Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ 脅威からの保護 Netskope Introduces Cloud Firewall-as-a-Service (FWaaS)
Aug 17 2021

Netskope Introduces Cloud Firewall-as-a-Service (FWaaS)

Change is the only constant and this is especially apparent for the firewall space, as we’ve seen with branch office transformation and users continuing to work remotely. Secure Access Service Edge (SASE) architecture, when properly designed, puts the user in the center with cloud edge security services protecting them, their data, and the apps and websites they use every day, on either company or personal instances. To keep users productive, branch offices need network security for all outbound ports and protocols without having to hairpin traffic from their remote workers back to the main data center enterprise firewall, which results in a poor user experience.

Firewall-as-a-Service (FWaaS) offerings provide cloud firewall services to users and offices for outbound egress traffic. The most recent Gartner Enterprise Firewall Magic Quadrant, in November 2020, showed only four of 17 vendors listed as having FWaaS solutions available, with a fifth vendor recently announcing their new cloud firewall in 2021. But FWaaS adoption is growing rapidly; Gartner further notes that by 2025, 30% of new distributed branch office firewall deployments will switch to Firewall-as-a-Service, up from less than 5% in 2020.

While the pandemic resulted in increased spending on VPN solutions at first, the longer-term strategy shows increasing FWaaS to support working from anywhere, increasing cloud adoption favoring cloud security solutions, a movement to zero trust in parallel with FWaaS interest, and cost optimization driving consolidation with fewer branch offices. FWaaS is projected to be one of the fastest-growing and top three revenue-driving components of SASE architecture next to secure web gateway (SWG) and cloud access security broker (CASB). 

Understanding these new cloud firewalls requires some careful reading between the lines, because some products marketed as “FWaaS” may in fact leverage a legacy VPN path to a cloud-hosted firewall image, and then utilize more service chains to other defenses resulting in multiple hops, increased latency, and a poor user experience. Integration into one platform, one console, and one policy engine makes a big difference if you desire less complexity, more consolidation, and lower total cost of operations. When evaluating FWaaS, avoid checklists and multiple consoles, and always test for desired performance and user experience.

The Netskope Cloud Firewall (CFW), announced today as part of a number of key enhancements to the Netskope Security Cloud, is fully integrated into our SASE architecture with network security for users and offices for all outbound ports and protocols for TCP, UDP, and ICMP. Beyond the expected 5-tuple firewall policy egress controls is support for users and groups, FQDNs and wildcards, an application layer gateway for FTP, and firewall event logging. More importantly, on the same cloud security platform, your web and cloud traffic are inspected by the Netskope Next Gen SWG with threat and data protection defenses running on NewEdge, the world’s largest and highest performing private network cloud.

Diagram showing how the Netskope Security Cloud integrates CFW with SWG, CASB, and ZTNA solutions for users and offices
Netskope Security Cloud integrates CFW with SWG, CASB, and ZTNA solutions for users and offices

Netskope CFW is available to users and offices across the globe with centralized management and without the hardware or firmware update headaches or reliance on endpoint firewall agents. NewEdge provides a fast user experience with security across network egress protocols and ports all the way to the company or personal app instances that can otherwise lead to cloud malware delivery, phishing attacks, or data exfiltration. The Netskope Security Cloud has SASE integration with security from Layer 3 to the apps and data that drive your organization’s success.

To learn more about the Netskope Cloud Firewall, please visit our product web page and watch the demonstration video.

Join Netskope for “Unpacking updates to the Netskope SASE and Zero Trust Platform” on September 16, 2021, when you’ll learn where Netskope fits into the SASE architecture, an overview of the new and updated Netskope products, and how the benefits of these products mean better security, faster performance, and lower total cost of ownership.

author image
About the author
Tom Clare is a Product Marketing Director, his focus at Netskope centers on product strategy with marketing experience in web/cloud proxies, data and threat protection, behavior analytics, network traffic analysis, endpoint protection, endpoint detection and response, deception, and firewalls.
Tom Clare is a Product Marketing Director, his focus at Netskope centers on product strategy with marketing experience in web/cloud proxies, data and threat protection, behavior analytics, network traffic analysis, endpoint protection, endpoint detection and response, deception, and firewalls.