ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
Birds eye view metropolitan city

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope gartner mq 2022 sse leader
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

NetskopeCSOスピーキングイベント

今後のイベントの1つでNetskopeCSOチームに会いましょう。

イベントを探す
Netskope CSO Team

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ブログ CSO, Data Protection, Full Skope Data Protection in “Zero Trust”
Mar 17 2020

Data Protection in “Zero Trust”

We all know that organizations are trying to jump on the bandwagon with cloud. The top objectives that corporations should focus on, from a business perspective, are business enablement coupled with scalability and agility. 

This is all about being able to have a slightly different mindset and thinking about how you can create business architecture that can scale vertically or horizontally and still be nimble enough to adjust to small changes when required, call it a course correction. 

How can organizations execute this course correction?

From a technology standpoint, objectives that enable the business to execute at desired speed include reduction of complexity and gap-free protection. 

There is a lot of technical debt and redundancy in organizations. We need to think about how we can align our new future-proof technical architecture with business goals, focusing on the simplification of the current tech stack by vendor consolidation, and building efficient and automated processes. Of course, having a good data protection program is key because data is your top priority in the cloud.

The most common problem I have seen during my discussions with clients is applying the same controls over the same types of data, as well as a lack of data classification. Some view data protection as an IT problem, not involving business at all. Or they are addressing prevention controls but are forgetting when it comes to monitoring, detection, response and reporting capabilities.

When applying Zero Trust principles, having a good data protection program is one of the main pillars required to be successful. 

It is known that data should be protected at rest, in use, and in transit by utilizing capabilities such as encryption, especially in cloud. But, there are many methods of protecting data, which depend on form and need, such as dynamic or static masking, tokenization, format preserving encryption (FPE), anonymization, etc.

Data governance with a consistent data security policy must exist and be followed. The specific type of control applied at a given time will be determined by other factors, such as regulation requirements and data residency, whether the data structured or unstructured, or the business’ risk appetite, etc.  

What capabilities are often forgotten?

The most commonly forgotten capability is integration. This is a typical occurrence for somebody who does not think holistically, but instead focuses on one specific outcome. It is imperative to address flexible integration, scalability, and performance, especially in analysis and processing. We are lucky because cloud can deliver exactly that. 

Many enterprises are starting to realize the importance of classifying data and understanding what needs to exist to protect those intangible types of assets, programmatically as well as administratively. Not only does that make data programs more effective and efficient (e.g. DLP) but also helps with avoiding false positives that challenge many security teams. This is because too much focus is placed on a specific tool or capability without considering the chronological set of events required to make a truly quality process. 

Another step that is usually forgotten is an understanding of MDM (master data management) and the effect of proper planning for data reuse and integration. We usually dump everything in a pool and expect a valid algorithm will solve all of our concerns, but there is a saying “Garbage in, garbage out.” However, having the right format will help not only with accuracy in analysis but help with reusing the same data while minimizing organizational exposure to certain types of business risk, such as critical information loss and access to unauthorized data. 

Now take that into consideration when planning to migrate or move to the cloud. 

Because of cloud scalability, you will be able to gain a higher speed of analysis, integrate with other services by reusing the same pool of data, and even protect it once (via the method of “one to many”), but that requires a proper governance model. Even the Zero Trust model will be able to provide better context for your adaptive policies when the holistic data program is built well.

To learn more visit Zero Trust Data Protection.

author image
About the author
Vladimir Klasnja is a seasoned technical leader with significant experience in enterprise, security and cloud architecture. Klasnja leverages his experience to help security executives achieve success within their respective organizations with respect to cloud architecture and digital transformation.
Vladimir Klasnja is a seasoned technical leader with significant experience in enterprise, security and cloud architecture. Klasnja leverages his experience to help security executives achieve success within their respective organizations with respect to cloud architecture and digital transformation.