Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ CSO, Full Skope, Security Transformation Here Comes 2021: 5 Safe Bets and 5 Long Shot Predictions
Nov 24 2020

Here Comes 2021: 5 Safe Bets and 5 Long Shot Predictions

As we learned in 2020, vendors predict, and the universe laughs. But this year we polled our experts at Netskope to get their view of the year to come. Here’s how we see 2021 shaping up for networking and security, in the form of some pretty safe bets, and some harder calls.

Safe Bets

Economic benefits of network and security transformation will be realized—and quantified.

As more organizations consolidate and move away from appliance-based security technologies, IT and security teams will realize the cost savings and operational efficiencies the move to cloud brings. Organizations following a cloud transformation framework model such as SASE could see cost savings average between 20-40% in the first year alone.

10% of Fortune 1000 CISOs will be asked to take on networking teams because of SASE.

As organizations continue the move to cloud, employees are no longer on a corporate network and the operational investment must move with the data. Networking and security teams will further converge, and the traditional legacy network and security stack will become less relevant.

Zero Trust and SASE will converge.

SASE architecture will be needed to truly support a holistic Zero Trust implementation, and these two requirements will be the cornerstone for any future workforce digital transformation, providing full visibility, control, and enablement for a secure cloud transformation. As remote working accelerates, and ZTNA sales grow exponentially as a result, networking teams that initially boosted their VPN spend to cover the rapid rise of home workers will see the benefits of massive ZTNA bandwidth and cost advantages. Zero Trust and SASE are inextricably linked. 

Cloud-enabled threats will become a weapon of choice, and insider incidents causing or contributing to successful breaches will accelerate thanks to the overall shift to remote work.

Cybercriminals will increasingly benefit from exploiting the trust model of SaaS apps, with many whitelisted to bypass security controls. Insider threat training and response programs will need to rapidly transform and mature as a result.

Security vendor consolidation will continue—apace with creative marketing.

Legacy security vendors will continue to acquire technologies to their portfolio that unfortunately aren’t integrated and won’t create a true platform except when it comes to what’s in their corporate vaporw-, uh…slidewa-, uh… “product roadmap.”

Long Shots

We will pass the cloud traffic “tipping point” for security—and then some.

In 2021, 70% of all enterprise internet traffic will be destined for the cloud (IaaS or SaaS or PaaS) vs. historically traditional websites that firewalls and proxies were used to dealing with. This will create a massive hole in security visibility, impacting data protection and/or slowing down business app transformation.  

Next Generation Secure Web Gateways (NG SWGs) will become a default requirement.

As the traffic profile for most organizations has already changed to consume more cloud applications than traditional web traffic, we predict the NG SWG will become a default requirement for organizations as they look to replace their legacy SWG appliances. NG SWG offers the ability to manage SSL/TLS traffic at scale and, when combined with CASB, offers the ability to decode API/JSON traffic to manage cloud applications, prevent cloud-enabled threats, and use context for cloud application instance awareness (i.e., corporate vs. personal instances of cloud apps) to ensure freedom and flexibility for an organization’s workforce.

Data Protection transformation will become a top strategic topic, with 25% of the G2000 projected to enhance or rethink their data protection capabilities.

Data governance controls will also move to the cloud as organizations further adopt cloud data protection controls, such as NG SWG and cloud DLP, to manage their cloud applications and infrastructure. Best practices will automate data protection and privacy requirements that also support the latest data protection regulations and ensure data transfers are supported by a valid data transfer agreement.

AI/ML threats will arrive a lot faster than you think.

As AI and ML plays a greater role in developing technology capabilities, AI/ML specific threats will grow, such as poisoning of training data sets and model corruption. The impact will be significant and we will soon see a number of breaches relating to data integrity especially for organizations that fail to secure their data lakes and supporting infrastructure.

Backhauling traffic through corporate data centers will soon be a thing of the past.

In 2021, most network and security teams will have a project to stop backhauling traffic to the data center using legacy VPN solutions as much as possible. More than 80% will start to use new technologies to let users go directly to a secure cloud solution to access the cloud and web vs. backhauling back to HQ.  

Agree or don’t agree with any of our picks? What do you think?

author image
About the author
Jason Clark brings decades of experience executing successful strategic security programs and business strategies to Netskope as Chief Strategy and Marketing Officer.
Jason Clark brings decades of experience executing successful strategic security programs and business strategies to Netskope as Chief Strategy and Marketing Officer.