ゼロトラストの未来とSASEの現在今すぐ登録

閉める
閉める
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ビスケットではなくクッキー
司会のエミリー・ウェアマスが、専門家のデビッド・フェアマン氏とゾハール・ホッド氏と対談し、インターネットクッキーの過去、現在、未来について語ります。

ポッドキャストを再生する
ポッドキャスト:ビスケットではなくクッキー
最新のブログ

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を通じてゼロトラストとSASEの旅を可能にする方法。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeコミュニティは、あなたとあなたのチームが製品とプラクティスからより多くの価値を引き出すのに役立ちます。

Netskopeコミュニティに移動
Netskope コミュニティ
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ

Netskope NewEdge Network Delivers Security Here, There, and Everywhere!

Dec 07 2023

A common theme we hear from organizations utilizing a cloud delivered web proxy, either standalone or part of an SSE or SASE platform, is the frustration caused by website localization issues, a common trade-off when using services hosted in different geographies to the user. This is more acute the larger the customer is and the wider the distribution of employees beyond their home country or smaller organizations located in countries with no large scale data center (DC) infrastructure. Users’ traffic processed via a web proxy or filter originates from an IP associated with the country that the DC is located within. This leads to websites altering content or language, assuming that is where the user is located. In some extreme cases sites even prevent access completely due to tight access restrictions. 

With Netskope’s coverage across 71 metro regions globally, and in conjunction with NewEdge Traffic Management 2.0, our dynamic DC selection process, users, no matter their location, maintain fast access to applications and websites. In fact with 68 of our 71 regions carrying no surcharges, we surpassed key competitors in terms of full compute locations. With NewEdge Traffic Management 2.0, users are connected to the data center that offers the best overall performance and lowest latency, not simply utilizing DNS load balancing and the perceived “closest” location. Even with our best in class coverage, we wanted to design a solution to improve content localization. 

There are various methods to achieve this, one such method is to add Virtual Points of Presence (vPoPs) in countries with no real compute locations, but this type of PoP is simply a front door for users to access the web proxy in another location. This leads to overly complex routing and increases latency and therefore decreases application performance. vPoPs also don’t make sense for small countries or for overseas territories such as Réunion, with just a handful of users. 

Another alternative is to deploy “exit nodes” in every country, where egress traffic is routed internally from the DC undertaking filtering to a node in the egress country, before exiting onto the open internet. This has similar drawbacks to the vPoP approach, with significantly added latency and crippling performance, but without “masking” the processing DC location from the customer. 

In February 2023, Netskope introduced Localization Zones, a method that allows user traffic to egress from an IP allocated to the Localization Zone country, but without the need to route traffic between geographies and solving the issues with the previously outlined methods—removing the common trade-off between security and performance. With this approach, the user connects to the most performant full compute NewEdge data center and outbound traffic is stitched to an IP assigned to the Localization Zone of the user with no backhaul, no added latency, and no trade-offs! 

Today we have announced that our Localization Zones now span more than 200 countries and territories around the globe, underpinned by the NewEdge security private cloud that delivers always-on, always-available and performant security. So, no matter where your users are located, from Andorra to Zimbabwe, they will receive local content, in local language as if they were accessing directly from their location.

With Localization Zones, Netskope’s global coverage is unmatched by any other SASE vendor now offering a localized experience for more than 220 countries and territories. Combined with native support for network features like Dedicated Egress IPs, Netskope meets the most demanding requirements of enterprise customers moving to the cloud and looking to consolidate multiple disparate security functions in a single unified platform. 

This is the culmination of 18 months of work from our Platform Engineering team, also growing our global footprint of regions powered by full compute data centers by more than 40%, now standing at 71 regions globally. To help meet customer’s data sovereignty requirements and compliance obligations, we also significantly expanded our global Management Plane footprint, more than doubling the number of regions supported over the last 12 months. This is a critical requirement to service customers located in regions including the EU, US, UK, Australia, Saudi Arabia, Singapore and Switzerland, all with strict data sovereignty requirements. We discussed the importance of providing regional Management Planes in a blog earlier this year.

Customers often ask me why we claim to have the best coverage, and I provide the example of SASE vendors using public cloud. One well known provider states they have well over a hundred edge locations, but the traffic is then routed to a much smaller number of regions that actually have full compute for data processing (<40), with the routing and backhaul adding tens of milliseconds of added latency. The best coverage has to be a combination of full compute data centers at the edge offering the lowest on ramp latency plus tailor the content, language and application access to the location of the user for a seamless digital experience. 

With the introduction of Localization Zones, one thing remains true: we are committed to offering best in class security with no performance tradeoffs. This is why we will also continue to deploy full compute data centers, to increase our capacity and redundancy, each with a complete SSE stack including CFW, SWG, inline CASB, and ZTNA. Coupled with our platform improvements is our promise to deliver deeper insight into the overall digital experience for our customers, one such example being the recent launch of the next tier of our Proactive Digital Experience Management solution, providing end-to-end insight from client to application. 

But what does this mean for your organization? A better digital experience leads to better productivity and users not bypassing security control to improve their experience. And for your operations teams, a reduction in operational overheads and better efficiency. 

I’m often asked by customers what questions to ask when they are trying to understand the “real” coverage provided by SSE and SASE platforms. So, I will leave you with my top three: 

  1. Ask whether the locations/DCs/PoPs listed by a vendor contain full compute and provide full services for every component or if they use vPoPs?
  2. Understand if traffic has to be routed to different locations, backhauled within the cloud providers network, for traffic processing, encrypted traffic inspection and policy enforcement, and how (and where) traffic egresses from the provider’s network
  3. Ask how users in countries where the vendor does not have coverage maintain a local experience without impacting performance. Ask for performance numbers on on-ramp latency!

More information on Netskope NewEdge and Localization Zones can be found on our NewEdge microsite.

author image
Richard Davis
Richard Davis is Director, Solution Strategy at Netskope.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog