reality has turned out to be very different.

Public cloud access control

In general, getting your access control model correct even in only one of the public clouds is a daunting task — but few modern businesses place everything into just one cloud. Most companies spread workloads across multiple cloud providers.

The providers use constructs and terminology in slightly different ways from each other, so it’s not really portable from platform to platform. (They all generally implement the same principles but use different lexicons.) There are some conceptual differences as well. Nevertheless, every object in a public cloud will be accessed by some kind of security principle, such as a user or a service, so getting your access control list right for every object is the crucial first step. 

The major IaaS/PaaS providers already offer native CSPMs, and it’s sensible for companies using only one provider to start with that provider’s product. But most businesses sprinkle their workloads across multiple providers. For this reason, I suggest evaluating a third-party CSPM. If you’re in a regulated industry, favor vendors with frameworks tailored for that. Look for products that visualize flows and relationships between resources, where misconfigurations often lurk. If you opt for automatic remediation, ensure the product runs completely within the security context of your cloud workloads and doesn’t require creating a read/write account for the vendor.

CSPM tools can assess hundreds of different settings, including access controls, across thousands of different object types compared against various baselines. This helps organizations understand where they have already applied controls and also the areas where they could use improvement.

These tools are designed to help organizations reduce risk. When that risk is reduced, the likelihood of being breached is also reduced — as is all the subsequent fallout for the company. CSPM has become almost a requirement because it has proven to be an effective risk-reduction tool that can help overcome some of the inherent complexity that comes with being a multicloud organization.

Checking cloud infrastructure and applications for exploitable weaknesses

CSPM tools evaluate the security posture of an application’s environment. But what about the security of the actual application code?

Now, we’ve entered the domain of code-scanning tools. Some products also offer the ability to make a copy of the entire execution environment, including the application code, and then probe it in various ways to try to make it misbehave. When software is written, two kinds of bugs frequently materialize. Ordinary bugs manifest as behavior that you’re expecting but, for some reason, isn’t working. Most developers are adept at finding and fixing such bugs, and good code scanners simplify the task even more. 

The other kind of bug manifests as behavior that you aren’t expecting at all. Another name for this kind of bug is vulnerability, and such bugs can be quite difficult to find. For example, imagine a simple input field that offers a menu — “Enter one to play, enter two to end the program.” But what happens when someone enters “-999.99?” You didn’t check for this unexpected input and your program may behave in a way you didn’t anticipate — and maybe this misbehavior creates an advantage for an attacker.

Many cloud-using organizations have adopted infrastructure-as-code practices, where the sequences to provision infrastructure are expressed in a form of programming language. Vulnerabilities may arise in this code, too. While a few CSPM tools can check for these kinds of critical vulnerabilities, scanning infrastructure-as-code recipes requires a dedicated tool in general. They figure out if there are mistakes in your recipes that can create advantages for an attacker to exploit.

The biggest obstacle to deploying scanning tools may be obtaining developer buy-in. Developers might perceive them as yet another task that interrupts their flow without benefit. Incorporating the scanning process into existing tools allows developers to fix security vulnerabilities right away, ultimately saving time and money — it’s far more costly to fix a vulnerability in production. When evaluating products, compatibility with existing environments and pipelines should be the first capability you investigate.  

We’ve examined three mechanisms for reducing the most common kinds of risks: CSPM, application scanning, and infrastructure-as-code scanning. It’s reasonable to assume that with the right tools organizations can configure and run their clouds correctly, and therefore significantly reduce the likelihood of a cloud security problem — and the likelihood of making the news. This is becoming increasingly important because clouds are complicated — and people are using a lot of them.

This article was originally published by Forbes Tech Council.

author image
Steve Riley
Steve Riley is a Field CTO at Netskope. Having worked at the intersection of cloud and security for pretty much as long as that’s been an actual topic, Steve offers that perspective to field and executive engagements and also supports long-term technology strategy and works with key industry influencers. Steve has held technology roles for more than three decades, including stints at Gartner Inc., Riverbed Technology, Amazon Web Services, and Microsoft Corp.