Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ Uncategorized Dropbox and CIOs: Five Steps to Life-long friendship
Nov 17 2015

Dropbox and CIOs: Five Steps to Life-long friendship

We read an article recently in The Verge talking about Dropbox’s fragility in the enterprise. The author pointed to the addition of a spate of consumer features and questioned whether Dropbox’s heart is even in enterprise software.

Here’s our view: Enterprises’ hearts aren’t in enterprise software! On-premises software suites have become slowly dismantled over the past decade as lines of business and individual workers have eschewed onerous, slow-moving software “projects” for the immediate value and agility that the public cloud brings.

This is why we see 755 cloud apps per enterprise. And we’re not talking Candy Crush and Instagram either. Wholesale business functions are running their operations in the public cloud. Take HR. The average enterprise has not 5, not 10, but 41 HR apps running. That includes employee onboarding, talent management, benefits, payroll, compensation analysis, 360 reviews, education, compliance, and more. And that’s just HR. Look at the other lines of business and it’s the same story. If this were 1980, we’d say cloud killed the software star!

So what does this have to do with Dropbox? Well, Dropbox has stayed true to the “build what people love” ideal, and that is the exact reason people and businesses use it instead of what IT has provisioned for them in the past. Netskope cloud data reveal that Dropbox has always been in the top 5 most-used Cloud Storage apps and, in our most recent aggregated dataset for the Netskope Cloud Report, uploads to Dropbox clock in as the second highest for the category.

Rather than reject Dropbox, many forward-thinking CIOs have embraced the app, adopting Dropbox for Business in record numbers. They can finally give users what they want and feel good about it, forming the basis for a long-lasting “friendship.”

Here are five ways Dropbox and CIOs can foster this friendship:

  1. CIOs can justify standardizing on Dropbox. Dropbox has an enterprise-readiness rating of “high” in the Netskope Cloud Confidence Index, an objective yardstick adapted from the Cloud Security Alliance. It’s a strong fit for businesses because it more than satisfies their use cases for enterprise file sync and share, business workflows, and collaboration, all while supporting compliance regimens. (e.g., SOC-3, SAS-70/SSAE-16, ISO27001, PCI, and more), security (AES-256 encryption of data-at-rest, granular authorizations, etc.), and business continuity requirements (with all of the right backup and disaster recovery capabilities you’d expect).
  2. CIOs can ensure shared responsibility across the enterprise. How Dropbox is used in enterprises is a shared responsibility between IT and the business. IT can govern how users interact with Dropbox, what data they put there, and how they protect those data. For those use cases, Dropbox enterprise security partners TITUS and Netskope play an important role. TITUS, the data classification authority, ensures data going to the cloud are properly classified, and Netskope, the leading cloud access security broker, enforces policies on those classified data.
  3. CIOs can drive consumption. Once IT decides to standardize on a tool, how can they be sure people will flock to it? Dropbox’s popularity gives them wind at their back, but they still need to pull people into the corporate-sanctioned Dropbox for Business. Fortunately, they can do this by separating personal and corporate instances of Dropbox and using automated user coaching to alert users to their corporate instance of Dropbox, in which they can enforce their security and compliance policies. This has the added benefit of answering the question of how they’ll protect users’ privacy – they can monitor and enforce strict policies over the corporate instance while leaving personal ones alone or only preventing upload of business data that are classified as “confidential” or “internal” without doing any other monitoring.
  4. CIOs can govern access. CIOs can decide what kind of access they want to provide to people, whether by group or organizational unit, device type (e.g., mobile versus laptop or iOS vs. Android), device classification (e.g., BYOD versus managed), location (e.g., for any user outside of Germany our outside of a network location), and other contextual factors including data classification.
  5. CIOs can protect sensitive data. This is the coup de grace, while users are looking for workflow efficiencies from the adoption of Dropbox, the CIO needs to ensure their IP and other sensitive data – the organization’s crown jewels – are protected. With TITUS classifying data and Netskope enforcing policies like “no share,” “encrypt,” or “quarantine,” IT can take comfort that people get the tool they want while the organization can still keep sensitive data secure.

Following this five-step plan will help CIOs empower the business with the wildly popular Dropbox share and sync app that makes it easier and more fun for people to get their jobs done, while still remaining firmly in the driver’s seat when it comes to governing usage and protecting data.