ゼロトラストとSASEの未来は今です!オンデマンドで視聴する

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

How to Use a Magic Quadrant and Other Industry Research
このエピソードでは、マックス・ヘイビー、スティーブ・ライリー、モナ・フォークナーが、マジック・クアドラントを作成する複雑なプロセスと、それが単なるチャート以上のものである理由を分析します。

ポッドキャストを再生する
マジック・クアドラントとその他の業界調査の活用方法ポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

How a Private Cloud Approach to SASE Helped Reduce Disruption From a Severed Sub-sea Cable

Mar 29 2024

It feels like sub-sea cable disruptions are becoming ever more common, with recent reports of major outages caused by severed cables in the Mediterranean, the Red Sea, the North Sea, and—most recently—off the coast of Africa. 

This latest issue was reportedly the result of cable problems off the Ivory Coast and has resulted in widespread disruptions affecting a number of countries in the region. Mobile network operators and internet service providers were affected to varying degrees, resulting in poor connection quality for subscribers, and also impacting essential services such as banks, where some customers were unable to carry out transactions via bank apps and text. Efforts are underway to repair the damaged cables and restore full connectivity, but challenges persist. Repairing undersea cables can be a complex and time-consuming process, often requiring specialized equipment and expertise, and in the case of the West Africa cut may take five weeks to repair.

While these core pieces of infrastructure are hidden to most businesses, the economic consequences can be huge. NetBlocks estimates that Nigeria lost ₦273 billion ($593.6 million) in four days as a direct result of the disruption, underscoring the critical role that reliable internet connectivity plays in supporting economic growth and development.

This real-world situation highlights the importance of a robust internet infrastructure and the economic implications of internet outages. It also underscores the imperative to minimize the effects of such interruptions and guarantee uninterrupted connectivity for businesses and consumers worldwide, as well as the availability of critical SASE networking and security services.

Netskope NewEdge private cloud: The rationale

It was the anticipation of scenarios just like this that led to our significant investment in the Netskope NewEdge private cloud infrastructure. Because Netskope provides the gateway to the internet, cloud apps and private apps for our customers, maintaining access is critical. We take this responsibility seriously and are not satisfied to point to third-party issues as though they make connectivity disruption acceptable.

By investing in its own reliable, scalable, and high-performance infrastructure foundation (unlike vendors that rely on third-party infrastructure and public clouds), Netskope maintains complete control over the delivery of its services, is able to optimize for performance, and adapt quickly and proactively to evolving customer needs—including broader internet disruptions. 

Network adaptability in action

So, what happened to the Netskope NewEdge during the cable cuts in Africa and how was Netskope able to react based on the capabilities of its NewEdge network? Using internal SaaS app monitoring data–including observations of traffic going to top destinations like Microsoft 365 –and leveraging integrated traffic management capabilities, Netskope NewEdge had already initiated corrective actions for customers before the Africa cable cut made headlines and in some instances even before customers felt any impact. NewEdge was able to do this by prioritizing alternate routes to workaround the issue, for example, where customer policies allowed us to, we were able to redirect traffic from South Africa to Europe, bypassing the impacted region entirely. 

In addition to identifying alternate traffic paths to workaround the cable cut, the majority of Netskope users were transitioned to other in-region data centers, for instance South Africa users were moved from the Cape Town NewEdge data center to the unaffected alternative in Johannesburg. This autonomous rerouting of traffic and failout of the Cape Town data center in response ensured most customers maintained seamless access paired with optimized performance, mitigating the disruption and maintaining uninterrupted SASE service delivery.

NewEdge currently has more than 3,200 network adjacencies to over 650 unique ASNs, complementing its use of premium transit, to increase network performance, resilience and availability. In the case of the Africa cable cut, due to this extensive peering and network connectedness, users on-ramping NewEdge or getting to web, cloud, and SaaS destinations, had multiple options (or paths) for traffic to take with NewEdge, while also maintaining their security coverage. 

  • NewEdge’s Route Control enabled real-time traffic engineering to optimize for the best, lowest-latency path and route around the issues as they arose
  • NewEdge Traffic Management (which is used to ensure users/sites are always connecting to the best NewEdge data center based on lowest latency) was key to having users/sites connected to the best performing data center—and getting re-connected to the next best in just seconds, and before any impact to the users’ digital experience. 
  • Netskope’s capacity management philosophy keeps actual utilization of NewEdge data centers at very low levels at all times to ensure capacity is always available on-demand in cases of emergency, for example if traffic needs be consolidated to a single data center due to a significant disruption in the global internet infrastructure
  • NewEdge’s auto-failover capabilities ensures mitigation is instantaneous and using automation to eliminate the need for human intervention to accelerate response times, well ahead of customers reporting an incident

This real life scenario underscores the advantages of a private cloud approach, exemplified by Netskope’s unique NewEdge infrastructure. We are proud that moments like this highlight NewEdge’s global footprint, ample capacity, extensive peering, and the efficacy of proactive monitoring combined with automation to address issues before customers get impacted. This is why customers—especially networking, infrastructure, and operations leaders—are gravitating to Netskope to take advantage of running their traffic over NewEdge to support their organization’s digital transformation efforts as they embrace SASE.

Netskope has been named a Leader in The Forrester Wave™: Security Service Edge Solutions, Q1 2024. The report mentions Netskope’s NewEdge network and artificial intelligence (AI) capabilities, stating, “Netskope has shown innovation across its technical stack, including significant investments in an impressive new private global network (NewEdge), artificial intelligence (dozens of models running), and generative AI (genAI) security.” The Forrester report also notes, “In general, if you have significant requirements around performance or need these advanced features, you will find that vendors that run their own networks are a better fit.”

If you are considering a Security Service Edge platform, check out our eBook: 8 Key Considerations for Networkers When Assessing Security Service Edge Platforms.

author image
Francisca Segovia
Francisca Segovia is Director of Marketing at Netskope, where she leads the messaging and positioning of network and Infrastructure solutions.
author image
Jeff Brainard
Jeff Brainard is Platform Strategy Director at Netskope, where he works in Platform Engineering and focuses on its NewEdge private cloud infrastructure. With more than 25 years of experience in product marketing, product management and sales leadership roles, Jeff has extensive experience in security and networking, spanning technologies including secure web gateways/proxies, web caching/content delivery, zero trust and software-defined networking, as well as network performance optimization.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog